| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ぷっくりとねこたま。

この週末、降ったりやんだりで空気がクソ重かったもんで、てきめんアタマが痛くなりまして、

せっかくの休日を頭抱えてベッドでゴロゴロして過ごしましたよああ腹の立つ。

つくづく梅雨のないところに生まれてよかったと思うよ、まったく。北海道ブラボー。

 

昼寝をして目覚めると大抵の場合のらおが勝手に添い寝してくれているしあわせ。

猫って素晴らしい。

 

 

 

頭痛の合間を縫って大五郎用ガマができてました。

 

ぷっくりとねこたま。(微妙に柄合わせに失敗しているけど見なかったことにする)

 

内布はお子ちゃま仕様でファンシーにしてみました。

大五郎はピンクとかフリルとかかわいいものが大好きだからね! 全然似合ってないけど!

 

このガマを見て早速ママンが妹Aと大五郎に電話したらしく、

いるかいらないかわからんけどとりあえず作ってみたこのガマは無事引き取られることになりました。

ついでにアメリカに行ったらLINEで電話するからとか言いだしたので、

ママンのiPadのマイク設定とかいじって試しに電話してみたところ、

大五郎が元気に「あたしがやりましたー!!(通話ボタンを押したという意味らしい)」とか叫んでたわ。

まあ、達者で暮らせよ。アデュウ。

 

友人用はんこ入れガマの試作失敗で著しく減退していたモチベーションがわずかばかり盛り返したので、

この機を逃さず試作にリトライしてみようと思います。

まずはどんな布を使うかイメージしてからじゃないとやる気が出ないことに気がついたので、

とりあえず布箱を漁ってきます。

つれづれ comments(0) trackbacks(0)
試作は大事(2回目)。

大好きな布でビミョーなモノを生み出してしまい、試作は大事だと思い知ったワタクシは、

友人のはんこ入れ用ガマと大五郎用ガマ制作に当たり、試作をしてみたワケです。

テキトーに型紙を作ってしまうので、できてみたら『何じゃこの形!!』なことが多いもんですからね…。

 

で、まずは大五郎用ガマ。

この前作った親子より輪郭を丸くして深くしたいなーと思いながらテキトーに型紙を作る。

 

思いがけず、イメージどおりの仕上がり。

一発OKでこの型紙を採用しようと思います。サクサク。

 

しかし問題は友人用はんこ入れガマでしてね…。

 

露骨に不細工。へちゃむくれ。いわゆる『何じゃこの形!!』ってやつです。

 

普段自分で使ってる角形の口金使ったポーチと同じ形にしてみたんですが、

口金の縦横比が違ったせいか、サイズが違ったせいか、ちょっと思ってたのと違う感じになってしまった。

 

口金全開にすると箱みたいになってワタシ的には使いやすいんですが、

試作バージョンは脇がもっさりしていてみっともない。やり直し。

マチ部分をもうちょっと深く細くスッキリしてみよう。

口金を横使いにして小箱みたいにしてみようかとも思ったんですが、ワタシ的にフタが邪魔なので却下。

もう少し幅が広めで深さが短めな口金もあるんで、そっちで作ってみようかなーとも思いつつ、

とりあえずしばらくはこの口金と格闘してみようと思います。

 

試作は大事。(思い知った)

 

 

 

失敗を続けるとモチベーションが露骨に下がるので(次も失敗が続くと確信している)、

まずは大五郎用ガマの本番に挑んで成功体験を積んでから、再びの試作に挑もうと思います。

続きを読む >>
布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
試作は大事(戒め)。

札幌ではワタシにとっての地獄の季節・YOSAKOIが始まっているワケですが、

皆様いかがお過ごしでしょうかコンバンハYuki*です。

 

箸が転がってもおかしかった若かりし頃、

意味も脈絡もなくただ無性に『トリニダード・トバゴ』と言いたい時期がありました。

で、トリニダード・トバゴがどうしたんでしたっけ…?(情弱) サッカーとか?

