| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
試作は大事(2回目)。

大好きな布でビミョーなモノを生み出してしまい、試作は大事だと思い知ったワタクシは、

友人のはんこ入れ用ガマと大五郎用ガマ制作に当たり、試作をしてみたワケです。

テキトーに型紙を作ってしまうので、できてみたら『何じゃこの形!!』なことが多いもんですからね…。

 

で、まずは大五郎用ガマ。

この前作った親子より輪郭を丸くして深くしたいなーと思いながらテキトーに型紙を作る。

 

思いがけず、イメージどおりの仕上がり。

一発OKでこの型紙を採用しようと思います。サクサク。

 

しかし問題は友人用はんこ入れガマでしてね…。

 

露骨に不細工。へちゃむくれ。いわゆる『何じゃこの形!!』ってやつです。

 

普段自分で使ってる角形の口金使ったポーチと同じ形にしてみたんですが、

口金の縦横比が違ったせいか、サイズが違ったせいか、ちょっと思ってたのと違う感じになってしまった。

 

口金全開にすると箱みたいになってワタシ的には使いやすいんですが、

試作バージョンは脇がもっさりしていてみっともない。やり直し。

マチ部分をもうちょっと深く細くスッキリしてみよう。

口金を横使いにして小箱みたいにしてみようかとも思ったんですが、ワタシ的にフタが邪魔なので却下。

もう少し幅が広めで深さが短めな口金もあるんで、そっちで作ってみようかなーとも思いつつ、

とりあえずしばらくはこの口金と格闘してみようと思います。

 

試作は大事。(思い知った)

 

 

 

失敗を続けるとモチベーションが露骨に下がるので(次も失敗が続くと確信している)、

まずは大五郎用ガマの本番に挑んで成功体験を積んでから、再びの試作に挑もうと思います。

続きを読む >>
布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
試作は大事(戒め)。

札幌ではワタシにとっての地獄の季節・YOSAKOIが始まっているワケですが、

皆様いかがお過ごしでしょうかコンバンハYuki*です。

 

箸が転がってもおかしかった若かりし頃、

意味も脈絡もなくただ無性に『トリニダード・トバゴ』と言いたい時期がありました。

で、トリニダード・トバゴがどうしたんでしたっけ…?(情弱) サッカーとか?

 

 

 

友人が職場でロッカーから自席まで財布や水筒を持ち運ぶバッグが欲しいと言うので、作ってみた。

テキトーなサイズで布に直書きで裁断して組み立てたんだが…

 

見事に失敗。(大好きな布使ったのに)(もっと買っておけばよかった…)

横長なせいか、バッグの口元がだらーんってなる。

試作って大事…!!

ただの四角いバッグでもちゃんと試作して持ち手の位置とか考えなきゃイカンと反省したのでした。

…つっても反省しただけで、コレはこのまま友人に押しつけたけどな!

 

中身はこんな感じ。

水筒が立つようにしてほしいと言っていたので、わっかつけてみました。

その脇に長財布が入るサイズで…と単純に考えた結果、横長びろーんのお粗末な仕上がりに成り果てたワケです。

今後試作をおろそかにしないように心がけようと思います。

お気に入りの布でやらかすのはへこむなあ…。(なんで試作しなかったんだよ)

 

次は、友人のはんこ入れ用ガマと、大五郎に持ち手付きガマを作る予定。

今度はちゃんと試作しようと思います。試作大事。

 

 

 

そういや、6月になったのでスマホのプランを変更してみました。

どうやら宣伝のとおり4割引くらいになったっぽいんだが、機種変とかしたらどうなるのかね。

今のが使える限り使うんだけどさ。

布でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
ガマった。

千葉に旅立つ前にガマができてました。

ちびちびネタ出ししていこうかと思っていたのですが、面倒なので一気に晒すことにしました。

毎度毎度ネタ以外の余計なことブツブツ書くから余計な時間がかかって更新が面倒になるんですが、

改める気は今んとこまったくありません。王様の耳はロバの耳ー!!(この穴世界に開かれてますけど…)

 

で、ガマです。

 

ピンクドットのキルトと、ねこたま黒。

 

 

続いては、紫しずくと青い森の猫。

 

 

お次は、ねこたま赤となみなみ黒。

 

 

最後は、メガネシカピンクとechinoバード。

 

 

このなかから好きなの選んでくれ!! と、どどーんと出してみたところ、

ママンのお友達は青い森の猫とねこたま赤とメガネシカピンクを選んで持って行きました。

みっつ…?

