| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
やさぐれ刺し子。

金曜日の夜に寒気がしたので早寝したんだが、翌朝起きても寒気と鼻水が止まらない。

これはもしやと葛根湯まで飲んだが、ふと温度計を見たら室温が10℃。

仕方なく今シーズン初の暖房を入れたところ、寒気も鼻水もサクッと止んだ。

寒気じゃなくて寒かったんだな…。(無駄に葛根湯消費)(ばかめ)

 

 

 

何年越しか思い返すのも面倒なくらい随分前から刺し続けているこんぺいとうが、

そろそろ刺し上がりそうだーと浮かれていたんですが、改めてよく見たらまだまだ先が長そうでして、

なんだよちくしょう(理不尽な怒り)とやさぐれて、あっという間に刺し上がりそうな図案に手を出しました。

 

ホビーラホビーレの花ざし。

kazuさんとこの糸で刺したんですが、相変わらずの糸の素晴らしさぶっ殺しスキルを発揮してしまい、

ご覧の通りの、見事にイマイチな仕上がりに…。

なんとなく明るいふきんにはなったので、11月のママンのバザーに放り込もうと思います。

やさぐれっぱなしなので、次はホビーラホビーレの十字つなぎを刺しています。

いつか一目刺しの十字つなぎを刺したいと思っているんですが、

とりあえずは手持ちの印刷済みふきんを全部刺してしまってからにしようと思います。

そして先日、布を掘り出すときに糸箱も掘り出したんですが、刺し子糸だけで3箱くらいあって呆然。

ガツガツ刺さねば。…また頒布会とか催したらもらってくださる方いらっしゃるかしら…?(小声)(前回と一部糸かぶりするしね…)

 

 

 

寒くなってきたので紅玉も並ぶようになりました。(常時置いてないので見つけたら即買いする)

 

今年もまたアップルクランブルの季節です。むふふ。

何故か冷凍庫にレディボーデンが転がっていたので、いそいそと作ってしまった。

本当は冷凍庫にパイシートが転がっていたからアップルパイを作ろうと思って紅玉買ってきたんだけど、

パイシート持ち上げたらその下にレディボーデンが潜んでいたので予定変更しました。

クラムの材料がまだ半分くらい残ってるから、次はアップルクラムパイにしよっかなー。

食欲の秋はしあわせ…。

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
ママレードババア。

生まれも育ちも北海道なのでもっぱら温帯低気圧をお迎えするばかりで、

台風の恐ろしさをイマイチよくわかっておらず、

本州の取引先からの「明日台風来るから会社休みだからね〜(意訳)」ってFAXを見るたび、

台風ってそんなにすごいんかなあ? とかナメたこと思っていて本当にスミマセンでした。

台風ってすさまじい。

 

台風をよくわかってないうえに、オツムの出来もイマイチなので、

雨戸というものが何のためにあるのかよくわかってなかったんですが、

台風とかの強い風で窓ガラスが割れないようにするためのものなのかな…?

 

 

 

先日lapisさんにいただいたママレードが非常に美味だったので、

自ら調達できないものかと調べたところ、業務スーパーで取り扱っているという情報を拾い、

生まれて初めて業務スーパーなるお店に繰り出して参りました。

一番行きやすそうなのが仕事からの帰り道にある狸小路店だったんですが、同じジャムは発見できず、

それならばと休日に、家から一番近い狸小路店より少し大きめの別な店舗に行ってみたら、

入り組んだ住宅街の中で非常に場所がわかりづらかったうえ、ジャム自体ほとんど置いておらず、

しょんぼりと帰宅したものの諦めきれずに再び調べたところ、

山口県のスーパーが『パッケージが変わりました!』と紹介しているページを発見、

それによると、四角い瓶が丸い瓶になって名称も変わったとのこと。

名称まで変わって本当に中身は一緒なのか…? と怪しみつつ、

丸い瓶の違う名称のジャムならば狸小路で見たぞと思い、いざ出陣。

 

買ってきて食べ比べてみることにしました。(左側が買ってきたもの・右側がいただいたもの)

いただいたものは既にあらかた食べてしまっているのでまともな比較にはならないんですが、まあいい!

 

まずはラベル。

表はどこからどう見ても全然違うことは見ての通りなので割愛。問題は裏。

(丸い方がちょっと撮るところ間違ってるけどまあいいか)(よくねーよ)(むしろ意味ねーよ)

原産国はデンマークで一緒。内容量も一緒。原材料もほぼ一緒。

四角い方ではクエン酸と表記されているものが、丸い方ではpH調整剤になってるくらいか。

pH調整剤と書かれちゃうと、クエン酸も含めたアレやコレやのうちの何が入ってるのかはわからんから、

同じだとは言い切れないけど、似たようなもんな気はする。

(ちなみに『pH調整剤』で検索すると真偽は不明ながら何やら恐ろしい警告にばかりぶち当たります)

(どうでもいい私事ですが、原材料名の筆頭が果物じゃなくて砂糖なジャムは絶許がモットーです)

輸入者が、四角い方は有限会社輸入促進販売、丸い方は株式会社神戸物産。

神戸物産は業務スーパーの親元みたいな会社なのかな?

とりあえず食品表示じゃ同じとも違うとも言い難い感じ。

 

ってなワケで、実食。

なんせ開封直後と無くなる寸前の残りなんで単純に比較できないんだけど、

見た感じ、丸い方が色が濃いめで固め、四角い方が色が薄めでユルめな感じ。

ただ、なんせ四角い方は無くなる寸前なので何ともかんとも…。

開封直後はここまでユルくなかったような気がする。

色は、オレンジの果実自体が色の濃い薄いがあるから何ともかんとも…。

ピールてんこもりなのはどっちも同じくらいにもりもり。味はどっちも濃厚。

同じと言われれば同じな気がするし、違うだろうと言われれば強く否定もできないし。

 

とどのつまりは、判らん。(キッパリ)(無意味な比較でスミマセン)

 

どっちもおいしいから、四角い方が見つからなかったら丸い方を食べることにします。

ちなみに丸い方は他の果物のジャムもあったし、オーガニックなシリーズもありました。

ノーマルな方は200円台だけど、オーガニックな方は300円超えなのです。(どっちにしても安いが)

ママレード以外にもブルーベリーとかストロベリーとかいろいろ買ってきたんで、試してみます。

今んとこママレード以外はオーガニックのストロベリーしか食べていないけど、果実感たんまりで美味でした。

ただ、業務スーパーってお店が、陳列がかなり雑然としていて商品が探しにくいのと、

客層がちょいと苦手な感じなのとで、あまり頻繁には行きたくないかなーと思ったり思わなかったり…。

 

 

 

そういえば、夏休みの日記を毎日書けたためしのないワタクシが、

今年から書き始めた5年日記1年目を、今んとこ欠かさずちゃんと続けています。

これまたlapisさんがオススメしてくださったお手軽なのに使いやすい万年筆でイイ気分で書いてるからかな。

5年日記なので、1ページに5年分の記入欄が並んでるんですが、

毎年同じ色のペンだと変化がなくてつまらないかなーと思って、来年のインクを選んでみました。

 

