| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
網タイツおじさん。

毎年この時期、今年の漢字なるものが発表されるワケだが、

果たしてあの字が達筆なのかどうかが教養の低いワタシにはよくわからない。

とりあえず、全然好みじゃない。(字フェチ)

 

 

 

先週末はちと東京に行ってきました。

さすがに師走ともなるとオバハン疲れてたらしく、かなり大人しめのお出かけになりました。

寺とか神社とか攻めずに、持てる女性らしさを全開にしてもっぱらお買いものしてきましたよ。

世の女子は東京に行ったら何やらオサレなアレコレを買いに行ったりするらしいじゃないですか〜。

もはや女子ではないが、一応性別メスなので、ちょっとだけ見習ってみたんだぜ。

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(1) trackbacks(0)
終わりの始まり。

12月8日にゲルニカと胎内回帰とdieを聴くってのが、

勝手な妄想と個人的な思い入れに過ぎないんだろうけど、なんかクル。

戦争はいやだな、と。

アメリカ人以上に、日本人こそ忘れちゃいけない日な気がする12月8日なのでした。


しかし、先日のminus(−)のフジマキくんといい、

50を過ぎると男はガーターベルトと網タイツを履きたくなるもんなんですかねえ。

ロングジレの下がガーターベルトと網タイツだった。

股間を覆うものが何だったのかは見えなかったが、

とりあえずモモ丸出しでしたよ、櫻井御大。

映画・音楽 comments(0) trackbacks(0)
ぶつぶつ除去。

師走は頭痛と共にやって来ましたYuki*ですコンバンハ…。

 

土曜日目覚めたら、頭をちょっと動かすだけで吐きそうなくらい頭が痛かったんで、

何の予定もない休日なのをいいことに、落ち着くまで惰眠をむさぼったらあっという間に16時。

ワタシの週末の3分の1くらいを使い果たしていました。あいやー。

偏頭痛持ちなんで、何ヶ月かおきに起き上がるのもイヤになる頭痛に襲われるワケですが、

これまでのところ仕事が休みの日にしか寝込むレベルの頭痛は起こらない。(寝込まないレベルは毎日)

ウチの会社はありがたいことに、体調不良で突然休んだところで、心配こそされ文句言われたりしないんですが、

いきなり仕事休むといろいろ面倒だから、やっぱ体調崩すなら休日に限るな。

半日以上眠りこけてたおかげで思いがけず2食抜いたワケで、増える一方だった体重が減りましたよー。

頭痛万歳。(違)

 

 

 

そんなワケで、今週末やろうと思ってたことの達成率がいつも以上に著しく低かったんですが、(通常値で達成率20%)←

ここ数年やろうやろうと思ってやってなかったことをできたから、とりあえず満足です。

そう、それは毛玉とり。

 

数年前にぶっ壊れてから買い換えてなかった毛玉とり機を、ついに買ってきたのです。

性能とか機能とか細かいことはよくわからんが、見た目が好きだったので!!

半透明のパステルカラーとか自分の部屋に置くのもイヤなんですが、コレならいい。

ティファールで毛玉とり機出してるなんて知らなかったわ。他にもフーシャピンクとかターコイズとかありました。

冬物のアウターの毛玉が気になってたんですけど、ときめく毛玉とり機に出逢えなかったのでずっと放置してたんですよね。

ついにときめく毛玉とり機に出逢えたので、早速買ったワケです。

 

そして、いざ毛玉とり。

ビフォア。(ヒデェ)

 

アフター。

わあ、すっきり!

 

こんな調子で、コートやらセーターやらを片っ端から毛玉とってやりましたよ。

何より達成感があったのが、毛布のミミ。

何年も使っている毛布のミミが毛玉でちょっと哀しいことになっていたんですが、

毛玉をとったら、買った当時のスルスルなミミを取り戻してくれまして、今年の冬は幸せに過ごせそうです。

ああ、毛玉とりサイコー。

毛玉とりたいから毛玉できないかなーとか本末転倒なことを考えちゃうくらいに気持ちがいいんだぜ。

ジョリジョリジョリジョリ…。

男のひげ剃りってこんな感じなのかなあ。(多分違う)

 

 

 

ずっと探してたものといえば、こいつも見つけました。

マイヤーズラムの200ml瓶。

冬になるとミルクティーにラムをどぼどぼ入れて飲むのが好きなんですが、

近所のお店にはデカい瓶でしか売ってなくて、空っぽにするまでに何年もかかかってしまって、邪魔だったんですよね。

可愛くもないし。

小さい瓶のものがあるハズだと思いながらも、近所ではついぞ見かけず、邪魔くさい大瓶何年も抱えてたんですが、

先日、ケーキの予約にデパ地下寄ったときにフラッとお酒コーナーに立ち寄ったら、売ってました。

サイズ感もちょうどいいし、邪魔くさくないし、大したことじゃないんだけど、手に入ってうれしかった。

でも、昔はスキットルみたいに、ちょっと後ろが曲線になった瓶だったような記憶があるんだけど、

今のはフツーの瓶だったので、ちょっとつまんない。手に馴染むいい形だったのに。

 