 

ま、まあいいや…。(ひとつのつもりであった)

残ったものからワタシの友人がねこたま黒と紫しずくとなみなみ黒をもらってくれました。

残ったピンクドットキルトと試作品の黒い鳥さん柄は年末のママンのバザーに出して、

商用不可なechinoバードはママンが使うとか何とか…。

 

一気に量産すれば手が慣れるかと思ったのですが、雑な仕上がりを見て見ぬふりするスキルだけが身につきました。

ガマはむずかしいなあ。

変なしわが寄ったり、ビミョーに傾いだりしていますが、最悪モノが入ればいいんだろ精神でスルー。

 

友人にガマを押しつけるついでに、会社で使う用の小バッグと小ガマを受注したので、

どんなバッグにしようかなーとぼちぼち着手しているところです。

大五郎一家がようやくアメリカに引っ越しすることになったので、

前回大五郎と今度作ってやると約束したガマもついでに作ってやろうかなあと思っています。

まあ、覚えてないかもしれないが。

そこはかとなくハンドメイドな季節がやってきているようです。(そして部屋はちっとも片付かない)

 

 

 

ほとぼりも冷めた頃合いだと思われるのでブツブツ言ってみますが、

そこそこ本好きでそこそこ歴史好きなワタクシ的に、

『日本通史の決定版』とか名乗っておきながら巻末に参考文献がない本なんてのは欠陥品以外の何者でもない。

参考文献の有無以前に「???」ってなるおかしな記述が多すぎてよくわからなかったし、

通史というにはあまりに内容がライトで本自体も物理的に薄かったから、

本来は通史というより歴史妄想エッセイってところなんだろうけど。

 

個人的に津原泰水は作品以外はご勘弁な作家さんなので作品外乱闘はどーでもいいっちゃどうでもいいんだが、

津原泰水を無名の作家だと思っているような読者層に支持されている百田尚樹ってのがちょっと面白かった。

そりゃ話がかみ合うわけがない。

とはいえ、好きな作家の新作が幻冬舎からだと知ったときのなんとも言えないビミョーな気分は、

とどのつまりこーゆーことなんだろうなあとつくづく思った一件で御座いました。

好きな作家の作品が読めるなら出版社なんてどこでもいいんだが、なんだろう、あのビミョーな気持ち。

 

そういや最近あまり小説で大当たりを引き当ててないなあ。

そろそろ久々の私的大ヒット小説と出会いたいものだ。(それはおおむね売れ線とは別の軌道上におわす)

布でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
みかんせい。

ほぼほぼ衣替えが終わりました。

「ほぼほぼ」ってのは、ダウンがまだクリーニングから戻ってきていないので。

戻ってきたらソレしまって、ようやく衣替え完了かなあ。

 

冬物夏物が混在していたのが夏物だけになったので、部屋が多少片付きました。

…とはいえ相変わらずの物置状態なので、お盆までには何とかしないと、妹Bの寝る場所がない。

 

週末でやろうと思っていたことの半分もできないままにもう日曜の夜ですよ。

ワタシはこの二日間一体何をしていたんだ…思い出せぬ…。(多分だらだらしてた)

 

 

 

予定では出来上がってるハズのガマも、出来上がっておりませぬ。

口金つけるところまで辿りつけなんだ…。

 

で、こんな状態です。

四十年生きてきてなお一桁の数すら数えられないらしく、

7つぶん裁断したと思っていたらどうやら8つぶん裁断してたようです。

今週も帰宅後に地味にちまちまとガマる日々になりそうです。

 