今年は色彩雫の霧雨で書いているんですが、来年は同じく色彩雫の秋桜にしようと思います。

再来年はピーコックグリーンみたいな色がいいかなあ…。(鬼が大笑い)

万年筆で書いた字は力の入れ具合で線の太い細いがハッキリ出るから好きだなあとつくづく思う。

 

今年もあと2カ月とちょっと。

来年の大掃除を少しでも楽にするべく頑張ろうと思います。(今年の大掃除は既に諦めた)

食べ物アレコレ comments(2) trackbacks(0)
激動の9月(もっぱら財布的に)。

なんだか最近妙に忙しいなぁと思っていたんだが、そういえばウチの会社8月決算なんだった。

シカーモ。決算とパソの入れ替えが重なって、財務ソフトが半月使えなかったもんだから、

これまでになく仕事がたまってたまってたまって、いつまでもスッキリしないのよねぇ…。

加齢に伴う事務処理能力の低下が著しいんだと思って自分の無能さにイライラしていたが、

そればっかりではなさそうだとつい先日気付きました。(気付くのが遅いのは加齢のせいか元々の仕様か…)

 

そんなワケで、相変わらずネタはありません。

そうして仕事でモダモダしている間にあっという間に10月になり、しっかり増税されてたワケで、

小市民的には確実に買っといた方がいいものは増税前に買っておかねばと、

半年前くらいから9月に買い換えるように定期券の期間を調整したりしていたのですが、

物欲の忠実なる僕としましては、「増税だから」を口実に何かしら買ったりもしておりまして、

とどのつまりは、増税を見越してできるだけ出費を減らそうとする一方で、増税を口実に物欲を滾らせるという、

プラマイ計算などしたくもない激動の9月を過ごしていたワケです。

激動の9月を経たからには10月は物欲も収まるだろうと思っていたのですが、

10月が誕生月であるが故にあちこちから届くバースデークーポンに踊らされそうになってるのは内緒なんだぜ…。

 

…ってなワケで、本日は激動の9月を顧みて反省し自らを戒めようという(おそらく無駄な)試みです。

 

 

 

増税とはいえ、どうせ消費税還元とは言わない消費税還元セールがあるだろうし、

慌てて何かを買いだめする必要もないよなーという気持ちはあったんですよ、一応。

ただ、近いうちに買おうと思ってた、還元セールとかにひっかかりそうにもないブツは買っておこうかな、と。

で、買ったのがコチラ。

大した値段もしないんですが、前々から買おう買おうと思ってたので、

クーポンその他諸々使いつつ増税前に買っておきました。

何かっつーと、マキタの充電池にくっつけるUSB端子ぶっ込める何か。

我が家でインパクトドライバーと掃除機に使ってるバッテリーにガシッとはめ込んで…

USB充電とかその他諸々できる何か。

ベルトか何かに挟み込めるような仕様になってはいますが、バッテリー自体がそこそこ重いので、

紛れもなくモバイルバッテリーになってはいるものの、モバイルする気には到底なれない代物です。

でもまあ、いざって時に何かの役に立つかもなーと思って買ってみました。

我が家にある気軽に使えるバッテリーとしては最大容量ではあるので。

今年はUSB充電式のモバイル扇風機を買ったので、夏に停電したらそれにも使えるのかな?

去年の地震では一切しんどい目に逢ってないわりに、備えすぎる性格に拍車がかかった感があります。

あの地震以来、車の燃料も半分になったら満タンにするようにしてるし。

持たない暮らしとか、できる気がしないわ…。(死んだときのことを考えると申し訳ないのだけれど)

 

 

 

あと、これは増税前ってよりも値上げ前にってお買い物だったんですが、

古新聞で丁寧にくるまれた何か。(ヒントは上の大量の紙ヒモ)(ヒントっつーかほぼ答え)

 

よく使うガマの口金をちょっとまとめ買い。

まとめ買いつっても2万5千円ぶんくらいだけど…。

 

ワタシ的には2万5千円でもやっちゃった感があったんですが、

友人の同僚の精力的にイベントに参加してるガマ口作家さんは16万円ぶんくらい買ったそうで、

それを聞いてしまったら2万5千円とかまだまだだわ…と思ったのでした。(勘違い)

作家でもなくイベントで売ったりもしてない自分と比べるのがそもそもの間違いなんですけどね。

ひとつ数百円のモノを16万円ぶんとか聞いちゃうと、業者か! と恐れおののいたのでした。

 

前にママンにあげた親子ガマを妹Bが岡山に持って帰ったらしく、

夏からこっち、ママンから親子ガマ作らないの〜と催促されるようになったので、ぼちぼち作ろうかと。

11月には毎年恒例のママンのバザーがあるので、それ用にガマ口作らないの〜とも言われてるし。

今月後半はガマウィークにしようと思っているので、無駄遣いにはならないはず…多分…きっと…。

 

 

 

そして、これは完全に増税前を言い訳にしたお買い物だったんですが、

trippenを2足買う…。(呆然)

お安くない靴なので、試し履きもしないでネットでポチっとするのは抵抗があるんですが、

いろんなタイプの靴を実際に履いて試せる機会ってのが札幌ではほとんどないんですよ。

オーソドックスなHaferlとかYenとかBombとかは置いているお店もあるんだけど、

それ以外の靴は実物を見るのも難しい。たくさん置いてたお店は撤退しちゃったし…。

たまに行くショップで年に何回かトリッペンフェアをやってくれるので、そこで買うことが多いんですが、

今年は9月の末にフェアやってまして、気になってた靴が靴底を冬底に変更した特別仕様で並んでまして…。

通常靴底を張り替えると別途1万円くらいはかかってしまうので、お値段変わらず冬底仕様ってのはもう…‼

「ぞ、増税前だしね…」「10月以降にやっぱり欲しいってなったら、消費税2%上乗せ+冬底1万円だしね…」

とか何とか言い訳しながら、どっかーんと2足買ってしまいました。汗噴き出たわ。

そしてここでも店員さんから、このフェアで6足まとめ買いしたお客様がいらっしゃるというお話を聞いて、

じゃあ2足くらいなら全然か…とかいう勘違いで自分を誤魔化したのであった。

見た目が好みで歩くのが楽で、かつ冬底な靴にはあまり巡り合えないから、出会うとつい買ってしまう。

つかさ、冬用のブーツの底がツルッツルってどういうことなのよ? って雪国人は思うんですけど、

雪の降らない地域だと、夏底の方が歩きやすいから冬もそれでいいってことになるのかな?