 

 

 

友人が職場でロッカーから自席まで財布や水筒を持ち運ぶバッグが欲しいと言うので、作ってみた。

テキトーなサイズで布に直書きで裁断して組み立てたんだが…

 

見事に失敗。(大好きな布使ったのに)(もっと買っておけばよかった…)

横長なせいか、バッグの口元がだらーんってなる。

試作って大事…!!

ただの四角いバッグでもちゃんと試作して持ち手の位置とか考えなきゃイカンと反省したのでした。

…つっても反省しただけで、コレはこのまま友人に押しつけたけどな!

 

中身はこんな感じ。

水筒が立つようにしてほしいと言っていたので、わっかつけてみました。

その脇に長財布が入るサイズで…と単純に考えた結果、横長びろーんのお粗末な仕上がりに成り果てたワケです。

今後試作をおろそかにしないように心がけようと思います。

お気に入りの布でやらかすのはへこむなあ…。(なんで試作しなかったんだよ)

 

次は、友人のはんこ入れ用ガマと、大五郎に持ち手付きガマを作る予定。

今度はちゃんと試作しようと思います。試作大事。

 

 

 

そういや、6月になったのでスマホのプランを変更してみました。

どうやら宣伝のとおり4割引くらいになったっぽいんだが、機種変とかしたらどうなるのかね。

今のが使える限り使うんだけどさ。

布でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
ガマった。

千葉に旅立つ前にガマができてました。

ちびちびネタ出ししていこうかと思っていたのですが、面倒なので一気に晒すことにしました。

毎度毎度ネタ以外の余計なことブツブツ書くから余計な時間がかかって更新が面倒になるんですが、

改める気は今んとこまったくありません。王様の耳はロバの耳ー!!(この穴世界に開かれてますけど…)

 

で、ガマです。

 

ピンクドットのキルトと、ねこたま黒。

 

 

続いては、紫しずくと青い森の猫。

 

 

お次は、ねこたま赤となみなみ黒。

 

 

最後は、メガネシカピンクとechinoバード。

 

 

このなかから好きなの選んでくれ!! と、どどーんと出してみたところ、

ママンのお友達は青い森の猫とねこたま赤とメガネシカピンクを選んで持って行きました。

みっつ…?

 

ま、まあいいや…。(ひとつのつもりであった)

残ったものからワタシの友人がねこたま黒と紫しずくとなみなみ黒をもらってくれました。

残ったピンクドットキルトと試作品の黒い鳥さん柄は年末のママンのバザーに出して、

商用不可なechinoバードはママンが使うとか何とか…。

 

一気に量産すれば手が慣れるかと思ったのですが、雑な仕上がりを見て見ぬふりするスキルだけが身につきました。

ガマはむずかしいなあ。

変なしわが寄ったり、ビミョーに傾いだりしていますが、最悪モノが入ればいいんだろ精神でスルー。

 

友人にガマを押しつけるついでに、会社で使う用の小バッグと小ガマを受注したので、

どんなバッグにしようかなーとぼちぼち着手しているところです。

大五郎一家がようやくアメリカに引っ越しすることになったので、

前回大五郎と今度作ってやると約束したガマもついでに作ってやろうかなあと思っています。

まあ、覚えてないかもしれないが。

そこはかとなくハンドメイドな季節がやってきているようです。(そして部屋はちっとも片付かない)

 

 

 

ほとぼりも冷めた頃合いだと思われるのでブツブツ言ってみますが、

そこそこ本好きでそこそこ歴史好きなワタクシ的に、

『日本通史の決定版』とか名乗っておきながら巻末に参考文献がない本なんてのは欠陥品以外の何者でもない。

参考文献の有無以前に「???」ってなるおかしな記述が多すぎてよくわからなかったし、

通史というにはあまりに内容がライトで本自体も物理的に薄かったから、

本来は通史というより歴史妄想エッセイってところなんだろうけど。

 