一気にいくつか作ったら、慣れてだんだんとペースが速くなるんじゃないかと期待していたんですが、

残念ながら縫製に関してはほとんど速度が変わりませんでした。ちっとも熟練しない。

口金つけることに関してはどうだろう。

どんどんと雑になっていく気はするが、速くなる気が全然しない。

…つけばいいんだ、つけば。

 

 

 

日記的なものが続いたためしがないワタクシですが、今年から5年日記を書き始めてみました。

1日につき4行しかスペースがないから埋めやすいのか、なんと今日まで続いております。

5年続いてくれるといいなあ。

布でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
初ガマ。

気がつきゃとっくに令和ですよコンニチハ。

 

10連休中はばあちゃん乗せて風呂行った日以外、ほとんど外出しないで過ごしてます。

外出といえば、タイヤ交換後に空気圧見てもらいに近所のスタンド(車で1分)に行ったのと、

のらおの散歩で3軒隣の家の前まで歩いたくらいかな…。

ずっと家にいるのに、結局部屋は片付いていないというこの不思議。

片付けてはいるんだが、いかんせんモノが多すぎる。

とりあえず、循環社会たるべき現代における焚書として、本を50冊くらい廃品回収に出してみました。

若い頃は、自分にとってクッソつまらない本でも誰かにとっては面白い本かもしれないとか思って、

面倒だなーと思いながらも古本屋さんに持ち込んだりしていたんですが、この年になるとそんな気はまるで起きない。

こんなクソみたいな本を読むために時間を費やした自分をぶん殴ってやりたいというやさぐれた気分を、

その本をゴミとして遇することによって晴らそうという、八つ当たり戦法です。

とはいえ単なる小市民なので、八つ当たり前にもう一度さらっと目を通して確認したりするので、

50冊処分するのに3日くらいかかっちゃった。てへ。(結局確認した本の9割9分処分した)

…クソみたいな本のためにふたたび時間を費やしてやがるとかアイタタタな指摘しちゃダメなんだぜ…。

 

50冊処分したところでまだウン百冊以上の本が積み上がってるんで、焼け石に水なんですがね…。

終活の道は険しい。

 

 

 

ウチのママンは、ワタシに何の断りもなく勝手に何かしら受注してくる悪癖があるんですが、

先日も友人と桜を見にでかけて、二つ折りにした札が入るがま口を受注してきやがりました。

がま口探してるんだよねーと言う友人に、「ウチの娘がま口作れるよ」とか余計なこと言ったらしく、

「じゃあ布と口金用意したら作ってもらえる?」とかいう話になり、

「布も口金も売るほど持ってるから大丈夫」とか言って安請け合いしてきやがりました。

 

…ワタシ、そんなサイズのがま口作ったことないのに!!

 

…というワケで、試作です。

財布にするなら小銭もちょこっと入った方がいいのかなーと思い、親子ガマに挑んでみたんですが、

ワタシは自分で思っている以上に頭が悪かったんだなーと改めて痛感した次第です。

口金をにらみながら、どんな型紙でどう縫い合わせてがま口にするのか考えてたら、アタマこんがらがってきた…。

 

とりあえず、がま口にはなりました。

 

ちゃんと親子にもなったし、子ガマもちゃんとついた。

 

…が。

親子ガマは口金つけるのけっこう面倒ですね。

ぶきっちょにはなかなかしんどい作業でありました。

子ガマにハメてるときは親ガマが邪魔だし、親ガマにハメてるときは子ガマが邪魔だし、

結局口金にハメこむときに巻き込む布の量が左右でビミョーに違ってたらしく、

まっすぐについてたタグがビミョーに傾いでしまった。

数をこなせば慣れるのかもだけど、道は険しそうな気がするぜ…。

とりあえず型紙はコレでよさそうな気がするので、大きさ確認してもらってよかったらコレでいこう。

この口金の手持ちがあと1個しかないんで、ほぼぶっつけ本番なんだけどねウフフアハハ。

失敗したら久々に資材調達しなくちゃならなくなるワケで、そうなると送料無料までポチっちゃうワケで…。

 