屋外の雪道とか凍った道なら最悪夏底でも歩き方次第で何とかならなくもないけれど、

屋内の濡れた通路は夏底じゃ絶対無理な気がする。

東京でも年に何度かもっさり雪降ってるみたいだし、全国的に冬靴は冬底にしてくんないかなあ。

 

左側はつま先がお気に入り。

足首は出してることが多いんですが、たまにくるぶしあたりまで裾をおろすと、

つるんとしたつま先の靴だと妙に味気ない感じがしちゃうけど、コレなら大丈夫。

こういう中途半端な深さの靴は初めてかもしれない。これまではブーツか短靴かって感じだったので。

右側はかかとに向かって下がってるのがお気に入り。

Bombもそうなんだけど、前が高めで後ろが低めなこの感じに弱いのよね…。

ベルクロで留めるタイプ。

靴に限らずベルクロ全然好きじゃない(むしろ嫌い)のに、コレに限ってはベルクロがイイ感じ。

ウッカリ手袋とかマフラーとか接触させてベルクロオス側に毛を巻き込まないように気を付けよう…。

 

ついでに、熱く語った靴底がコチラ。

左側のブーツはもともとこのソールなんですが、右側は別注でトリッペンソールになってるみたいです。

トリッペンのソールではこの2種類だけが冬も履ける感じかな? 他にあったっけ?

とりあえずこの2種類は冬も履けることは自分で履いて歩いてわかってるんで、これで冬の備えはばっちりです。

今年はもう靴は買わない…靴は買わない…靴は買わない…ぶつぶつ念仏…。

足がデカめなうえ、思いっきり甘やかしてきたから幅が広く(パンプスとか無理)、そのうえやたらと歩くので、

足が過不足なく収まって歩きやすい靴で25センチ・EU39・UK6サイズの在庫がある靴と出会うと、

ついついウッカリ一期一会の呪いにかかってしまいがちなのですよね…。

必要なときに探してもないことが多いがゆえに、差し迫って必要じゃなくてもときめいたら買っとく! みたいな。

24.5センチまではそれなりに数があるらしいんですが、25センチになるとそもそもの生産が少ないらしく、

全国レベルでの争奪戦になることもあって、とりあえず在庫あったら買っとく習性が…。

靴によっては男女で木型が違うからか、同じEU39でも女物だとキツくて男物だとちょうどよかったりするんですが、

最大サイズと最小サイズは他のサイズに比べると作る数が少なめになるみたいで、

EU39は、女物としては最大サイズで男物としては最小サイズなんで、どっちにしても数が少ないらしい。

それはそうと、EU39って24.5センチ扱いになってるんですが、ワタシの体感としては25センチの方が近い気がします。

24.5センチの靴はほぼキツいんですが、EU39だとジャストなことが多いんで。

EU38の方が24.5センチ履いたときの感覚に近い。

幅が広めのゆったりした靴しか選ばないからかもしれませんが。

 

斯様に、よく歩くワタシは靴にはそこそここだわりがあるワケで、

だから出逢っちゃったら買っちゃったりするけど仕方ないよね? ね?

…という言い訳でした。(2足でじゅうまん(!)とかしたので自分への言い訳に必死なのである)

 

 

 

懺悔ついでにこんなんも買ってました…。

ふ、冬の備えですよ…。(言い訳)

ヘリンボーン好きが炸裂して、ウールのストール2枚も買ってしまった…。

だってやわらかくてあったかくてきもちよかったんだもん…。

知花くららだって、巻き物はいくらあってもいいって言っていたもん…。

5年くらい使ってるストールたちが軒並み痩せてきてたんだもん…。(コレ買ってから気づいたんだけどね)

そして、耳を守ってくれないからあまり興味のなかったベレー帽まで買ってしまった。

普通のベレー帽より深めの壺型なので、裾の折り込み方でいろいろな形になるタイプです。

大きめで深めなせいか、ベレーみたいにかぶるとたわんだ部分が耳にかかってあたたかいんですよね。

何故か『頭寒足熱』という言葉を妙に信奉して冬を過ごしているので、

帽子はかぶらないに越したことはないと思ってはいるんですが、

吹雪や氷点下の日に頭寒ポリシーを貫くと耳がちぎれそうになるので、そんな日はさすがに帽子をかぶります。

かぶったところで耳丸出しでちぎれそうになるベレー帽なんてのは頭寒精神に悖るので選択肢になかったんですが、

壺みたいな帽子に弱いのでつい手に取り、かぶってみて耳があたたかいことに気づいて選択肢に突如乱入、

何色もあるなかでどれがいいか悩んで悩んで選びきれずにグレーと黒を買ってしまった…。(彩度ゼロ)

ワタクシ、何につけてもセンスというものがことごとく欠落しているので、身に着けるものについても、

何をどう合わせればいいのかサッパリわからないままにこれまでもこれからも生きていくんですが、

ダサいのは一向にかまわないけれど、人目を惹くほどに珍妙な格好だけはできる限り避けたいと願っているので、

とりあえず黒白グレーを選んでおけば大事故は起こらないのではないかと思ってるんですがいかがなものでしょう…。

 

 

 

そして、そんな彩度ゼロの塊と化してるババアには必須のコチラも買ってみました。

リフレクターあれこれ。(買いすぎ)

黒い服着て夜道をザクザク歩くことが多いので、せめて何かを光らせておこうかと。

咄嗟に避ける反射神経が失われてる気がするので、光って相手に避けてもらおうという作戦です。

いくつかある一軍バッグにそれぞれつけて付け替える手間を省こうと思って探してたら、

5つ以上買ったら送料無料のお店にかわいいのがわんさかあって、選びきれずにこんなに買ってしまった…。

何年も使ってると汚れたり擦れたりしてるから、寿命が尽きたときに使えばいいか、と。

ばあちゃんとママンにもあげてみました。光る一族。

 

 

 

そして、例年9月といえばコレです。

 

ほぼ日手帳どーーーん。

来年は、持ち歩き用weeksはシュワッチ!、家置き用はいつものPlannerシュタイフ、

お小遣い帳用にweeksニュアンスブラック、でいくことにしました。

下敷きもペーパー(ズ)も別の柄のを持ってるんですが、

ダーシェンカのわんこがかわいくてついウッカリ買ってしまった…。

(lapisさんからの贈り物に入ってたお手紙がダーシェンカなペーパー(ズ)でニヤニヤしてしまった)

全部Loftでも買えるんですが、今年のほぼ日ストア特典の百人一首が欲しくてネットでポチリ。

ネットでポチったせいで、ついでにペンが3本もついてきてしまったワケですが、

このペン、ワタシにはちょっと軽すぎて使いにくいのよね…。

ジェットストリームだから書き味はよいのだけれど。赤ってのも好みなんだけど。

 

11月発売のday-freeも気になってるんですけど、また送料払ってまで欲しいかと言えばうーん…。

方眼ノートみたくLoftでも売ってくれればいいのに。

 

とりあえず、手帳を準備すると今年もあと数か月なんだなーという実感がわきますね。

正月からはじめた今年の大掃除がちっとも捗っていないのが不思議でならない。

今年もまた大掃除不発で来年の正月に「今年の大掃除を開始します‼」とか宣ってそうな予感…。

 

ついでに9月恒例のコレも。

 

ほぼ日の箱は猫を誘う。(毎年いそいそと入る)

 

 

 

以上、激動の9月の言い訳というか懺悔というか反省というか、振り返り記事で御座いました。

今んとこ、買わなきゃよかったってものはないんでまあいいか!(よくない)

まーた貯金が目減りするな…。

老後が心配だったけど、ワタシのような独り身のしがない事務員に老後などないと開き直ることにした。

健康に気を付けて、老いても死ぬまで働く‼ そうでしょ、そういうことなんでしょ?

