| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
引越しましたー。

前からブツブツ言ってましたが、ブログお引っ越ししました。

   → http://henachoco.deko8.jp/

名前は『へなちょこあくま』のまんまです。

気が向いたら新しいブログでもよろしくしてやってください。

 

下書きしながら動作確認とかしてたんでまだ投稿してない記事とか、

動作がよくわからないところがまだ残ってたり、

動作確認のためにテストコメント残ったまんまだったり、

いろいろと中途半端ですが、見切り発車でお知らせしてしまおうかと。

 

シロウトがサーバにデータベース作って使ったこともないPHPいじったりしてるんで、

あちこち妙なところがあるかと思いますんで、気付いたら教えてやってください。

 

 

 

このブログはこのまま置いておきますが、更新はこれで終わりにするつもり。

2009年11月23日にはじめて、1,641個の記事を投稿したようです。

しょっちゅうサボっていたとはいえ、10年以上も続けていたとは。

ワタシも老けるはずだぜ…。

 

それではみなさまごきげんよう。

つれづれ comments(0) -
春財布とか何とか。

相変わらずよくわからないPHPとにらめっこしてて何もネタがないので、

増税されても年が明けても老後が心配でも、ちっとも衰えることのない己が物欲をネタになどしてみる。

 

春どころか、ようやく冬が来たかって感じの気候ではありますが、財布買っちゃったんですよ。

別に春財布とかそんなつもりは、まったく一切キレイサッパリなかったんですが、

巷のお店ではここんとこ妙に財布をプッシュしてるので、ソレに乗っかった体で。

しかしまだ1月なのに春財布とはこれいかに。世間では正月過ぎたらもう春っつースタイルなのかしら。

 

そして、そう。財布です。財布なんです。

ずっと気になってたんですよね、entoanの長財布。

ワンアクションで札も小銭も出し入れできるし、とにかく小銭が見やすい。

シンプルでスッキリとした見てくれで、長財布なワリにぼってりしてなくて、経年変化まで楽しめそうなお財布。

ただ、ボタンが金色なのがどーにも気に入らなくて(ファスナーでもボタンでもとにかくゴールドが嫌い)、

…つーか、そもそもボタン見えなければいいのにと思ってたら、そんなんが出てたんですよ、ほぼ日で。

 

自分の薄給をものともせず隙あらば物欲滾らせがちな誘惑に弱いワタシにとってほぼ日は、

どうしても必要なわけではないけれど持っていたらなんとなく幸せになれそうなブツが並ぶ危険なお店なので、

手帳シーズン以外はあまり寄りつかないようにしているんですが、先日ウッカリと訪れてしまい、

見つけてしまったワケですよ、ボタンのないentoanの長財布を。

そして、ろくすっぽ悩みもせずにアッサリとポチってしまったワケです。安くはないのに。

 

で、届きましたよ。

箱からオサレ。箱見ただけでもうキュンキュンしてしまう。

そしてOPEN!

うへへへへ…。

赤です。赤い財布なのです。

まだ好みの赤になるまでに時間がかかりそうですが、なかなか楽しみな赤です。

ほぼ日の説明文によると、ボルドーの赤ワインのよーな色になるそうです。むふふ…楽しみ。

ボルドーの赤ワインの色がわからんけどな。

 

ガッパリ開いたフタのところに小銭ジャラジャラ入ります。見やすい。

できるだけ小銭減らすように買う癖があるので、小銭パンパンってことはそんなにないんだけど、

店が暗くて50円玉と100円玉が見づらいこととかあったんで、コレなら見やすかろうと。

会計で小銭探してモタモタするのが好きじゃないから、見やすい小銭入れが大好きです。

札の入るポケットもふたつあって、糸井氏は万札とそれ以外を分けて入れてどうのこうのと語っていましたが、

あえて万札を別に入れなきゃならんような金持ちではないので、札用のポケットはひとつで十分。

もうひとつのポケットには期限の近いクーポンとか入れてみました。溢れる小市民感。

カードを入れる場所もたくさんあるんだけど、一番前に一番多くずらっとポケットが並んでる。

どのポケットにどのカードを入れるのかってのを考えながら移し替えてたんだけど、

見えるところに入れて気にならないカードと、あまり見えたくない(?)カードがあることに気付いた。

使用頻度とか重要度とかは完全無視で、色・柄・デザインの問題なんですけどね。

ヨドバシのゴールドポイントカードプラスはどこに入れても見栄えの良いデザインであると思う。

(そして大丸松坂屋のさくらぱんだは見えるところには絶対入れたくない色柄であると思う…)