12月になったので、新しい手帳に替えました。

新しいものをおろすウキウキはいいもんですなあ。

ちなみに来年の目標は、「ちゃんとする」です。(ざっっっっくり)

まずはちゃんと手帳を使うぞ。おー。

ノンストップ物欲 comments(5) trackbacks(0)
冬装備リニューアル。

先日、赤帽さんが「札通でーす」と言いながら西濃さんの荷物を持ってきました。

荷物が錯綜する年末になってきたんだなーとしみじみと感じる冬の日なのでした。

 

…というワケで、

結氷!!

子どもの頃はコレに乗ってパキパキ割るのが楽しかったものだが、まさか四十路になっても同じことやってるとはな。

しかも四十路になってもそれがまだ楽しいとはな。我ながら呆れるぜ。

 

…とか余裕ぶっこいてたら、その日の夕方。

17時45分に外に出たときは、雪も降ってなかったし、当然積もってなどいなかったというのに、

18時に帰ろうと会社を出たらこの有様。たった15分で5cmくらい積もってましたけどどうしちゃったの。

確かに今年は雪が遅い遅いと言われてましたがね、

だからって慌てていきなりやる気全開でどかーんとやってこなくてもいいのよ?

 

ずっしりと重い湿った雪が一気にどっさりもっさり降ってたんで、

架線に雪が積もって云々のパターンかなあと心配してましたが、JRはほぼ普通に動いていたので帰れました。

夜に市内の一部で停電があったみたいですけどね。(夜だからよく知らない)

停電の情報が4時間遅れだったとかでニュースになってましたけど、個人的には復旧さえしてくれればいいかなって。

迅速な情報提供があるほうがいいに決まってるけど、知っててもできることなんて何もないから別になくてもいい。

できることはないとわかっていても、朝起きたらご飯できてない録画されてないとかのイライラはするんだけど、

雪質見れば停電するかもなーって予測くらいできるし、冬場に電気が不安定になったり停電するのはよくあることだし。

地震の影響で不安になってんのかもだけど、地震経験したからこそ電気来ない時の備えくらいしてあるでしょ、きっと。

 

…といった具合に、危機感が乏しすぎるうえに、隙あらば物欲を滾らせてるワタシは、

何かが起こらないような対策を考えるより、何か起こったときの対策をする傾向が非常に強いポンコツである。

できる対策はしようとするが、いかんせんポンコツなので、できる対策が少ない。

停電にならなければいいなとは思うけれども、災害や天候によっては停電しちゃうこともあるだろうから、

停電になったときに何があれば嬉しいかばかり考えるし、

立ち往生しないようにとは思うけれども、しようと思ってするもんじゃないし、したくなくてもしちゃうもんだから、

立ち往生したときに何があれば嬉しいかばかり考える。

 

そんなワケでワタシの車には、何かあったときのためだけに、この20年自分のためには一度も使ったことがない、

役に立つんだか立たないんだかわからんアレコレがいろいろ積まれている。

バッテリーケーブルとか三角表示板とか牽引ロープとか脱出ヘルパーとかその他もろもろ。

前の車には古い毛布とかも積んであったんだけど、本当に古かったので、車とサヨナラしたときにサヨナラしました。

新しい車になってからは、冬の長距離のときだけ家で使ってる毛布を積んで、帰ってきたらおろしてたんですが。

積みおろしも面倒なので、新調してみました。

 

枕は前まで使ってたテンピュール。立ち往生対策っつーより、ウッカリ車中泊対策。

その下の紺色の毛布を新調してみました。ぐるりファスナーがついていて、寝袋にもなる毛布です。

毛布のワリにあまりかさばらないので、トランクの二重底に枕と一緒に収まりました。

コレの他に、ひざかけ兼用のブランケットを席に置いておこうかなーと思って、ポチ。

数年前にひざかけ買ったんですが、のらおに愛されすぎて穴ぼこだらけのダーニング練習用と化してるので、新調。

ついでに、ひざかけの倍のサイズ(130×180)のブランケットもポチったので、それを車に積もうかと。

寝袋の上からかければかなりあったかいと思うし、普段もひざかけとして使えるし。

運転してて寒いと思うことはほとんどないんですが、エンジン切って人を待ってたりするとさすがに寒いので。

地元のお店に売ってないので、ラプアン公式でポチったんですが、なんかオサレな包装で届きましたよ。

洗えるので、夏は敷物としても使えるし、ぬくぬくだし、ちょっとにんまりしてしまう。羊さんありがとう。

 