ならせめて、好きなもの着て好きなもの食べて好きに暮らすわ。(開き直りすぎ)

ノンストップ物欲 comments(2) trackbacks(0)
じまんたいかい。

長らく(それこそパソがいまだ庶民のものではなく、もっぱらワープロで文書を作成していた時代から)、

あらかじめ入っていない場合は別に買ってブチ込むくらい、日本語変換はATOKを愛してきたワタクシですが、

パソが新しくなって以来どーにもATOKでの変換がストレスフルでイライラしてしゃーないので、

自宅のパソではほとんど使ったことのないMS-IMEを使うことにしました。

職場ではMS-IMEなせいか、違和感は少ない。

 

今までATOK使ってて、変換したい漢字に変換された後いちいち確定せずに次の言葉入力したら、

勝手に確定して次の言葉を変換しはじめてたんだけど、

新しいパソに変えてから、最初はいちいち確定しなくても次の言葉を変換してくれるのに、

何かの拍子に(何キッカケなのかは不明)、確定しないと言葉の頭に次の言葉が挿入されちゃうようになった。

そもそも、変換確定前のカーソルが文字頭にあるのが見慣れない感じ。今まで変換中の文字は白抜きだったような。

でも、調べたらカーソルが文字頭なのはATOKの仕様だって書いてあったんだけど、そんな仕様だったっけ…?

そんで、確定しないと文字頭に次の言葉ブチ込むって無茶苦茶すぎない?

それとも知らない間に何かの設定が変わっちゃったのかなあ。何もいじってないんだけど。

ブログに駄文ゴリゴリ入力してる最中でも突然いきなり文字頭挿入になっちゃってたりするから、

何かのタイプミスが原因なのかなーとか想像してるけど、結局よくわかんないので、もうMS-IMEでいいです。

相変わらずアホっぽい変換もするけど、クレイジーな動きはしないから使いやすい。

文字の変換だけに限れば断然ATOKの方がいいんだけど、動きがクレイジーすぎて無理です。

あまりものを知らないけど言動がまともな人と、物知りだけど言動おかしい人だったら、

前者のほうが付き合いやすいもん。さよならATOK。また会える日が来るといいね。

 

 

 

さて、滝のような鼻水がようやく小川程度になったので(汚えよ)、いざ自慢大会。

 

lapisのメルスリー のlapisさんからみっちみちのお届け物が届いていたんですよ。

 

ご覧の通りのみっちみち。

lapisさんはしきりと謝ってらしたんですが………はて???(心当たりがない)

とはいえワタクシはしっかりババアなので、大喜びでウハウハといただく。

 

てんこもりにいろいろと出て参りましたぞ…。

マーマレードと水筒、お茶と布とシャンプーとノートとハンドメイドとハンドメイド資材。

 

布ぞうり用のPPロープをいただいたのですが、実はワタシの職場でもPPロープなる商品を取り扱っておりまして、

しかしながら本や通販キットで見るPPロープとはどうも様子が違う気がしていたんですよ。

で、実物のPPロープを手にしてみてハッキリわかりました。

弊社で取り扱っているPPロープは布ぞうりには適しておりません。ロープの固さが全然違う。

たぶんウチの会社にあるPPロープで布ぞうりなんて作った日にゃ、ゴツゴツして履き心地最悪だと思うわ。

PPロープにもいろいろあるんだなあとお勉強になりました。

いい感じの布を(物置と化したミシン部屋から)発掘するところからのスタートなので(…)、

いつになるかはわかりませんが、来年の夏には間に合うように作れたらいいな!(夢見がち)

 

そして缶に入ってたお茶は………メロン烏龍?

お初にお目にかかるお茶ですね…。

そうか、烏龍茶は浸出時間が紅茶より短いのね…。

lapisさんによると、水出しがオススメのようです。

水出しの方が渋みとかえぐみが少ないまろやかな味になるのは烏龍茶も紅茶も同じなのね〜。

淹れたいときが飲みたいとき! な無計画衝動野郎なので、

濃いめに淹れた茶で氷を一気に溶かして冷やしてばっかりなんですが、これは水出しで淹れてみよう。

…来年の夏に。(スミマセン、北海道の夏は終わったようです)(瞬間的に厳しい残暑が訪れたが、すぐに去った)

 

ちなみに手前のお茶は、ラプサンスーチョン。

ワタシがラプサンラプサンやかましいせいか、lapisさんがチャレンジしてくれたようなんですが、

案の定(…)lapisさんのご家族には不評だったらしく、分けてくださいました。なんか、いろいろスミマセン…。

確かに臭いがまるっきり正露丸なので気になるかもしれないけど、

味はサッパリしていて美味しいと思うんだけどなぁ…。(とはいえ、友人にもことごとく不評ではある)

正露丸臭がするだけに、体調が悪いときとか、食べ過ぎたときに飲むと楽になる気がする。

ワタシにとっては、ティーショップにあったらほぼ選ぶくらい気に入ってるお茶ではあるんですが、

確かにクセが強すぎるお茶かもしれない。lapisさんちの皆様、スミマセンでした。

 

そして、みっつも入っていたマーマレードですが。

ピールがごっっっっそり!! いえーい。

甘いだけじゃなくてちゃんと苦みも酸味もあって、激烈好みでした。(なんでわかったの?)

スポンジ焼いて、ホイップとマーマレードだけで食べてみたらすごい美味しかった…。

とても好みだったので、地元でも手に入らないものかと調べてみたら、売ってるっぽいお店発見。

ラズベリーとか他にも味があるらしいので、今度仕事帰りに行ってみよう。むんっ。

…なぜなら、ママンがガンガン食べてるらしく、気づいたらもう1瓶しかなくなっているからですよ…。

 

斯様にlapisさんはよきものの伝道者であらせられるワケで、

かねて愛用のシャンプーの終売に伴いシャンプージプシーと化していたワタクシに、

よきシャンプーを紹介してくれたのもまたlapisさんなのでした。その節もありがとうございました。

そのときにオススメされたのが、OSAJIというところのKOKYUという香りのシャンプーだったんですが、

KOKYUというのがスペシャルな香りになってまして、通常品よりちょっとお高かったんですね。

というより、通常品でもワタシがこれまで使ってきたシャンプーの倍以上するんで、

ビビってちょっとでも安い方を…と、通常品の柑橘系の香りのSOUってのをポチってみました。

そしたらまあ、お値段以上にいいんですよ、コレが。

トリートメントを使わなくてもベタつかずパサつかず、香りも主張しすぎず、気持ちいい。

通常品でも十分満足はしてたんですが、lapisさんオススメのKOKYUへの興味もありまして、

そこらへんしっかり見抜かれていたのか、KOKYUをおすそ分けしてくださいました。

なんかね、香りが落ち着いてるんだけどどこか東洋っぽいエキゾチックな雰囲気もあって、

呼吸というより胡弓とか故宮っぽい(???)気がしてしまいました。なんとなくスペシャル。

 

スマホで撮影したメモをアプリに取り込んでデータ化できるっぽいハイテクなノートもいただきました。

確かにワタクシ不本意ながらスマホを使うようになってもうすぐ2年なのですが、

ちっともスマホを使いこなせていないというか、何に使えばいいのかからよくわかってない有様でして、

従って、このノートも現時点では有効に使いこなせる気が全然しませんごめんなさい‼

スマホとかパソとかに文字入力しまくるワリに、紙のメモを重宝しているワタシには最適なギアな気がしつつ、

具体的に何に使えばいいのか思いつかないので、コレだ! って使い道を思いつくまで大切にとっときます。

しかし何だか便利すぎてよくわからない時代になりましたね…。

手書きのメモを撮影したら自動的にデータ化して整理分類されるって…???