 

今までの財布よりひとまわりくらい大き目なんだけど、デザインのせいか、スッキリしてるように感じる。

今までの財布はスタッズの存在感が何ともアレだからかもしれないけれど…。

今までの財布もすごく気に入ってるんだけど(2代続けて同じ形使ってたくらいお気に入り)、

ちょっとくたびれてきたので(詰め込みすぎ)一休みしてもらおうかと。

すごく気に入ってる形なんだけど、買い替えようにも同じ形のものもう売ってないし。

バッグに合わせて財布を変えるとかしないので(財布にバッグを合わせる派)、

ずーーーっと同じ財布を使い続けるからか、カドとかが擦れて薄くなってきてしまったりするんですよね…。

同じ靴を2日続けて履かないように、財布も時々取り換えて使えばちょっとは長持ちするかなあとか。

とりあえず、末永く愛していけたらいいなあと思うのです。

 

モノと動物には惜しみなく愛を注ぎがちなワタクシなのでした。

ノンストップ物欲 comments(6) -
そういえばできてた。

ここんとこソース睨みながら、CSSいじったりPHPいじったりしてるんですが、

かけている労力ほどの満足感を得られないまま時間だけが過ぎ去っております。

経験上なんとなく、こういった類いのものは、諦めずに『よくわからない』を山ほど積み上げていれば、

ある日突然ひとつひとつのわからないが次々繋がってわかるようになったりするので、とりあえずその日を待つ。

現時点で積み上がった『わからない』がMt.Fuji並なのは気にしない。気にしない。(←気にしてる)

 

 

 

そんなワケでハンドメイド的なものは手つかずなんですが、

そういえば年末にできあがってたふきんがあったなーと思い出しました。

 

ホビーラさんのちどり。

kazuさんとこのピンク系の段染め糸で刺しました。

枯れかけの朝顔に見えるとかそーゆーことは言わない方がいいんだろうな…。

 

今は緑系の段染め糸で十字つなぎを刺してますが、しばらくかかりそうです。

十字つなぎは何度か刺してますが、一目刺しの方が断然楽だしカワイイだろうなーと思いながら刺すので、

どうしてもテンションが上がらず仕上がりも遅くなりがちなのであります。

今年こそ自分好みに自分で書いた寄せ模様を刺したいと思っているんだけど、

印刷済みふきんがまだわんさかあるので、そっちが先かなあ。

 

 

 

土曜日は木版画を見にちょっくら苫小牧まで行ってきましたが、

そっちは新しいブログ用のネタにしようと思います。

記事をいくつか投稿してみないと動きがよくわからんのでね…。

しかし、ログイン状態とそうじゃない状態では見え方が違うから、

ブラウザ2種類立ち上げて見比べながらいじったりしなきゃならなくて、なかなか面倒。

テキトーに選んだテンプレートならぬテーマが外人さん作成のものらしく、

隙あらば英語が飛び出してくるんですが、普段使わないところだと気がつかなくて修正できてなかったり。

ソースに丁寧にコメントで説明を書いてくれてるんだけど、英語だからイマイチよくわからなかったり。

自分はつくづく努力の足りない人間だなあと思うことの多い新年で御座います。

今年は(今年こそ?)ちょっと頑張ってみようかな。

手縫いでちくちく comments(3) -
いまつくっているもの。

それは、新しいブログ。

 

あたらしい年にあたらしいブログをとか思ってちびちび作業しておりましたが、

記事は投稿できる状態だけどデザインがあちこちなんだかなあ…。

センスとかこだわりとかあるワケじゃないんですが、

ボタンのデザインが『検索』と『コメント送信』で違うとか、イラっとするじゃないですか。

原因はなんとなくわかった気がするんですが、CSS追加してもイマイチ思った感じにならない。

 