そしてコチラはちょっと前ですが、冬の長距離ドライブのときに持ち込む水筒も新調してました。

どうやら、幼稚園児に人気の水筒のようです。(それを嬉々として買った四十路のババア)

コレにあたたかいお茶を入れて旅に出るのです。今までの水筒は落としまくってボコボコだったのでね…。

冬の長距離ドライブは飲み物と食料を持って出かけるのです。(そして何事もなく無事太る)

 

カバーの猫はきっちりアップリケが刺繍されてるワケですが、その中の本体の猫さんときたら…

露骨にシール。

まあ、カバーかけて使うからいいんですけどね。

 

このほかにも車の雪下ろし用のブラシも新調しましたよ。

数百円の安物を使ってたんですが、ひとかきするごとに棒が縮むポンコツ設計だったので、

しっかり止まるものに買い換えました。大奮発の2,000円。さあ来い雪!!(もう来てる)

安全運転に気をつけて冬のドライブに繰り出したいのだ。

函館でチヂミ! 旭川でハイティーセット! 帯広で十勝牛! 増毛で海鮮丼!

 

昨日は小型家電の廃棄のために車を出して、今シーズン初冬道だったんですが、

既に誰かがスリップ事故を起こしていたらしく、近所の信号機がポッキリとへし折れていました。

この時期は冬道運転の感覚がまだ取り戻せてないうえに、中途半端にテッカテカだから、

いつもより気を引き締めて運転したのでした。

赤信号で車が止まるとは限らない冬が来ましたよ。(滑る)

ノンストップ物欲 comments(0) trackbacks(0)
豆が来た!!

チョコとアイスの旬は冬!!

…というワケで、シーズン前のウォームアップとばかりにチョコとアイス食いまくってるYuki*ですコンバンハ。

これ以上太ったらヤバいんだけどなあ…。(健康に支障を来しそう)

 

 

 

そんな不健康なワタクシに、突然のヘルシーなお届け物です。

 

何やら既視感のある平たい箱。

そしてザラザラという聞き覚えのある音。

そして、差出人は 手作り記録 のsakuraさん。

 

…とくれば、そう、アレです。

 

黒豆どーーーん!! 九州のおみやげもどーーーん。

 

右側の箱にはくまもんてぬとお手紙が乗っていたんですが、

ワタクシ、箱を手にして「あ、黒豆だ!!」とか口走ってしまったせいで、

喜びのママンが開封の儀に無断で背後からシレッと参加してやがりまして(ママンは黒豆が大好きなのだ!!)、

「Yuki*さん…」からはじまるお手紙を見られそうになり、ちはやふる的スピードでポケットに隠したのでした。

ブログやってることは一応秘密なのでね!!

(リア友などほとんどいないくせに各地のお友達からお届け物が届くので、怪しまれてはいるだろうけどね…)

 

フォッフォー!! 見よ、黒豆タワー!!

 

そして九州みやげの数々。

白くましばらく食べてないなー。ああ、食べたい。(ほら、アイスの旬は冬だから)

マルベリーティーってなんだろう? と思ったら、『桑』らしい。

維新150年とは呼ばずに戊辰150年と呼んじゃうタイプの反薩長なワタシですが、

西郷さんは全然好きじゃないけど、大久保さんはなんか好き。(誰も訊いてないです)

 

sakuraさん、おいもにひきつづき、今年もどうもありがとうございましたー!!

いやあ、これでママンもニヤニヤしながら年が越せそうです。

先日より灯油ストーブが始動しておりますので、その上でコトコト煮込んでやるとママンがやる気です。

ママンが何かお礼をしたいと申しておりますので、ご希望があればぜひとも教えてください。

北海道の農家さんだからいつもの道産品ではお茶濁せないからね〜と言ったら、

「じゃあ、みかんを送ろう!!」とかよくわからんこと言ってましたが…。なぜ『みかん』。

続きを読む >>
もらいもらわれ comments(4) trackbacks(0)
うまれてはじめて。

まだ冬じゃないけど朝晩キッチリ寒いこの季節、

フツーの冬用手袋を履く(えーと標準語でははめるとか言うんでしたっけ…?)のはちょっとやりすぎだけど、

素手だと寒くて激チャには耐えられないワケで、例年この時期は軍手履いたりしてたんですよ。

黒地に白い骨模様な軍手だったりするせいでちょっと人目をひいてしまって居心地悪かったりもするんですが、

いくらなんぼなんでもノーマル白軍手ってのはまた別な意味で人目をひきそうだしなーと思っていたんで、

数年前から、この時期は指先だけない手袋を履いてチャリで爆走しています。

 

