| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
まるおって誰だよ。

HDD容量確保のために見ていたヒストリアのハチ公の回を見て半ベかいたYuki*ですコンバンハ。

年をとってから涙もろくなり、のらおを飼ってから動物モノに弱くなりました。
ハチ公のお話はなんとなくしか知らなかったんですが、
ハチってば上野先生と一緒にいられたのはたったの1年くらいなんですね。
そして、大好きな上野先生が戻るのを10年待ち続けたんですね。
映画とか再現VTRとかでは当然、上野先生が天に召されるハチを迎えに来るわけで、
そこでまたわんこがいい演技しやがるもんだから、「よがったねはちぃぃぃ(号泣)」ってなもんです。
東大にできたという、上野先生と、それを迎えるハチの像を見てまた「よがったねはちぃぃぃ(号泣)」。
ずっと待っていた大好きなひとに逢えるってのはまたこう、じーんとくるものですな。

ちなみに、上野先生の声はどうしてもリチャード・ギアのカタコトの「ハチィ」で再現されます。むぅ…。



さて、ハチで半ベかきながらちびちびと作業していました。


この謎のタグを覚えてらっしゃる方はいるだろーか。
ずいぶん昔にバザー用に作ったタグです。(しかし値段を勝手に数倍に書き換えられた挙げ句売れ残った)

ママンのハンドメイドイベントが、友人たちとの寄せ集め編成になるらしく、
誰のものがいくらで売れたのかわかるようにしたいとか言ってるので、
シコシコと色違いでタグを作ってました。
前の職場で廃棄処分になる予定だった、リングファイルのインデックス用紙を使って。(エコ魂)←ケチ魂だろ


あとは、ヒモ通す穴あけて、ご希望の名前ではんこを彫って捺すだけ。

しかし、やっつけで作ったとはいえ「てづくりや まるお」って何だよ。
はんこ作り直そう。(なぜか妙なやる気を出して木の持ち手までつけてあったけどな)

続きを読む >>
紙でアレコレ comments(4) trackbacks(0)
針金とマステ。

その昔、BY-SEXUALというバンドのボーカルの声と顔がどんぴしゃで好みだったんだが、
音楽はポップだけど粗削りというか雑というか、ひとことで言うとヘタだった。(でも好きだったけどね)
そのバンドが突然シュッとしたっつーか、洗練された?アルバムを出したからびっくりしたら、
そのアルバムからプロデューサーが佐久間正英になってた。
それまでプロデューサーって何だ? と思ってたんだけど、
どうやらプロデューサーっつーのはすごいものらしい、とそのときはじめて思った。
(が、プロデューサーが何なのかは今もってよくわかっていない)



お掃除してたら針金いろいろ発掘しました。
ぶっといのから細いのまでいろいろ。
一番細いのなんて、何かを固定するのすらおぼつかない華奢っぷり。
どうすっかなーと思い、ちょっと工作。(『こうさく』と入力したら第一変換で『耕筰』って…)


この細すぎるフニャフニャ針金を〜


テキトーな長さにちょん切り〜


半分に折り目をつけたマステの片側にのっけて〜


ふたつにたたむと〜


ねじねじして袋とか留めるアレ(名前わからん)っぽい感じ?

本物よりずいぶんフニャフニャだけど、留めるという役割は果たしそう。
マステはいろいろ色柄があるから、そのときの気分で留め具作れていいかも。



彫る彫る詐欺被害者の皆様、本日ようやく発送しました。
大雨の影響でいつ届くかはサッパリわからんようですが、いつか届くハズです。
かーなーり!しょーもないはんこですが、ご笑納下さいませ〜。



続きからバニラさん宛私信

続きを読む >>
紙でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
見えないオサレ(勘違い)。

ボトルガムのケースって深すぎると思うの。
最後の何個かになると、指が届かない。(持って傾けろよ無精者)



部屋にフックをつけたいんだけど、跡の残る釘とか両面テープはイヤ。
壁が石膏ボードなので、ほっそい釘みたいのを何本か打ち込むタイプのフックにしてみた。
…が。


なんか味気ない。

…とゆーわけで、マステでちょこちょこおめかし。


つっても、何の工夫もなくフツーにマステ貼っただけ。


でも、ちょっとだけかわいくなったよーな気がする。



つっても、

フックにひっかけたら見えなくなるんだけどね…。(意味なし)



ところでこの細い釘は何で抜けばよいのかね? ペンチ?
フックの台紙に書いてあったのかもしれないけれど、
開封しようと思ったらおっそろしくガッチリ留まったホチキス状のアレがとれなくて、
力づくでひっぺがしたら、まんまと台紙がこまぎれちゃったんだよねーアッハッハ。
貼り合わせれば読めないこともないのかもだけど、イライラして捨てちゃったテヘ。(超短気)(思いっきり損気)