元々レンタルしてるサーバの容量ガッポリ余ってるし(使用率1%以下←)、よく聞くし、ってだけで、

よく考えもせずにWord Pressにしてみたんですが、これがまた、わかるけれどもわからない。

商売っ気丸出しの見栄えの良い盛りだくさんなブログにしたいんじゃなくて、

1カラム?なシンプルな日記だけの黒白グレーなひっそりとしたサイトにしたいだけなんだけど、

シンプルが売りのテーマを使ってみても、どれもこれも、おおむねいいけど何かが足りてない。

トップページに続きに設定した部分以外の記事全文を表示したいとか、投稿者の表示の有無とか、

カレンダーの枠がいらない列まで表示されてるとか、なんとなーく気に入らない。

管理画面とかファイルそのものをいろいろいじって変えられるところは変えてみたんだけど、

スマホで見ると何をどうしてもビミョーに横スクロールが出てふわふわしてたり、

コメント投稿部分のテキストボックスと送信ボタンの配置がおかしかったり、

編集画面が実際の画面と違うテーマで表示されちゃって全然参考にならなかったり、

ド素人にはちょっとよくわからない部分とか手を出しにくい部分があって停滞中。

 

いっそ一から自分で作るのが手っ取り早いのかなあとも思ったんですが、

PHPなんていじったことないから本でも読んで勉強しようかと本屋さんに行ったら、

ほぼほぼ、稼げるブログがどーしたこーしただの、SEO対策がどーしたこーしただの、

そーゆーのじゃないんだけどなあって本ばかりで、あまり参考になりそうなものがない。

あと、WEBのお仕事をしてる人用みたいな難しそうで分厚い本とか、配色とか配置に注力した本とか。

何かを強くアピールしたいとかたくさんの人に見てほしいとかブログで収入を得たいとか、

そんなつもりはまっっったくなくて、

芋洗いなネットの世界の片隅で小さい泥んこの芋として埋もれていたいだけのワタシは一体何を読めば…?

本屋さんで立ち読みしたら、わかりやすくてこれなら自分だけでもできるかもって気になった本があったけど、

「企業向けには不要なコメント部分の説明省いてとっつきやすくしました!」とか言っちゃってて、

コメント投稿欄の見栄えが特に気になって本屋さんに向かったワタシとしては、

どこ省いてくれちゃってんのよって気分になったんで、そっと棚に戻したんですが、

他の本屋さんとかネットとかいろいろ徘徊した結果、

コメントはとりあえず置いておいて、まずは基本的な考え方を勉強するにはやっぱりあの本がよかろうと、

実店舗には在庫のなかったWord PressのためのPHP基礎本と一緒にポチってみました。

現在北上中です。週末はパソとにらめっこの予定。

 

このJUGEMブログはお金払って広告消してるんですが、今月いっぱいでやめようかなーと思ってるんで、

(ブログを消すつもりなワケじゃなくて、広告消すのをやめようかなーと)

それまでには新しいブログに目途をつけたいんだけどなあ。先行きは暗い。

さて、どうなることやら。

 

 

 

昨日は久々に雪が鳴るのを聞いた気がする。

これまでも寒くなかったわけじゃないんだけど、鳴る雪がなかった。

今年は本当に雪が降らない。こんなに雪の少ない冬は生まれてはじめてです。

今日ようやくまとまった雪が降ったけど、今年は変な冬だなあ。水不足にならなければいいけど。

 

雪かきが好きなわけじゃないけど、冬に雪がないのは大層物足りない。

自分は冬と雪が好きだったんだなあと改めて感じる冬なので御座います。

(…とか言っておいて、今までのぶんを取り戻すようにドカ雪が降ったら、すこぶる悪態つく自信がある)

つれづれ comments(2) -
見えないものを見ようとする誤解

全て誤解だ 

…を口ずさみながら彫った、今年のワタシの年賀状。



なんというか…こう、皿の上の見えないものを見ようとする心を問うているのである的な。(大袈裟)

最初は右下に『※ ネズミは猫の総合栄養食です。』とか彫ってみたけど、
当たり前のように『総』と『養』の字が厳しかったので全消ししてやりました。ワタシには無理。

こんな感じのはんこを、録画した笑ってはいけないを見ながらシコシコ彫って、
ギリ松の内に届くかどうかなタイミングで投函しました。
年賀状をくださった皆様、毎年のことながらお返事遅くてスミマセン。(そもそも『お返事』という時点でおかしい)