たまたま寄った服屋さんで売ってた色からテキトーに選んで買って使ってたんですが、

オートミールとボルドーを服の色によって使い分けていたものの、服が基本黒ばっかりなので、

できれば黒かチャコールグレーが欲しいなあと思っていたところ、今年は黒が並んだので、いざ出陣。

 

めでたく黒を手に入れたワケです。

ユニセックスのフリーサイズなんで、若干大きめな作りになってて、

クソ寒い日はちょっとひっぱれば指先まで覆ってくれるのでなかなか便利。

模様もなんもないどシンプルな感じも気に入っております。

何やらコダワリの加工してあるウールらしいんですが、そこらへんはよくわからん。

程よくあったかければそれでいいです。(店員さんがいろいろ説明してくれてたけど、シレッと聞き流したごめんなさい)

 

…斯様に、手袋を買う目的で出陣し、めでたく手袋を手に入れたワタクシなのですが、

手袋持ってレジに向かう途中でちょっとトラブルが発生しましてね…。

 

パラブーツのイベントがちょうどその日から始まっていたらしく、ウッカリ買って帰ってきたワタシのばかばか。

手袋買いに行ってクッソ高い靴買ってくるって何なのバカなの老後はどうするの。

(イベント初日に勢い良く買ってしまったおかげか、先着順のノベルティとして木型をもらっちゃった)

 

普段はこのお店には何種類かしか置いてないパラブーツが、いろんなモデルのいろんなカラーでずらりと並んでましてね…。

札幌にはパラブーツのお店もあって、そこには普段からいろんなモデルのいろんなカラーが並んではいるんですけどね、

この靴、トリッペンに比べるとカッチリキッチリしてるので少し窮屈だし、何より値段がクッソ高いんで、

ずっと気になりつつも、あまり近寄らないようにしてたんですよ。カッチリだからサイズも普段より大きくなるし。

 

なーのーにー。

手袋買いに行ったら、近寄らないようにしてた靴が至近距離で目の前に並んでて、しかもすげーカワイイ…。

おまけに、イベント初日だったからか、イベントだったからか、

一番好きなモデルの一番好きなカラーのデカめのサイズがお店にあって、試し履きもできちゃうというね…。

もうね、ローファーもファーも全然興味ないのに、ローファーにファーついたこの靴にズッキュンときめいちゃったのよ。

ファーなんかついたが最後、冬しか履けないワケですが、そもそも冬底の靴は冬しか履かないし。(減るからね)

ちょっとキツめだけど、ローファーだけにカカトぱかぱかするのイヤだし革はいずれ伸びちゃうし。

25cm〜25.5cmってサイズなんですが、国内に入ってきてるサイズとしては最大で、

これまであまり出くわしたことがなかったし。(「あーそのサイズのご用意はちょっと…」攻撃にひれ伏してきた)

もともと、ブーツじゃない冬靴が一足欲しいと数年前から思っていたし。(それにしたって激しく予算オーバーしてるが)

パラブーツのお店ではちょっとしかつかないクレカのポイントが、このお店だとガッツリつくし。

 

パッと見そんな感じしないんですが、この靴底がけっこう冬道で滑らないらしいです。

少なくともトリッペンの冬靴よりは滑らないらしい。(トリッペンとパラブーツ履いてる店員さん談)

 

冬の足元はボリュームがあるほうが好きなので、ローファーにしてこのぽっこり感は合格です。カワイイ…。

 

のらおはこのぽっこりのモフモフに興味津々でくんかくんかしてました。

 

今年から冬はコレとトリッペンをぐるぐるまわしで履いて過ごそうと思います。

大事に履こう。20年くらい履きたい。いつまでもこの靴履けるようにこれ以上太らない!!

…だってすげー高かったから!!(←は、はちまんえーん(税抜)…ちーん)(多分人生で一番高価な靴)

 

そんなワケで、うまれてはじめて、クレカで5回払いってのをしてしまいました…。

ちょうど、たまたま、そのお店の入ってる商業施設のカードのクレカ分割手数料が10回まで無料の期間だったので…。

禁断の扉を開いてしまったような気がする。いや閉じる。すぐ閉じる。今すぐ閉じる。つかもう閉じた!!(必死)

これまで2回払いにすら屈辱的な気分を味わっていたのに、5回…5回…。

借金をいつまでもひきずるのは嫌いなんだよぅ…。(基本一括、高価な衝動買いは2回まで、がルールだったのに…)


…もう、こんなことはしない!!(…と自分に言い聞かせるための更新でした)

 

 

 