紙でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
遺影ではない。

本でやり方紹介されているのを読んだことがあるけど、
『そんなん手先が超絶器用な特別なヒトにしかできないんじゃねーの』
…と思っていたマステ応用編が、実際に使われているのを余所様のブログで拝見して、
ひょっとしたら思いの外簡単だったりするのかも、と早速マネしてみた。

やり方紹介されていたと思われる本は、
『スクラップブッキングなんてやんねーじゃん自分』と思って、
某様に勝手に押しつけたよーな気がするので、(部屋が汚すぎて未確認)
うっすらすぎる記憶と自己流でレッツ★チャレンジ。
なんとなくできたので、備忘録代わりにアップしておこう。


マステと台紙、写真を用意。
奥のワセリンの缶は、台紙と写真の型取りに使ったのでウッカリフレームインしましたが、
中身のワセリンは使いません。(当たり前だ)


マステを、粘着部分を一部残して折る。


粘着部分を台紙に貼りながら、テキトーな間隔でヒダヒダに折っていく。
間隔を一定にすればキレイなんだろうけど、ガサツなので無視。
台紙からはみだす幅も一定にすればキレイなんだろうけど、ガサツなのでコレも無視。


ぐるっとひとまわり。
途中で足りなくなったら、最初と同じように粘着部分を残して折ったものを作って、
粘着部分使って1本のテープになるようにくっつけて継ぎ足せばOK。
接着部分がヒダの後ろに隠れるようにすればわからん。
今回は継ぎ足したにも関わらず、最終的に1cm分くらい足りなかったんだけど、
1cmくらい継ぎ足すのもなんだかなぁで、そのまま放置。


ヒダヒダの真ん中あたりに写真を貼り付ける。
台紙からはみ出す幅を一定にしておけば台紙と写真がぴったり重なるのかもしれないが、
ガサツなので全然気にならない。このままでヨシ。


しかしさすがにテープが足りなくてヒダになってない部分が気になるので、
マステでテキトーに作ったリボンをのせて誤魔化してみた。
リボンを作ってる最中に失敗してできた細いテープ状のマステを使って、
ひっかけるところも作ってみた。

テキトーに試してみたワリに、まぁまぁよくできたのではなかろーか。
惜しむらくは、マステを折る幅くらいは一定にしようと思って、
黒いストライプのマステを使ってしまったせいで遺影感がハンパないことだな。
なんだか縁起でもないブツを作ってしまったような気もしないでもないが、
だいじょうぶ、のらおは元気です!!!(当たり前だ)

ちなみに裏はこんな感じ。


ヒダの幅のテキトーさが如実にわかるバックスタイルよね…。

製作時間15分ちょい。
ガサツでテキトーな作業のせいか、かなりアッサリ完成したんだけど、
こんなワッペンもどきどう使えばいいのかわからん。
とりあえず、元妹Aの部屋のドアの脇に貼っておいた。
『ココはのらおの部屋です!』的な。(妹B発案)

色とか形かえて作ってみたらかわいいのかもだけど、まぁ使い道はないよね。
ラッピングとか…?
写真のフチも飾ったらちょっとはゴージャスになるのかな?
…まぁ、自分でも作れることがわかって満ち足りたので、
レベルアップを図って再チャレンジなどしないと思うけどね…。

紙でアレコレ comments(7) trackbacks(0)
本来の使い方。

「子ども、好き?」と訊かれたら「子どもによる」って答える。
「じゃあアンタは『大人、好き?』って訊かれて即答できんのか」と屁理屈こねるのも忘れない。
大体にして動物園行っても、こどもの動物より大きくなった動物に胸キュンキュン言わせるし、
のらおを飼いはじめたときも、子猫なのらおに毎日呪文のよーに「早くおっきくなるんだぞ〜」と繰り返してた。
子猫より成猫のほうがかわいいし、子犬より成犬のほうが好き。
ペットショップでも子猫よりも売れ残りの大きくなった猫や繁殖終わった猫にくいついてる。
たぶん、人間に限らず「子ども」というものに対して特別な興味がないんだと思う。(キライなワケではない)

そんなワタシにとっても、
この季節の風物詩(だと勝手に思い込んでいる)『もこもこのつなぎを着た子ども』は文句なくかわいいと思う。
カラダのラインが全然わからないコロンとしたフォルム。アレがかわいい。
だから、東京アカデミーのクリスマスバージョンの広告を見て、
トナカイの着ぐるみを着た福田にハートをズッキュン射抜かれるのは仕方のないことよねそうよね。(何の話だ)
誰よりも遅く起きてきたと思ったら無言でおもむろに届いたばかりの新聞から広告をチョキチョキ切り取る姿を、
母と妹Bが珍妙な生き物を見るかのよーな目で見ていたけど、そんなことは気にしない。
着ぐるみはロマンですから!(子どものつなぎもトナカイの着ぐるみも一緒にしてますよこのひと)