 

そしてそして、lapisさんといえば繊細な手仕事です。

ぶおっほ…ちっちゃい…。(1.5cmくらい)

ワタシはガサツなので、縫い物でも小さいモノはかなり無理なんですが、編み物はもっと無理。

大き目のものですら何をどう処理してもくるんくるんになるので、

小さいものなんて見るも無残に貝型パスタみたいにくるっくるになります。

…なぜ平らなんだ…。

とはいえワタクシ、自分が編み物に相当向いていないことは30年くらい前からとっくに気づいているので、

自分の編んだ物がくるっくるだろうがもはや気にしないのですが。

とりあえず、『今年こそはアフガン編みキットを消費するぞ』という決意を思い出しました。

いただいたこのチャームは、ペンのお尻でぷるぷる揺れています。

上の方の画像でノートの上に写り込んでいるレースっぽいのもタティングなんですが、

淡いパステルカラーの繊細な編み目がおんぼろデジカメではうまいこと写せなかった…。

毛糸の編み物は、編めないながらも糸の絡まり方は想像できるんですが、

タティングはどんだけ見てもようわからん。細い! 細かい!

何がどうなってるのか以前に、どこから編み始めてどこで終わったのかすらわからん。

ワタシが絶対に手を出してはならぬものだという思いを新たにしたのでした。無理!

 

そしてタティングの下に敷いているのは、北欧っぽい柄に猫が潜むしっかりめの生地。

猫柄って選び間違えるとオバハンが使うにはちょっと恥ずかしい感じになるんですが、

これはほどほどで使いやすそうな柄と厚みでかなりツボ。

見た瞬間に、コレで大き目のガマを作ろう! って思ったので、ガマってから自慢します!

自慢できるようなガマが作れるのかはとりあえず考えない!

せっかくの布を台無しにしないように試作を怠らない!

 

…というワケで、これだけ長くダラダラ書いてはみましたが、

結局lapisさんが何を謝っていたのか全然心当たりが見当たらないのですが、

明らかに今回ももらいすぎていることは間違いがなさそうです。

いつもいつももらいっぱなしですみません。

い、いつかお返しを…。

lapisさん、ありがとうございました‼

 

 

 

そして、もはやこの時期毎年恒例となってしまっている感のあるアレもどどどーんと届きました。

 

バンド掛けされてる箱がどどどーんと。

 

そう、毎年我が家の食卓を潤してくださるアレが…

 

イモどっさり‼

毎年箱いっぱいのおいもさんを見て、収穫の秋なんだなあと季節の移ろいを感じるのが常になってしまった。

今年はホットプレートも新調したので、いつものポテトサラダとかいももちとかポテトグラタンのほかに、

イモのガレットとか作ってみちゃおっかなーとワキワキしております。

収穫の秋は食欲の秋。健康診断も終わったし(結果はまだ出てないし確実に太ったけど)、たのしむぞー。

 

毎年大好物のおいもさんを送ってくださるありがたい方といえばこの方、手作り記録 のsakuraさん‼

こちらもいつももらいっぱなしでごめんなさいありがとうです…。

sakuraさんのおかげでYuki*家の食卓には潤いがもたらされるのでした。

 

lapisさん、sakuraさん、いつもいつもありがとうございます!

贈り物のセンスが壊滅的(送った後に自己嫌悪に陥るものの時すでに遅しなタイプ)なので、

ろくなお返しもできませんが、いつか何か…えーと、何かご希望あったら教えてくださると…ごにょごにょ…。

 

 

 

そういえば先日、のらおが11歳のお誕生日を迎えましたよ。

 

いつも買ってるケーキ屋さんの支店が大通から撤退してしまい、

円山か二十四軒まで足を延ばさねばならなくなったけどその時間がなくて、

今年はフルーツケーキファクトリーの栗のケーキにしてみました。26センチホールどどどーん。

もちろんのらおの口には入らず、ママンと二等分して食べました。うまうま。

 

食欲の秋が来てますなあ〜。(嬉)

もらいもらわれ comments(4) trackbacks(0)
ぐだぐだ。

ステキなお届け物をご紹介したかったんですが、(さらに別口でありがたいお届け物も届いています)

年に一度のバリウムがイヤでイヤで爪も肌もボロボロにしてみたり、

ようやくバリウムが終わったと思ったらくしゃみと鼻水止まらなくなったり、

朝起きたらそれに加えて喉まで痛くなっていたり、

でもかねてより予定していた函館道中を敢行してみたり、

旅先であるというテンションと緊張感で鼻水は出るもののおおむね好調に旅したものの、

戻ったとたんに再びのくしゃみ鼻水喉痛に襲われて1日中惰眠をむさぼりさっき目覚めたりしていたので、

ネタはあるけどご紹介はまたの機会に。

 

 

 

そういえば函館から戻る途中の道路照明もない山道で対向車にパッシングされました。(23:00頃)

多分、ワタシの車のライトが上向きだったからパッシングされたんだと思うんですが、

その対向車、黒いボディでライト一切点けてなかったんですよ…。

ライトもつけてない黒い軽が上向きのライトの明かりの中に突然現れて(けっこう速度出てた)、

明かりの中に現れた瞬間に車が自動的にライトを下向きにしてくれたんですが、

相手にとっては遅かったんだろうなーと思いつつ、暗闇を高速で走る無灯火の黒い車なんて気付くかよ!

 

…ってそのときはぷんすかしてたんですが、考えてみたらその車、

真っ暗闇の曲がりくねった山道を何の手がかりもなく高速で走ってきたワケで、

無灯火がどうとか黒いボディがどうとかって問題じゃなくて、単なる怪談的なアレだったのだろうか…。

つれづれ comments(3) trackbacks(0)
招かざる夏。

この週末は雨予報だったのに。なんなら雷マークまで出てたのに。

雨も雷も何サボってやがんだよってくらいにクッソ暑かったぜ…。

今頃30℃超えとかいらんのですよ…。(そして明日も32℃予報)

 

そんなワケで、すっかり秋気分になってた道民にはあまりにしんどい暑さに、

この週末はほとんど活動することなく猫と一緒に伸びきって過ごしたため、

ステキなアレコレがぱんっぱんに詰まったお届け物が到着しているのですが、ご紹介は後日ゆっくりたっぷり。

あまりの暑さに、長文を書く元気がなかったのです。(誰も長文など期待していないぞ)

 