個人的に津原泰水は作品以外はご勘弁な作家さんなので作品外乱闘はどーでもいいっちゃどうでもいいんだが、

津原泰水を無名の作家だと思っているような読者層に支持されている百田尚樹ってのがちょっと面白かった。

そりゃ話がかみ合うわけがない。

とはいえ、好きな作家の新作が幻冬舎からだと知ったときのなんとも言えないビミョーな気分は、

とどのつまりこーゆーことなんだろうなあとつくづく思った一件で御座いました。

好きな作家の作品が読めるなら出版社なんてどこでもいいんだが、なんだろう、あのビミョーな気持ち。

 

そういや最近あまり小説で大当たりを引き当ててないなあ。

そろそろ久々の私的大ヒット小説と出会いたいものだ。(それはおおむね売れ線とは別の軌道上におわす)

布でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
避暑からの帰還。

全国の最高気温ランキング上位を北海道が独占していたこの週末、

暑さに弱いワタクシは猛暑を回避すべく千葉の方へ行っておりました。(ただの偶然)

どこぞの誰かがTランプさんを呼んだせいでゴミ箱もコインロッカーも使えず若干面倒な旅ではありましたが、

いろいろと新しい出会いや未知との遭遇もあって、なかなか満ち足りた旅で御座いました。

 

とりあえず、到着初日に地震がありましてね。

ちょうどホテルでエレベーター呼んだときに地震があったんですが、揺れに鈍感なワタクシはちっとも気付かず、

エレベーターのボタンを押したはずなのに表示が消えていることに「???」。

押したつもりが押してなかったのかともう一度押すも、表示は点かず。何度押しても点かず。

おかしいなーと思っていたら、エレベーターのカゴやらロープやらがばいんばいんと揺れる音が聞こえてきて、

そこでようやく友人と顔を見合わせて「…地震か…?」(遅い)。

揺れが収まってもしばらくエレベーターは動く気配がなく、出かけたかったワタシたちは階段に向かいましたが、

『非常の際はカバーを押して外に出てください』的な非常用階段しかなくて、

確かに地震はあったが、非常用のドアぶち破っていいほどの地震ではなかったので我慢しました。

後で聞いたところによると、千葉は震度5だったとか何とか…。

 

今回も例の如くばくちくさんライブを目的に飛び立ったワケですが、

ライブ以外はまったくのノープランでして、空いた時間を思いつきだけで埋めてみました。

空港から移動する電車の中の中吊り広告で見かけたルート・ブリュック展を見に行ったり、

しゃくれた狛さんのいる神社にお参りしてきたりしました。どっちもすごくよかった。

地元では見たことのない豪快な酔い方してる人とかもたくさんいて、都会ってスゲーなと思いました。

座席に座った姿勢のままゆっくりと前傾して、電車の床にゴッツン頭を打っても目覚めず、

まるで柔らかい布団に包まれているかのように幸せそうに床に顔を擦り付けながら眠り、寝返りを打つお兄さんとか。

座席がまるで自分のベッドであるかのように6人分くらい占領してのびのびと横たわるおじさんとか、

腕を組んだまま膝立ちでおでこ座面につけてうつ伏せて眠るお兄さんとか、酔っ払い方が豪快ですね。

人が多いからおかしな酔っ払いの絶対数も多くて、遭遇率も上がるんだろうなあ。

見かけた酔っ払いさんたちがことごとく白ネクタイしてたのがまた…。

 

スマホにいつも使う路線を登録してあるので、千葉にいても札幌のJR運行状況を逐一教えてくれるんですが、

北海道に帰る日にスマホが教えてくれた情報によると、

北海道では暑さのためにレールがおかしくなってダイヤが乱れてるとか何とか…。

天気を調べたら33℃とか、関東よりも暑くなってるってどういうこと…。

戻ってママンに聞いたら、週末ずっととんでもなく暑かったそうです。

冷房もない家の中はきっと暑かっただろうなーと思うと、

どこでも冷房ガンガン効いてる関東の方が過ごしやすかったかも。

飛行機降りても全然涼しくなかったんで、いつもの「帰ってきたー(嬉)」ってのがあまりなかったかな…。

 