ほるナビを惜しみなく1枚ペロリと使っていますが、手持ちの消しゴムは残りあと1枚です。
買い足すべきか消しハンを卒業すべきか…。

下手くそではありますが、彫ってる間はやっぱり楽しいんですよねー。



10年ほど使い続けてるこのJUGEMブログですが、
何年かに1回くらい、仕様の確認や不具合の問い合わせをすることがあります。
そのたびにわりと早めにお返事をいただけますし、内容も「そうだろうなー」って納得できるんですが、
なんというか、メール全体から漂うものすごい慇懃無礼臭というか、文章の何から何までもが鼻につくというか、
問題は解決するけどイライラは増幅するという謎のカスタマーサービスさんなんですよ、ワタシにとっては。

ここしばらくブログ投稿用のエディタで文字変換や文字入力に不具合があって非常にストレスを感じてたので、
問い合わせをしてみたものの、同じような現象は再現できないし他の人からの同じような問い合わせもないらしい。
キャッシュをクリアしてみるとかcookieの削除とかブラウザ変えるとかセキュリティソフトの設定を確認するとか、
そんなことはもうやっていてどうにもならないから問い合わせしたんですよって内容の対処方法しかなさそうなので、
何かはよくわからないけれどワタシ側の何かと相性が悪いか何かが悪さをして起きてることなんだろうな。
パソに詳しいわけでもないので他に何ができるのかちょっともうお手上げな感じで、
ブログ投稿のたびにイライラしているのでした。
あと思いつく対処方法は、JUGEMとオサラバして他を試す、ぐらいなもんでして…。

ひょっとするといつかブログお引っ越しするかもしれません。(しないかもしれません)

消しゴムはんこ comments(0) -
あけおめことよろ。(遅)

2020年の幕開けを、

孫とのLINEでんわで大盛り上がりなママンのハイテンションな大声とともに迎えたYuki*ですコンバンハ。

朝の6時前からうるせえんだよクソが。(起こされるのが何より嫌いなので超絶不機嫌な1年のはじまり)

 

新年一発目の冒頭から身内を罵っていますが、

新年といってももう7日だしとっくに仕事も始まってるし、もう通常営業でいいと思いました。

みなさま本年もどうぞよろしくお願いします。(この流れで何をどうよろしくするつもりなのか)

 

 

 

年末に『よいお年をお迎えください』とか言ってみたい気持ちもあったんですが、

恒例の東京遠征とか、人間の住むところとは思えない自室に魂抜けたりしてたら気づけば新年。

ママンと世界を呪いながら目覚めた元旦にはばあちゃん家にママンを送り届け、3日には迎えに行き、

その合間に毎年恒例の周回遅れな年賀状用のはんこの絵柄で煩悶したりしておりました。

今となっては年に1回しか彫らないんで、下手くそっぷりに年々磨きがかかっているのを痛感しつつ、

手持ちの消しゴムも残り2枚になったことだし、性懲りもなく自作はんこ年賀状で出しました。

松の内ならギリセーフだろってんで5日に投函してるので、届いたころに晒してみようと思います。

 

今年いただいた年賀状はデザイン凝ったのが多くて、見ててすごく楽しかったんですが、

デザインに合わせて住所が英語表記だったりひらがな表記だったりカタカナ表記のものが多かったので、

ババアの衰えた脳味噌は漢字変換に失敗して年賀状の宛名を間違えまくり、

投函した枚数と同じくらいのロスを出したのでした。ばかのかなしみ。

 

 

 

…というワケで、年賀状ネタは次回にとっておいて、今回は年末恒例のアレ。

 

12月の29日には東京へ向かうのよワタシたち。

 

 

※1/8 22:30追記

長々と続きを書いてあったんだけど、なんか突然消えてるな…。

スマホから誤字修正したせいかなあ?