例年、雪が一度降ってからのっそりとタイヤ交換してたんですが、

今年は寒くなる前にとっとと交換してみようと思って、先週末交換してみました。

最近雨とか風とかひどいから、そんな中での交換はしんどいかなーと思って。

 

で、いつものよーに家の前でギコギコ交換していたところ、3本換え終わったところで、

通りがかった近所のおじさんが「女の子がひとりでタイヤ交換なんて危ないよ!」と手伝いに駆けつけてくれました。

もはや女の子とかいう年齢じゃないとか、20年以上ずっとここでタイヤ交換してきたんだけどなあとか、

まあいろいろ思うところはありましたが、有り難く最後の1本の交換をしていただいたのでした。

「タイヤの向きとか大丈夫?」とか訊かれたんですが、何のことかよくわからず「わかりません!」と元気にお返事。

どうやら大丈夫だったようですが、タイヤの向きってどーゆーことだ?

夏タイヤのホイール外して冬タイヤに装着した場合の向きってことか…?

(冬タイヤはホイール付で八兵衛からむしり取ったので、夏タイヤのホイール外したりはしていない)

そういえばタイヤに「外→」みたいな印が入っていたよーな気がする。

今まで、親父に教わったとおりにタイヤ交換してたけど、言われたまんま意味もわからずやってるだけなので、

よくわからんことがいっぱいです。これじゃダメなのか。勉強した方がいいのか。

いやでもタイヤ外れたりしてないしタイヤの持ちもそんなに悪くないから別にいいのか。

車はよくわからん。

とりあえず、ずっとずーーーっと買おう買おうと思っていたのにまだ買ってなかった十字レンチは買おうと思う。

タイヤ交換するたびに買おうと思うんだけど、すっかり忘れて次のタイヤ交換のときまで気づかず、

気づいてもとりあえず車載ので済ませてしまって、また次のタイヤ交換まで忘れて…という無限ループを脱するのだ。

 

そしてとにかく猜疑心が強いワタシは、おじさまにお礼を言ってお別れをした後しばらく経ってから、

車を車庫に戻して人目を避けつつこっそりと、ちゃんとナットが締まっているか確認したのでした…。

おじさんを疑ってるワケじゃないのよ? 人類全般信じてないだけなの…。(つまりおじさんも疑っている)

ノンストップ物欲 comments(2) trackbacks(0)
サクライそろい踏み。

先週末はワタシにしてはよく動いたんですが、
日曜日の夜にお風呂に入ったら吐き気を伴う頭痛に見舞われて、更新もせずにとっとと眠ってしまいました。
ババアのくせに途中で目覚めることもなく10時間以上しっかり眠ったワケですが、
何時間眠ろうとも結局朝ってのは眠いもんですな。(毎朝あたらしい世界を呪うのがルーティン)(イヤなルーティンだな)

 

そんな有様でしたので、あわよくば今週末のママンのバザーで処分しようと思っていた織り地のバッグが、

まるで縫製に手を付けていない布地の状態のまま今週を迎えたワケで、

ちょっとあがいてみようかと帰宅後に作業してたりしたんですが、このほどひとつめができたのでブログ更新。

ひとつめっつーか、もうふたつめなんか作る気も起きず、むしろひとつめすらゴミとして捨てようかという仕上がりで、

つまり、もうしばらくミシンを踏みたくなんかないって気分になったので、更新。

当然、更新ネタはキモチワルイ仕上がりのバッグなどではなく、誰も興味のないワタシの先週末です。

 

 

 

土曜日はばくちくさんのライブでしてね。Zeppだったのです、珍しく。

かさばる系のグッズは事前にネットでポチっとしておいたので、当日はラバーバンドだけ買いました。

ラバーバンドのためだけに開場17時なのに14時からのグッズ販売に向かいました。

買い物を終えたらウン時間ってレベルで時間があくので、近くの中島公園で紅葉狩り〜。

 

どーん。

 

どどーん。

 

どどどーん。

紅葉が青空によく映えてよい気分でうろうろしましてよ。

 

公園一周してもまだまだ時間があったので、公園の周囲もウロウロ歩き回ってみました。

ハンバーガーやらホットケーキやらをつまみながら時間をつぶして、とっぷり日が暮れて真っ暗になった頃に会場へ。

かつてばくちくさんのスタンディングライブで二度ほど服を破かれたことがあるので、今回は中程でまったりと。

以前、整理番号が一桁とか二桁だったときに前の方にいたら、

どこからともなく現れた巨漢の女性にライブ中ずーーーっと背中にのしかかられていたせいで、

終わってみればシャツの背中が裂けていたというね…。(彼女のアクセサリーが背中に痛かったんだぜ…)