というワケで、部屋は片付いてないけどミシンは出たぞ、というご報告を兼ねた初ガマ記録でした。

ミシンは出たけど、ミシン部屋というよりむしろ物置の片隅にミシン的な…。

 

お盆休みまでにはスッキリ片付けるぞ、おー。(シレッと目標を延期する)

布でアレコレ comments(3) trackbacks(0)
残りカスその2。

明日から仕事だ。気張りましょう……と思いつつ、すっかり休みボケなYuki*ですコンバンハ。

ほんっと申し訳ないくらい長閑な休日を過ごしてしまった。

明日出社したらとりあえず、冷蔵庫と冷凍庫の中身チェックだな…。

あーサーバもチェックしなきゃならんのかー。

何時間停電したか知らんが、ひょっとすると充電器が保たなかったかもだな。

うーむ。日常生活にはまるで支障がないが、流石に仕事には支障をきたしそうだな。覚悟しておこう。

 

 

 

すっかり忘れていたお盆休みの残りカス第二弾。

こっちは本当にカス中のカスな感じ。なんせ、失敗してるのに作り直していないからね!!

 

はい、のらおの首輪どーーーん。

 

何がどう失敗したかは一目瞭然。

…デカくね…?(つか、こんなボロボロになるまで替えてやらなかったのかよ)

同じサイズになるように測って作ったつもりなんだが、シュシュ部分と本体の結合部分の縫い代が違ったのかな。

シュシュ部分が妙に細く長くなってしまった。

 

かなりゆるゆるだけど、のらおは気にしてないみたいだからまあいいや。

勝手にとれず、のらおが嫌がらず、脱走して行方不明になっても連絡先がわかりさえすればユルユルでもいいのだ。

……ユルユルじゃなければもっといいことはわかってるけどまあソコはソレ…。

 

ほら、のらおも別に不満なさそだし、いいよな。うん、いいんだ。

 

そういえば先日の地震の時、友人のご近所さんちの猫が2階の窓から逃げ出しちゃって、まだ見つかっていないらしい。

びっくりしたんだろうなあ。

のっそりテーブルの下に自主避難して揺れが収まるのを待った後、

ワタシやママンが動き出したのを見るやソッコーおやつのおねだりにウロウロしはじめた我が家の猫の卑しさに乾杯。

友人のご近所さんちの猫も早く見つかるといいな。

 

 

 

そろそろカラフル七宝が刺し終わりそうだから、次はソレかな。

いやー、またしてもカワイイ糸で何か変なブツを生み出してしまった感がヒシヒシです。

カワイイ糸を殺すことにかけてはワタシの右に出る者がいないのではないかという恐怖…。

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
残りカスその1。

やっぱりサンマは生に限るな!! 今日は焼いたが次は刺身だな!!

 

ガッツリ秋を満喫中Yuki*ですコンバンハ。

食欲の秋来る。(天高くYuki*肥ゆる秋)(まだ8月…)(来週健康診断…)

 

 

 

お盆休みに仕込んだネタの残りカス発見。

右側・参考作品(既製品) 左側・まねっこ作品(Yuki*作)

何の変哲もないただの袋です。

 

目指せラブリーってんで、表布は淡いピンクのスリーピングロース(多分綿麻)、内布もどピンク。

どうだ、ラブリーってこんなんだろ? 違う?(ラブリーよくわからない)

 

この何の変哲もない袋の用途はですね、お盆らしく…

数珠袋。

画像に写ってる、サイズ以外はオッサン感漂う黒い数珠はワタシのもので、下の既製品の袋に入れてます。

今回作ったのは、妹B用。入れるのはクリアな石に淡い紫の房がついた妹Bの数珠です。

青い森の猫ガマを作った余勢を駆って、数珠袋も作りました。(これもずいぶん前に頼まれていた)

ラブリーにしたのはクリアな数珠に合わせたワケではなく、ラブリーに縁遠い妹Bへの嫌がらせです。

実際に使うかどうかは来年のお盆のお楽しみ。

 

西陣織だか何とかいってた生地がかわいくて買った数珠袋が、めんどくさがりやなワタシには存外使いやすくて、

妹Bに自慢してたら、何だかんだと作ってやるだの作ってくれだのという話になったんだったかな…?