 

 

旅に出る前にガマ口も完成させたんで、今度ボチボチ晒そうと思います。

つれづれ comments(2) trackbacks(0)
ギョランの宴。

3月頃に駅ビルで5倍ポイントセールが行われていまして、

ポイント目当てで消耗品やら日用品やらをガッポリ買いだめした結果、

その時に開催されてた道内市町村特産品プレゼント企画みたいなもんの応募用紙が十数枚たまりまして、

普段は捨てるのに今回は何となく応募してみるかという気分になったものの、

179市町村の特産品をアレコレ何種類も選ぶのは面倒だったので、

目についたものをひとつだけ選んでそれに全部の応募券突っ込んでみたんですよ。

当てようと思って応募してないんで、いくらだったかたらこだったか明太子だったか、

とりあえず魚卵な何かに応募したことしか覚えてなかったんですが。(そもそも応募したことを忘れてたんですが)

 

 

 

…何かが届いた。

 

塩いくらに突っ込んでいたらしい。

 

いくらをドットに見立てた現代的なカワイイ箱から出てきたものは…

 

昔と変わらぬ木箱。(のらおチェック中)

 

しかし今は小分けにすることを考えられていて、キレイに四分割されてました。

ひとつだけ解凍して、残りのみっつと1箱は冷凍庫に戻しました。しばらく楽しめそうです。むふふ。

 

応募すると当たるもんなんですねえ。(懸賞にあんま興味がない)

いくらの醤油漬けは嫌いなんですが塩漬けは好きなのです。

スーパーには醤油漬けしか売ってないし、ママンが作るのも醤油漬けだし、塩漬けはあんま口に入らないのです。

仕方ないから筋子で我慢してるんですけど、筋子はちょっとしょっぱすぎるんだよね…。

その点塩漬けいくらはほどほどに塩味だから好き。

 

気まぐれに応募してみてよかったわー。しあわせ。

朝ごはんのときにちょっと食べてみたら素敵な塩加減で非常に美味だったので、

ちびちび食べてなくなったら、広尾までのんびりドライブにでも行って買ってこようと思います。

もらいもらわれ comments(3) trackbacks(0)
みかんせい。

ほぼほぼ衣替えが終わりました。

「ほぼほぼ」ってのは、ダウンがまだクリーニングから戻ってきていないので。

戻ってきたらソレしまって、ようやく衣替え完了かなあ。

 

冬物夏物が混在していたのが夏物だけになったので、部屋が多少片付きました。

…とはいえ相変わらずの物置状態なので、お盆までには何とかしないと、妹Bの寝る場所がない。

 

週末でやろうと思っていたことの半分もできないままにもう日曜の夜ですよ。

ワタシはこの二日間一体何をしていたんだ…思い出せぬ…。(多分だらだらしてた)

 

 

 

予定では出来上がってるハズのガマも、出来上がっておりませぬ。

口金つけるところまで辿りつけなんだ…。

 

で、こんな状態です。

四十年生きてきてなお一桁の数すら数えられないらしく、

7つぶん裁断したと思っていたらどうやら8つぶん裁断してたようです。

今週も帰宅後に地味にちまちまとガマる日々になりそうです。

 

一気にいくつか作ったら、慣れてだんだんとペースが速くなるんじゃないかと期待していたんですが、

残念ながら縫製に関してはほとんど速度が変わりませんでした。ちっとも熟練しない。

口金つけることに関してはどうだろう。

どんどんと雑になっていく気はするが、速くなる気が全然しない。

…つけばいいんだ、つけば。

 

 

 

日記的なものが続いたためしがないワタクシですが、今年から5年日記を書き始めてみました。

1日につき4行しかスペースがないから埋めやすいのか、なんと今日まで続いております。

5年続いてくれるといいなあ。

布でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
ガマモード。

毎日帰宅後に地味〜にちびちびガマっていましたら、ビミョーにガマモードに入ったらしく、

ハンドメイド魂(という名の物欲)震わせて、C&Sの催事に繰り出してきたのでした。(コラ)

 

リバティは買わない!(手つかずリバティが箱いっぱいに余っているからね!)