別なときには、後ろから覆い被さるようにワタシもろとも上下運動をする女が背中にへばりついてましてね、

最前列で不随意上下運動を強いられた結果、シャツが摩擦で穴だらけになったこともあったな…。

つくづくあいつらどうかしてると思う。(マナーすこぶる悪いんすよね、一部の客が)

 

今回は、前の方目指すほどいい番号ではないけど、バーにもたれられる程度には悪くない番号だったので、

中程の真ん中あたりのバーにもたれてまったりと楽しんできました。ババアには支えが必要だ。

ノリノリな感じの曲よりどっしりした感じの曲が多めのアルバムだったので、

スタンディングではどんな感じなのかなーと思ってたんですが、ノリのいい曲を挟みつつ基本どっしりライブでした。

まさか『鼓動』で終わるとは思わなんだ。ああもう大好きだ。

ここんとこ今井寿の見てくれがすこぶるステキすぎてもうたまらんのですよ。

短髪もアゴの下も衣装もきゅんきゅんしてしまう。やたらとピースしてたけどどうしたんだろう。

ヒデヒコさんが胸元バックリ開いてたんですが、照明で陰影がバッキリ出てたときに、何やら麗しい胸筋的な…?

櫻井さんは髪が長めでしたな。衣装はパッと見普通と思いきや、実は腿出しガーターベルトに見えたんだが見間違いか?

 

以前はペットボトルを首から下げるストラップ的なものを寄越してワタシを困惑させたZeppですが、

いつの間にやら、こんなカワイイものを寄越すようになっていました。

ミニカラビナ付のドリンクホルダー。バッグにひっかけられます。しかも赤黒でギターの形。

コレなら普段も使えそう。(ネックストラップは持て余した挙げ句、一度も使うことなく捨てたからな)

 

今回のツアーグッズにギュスターバーってのがありましてね、

ギュスターブっつー猫な曲(?)が元ネタのグッズなんですけどね…。

この、どっからどう見てもねこじゃらしなグッズですが、会場内では危険だから使用禁止なんですよ。

ええ、それはよくわかりますとも。

それでなくとも普段からバカリボンつけてたりシルクハットかぶってたりするお馬鹿さん多めな会場ですからね、

こんなもん許可した日には隣近所が迷惑すること間違いなしですからね、禁止は当然でしょうとも。

でもね、さらに同梱の説明書には「ペットの玩具としては絶対に使用しないでください」とか書いてあるんですけど、

じゃあコレ、何にどうやって使うものなの…?(開封したとたんにのらおが駆け寄ってきてパンチ繰り出してた)

飾り? ホコリとり的なお掃除道具?

 

そんでもってこの日、別な会場にはミスチルが。

歌うサクライさんがふたり札幌にそろい踏みした土曜日だったようです。

あっちゃんとあーちゃんも札幌にそろい踏みしてたとか、まあどうでもいいことなんですけど。

 

 

 

ワタシにしばらくミシン踏ませる気を失せさせたキモチワルイバッグもついでに晒しておくか。

 

なんかもう質感とかサイズ感とかいろいろキモチワルイ。おえっ。

試作って大事なんだなーと反省しつつ、しばらく試作もしたくない。刺し子と組み紐で過ごす。

 

職業用ミシンは織り地6枚重ねでも平気でガツガツ縫い進めていました。ブラボー。(でもしばらくは見たくもない)

つれづれ comments(2) trackbacks(0)
どしゃぶりのち晴れ。

…という天気予報だったので、洗車を兼ねて(兼ねない)おたる水族館に行ってきました。

今日ならば空いているのではないか…!! と思ったので。

 

水族館でごはんを食べる気にはなれないので、まずは腹ごしらえに倶知安へ。(距離感)

 

ふぉー久々のパンケーキでしたよ。うまうま。

11時過ぎくらいに到着したんですが、客は二人連れの男の子とワタシしかいませんでした。

オーダーもすぐに通って、出てくるのも早めで、12時頃には食べ終わってました。よいペース。

 

13時過ぎにおたる水族館に到着。

まだパラパラと雨が降っていたせいか、駐車場のおっちゃんに開口一番「あめおんなー」と笑われる。

はじめましてで随分な態度だな!!(怒ってはいない)

見るからに曇天だしね…。(おかげで駐車場も館内もワリと空いててよい感じ)

 

しかし珍しく天気予報が当たりましてね、

晴れたついでに虹が出ましたよ。ヒャッホイ。

 

昼寝するカワウソのケツを愛でたり、

 

自由すぎるペンギンのショーを見たり、(おたる水族館のペンギンは伝統的にショーマンイズムがない)

 

子どもの頃から愛してやまないトドのショーをかぶりつきで見たりしてきました。

ああああああトドかわいいよおおおおお!!(子どもの頃は館内展示ガン無視で一目散にトド池に走り、1日中トドを見ていた)