しかし土曜日は天気予報を信じて外出などしてしまったのでした。

小樽で芳年の月百姿が一挙公開中なので。

連休の小樽とか絶対行きたくないと思ったので今週行ってきたんですが、

何かイベントでもあったのか、至る所にコスプレイヤーがたんまりとおわした。

元々コスプレした人たちがあちらこちらで撮影していがちな町ではあるが、普段以上にいっぱいいた。

おばちゃんには何のコスプレかはさっぱりわからんかったが、ヅラは暑くないのだろーか。

今んとこまだヅラのお世話にはなっていないワタシですら暑さで頭皮から滝汗だったのに。

 

…というワケで、あまりの暑さに、さっさと見るものだけ見て昼過ぎにはとっとと帰りました。

月百姿はあまり人気がなかったのか、ほとんど人に会うこともなくゆっくり見ることができました。

晩年の作品だからか、色味が地味じゃないのに落ち着いてるなぁと思いました。

色味が落ち着いてるのにしっかりエロいのがまたすごいと思う。(どんな目で見ているのか)

とはいえ一番カワイイのはやっぱり玉兎と悟空なんだけど。モフモフ。

 

そして、小樽に行ったし、美術館の近くだし、来月からは増税だしってんで、

久々に一期一会を求めて突撃し、例の如くガッツリお買い物をしてきたのでした。

 

どーん。

 

どどどーん。

本当に久々に行ったんですが、細糸があったので(右側4つ)買ってきてみました。

ふっくらみちみちが好きなんで太糸の方が好きなんですが、細かい模様は細糸の方が刺しやすいのかな。

みっちみちの柿の花とか好きなんだけど、一目刺しの麻の葉とかは細糸の方がシャキッとする気がする。

遅々たるペースではありますがちょこちょこ刺してるこんぺいとうがそろそろ仕上がりそうなので、

次は新しく手に入れた細糸で何か刺してみようかなーと思っているのでした。わくわく。

 

 

 

どれだけ暑かろうと暦は長月。月見の季節です。

マックの月見はマフィンが至高と思っているワタクシは、この時期に限って朝マック民と化します。

マックのメニューで一番好きなのが月見マフィン、次点がポテト、その次がグランクラブハウスです。

ナゲットの辛いやつも好き。

 

ここにきて突然強そうに見える中日に困惑しています…。

これまで勝ってきたチームはいいかげん疲れ果ててるからだろーか。

つれづれ comments(3) trackbacks(0)
無意味を知る。

まるまる1週間休むとさすがに仕事が詰まりますな。

休み明けからずーっとビミョーに忙しい。

 

 

 

そういえばお盆休み中に作ったものの、

あまりにも意味がなかったので記憶から追い出したガマがありました。

 

(やる気のなさが画像のボケ具合に如実に表れている)

 

一見普通のガマですが、実は表地と裏地の間にアルミホイルを挟み込んであるんですよね…。

ママンがリレーアタック的な何かを気にしていたので車の鍵を紅茶缶に入れてるんですが、

邪魔だし開閉面倒だし持ち歩くとガラガラうるさいしで、何か代用品がないかと思って。

百均の携帯灰皿で十分とは聞いたんだが、鍵が入るサイズのものが見当たらなかったうえに、

どれもこれも触るのもイヤなくらいにダサい。

で、作ってみようかと思ったんですよ。

アルミホイルにくるんだら反応しなかったから、アルミホイルで入れ物作ればいいのかな、と。

そして何を思ったか、口金という隙がありすぎなブツを生み出してみたわけです。(あたまがわるい)

つっても、口金部分だけアルミホイルでくるんでみてもフツーに反応したから、

口金部分がどうこうという問題でもなさそうなんですけどね。ミシンの針穴か…?

とりあえず、ガマ口にアルミホイルを挟み込んでも無意味ということがわかったからまあいいや。(無理矢理ポジティブ)

 

…というワケで、

アルミホイルで作ったガマ口にアルミホイルを入れて、そこに鍵を挟むという、

ガマ口をアルミホイルで作った意味皆無な運用をしております。普通のガマで十分だった…。

鍵入れとしては無意味だったけど、ガマ口としてのフォルムは悪くないので、

この型紙でガマを量産してみようかなーと思いました。

いつか。

鍵入れについては、性懲りもなくアルミホイル製ポーチを作ってみようかと。フタぺこんと折り返すやつ。

いつか。

 

 

 

JRの定期をいつもは6ヶ月で買ってまして、それが5月で切れたんですよ。

10月に消費増税のついでに運賃も上がるんで、とりあえず3ヶ月定期に買い換えたんですよ。

ちまちま買い換えるのも面倒なんで、8月に買い換えるときはもう6ヶ月でいいかなーと思ってたんですが、

発表された10月からの運賃の上がりっぷりが想像を超えてかなりえぐかったので、

面倒とか言ってられなくなって先日1ヶ月定期に買い換えました。

そして9月の末に旧価格の6ヶ月定期を買う。(必死か)(必死だ)(もはや死活問題だ)

だって、6ヶ月定期で1万4千円くらい上がるんですのよ、奥様!!(誰)

まあ、値上がりした分もちゃんと会社で見てもらえるんですけどね、それにしたって1万4千円!!

値上げは仕方ないなーと思ってたし、今も思ってるんだけど、それでも衝撃的なのでした…。

 

 

 

そういえば新しいホットプレートを使って、昨日はたこ焼き、今日はチヂミを焼きました。

たこ焼きプレートの穴がわりと浅かったので(とはいえ市販のたこ焼きプレートとしては一般的な深さ)、

思ってたよりも小さめで楕円なたこ焼きになってしまって、ちょっと不満。

今日のお昼に、一人でリベンジタコパを催しました。(パーティとは)

 

半回転させた後に液をつぎ足したら、小さいながらも丸いたこ焼きができました。満足である。

(そして調子に乗って焼きすぎて、意図せず作り置きの冷凍たこ焼きを生み出した)

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
さらば夏休み。

何もしないままにお盆休みが終わってしまった。

当初の予定通り、墓参り以外ほぼ外出せずに過ごしました。散髪には行ったな。

ほぼほぼのらおとベッドでイチャイチャしてました。やーらしー。(単なる寝穢い仲間)

妹Bも今日の夕方の便で帰って行きました。

ママンが妹Bがあまり自炊する時間もないっぽいことを気にして、

「そうだ、Yuki*の作った(???)ドライカレーを持って帰らせよう!」と勝手に思いついたらしく、

今日の午前中突然、ドライカレーを作らされました。なぜ事前に本人に確認をしないんだ。

つか自分で作れよ…。母の味やいずこ。

 

さーて明日から仕事だな…。

仕事が嫌いなワケじゃないんだけど、休み明けはそりゃもうだるいよにゃー。

 

 

 

お盆休み中にちょっとガマの試作などしておりました。

 

はじめての押口。

型紙としては悪くない気がするが、用途に対して容量が多すぎた。(作ってから気付く)

口もパッカー開いて開閉もしやすいので、今回の用途とは別に、おやつ入れとして今度作ってみようと思います。

 

で、ふたまわりくらい小さめの口金で再挑戦。

 

口金のサイズはともかく、型紙がおかめってて超ブサイクなのでやりなおし。

 

これでどうだ!