カットをお願いしたりしない!(10箱分くらいの布在庫を抱えているからね!)

 

そう心に誓って、仕事終わりに大丸札幌の催事場へと向かったのでした。

そして。

 

ミッションコンプリート!!

NOリバティNO切り売り。

そしてそびえるリバティじゃないカットクロスタワー。(…と、ちょっとだけタグ)

刺し子してガマにして内布つけて…とか妄想してたらこんな感じに…。

リネンに刺し子してガマりたい。

 

…ってなワケで、リネンのカットクロス。

 

そして内布用にストライプ。

 

そして予定外に猫柄。(バザーにも出せない商用不可生地をまた増やしてみた)

 

C&Sの催事のいいところは、カットを頼むのが面倒なところと、品数が少ないところです。(…いいところ?)

手芸屋さんで布の山と「いつでも切りまっせ」な臨戦態勢の店員さんを目の前にすると、

ついウッカリあれもこれもと予定外にたんまりと買い込んでしまいがちなのですが、

催事なだけに店員さんを捕まえにくく、布抱えて台に持ち込む的な気軽なシステムでもなく、

かといってあふれんばかりの種類のカットクロスが並んでいるわけでもないので、ある程度自制が利くのです。

そして、商品の追加はないらしいので、今回の催事のお買い物はこれにて終了。

この、目に見えて限界がある制限された商品たちってのがちょうどいいのよね、物欲の亡者的には…。

 

アホほどの布在庫を抱えているワリには内布にする大人しめの生地がなくて難儀してたので、

今回手に入れた無難なストライプ生地でしばらくガマってみようと思います。

余力があったら、リネンで刺し子deガマも作りたい。

 

おお、モチベーション復活気味!!

(…それはひょっとしてお盆休みまでには終わらせる予定の部屋掃除からの逃避ではないのか…?)(…)

布馬鹿への道 comments(2) trackbacks(0)
ROAD TO NEXTガマ。

えーと、そこはかとなく予感はしていたんですが、

 

こんなものが届いております…。

ラス1でぶっつけ本番ってのに成功する気が全然しなかったので、ついポチってしまいました。

10個からまとめ売り割引がきくので、つい…。

これで失敗し放題だぞーってんで、

 

週末はいそいそと裁断作業に勤しんでおりました。7つぶんくらいかな。

派手目のものがいいとのことだったので、ポップな生地を選んでみました。

表布はバッキリ柄モノを選んだんですが、内布をどうしようかと半日くらい悩んでしまった。

悩んだところでそもそものセンスがないので、半日かけても「これだ!」という選択などできるはずもなく、

悩んだ時間だけ無駄だったという結末と相成りました。休日の無駄遣いという贅沢。

そもそも用途を考えずに買った布ばかりなので、内布によさげな落ち着いた布の手持ちがあまりない。

今週C&Sの催事があるから、ちょっと見てくるかな…久々の布買いとかしちゃおっかな…。(やめとけ)

 

平日の夜にちびちびと作業していこうと思います。

何個か作って選んでもらおうと思ったんですが、

あげるものだからとechinoだのねこたまだの商用不可生地が半分以上になってまして、

選ばれなかった商用不可生地ガマはママンのバザーに出すワケにもいかないってことに、今気付きました。(遅い)

…ガマ好きな友人に押しつけよう…。

 

 

 

春ゆえにタケノコなどいただいたので、タケノコご飯を作ってみました。

 