とりあえず妹Bからの頼まれモノはこれで全部クリアしたハズ。(すぐ忘れるから断言はできない)

 

お盆休みの残りカスをもうひとつ発掘したので、それはまた後日晒します。

お盆休みが明けた途端に再びミシンが有象無象に埋まったとか内緒なんだぜ…。

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
青い森の猫ガマ。

妹Aと大五郎が帰っていったんですが、一緒に消えたモノがいくつか御座います。

どうやら大五郎がワタシのモノを勝手に持ち帰ったらしい。ナチュラルに盗人。

代わりに妹Aが妹Bのベッドの脇にじゃがりこのカラを残していったんですが、

位置的にヤツめベッドでじゃがりこ食いやがったな…。

あーあ、妹Bにバレたら怒られるぞぉ〜。チクったろかな。(やめとけ)

 

マジであいつら何なのよと思わないでもないですが、モノより思い出。広い心で許そうじゃないか。

思い出つっても、眠いのにたたき起こされたり、遅すぎる飯につき合わされて余計に食うハメみたり、

勝手に口金箱漁られて「これであたしにがま口作ってくれよー」とか連日強要されたり、

「大五郎は明日帰るからプレゼント(おてがみ)あげる〜」ってよくわからない紙を何枚も渡されたり、

それを読んでみたら「おしりたんていのはんこつくってくれ」とか更なる要求が書いてあったり、

(「てありがとう」を書き忘れたらしい)(そこ一番大事なところだぞ!)

1日平均1.2回のおもらしでリフォームしたばっかりのトイレの床を何度となく小便まみれにされたり、

まあ大して素晴らしい思い出でもないんですけどね…。

 

とりあえず、平穏な生活を取り戻したのらおとワタシなのでした。

何につけても子どもってのは容赦ねえ。

 

 

 

お盆休み中に仕込んでいたネタをぼちぼち吐き出していきます。

まずはコチラ。

 

妹Bに頼まれてた御朱印帳ケース。

妹Bは何も考えずに大きいサイズの御朱印帳を買ったらしく、ワタシのと同じサイズだと収まらないワケで、

手持ちの収まるサイズの口金には軒並み肩紐用のカンがついていたので、いっそショルダーバックにしてやろうかと。

黒系地味系な服が多い30過ぎのおばさんがさげててもさほどおかしくない布を…と思って選んだのがこの青い森の猫。

青は嫌いなんですが、この青は好きだなーと思って買ってあった布です。

黒だと埋没するし、明るすぎると浮くしと思って、暗めの青にしてみたんだが柄が子どもっぽかったかなあ?

まあ既に渡してしまったから今更どうにもならんのだけど。

本人が気にならなかったら使うだろう。使わなかったら返してもらおっかなーという程度には気に入っている。

 

内側はかつてC&Sの催事で買ったランダムドットの生地。

裏地含めてすごく好きだわ、このガマショルダー。妹Bにはもったいなかったかな…ぶつぶつ…。

 

頼まれたのは去年のお盆だったっけかなあ…いや年末か…?