 

いつもテキトーフリーハンドで型紙を作っているんですが、

オツムが残念なので、仕上がりイメージと実際の乖離が著しく、試作は必須なのですよ。

でもナチュラルボーンで面倒くさがりなので、「こう作ればイメージ通り!」って方法があるなら知りたいと思い、

『がまぐちの型紙の本』なる本をポチり、連休中に届き、いそいそと読んだワケですが…。

 

えーと、こんな丁寧な作業しなきゃならんの…?

 

…といった具合に、ガサツでズボラで面倒くさがりなワタクシは早々に脱落したのでした。

いえ、本は素晴らしいのです。がま口と型紙の基本的な考え方がよくわかるありがたい本なのです。

ただ、ワタシのよーな人間にとっては、素直に本の通りに作業をすることを考えるだけでストレスフル…。

マチの付け方とか幅の取り方とか、基本的なことがよくわかる本なので、

そこだけ参考にしながら、これからもテキトーフリーハンドで型紙を作ろうと思います。

本の通りには作らないけど、非常に参考になったので、ポチったことを後悔はしていない。

 

 

 

そういえば、連休中にポチって、思いがけず連休中に届いたブツが他にもありました。

ポチった時のお店の案内では出荷は19日とのことだったんで油断していたら、

13日に出荷されて、15日にはサクッと届きました。倉庫も運送会社も勤勉に働いてらっしゃる。

 

タイガーのホットプレートです。

ブルーノもどきに見えるかもしれませんが、そこそこオサレで、かなり性能はよろしいです。

深めの鍋状ホットプレートの他に、

 

たこやきプレートと…

 

グリルプレートもセットになってるタイプをポチってみました。

この連休中だけポイントアップ&特別価格になっていたので。

せっかくだからもうちょっとポイント稼ごうかと思い、楽天が勝った翌日に急いでポチっとな。

楽天がこの連休中に再び勝つことがあるかわからなかったからな!!(ひどい)

だって、欲しいものがあるときに限って延々負け続けたりするんだもん…。

 

親父も妹Aも妹Bもいた頃から使ってる大きめの丸形ホットプレートがあるんですが、

ワタシとママンのふたりにはデカすぎるうえに、デカいだけに取り出すのが面倒で使用頻度が下がり気味。

それに加えて、20年以上使ってるから仕方ないんですが、プレートの一部が熱しなくなってきまして。

そこらへんの棚に置いておけるサイズの、全面熱されるホットプレートを買おうかな、と。

オサレなブルーノも候補には挙がってたんですが(蒸し鍋オプションにズッキュンときめいていた)、

いろいろレビューを見たら、オサレ家電としては許容範囲なんでしょうけど、性能がちょっと不安で。

熱したり保温したりはタイガーか象印かなーと思って、コレにしました。

たこやきプレートがついてきたので、たこやきマッシーンは処分します。

いろいろ焼きたいなあ。とりあえずはお好み焼き。

 

 

 

お墓参りはいつも10時間ドライブでして、面倒なのでワタシは日帰りしたいんですが、

今年はお墓参りの後にニセコで1泊してから戻ってきました。(留守番猫は声を嗄らしていた)

ママンがワタシの運転に老いや不安を感じたのでしょうか、

うっかりアクセルとブレーキ踏み間違えてコンビニに突っ込むと危惧したのでしょうか、

今年は泊まりにする、と。

ニセコのそれなりの規模のホテルに泊まったんですが、

外人ばかり相手にしてたらうま味という概念を忘れたのかと思うほどに食事がイマイチでした。

ソフトクリームと牛乳は美味しかったけど。ビバ倉島牧場。

 

ワタシはエンブレが重力に負けてる時以外は基本的に法定速度キッカリで走るので、

世間一般では煽られ運転というか、行列の先頭になりがちというか、まあ嫌がられるタイプのドライバーです。

一応、登坂車線やゆずりゾーンがあったら入るし、複数の車線があったら基本一番左側を走るし、

路肩が広めの道路では、止まったり減速したりはしませんが、左寄りで走って追い越してもらうようにはしてます。

でもここんとこ、見通しもよくて対向車も来てない追い越すにもってこいな状況で全然出てこなかったのに、

先が見えない上り坂やカーブの前でいきなり出てきて、案の定対向車が来て慌てて鼻先かすめて戻る車が多くて、

ワタシへの命がけの嫌がらせなんだろーかと常々不思議だったんですが、

ひょっとすると単純に、スピードは出したいけど運転は下手な人が増えただけなのかなあと思ったりしました。

煽り運転にしても、前の車が遅すぎるから車間が詰まって煽り運転みたいになっちゃうとか言ってる人がいて、

目の前を走る車が遅いことなんて見てりゃわかるんだから、普通に運転してたら煽るほど車間詰まるワケがないし、

わざと車間詰めてるか、車間の維持もできないくらい下手くそかじゃないかと思ったり思わなかったり…。

 

個人的には、自分以外の運転する車に乗る場合に、車間が狭いのがすっごい怖いので、車間はきっちり保ってほしい。

急な車線変更されたりした場合とかは仕方ないとしても、車間を維持できないのは運転が下手だと思うんだよね。

…とか偉そうに言ってるワタシも、どちらかといえば運転は下手なんだが。

下手だからこそ余計に車間はとりたいタイプ。

スピード出したり、車間詰めたりしたら、とっさの場面でちゃんと対応できる自信がない。

 

そういえば、お墓参りの帰りに、長万部あたりでパトカーが違反者を乱獲してましたな。

青い制服のおっさんに捕まってる車もあれば、ミニパトに捕まってる車もありました。

なんとなくだけど、ミニパトに捕まるのはイヤだな…。萌えない。

どうせ捕まるなら車内で童心にかえっていろんな装備に目を輝かせてみたい。(そんな場合か)

トランクに積まれた三角コーンとかちっとも萌えんのじゃ。

三角コーンといえば、駐車場で自分がどこに停めたかもわからんような方向音痴くんは、

駐車場の三角コーンでも車のてっぺんに乗せとけ的な意見をどこかで見てちょっと笑った。

ものすごく馬鹿にしながらも実際問題かなり効果的だよな。(駐車場の設備を勝手に自車に乗せてはいけません)

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
マッサージしないチェア。

昨日から怒濤のお盆休み9連休に突入しております。

とはいえ墓参りに行く以外は猫とイチャイチャする以外何の予定もございません。

妹Bも帰省してきやがりまして、部屋掃除も一時中断中です。

しゃーないので、がま口の試作でもしてみようかと思っています。

口金も値上がりすることだし、買いだめする口金の選定を兼ねて。

 

モノの量を減らさないことには部屋掃除もままならないので、

着なくなった服とかしばらく使ってないブツを取捨選択して捨てようと思ってるんですが、

どう見てもモノとしての寿命を終えているのに捨てられないブツが御座います。

 

のらおの玉座。(ぼろぼろ)

癒やしを求めて猫より先に手に入れていたマッサージチェアですが、

猫が来たとたんに寝床兼爪研ぎとして所有権を主張されまして、

今となっては露骨にボロボロなワケですが、それでものらおはこの椅子を愛しているのでした。

本来の持ち主であるワタシが座ろうものなら、周囲をウロウロして無言の圧力をかけてくるほどに。

何度か補修もしたんですが、当て布よりも元の素材の方が爪の引っかかりがいいらしく、

もっぱら補修してない部分を狙ってボリボリ引っかくので、この椅子はのらおの爪研ぎだと思うことにしました。

今じゃスポンジも露出し、スポンジの下の本体まで露出しているみすぼらしさなので、

いいかげん処分したいなあと思わないでもないんですが、なにせのらおの愛が深いのでね…。

本来のマッサージチェアとして稼働していたのは1年なかったんじゃなかろーか。

椅子としては長持ちしているが、本来の用途を大きく逸脱しているのがなんともかんとも。

とはいえ、のらおがボロボロにするのはもっぱらこの椅子で、家の壁とかには一切爪を立てないので、

それを考えたら、本来の用途ではないけどよく働いてくれていると言えなくもないのか…?