現時点では、とてもじゃないけど書き直す気になれないのでこのままほっときます。

DIQとか清正の井とかプリンとかうな丼とか書いてたけど、大した内容でもないので。

コメントいただいたひろこさん、なんかよくわからないけどこんなんなっちゃいました。ごめんなさい。

時間があるときに気が向いたら書き直すかもしれませんが、今はムカついてそんな気になれない…。

行き当たりばっ旅 comments(3) -
ガマの道は険し。

先日突然永英明が聴きたいモードに突入し、ママンの持ってたベストアルバムを聴いてみました。

それに雪の華のカバーが入っていて、今更ながらはじめてちゃんと歌詞を聴いたんですが、

この曲って、これからもずっとあなたとイチャコラしていたぁ〜い的な甘ったるい曲だったんですね。

勝手に切ない曲だと思い込んでたぜ。

 

それにしても今年は雪が少ないですね。

積もっても雨降って消える。その代わりに路面がツルッツルで滑る滑る。

雪が欲しい。

 

 

 

とりあえずガマができました。

 

妹B用とママンのお友達用。

 

柴犬飼ってるお友達用。

 

ここんとこ押口ばっか作ってるのに、今もって口金のはめ込み方が下手くそで自分に腹が立つ。

同じ型紙使ってんのに、膨らみ方とか脇の余り具合とかが違う。

及第点なガマがひとつもない。(でもあげちゃう)

修行が必要ですなぁ…。

 

しかしながら、修行が必要とはいえ、これはちょっとやり過ぎた感がある。

 

試作しすぎて口金が足りなくなったので買い足しついでにちょこちょこポチってトータル100個近いというね…。

腐るもんでもないし、まあいいか。

 

とりあえず頼まれたブツはできたので、ガマはひとまずお休みして、来年の大掃除に着手しようと思います。

ワタシのようなもんでも、もうちょっと人間らしい部屋で年を越したいという程度のささやかな望みはあるのですよ。

再来年の新年をスッキリとした部屋で迎えられるようにがんばるぞ、おー。(毎年こんなこと言ってる気がする)

布でアレコレ comments(3) trackbacks(0)
なまとがわ。

今週末はママンの友人と妹Bのガマを作ろうと思っていたのに、

まったく手つかずで日曜の夜が更けてしまっていますね。

仕方ない、平日の夜に賭けるか。(勝率著しく低い)

 

 

 

依頼されたガマを捨て置いて、金曜日の夜に行ってきました。

うまれてはじめての生・戸川純。

開演ギリまで中華屋さんで晩ご飯を食べていたうえ、会場を間違えるというトラブルもありつつ、

無事開演には間に合ったのでまあいいか。

 

ワタシがクラップスホールだと思っている方向に歩き出したら友人に「そっちじゃないでしょ」と言われ、

向かったのは、たまに行くけど会場名よくわからない別なライブハウス。

ココがクラップスホールだったんだ、へー。…と思っていたら、

受付で「これクラップスのチケットなんでウチじゃないです」とか言われているじゃないですか。

どうやらワタシがクラップスホールだと思っていたところがまさしくクラップスホールでして、

間違ったライブハウスから歩いて5分くらいのところなので急いで移動、ギリ間に合ったのでした。

友人は方向音痴ではあるが、ワタシなんぞより遙かにたくさんのライブに行っている音楽好きさんなので、

まさか今更ライブハウスを間違えるなんて思ってなかったから、素直に従ってしまったんだよねー。

「私を信じるな!」と怒られてしまいましたよ。ええ、確かに今思えば信じたワタシのミステイク。

なんせ方向音痴なので、ひとりだったらタクシー使ってたかもとか言ってたわ。誘っておいてよかっただそうで。

そういえば昔、「お前は私のナビシステム」とか言ってたな。(出先からメールでナビを請われたこともある)

ワタシでもひとの役に立つことができるのだと教えてくれる貴重な友人ではある。

 

で、初戸川純ですよ。

全体的に大山のぶ代感を感じつつ、すごいよかったです。

しょっぱなから蛹化の女で、聴きたかった諦念プシガンガも聴けて、

愛の賛歌もUFOもさよならをおしえても結局何もかもがすごくよかった。

戸川純もよかったけど、ピアノのお兄ちゃんがまあすごくよかった。

あんなふうにピアノが弾けたらどんなにか素晴らしいだろうなあ。

MCでは戸川純のツッコミ兼介護みたいになってたけど、実によい塩梅であった。

客層は四十路なワタシたちが若い方って程度には高めで、思いっきりステージに話しかけてるおばちゃんもいた。

そして、ライブハウスですが、椅子を並べて座りで鑑賞。(しかし入場は整理番号順で好きな席に座る)