 

しかし最近のトドはスマートだわね…。(子どもの頃に見てたトドとは縦横比が全然違う)

 

秋恒例のシャケ食いショーもやってたんですが、ガン見していて写真はナシ。

こんな感じで食ってました。丸飲み。

 

カラスと見つめ合うトド。

 

イルカショーで人がいなくなった隙にトドにエサあげながらニヤニヤするのが恒例なんですが、

今回は久々の水族館なのでイルカショーも見てきました。やはりヤツらは賢いな。

セイウチのお食事タイムとかアザラシのショーも見てきました。

海獣大好き。(とりわけトドとセイウチが大好き)

 

エイの腹の下はいつ見てもいい顔してるよな。(顔じゃないけどな)

 

右手のないウミガメくんも元気に泳いでました。

 

今年はおたる水族館が60周年らしくて、特別展示みたいなのもやってました。

トドの剥製。

水族館に入ってすぐのところに展示してあったやつかなあ?

子どもの頃はものすごく大きいものだと思ってたんだけど、大人になって見るとそうでもない。

ワタシが大きくなっただけなんだけど、なんか変な感じでした。

 

売店に、食われるシャケ目線なハンドタオルが売っていたのでウッカリ買う。だってカワイイんだもん…。

 

そして久々にひとりで小樽に行ったので、(そうですワタシはひとりで海獣ショー見てニコニコしてた怪しいババアです)

紅葉したツタがキレイなあのお店へ…。

昨年末に旅先の東京の催事で顔バレして以来、買いすぎを反省して自粛していたんですが、

誕生月だもんそろそろいいよね!(よくわからない理屈)ってことで、ちょこっとお買い物。

 

 

 

………『ちょこっと』?

どうやら、麻痺した感覚ってのは半年やそこらで治るものではなかったんですねえ…。(もはや宿痾)

つれづれ comments(3) trackbacks(0)
俺誕2018。

天高く馬肥ゆる秋!!

もちろんワタシも肥ゆる秋。紅葉もはじまっております。

ああ、秋が大好きだー。

(そりゃイモとか栗とかカボチャとか好きな食べ物が実る季節だからな!!)

(大好きな季節限定の洋酒入りのチョコの販売がはじまる季節だからな!!)

 

そんな秋はワタクシの誕生日の季節でも御座いまして、例年通りの…

フォッフォー。ハッピーバースデイ俺!!

8月に妹Bの誕生日を祝い、9月にのらおの誕生日を祝い、10月にワタシの誕生日を祝い、

11月は泣く泣くお休みをして、12月にクリスマスを祝い、1月にママンの誕生日を祝います!!

 

そして今年もワタシは自分の年齢を1歳サバ読んでいたワケで…。

毎年のことなのにどうして学習しないのであろうか。(それは多分バカだから)

正月に「あー今年で○○歳だなあ」と思った時点で1歳カウント。(そこが大間違い)

誕生日を迎えて、さらに1歳カウント。

なんかおかしいような気がして改めて確認して1歳マイナス。

まあ何歳でもいいんですけどね。

介護保険料さっ引かれはじめる40歳の誕生日だけは意識したなあ。(手取りが減るからな!!)

次は定年を迎える頃に年齢を意識するんだろーか。(定年まで雇っていただけていたらだがな)

 

正月も誕生日も、冥土の旅の一里塚だなあとひしひしと感じる年齢になってきました。

子どもの頃イメージしていた四十路とは明らかに様子が違う自分に、ちょっとだけ反省しています。

オトナって子どもが思ってるほど大人じゃないんだよなー。(お前だけかもよ)

 

 

 

誕生日には毎年メールをくれる妹Bですが、今年は「誕生日プレゼントはオランダで買ってきます」ですってよ。

博士の野郎、学会でオランダに行くんですってよ。

アムステルダムはアムステル川のダム〜。(ロッテルダムはロッテ川のダム〜)

つれづれ comments(0) trackbacks(0)
10月恒例。

先月の地震で驚いて家を飛び出しちゃった猫がたくさんいたとか、猫が揺れを怖がって隠れたとか、

猫はヒゲで揺れを敏感に察知するだとか、猫にとって地震がいかにストレスフルかという記事を読んだんですが、

一応寝ていた椅子から食卓の下へ移動はしたもののしっかり足畳んで座ってた(香箱座り)ばかりか、

地震でワタシやママンが起きたとみるや、おやつをもらおうと余震で家が揺れる中一切頓着せずに、

おやつ用のお皿の前に移動してお手をする準備をしていた我が家の猫を思い出し、何とも言えぬ気持ちになりました。

 

飼い主に危機感が足りないと、飼い猫もそうなっちゃうんですかね…。

いや、逃げ出されたり怖がられたりするよりはいいんですけどね、動物なんだからなんかもっとさあ…。

 

 

 

さて、今年も10月恒例の麗しき流れ。

自分の誕生日ケーキを予約しようとウキウキとデパ地下に繰り出し、

予約を終えて出口に向かう途中でMary'sの前を通りがかり、

ハロウィン恒例のムーミン缶入りチョコレートの販売が始まっていることに気づき、

 

当たり前のように、買う。

 

去年は黒い方のクランチチョコとキャラメルチョコの入った缶だけ買ったんですが、

今年は紫の方も買ってしまいました。…万年筆入れるのにちょうどいいサイズだったので!!