とりあえずはこの椅子、捨てずにとっておこうと思います。

 

 

 

お盆休み唯一の予定、墓参りは、毎年恒例の10時間超ドライブになるので、

先日、給油のついでに空気圧を見てもらってきたんですが、

新人さんなのか不思議さんなのか、「軽油満タンとエアチェックですね」を3回復唱されました。

さらに空気圧チェック後に、「4本とも均等に減っているので大丈夫です」とか言われまして、

思わず「え、減ってるの?(じゃあ足してくれよ)」と聞き返したところ、

全部の工程を彼の隣で見守っていた別のお兄さんが慌てて横から顔を出し、

「4本とも均等に適正量入っているので大丈夫です」と言い直してくれたけど、一瞬どきっとしてしまった。

ちゃんと自分で確認すればいいことなんだけどね。お道具買ってこなきゃならんしなあ…。

ジャッキも買わなきゃならんことだし、今度カーショップ行って見てみるか…。(カーショップの臭いが苦手)

つれづれ comments(0) trackbacks(0)
追憶の変なおじさん。

あまりにも汗が止まらないので、これが噂の更年期? と一瞬思ったものの、

なんてことないただの熱帯夜でした。(北海道の貧民宅にクーラーなどない)

あついよー。今週はずっと30℃以上だったよー。夜も涼しくならなかったよー。

明日もまた30℃超えだってよー…。

 

そんな暑がりのワタクシは、一年中どこに行くにも扇子を持ち歩いているのですが、

朝っぱらから気温が30℃を超えた先日、扇子を紛失していることに気付きました。

最初は家に忘れたのかと思ったのですが、いくら探してもない。

どこかで落としてきたんだと思うんですが、扇子なんて落としますかね…。

財布とか傘とか時計とかは一度もなくしたことがないのですが、

あまりなくさないようなものをよく紛失します。

外出先でブラウスを紛失したときには、自分自身に唖然としました。

ブラウスなくすって…。

 

 

 

今となっては夜道を一人で歩いていても誰からも襲われたり追い剥がれたりしないワタシですが、

若い頃は大人しそうに見えたせいか、ちょいちょい変なおじさんにも遭遇したりしました。

出会うのは夏が多かったので、なんとなく変なおじさんは夏の思い出のひとつになっています。(思い出…?)

なんせ変なおじさんのお話なので、ほぼお下品なお話ですがご容赦ください。

 

というのも、ちょっと前に、JRや地下鉄での痴漢撃退に安全ピンがどーのと話題になっているのを見て、

そういや昔ワタシも、安全ピンではないけどシャープの先ぶっ刺したことあったなあと思い出したので。

勝手に、触れてるだけならセーフ、指に力が入って肉や割れ目に食い込んで来たらアウトってことにしてたので、

股ぐらに突っ込まれた手をガッツリ握って、持ち主の顔も確認せずにシャープで手の甲グサッとな。

後ろで「ぐふっ」とか変な声聞こえたけど、グサッとやるのは犯罪だったんだろうか…いやもう時効だろうけど。

グサッとやったワタシの手を、刺された手とは別な手でじっとり握りしめてくる本物の変態さんもいたっけなあ…。

 

人生で一番変なおじさんに遭遇した時期は小学校2年生から3年生の間。

その2年間通ってた小学校の近くに、やたらと変なおじさんが出没した。

公園の藤棚の根元1本1本に少しずつ小便をかけているおじさんとか、

公園で本を読んでいると、他のベンチががら空きなのに何故か隣に座ってジュースを飲むおじさんとか、

追いかけっこにいつのまにか参加してるおじさんとか。

木や柱に小便かけてたり、隣に座ったり、おいかけっこに参加したりなら特に実害はなかったんですが、

コイツはダメだっておじさんがひとりいまして、あの気持ち悪さは今も忘れられない。

 

学校から帰る途中の道に止まっていたクリーニング屋さんの白いバンに乗ったおじさんが、

今思えばものすごくベタな手口ではあるんですけど、窓から顔出して道を教えて欲しいと。

当時からしっかりアホだったワタシが近づいて行くと、地図があるから見て欲しいと車のドアが開きまして、

そこに座ってたおじさんの下半身がお約束通りにち○こ丸出し状態だったワケですよ。

あ、このひとは変なおじさんだ、とは思ったものの、そのとき既に手首をガッシリ握られてましてね。

「おじさんのお○んちん子豚さんみたいでかわいいでしょ? なでなでしてみようね?」

とか言われて触らされたワケですが、

そのち○こがですね、風呂場で毎日見ている親父のソレの半分くらいのサイズだったものですから、

「あ、ほんとだ〜。ちっちゃくてかわいいですね〜」

と、まったく悪意なく(むしろおじさんに話を合わせたつもりで)正直に口走ったところ、

おじさんの手がちょっと緩んだので、その隙に走って逃げて公園の蛇口でそりゃもう必死で手を洗った。

あれは気持ち悪かったなあ。今でもあの感触が手に残ってる感じするもんなあ。THE★ふにゃチン。

子供の親切を踏みにじるダメな大人だ。

これは親に話したら怒られるやつだと思って話さなかったから、

事件になったり話題になったりする以上に変なおじさんはいっぱいいるってことなんだろうな。

キモいですね。

 

そんなこんなで、変なおじさんとの遭遇は夏が多かったんですが、

真冬の猛吹雪の最中、ほとんど誰も通らない高校のグラウンド脇の抜け道で、

白いハイエースから降り立ったトレンチコートから生足生やしたオッサンが、

横殴りの雪にも負けずにコートの前をガバッと開いて、

氷点下においてはむしろシュールでしかない貧相な裸体を晒していたこともあったなあ…。

なにせ横殴りの雪なので、股間のアレも風に靡いていたっけね。

変なおじさんは夏だけの生き物ではない。

 

ちなみにその近くには、昔とある本にも掲載されたことのある、

『昼間でも出るぞ痴漢と変質者』という看板が立っていた。

確かに、猛吹雪の真昼間でも出た。

つれづれ comments(4) trackbacks(0)
| 1/162 | >>