楽ですごくよかったし、新鮮でした。疲れることなく楽しめました。はーよい時間を過ごしたわ。

 

…というワケで、CDを買ってしまった。

 

思うにワタシはピアノの音にすこぶる弱い。

 

開けてみたら、サイン入りでした。

そういえばMCですごいいっぱいサインしたから買ってねって言ってたわ。

CDの他にも本が売られていたんですが、そっちも戸川純のサイン入りでした。

 

今週はコレ聴きながらガマろうっと。

今週はっつーか、今週こそ、だな。

映画・音楽 comments(0) trackbacks(0)
もういいやこれでいく。

会えない時間が愛を育てるとか何とかって歌があったような気がしますが、

見られないとなるとなんとなく見たくなって、納戸から掘り出してみました。

 

年末年始のお供にしよう。

(この他にテレビ番組を録画したDVDが箱いっぱいあるとか内緒なんだぜ…)

(そういえば数年前に発掘したダウンタウンと書かれたVHSのラベルのナンバリングは4桁だったんだぜ…)

(まるで学習しない人生)(しかし何だかんだ後悔は少なめなマイライフ)

 

 

 

そしてふたたびのガマ試作。

 

切り替え位置を5ミリ上げてみました。

 

脇も調整してはみ出さないように。(今回はちゃんと左右も合わせたもんね)

 

まだ何か違和感がなきにしもあらずだが、もういいやこれでいく。

ママンの友人と妹Bのガマはこの型紙で作ろうと思います。

柴犬ゆうきくんの飼い主さんと忘年会の予定も入ったので、柴犬ガマも作ろうと思います。

 

バザーやら試作やらで接着キルト芯を使いまくった結果、在庫がなくなりかけまして、

思い切って反で買っちまおうかとも思ったんですが、邪魔すぎるので切り売りで買おうと恐怖のカナリヤへ。

何が恐怖って、キルト芯買うついでに手持ちの柴犬柄に合う無地のカットクロスを買おうと思って、

 

ガマひとつふたつ作るにはどう見ても大きすぎるカットクロス(1mカット)を買ってしまう罠。

げに恐ろしきはカナリヤなり…。(恐ろしいのはお前の脆すぎる自制心だぞ)

 

…というか、全然無地じゃない生地もありますね…?

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
師走であるからして。

気がつけば今年ももうあとひと月。師走ではありませんか。

 

…というワケで、今年もいただいちゃいました。

 

立派な黒豆さん。

受け取ったそばから親子でニヤニヤしながら「これは…黒豆の予感…」。(図々しいのは血統です)

開封して中身を確認、撮影が済んだらソッコーでママンに持って行かれました。

月末あたりにはツヤツヤの黒豆になって再び現れると思われます。

 

送り主は 手作り記録 のsakuraさん。

いつもいつも我が家の食卓を潤してくださってありがとうございます!!

 

 

 

年末特番の季節になってきたので、HDDの整理をしようかな〜と録画一覧を眺めていたら、

1秒たりとも見た形跡のない去年の笑ってはいけないが発掘されましたよ…。

とりあえず日曜日にひととおり見て消したら、それなりに空きができました。

12月末に録画して翌年の12月にようやく見てるって、録画しなくてもよかったんじゃ…。

 

 

 

そして再びの試作しっぱい。

 

口周りのふくらみを抑えて型紙を作り直し。

試しに口金につけてみたら悪くない感じ。

で、ちゃんと接着芯とか使って作ってみたところ…。

 

ふと思いついて布を切り替えてみたら、切り替え位置がちょっとおかしいですね…?

もう少し上か…?

 

そして何よりもおかしいのがコチラ。

合わせたはずの切り替えが左右でズレてるのは試作ゆえの気の緩みってことにするとしても、

口金からぶりっとはみ出してんのがもう見るに堪えないお粗末さ。

試作では両側ぴったり収まったんだけどなあ…。

 

はみ出した部分と切り替え位置を調節して、試作は続くよどこまでも…。

もらいもらわれ comments(0) trackbacks(0)
| 1/164 | >>