どっちにしてもすっかり忘れ果てていたので、突貫で型紙作って仕上げました。

そのワリにけっこうかわいくできたよーな気がする。満足満足。

 

 

 

そしてミシンを踏むワタシの背後で大五郎がもぞもぞ何かやってるなあと思っていたら、

口金をたんまり収納してある箱の中から勝手に口金を取りだして、

「これであたしにもがま口を作ってくれよ〜」とか要求しはじめたんですが何なのこの図々しい幼児。

しかし選んだ口金は今まで使ったことのないサイズだったので、型紙作りからのスタート。

角形の口金はワリとさらさらっとできるんだけど、丸形はふくらみとか広がりとか微調整が必要なので、

何度か試作してからじゃないとワタシのよーなどシロウトには厳しいモノがある。

…というワケで、今回は勘弁してもらいました。

気が向いたらいつか作ってやろう。(妹Bの頼みを少なくとも半年は忘れていたヤツの気が向くのはいつだ)

 

ヤツが選んだ口金は、確かに幼児でも開けやすいタイプの口金ではある。(やるな、大五郎)

とりあえず持ち手だけつけてあげたら喜んで振り回してました。

せっかくの口金だからぷっくりさせたいんだよなー。

 

まあぼちぼち頑張ります。いやその前に部屋の掃除か。

ミシンを踏む姿がもはやシュールな勢いで物置なミシン部屋を何とかせねば…。

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
コースター(質より量)。

雨ばっかりのお盆休みが今日で終わります。

それでなくても妹A・Bが帰省してきて洗濯物が倍増中で干すとこないのに、雨ばっかりで全然乾かない。

仕方がないので連日コインランドリーに乾燥機使いに行ってんですが、

昨日は、ワタシの洗濯物の乾燥は終了したものの、乾燥機の前でワタシより年上っぽいおっちゃんとおばちゃんが、

お互いの頬やらアゴやら鼻やらを触りあいながらキャッキャウフフしてて、しばらく取り出せませんでした。

しばらーく死んだ目で見つめていたら気付いてくれたので取り出せましたが。

なぜいい年こいて混んだコインランドリーで盛り上がってしまうのか。愛の謎は深い。

 

 

 

やっつけで職場用のコースター作りました。

布選びからやっつけ。縫製もやっつけ。当然仕上がりもやっつけ感てんこもりもりです。

 

ちょっとだけリーバイス感出してみたデニム+赤ステッチ。

返し口を縫うのが心底キライなので、やっつけ仕事で周囲をぐるりとステッチ入れて返し口塞ぎました。

裏の白布がはみ出してすらいるワケですが、職場用だから気にしなーい。どうせすぐ汚れるし。

 

裏は白リネン。

下糸だけ白にしようかなーとも一瞬思ったんですが、面倒だったのでやめました。

アクセントアクセント。

 

返し口の部分の縫い代を開くのに、新兵器を使ってみました。

ずいぶん前から手元にあったものの、縫い物しなかったので使わずに放置してたコイツ。

もはや品名も忘れましたが、ちょこっとした部分ならアイロン使わずに折り目つけられる謎の棒です。

アマゾン先生がしきりとオススメしてくれていたので、ついでのときにちょこっとポチってありました。

 

ご覧の通りの形状の、何の変哲もないフツーの樹脂製の棒なんですが、どんな仕組みか知らんがとにかく便利。

縫い代割るためにいちいちアイロン出すの面倒だなーと思うことがよくあるんですが、

コレで軽く撫でるだけでワリとしっかり縫い代が割れるんですよね。どういうワケか。

小物作りにはかなり重宝したんで、裁縫箱のレギュラーに仲間入りしました。

 

籐で編んだ滴型ハンモック(ウン百万)とかワケわからんものをしつこくオススメしてくるアマゾン先生ですが、

コレはよかった。オススメしてくれてありがとう。

 

 

 

コースターを作っているときに大五郎が襲来しまして、「あたしのコースターは?」とかぬかしやがるものですから、

 

ついでにこんなん作ってやりました。きのコースター。

 

裏はピンク。

大五郎は、全然似合わないのにピンクが好きなので、喜んでもらえたみたいです。きのこも好きだし。

 

出かける直前に所望されたので、「大五郎がお出かけしてる間に作っておくから行っといで」とかあしらったんですが、

子どもなんて他のことしてるうちに忘れるだろうとか思ってたら、数時間の外出後にもしっかり覚えていて、

「おねーーーちゃーーーん!! できたー?」と叫びながら帰宅しました。子どもだと思って侮っていたぜ…。

 