ふたつ買ったおかげでハロウィンマステまでついてきたんですが、ワタシにハロウィンで盛り上がる習慣はない。

またマステ在庫が増えてしまったぜ…。そろそろ頒布会催さねばな。引き出し7段分のマステを減らさねば。

レッツ終活。(缶目当てでチョコレートを買うようなヤツにはまだ無理だ)

 

 

 

チョコレートを見て思い浮かべるほど最近のお気に入りの万年筆ですが。

 

最近はこんな感じでウッキウキと使っております。

(結局、プレピーくんのペン先をプレジールくんにぶちこんで愛用しています)

 

kindle先生に落とした洋書をゴリゴリとメモ帳に書き写して、我流翻訳読書中なのです。

日本の本も電子版だと安くなったりするのが便利なんですが、洋書の電子版の安さといったら…!!

普通に本屋で買うと平気でで1,500円とかするペーパーバックが、300円とかで買えちゃうというね。

しかーも、洋書扱ってる本屋さんなんてそんなに多くないし、扱ってても欲しい本置いてるとは限らないし、

電子書籍っていいもんですなあとここにきてしみじみと思うワタクシなのでした。

…いえね、好きな本はやっぱり電子版でも紙でも買っちゃうんですけどね…。(物質として本が好き)

 

原書では3巻で完結していて、日本語版では4年に1冊くらいのスローペースで翻訳されてて、

今現在日本語版では2巻まで刊行されてる小説がありましてね。
日本語版で完結したらまとめて読もうと思ってたのに先日ついウッカリ手を出しちゃいまして、

今2巻を読んでいるところなんですが、

どうもコレ、主要な登場人物が失踪したままで2巻を終えそうな雰囲気が漂ってきてるんですよね…。

(つまり、糞切れの悪い終わり方をしていそうな悪寒)
いつ出るかわからん3巻の日本語版を待つようなゆったりとした性格をしていないので原書に手を出したんですが、
英語力のピークに入試で3割しかとれない地を這う英語力なワタシがまともに訳せてるのか甚だ疑問。
以前も続刊を待てずに辞書片手に原書を読んだことがあるんだが、
とりあえず読めた気はするものの、ちゃんと訳せてたかは不明。
ひょっとすると全然違う物語をねつ造していた可能性もあるワケだが、
所詮読書なんてもんは、外国語を自力でテキトー翻訳しようが、プロが母国語に訳したものだろうが、

そもそも母国語で書かれたものだろうが、何をどう手を尽くしたところで、

最終的には読む人の読解力にゆだねるしかないワケで、つまり何が言いたいかというと、

読者的には、たとえ訳し間違ってても読んでて面白けりゃいいよな、っていう話。(著者の気持ちなど知らん)

 

問題はだ。
標準以下の英語力でヒーコラ読んでいる未翻訳の3巻が、どうも評判がイマイチくさいってことですね…。
ミステリ仕立てのお話なんですが、途中までいい感じに緊迫して盛り上がってるのに、

伏線とかぶった切る勢いでアッサリ片が付いちゃうとか何とか…。
だからといって主要登場人物が失踪したままで捨て置くのも気持ち悪いしなあ。

英語が母国語な方々からの評価は高いっぽいので、それに懸けて原文に挑んでみようと思うのです。
(そもそもアマゾンの日本語レビューには、ユー読解力どうかしてるよ? ってのが結構な頻度で混じっているしな…)

 

そんなこんなで、つまりワタシは、お手頃万年筆で英語を書くことに胸をときめかせているのです。(そこかよ)

 

 

 

消費税上がる前に、思い出したように唸りを上げるパソコンを買い換えねばなあと思って売場に偵察に行ったら、

今やパソコンはゲーム機の様相を呈していて、ワタシのよーなババアにはちとオーバースペックなのよね…。

国内メーカーは余計な機能つきすぎてるし、かといって海外メーカーのものはなんとなく買いたくない。

…いっそ思い切ってMacか?(思いっきり海外モノじゃねえかよ)

つれづれ comments(3) trackbacks(0)
| 1/157 | >>