今年は塩味にしてみましたが、サッパリしていてなかなかに美味で御座いました。

来年からも塩でいこう。

ノンストップ物欲 comments(0) trackbacks(0)
初ガマ。

気がつきゃとっくに令和ですよコンニチハ。

 

10連休中はばあちゃん乗せて風呂行った日以外、ほとんど外出しないで過ごしてます。

外出といえば、タイヤ交換後に空気圧見てもらいに近所のスタンド(車で1分)に行ったのと、

のらおの散歩で3軒隣の家の前まで歩いたくらいかな…。

ずっと家にいるのに、結局部屋は片付いていないというこの不思議。

片付けてはいるんだが、いかんせんモノが多すぎる。

とりあえず、循環社会たるべき現代における焚書として、本を50冊くらい廃品回収に出してみました。

若い頃は、自分にとってクッソつまらない本でも誰かにとっては面白い本かもしれないとか思って、

面倒だなーと思いながらも古本屋さんに持ち込んだりしていたんですが、この年になるとそんな気はまるで起きない。

こんなクソみたいな本を読むために時間を費やした自分をぶん殴ってやりたいというやさぐれた気分を、

その本をゴミとして遇することによって晴らそうという、八つ当たり戦法です。

とはいえ単なる小市民なので、八つ当たり前にもう一度さらっと目を通して確認したりするので、

50冊処分するのに3日くらいかかっちゃった。てへ。(結局確認した本の9割9分処分した)

…クソみたいな本のためにふたたび時間を費やしてやがるとかアイタタタな指摘しちゃダメなんだぜ…。

 

50冊処分したところでまだウン百冊以上の本が積み上がってるんで、焼け石に水なんですがね…。

終活の道は険しい。

 

 

 

ウチのママンは、ワタシに何の断りもなく勝手に何かしら受注してくる悪癖があるんですが、

先日も友人と桜を見にでかけて、二つ折りにした札が入るがま口を受注してきやがりました。

がま口探してるんだよねーと言う友人に、「ウチの娘がま口作れるよ」とか余計なこと言ったらしく、

「じゃあ布と口金用意したら作ってもらえる?」とかいう話になり、

「布も口金も売るほど持ってるから大丈夫」とか言って安請け合いしてきやがりました。

 

…ワタシ、そんなサイズのがま口作ったことないのに!!

 

…というワケで、試作です。

財布にするなら小銭もちょこっと入った方がいいのかなーと思い、親子ガマに挑んでみたんですが、

ワタシは自分で思っている以上に頭が悪かったんだなーと改めて痛感した次第です。

口金をにらみながら、どんな型紙でどう縫い合わせてがま口にするのか考えてたら、アタマこんがらがってきた…。

 

とりあえず、がま口にはなりました。

 

ちゃんと親子にもなったし、子ガマもちゃんとついた。

 

…が。

親子ガマは口金つけるのけっこう面倒ですね。

ぶきっちょにはなかなかしんどい作業でありました。

子ガマにハメてるときは親ガマが邪魔だし、親ガマにハメてるときは子ガマが邪魔だし、

結局口金にハメこむときに巻き込む布の量が左右でビミョーに違ってたらしく、

まっすぐについてたタグがビミョーに傾いでしまった。

数をこなせば慣れるのかもだけど、道は険しそうな気がするぜ…。

とりあえず型紙はコレでよさそうな気がするので、大きさ確認してもらってよかったらコレでいこう。

この口金の手持ちがあと1個しかないんで、ほぼぶっつけ本番なんだけどねウフフアハハ。

失敗したら久々に資材調達しなくちゃならなくなるワケで、そうなると送料無料までポチっちゃうワケで…。

 

というワケで、部屋は片付いてないけどミシンは出たぞ、というご報告を兼ねた初ガマ記録でした。

ミシンは出たけど、ミシン部屋というよりむしろ物置の片隅にミシン的な…。

 

お盆休みまでにはスッキリ片付けるぞ、おー。(シレッと目標を延期する)

布でアレコレ comments(3) trackbacks(0)
| 1/161 | >>