 

 

連休中にあといくつかネタを仕込んだので、ちょっとずつ晒していこうと思うです。

 

布でアレコレ comments(3) trackbacks(0)
これにて打ち止め。

昨日の夜は、そろそろチャリを出すかとかまだ風が冷たいかとか言ってたのに、

今朝外を見てみたら、ロングブーツ事案な積雪量で道路が一面真っ白でしたよ…。

なんなの。

 

 

 

作ってる本人すらもう見飽きた感のある生地で、ポーチ作ってみました。

 

手芸用の20センチファスナー使って作りました。

今回はタブ付。何かについてたチェーンを通してます。

 

いつも車の手の届くところに積んでる細々としたモノを入れようと思いまして。

メモ帳、ボールペン、ガソリンスタンドとかのカード類、ガソリン入れたレシート挟んでるクリップ。

今まではグローブボックスにガサッと入れてたんですが、

咄嗟の時にペンとかよく行方不明になってたんで、まとめてみることにしました。

 

ちゃんと収まりましたよ。

一般的には、縫い代をバイアス処理とかすりゃ見栄えもいいのかもしれないが、

ワタシの場合、見栄えよくバイアス処理などできるワケがないので、むしろこのままの方が見栄えは良い。

今年こそちゃんとバイアス処理できるようになりたいので、別の機会に練習しようと思うです…。

 

小物入れ代わりに助手席の足元に置いておこうと思っている、かつて作った横長トートの持ち手に、

チェーンひっかけて入れておいて、バッグの中で行方不明になるのを防ごうかと思いました。

この横長トート、使用頻度はけっこう高かったんですが、車用に配置転換です。

黒っぽい車内だから、赤いバッグを作って置いておこうと思ってたんだけど、

手持ちの赤い帆布がドットもストライプも無地も、全部ツギハギしてもバッグ作るほどには残ってなくて、

新たに布を買うのはいかがなものかという自制心が珍しく働いたので、作ってあったコレに白羽の矢が。

ドアのポケットやらセンターコンソールやらにテキトーに放り込んでたアレコレもコレに入れようかと。

初心者マークとか、クリップボードとか、アームカバーとか、CDとか。

グローブボックスまで手を伸ばすのがけっこう面倒だったから、

車検証と緊急時のアレコレ以外にグローブボックスに入れてたモノもコッチで。

 

とりあえず、今んとこ思いつく車に積むモノ製作はこれにて打ち止め。

車に積んでおこうと思っているモノは現時点でコレくらいかな。

あと、イイ感じのサイズのスコップをホームセンターに物色しに行かなきゃならんのと、

(ぷーに積んでたスコップは、家の周りの雪かきにも使ってしまって今じゃすっかりサビサビなのでね…)

余ってる毛布あったら積んどこうかなーってくらいかなあ。

あと何がいるだろう。実際に車で走ってないと、具体的に思いつかないもんですな…。

 

車が来て、普通の道路を走ってもいいくらいに運転に慣れたら、

(しばらくは家の前でガクガクぷっすんする予定)(MTにこだわるのは運転が下手だからなんだぜ)

小樽の染物屋さんとか倶知安のパンケーキ屋さんとか黒松内のピザ屋さんとかニセコの喫茶店とか行きたい。

旭川の喫茶店にラプサンスーチョンを買いに行ったついでにハイティーしたい。

ハゲの聖地・増毛に海産三昧しにも行きたいし、士別で羊と再会したい。

ゴキゲンにシーニックバイウェイをのんびりドライブしたいし、道南に桜も見に行きたいな。

函館よりもむしろ江差松前知内北斗あたりをウロウロしたい。

ぷーと行ったことのある場所がほとんどだけど、サブローもしくは三太、三助とも一緒に行きたい。

ぷーとはできなかった、フェリーで一緒に本州上陸ってのもやってみたいなあ。

 

あー、はやく車来ないかなあ。(…と、車買ってからはじめて思った)

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
| 1/19 | >>