さて。たまには作ったっぽいモノを載せてみよう。


ワックスペーパーを本来の目的に使ったのはコレが初めてかもしれない。

先週も週末恒例アップルクランブルを作りまして。
友人と会う予定があったので、友人の分も作りましたの。
…まぁ、そんな時に限ってどーもイマイチな出来だったりするワケですが。
そのイマイチな出来のアップルクランブルをガサガサとワックスペーパーでくるんで、
茶色のラフィアで両脇しばってデカいキャンディー状にしてみたんだが、
中身だけじゃなくラッピングもどーもイマイチ。
しかし他にどうすればいいのかわからなかったので、このまま渡した。
どうせ食べるときは捨てるんだからよかろう。


『HENACHOCO FACTORY』はんこを捺した紙袋に入れて、
ちょっとオリジナルショップ気分を味わってみました。(中身はいろいろイマイチだけどね)

本来のアップルクランブルを知らない友人はすごく美味しいと言ってくれました。
『これよりもまだ美味しいのがあるんだな』とか言ってくれたので、
いつか上出来なアップルクランブルができたらまたあげよう。
おだてられると天高く舞い上がるタイプです。



相変わらず煩悩まみれのだらしない生活をしているワタクシですが、
今年のひそかな目標だった日商簿記検定2級に合格していたようですよ、どうやら。
先月の18日に受験して、今月10日に発表だったようですが、
受験しただけで満足して合格発表とかキレイサッパリ忘れていました。
2月の試験は職場でもらった風邪的症状(断固風邪なんて呼ばない)で当日キャンセル、
6月は東京でのライブと日程ダダかぶり(そして問答無用でライブを優先)。
満を持しての(?)11月。ようやくですよ。ギリギリ。
年老いて激しく劣化した脳というハンデがあるというのに、人間とはなかなか変わらないもので、
11か月も時間があったにもかかわらず、勉強はじめたのが11月入ってからとかバカなの自分。
昨年末から今年の正月過ぎまで簿記講座通ってたんで、0からのスタートではないものの、
『得意技は忘却』なレベルで忘れるのが得意なので、限りなくふりだしに戻ってました。
しかしいくらババアでも、詰め込もうと思えば詰め込めるもんですね。
おそらく点数ギリギリだったとは思いますが、なんとかかんとか合格したようですよ。
ふぅやれやれ。これで肩の荷が下りた。よいお正月を迎えられそうですありがとうございます。

しかし、合格証書っつーのがクセモノでして。
平日の9時から17時の間に窓口で受験票と引き換えに交付なんですって。
そんな時間思いっきり仕事してますけど。
合格証書欲しいなら仕事休めってことか? はぁ?
平日フルタイムで仕事してるようなババアが今更資格試験なんか受けるなよってことか?
合格証書がないと履歴書に書くのもためらわれるから、欲しいんだけどなぁ。
かといってそんなくだらん用事のために仕事休むのもイヤだしなぁ。
他に方法ないのか調べてはみるけど、実施要項には窓口引き換えとしか書いてないんだよなぁ。
うーむ。みんなどうしてるんだろーか…。



ところで、19日着予定の荷物がまだ届いてません佐川さん。
検索すると我が家から車で5分の配送センターでずーーーっと預かっていただいてるようですが、
もうそろそろ配達する気になってくれてもいいんじゃなくって?

この季節は荷物も増えるし天気は悪いし特に今年は道路状況最悪だから仕方ないけどね。

紙でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
家内制手工業。

先日の朝NHKラジオでいつもお堅いおじさまが曲紹介の際、
「きゃりーぱみゅぱみゅさんで『つけまつける』です」
…を思いっきり噛んだのを聞いて、俄然紅白見たくなったYuki*ですコンバンハ。(性格悪め)
紅白見たいとか言っても年末東京で遊びほうけて北海道に戻るの31日の夜9時過ぎだけどな…!!!



ここしばらく、コメレスもせずブログも更新せず、ひたすらシコシコ作業しておりました。
れがさんさんから頼まれたコレ作ろうと思って。


…。
……。
………。
…………だっせぇ…。

タグとぽち袋です。
タグもぽち袋も色に難アリって感じですね。
ファイルについてたインデックスの紙使ったのが失敗のモトですか?
厚すぎず薄すぎず、タグには悪くないと思ったんだけど…。
そして同じ道具を使ってカドを落としたのに、どうして不揃いなんだろう…。
ぽち袋はシンプルなので、とのことだったので、ただの袋にしたんだけど、やはり色が…。
透けない程度の厚みでゴワつかない程度の薄さと思って、和紙折り紙使ったんだけど、
色がもうシブいとゆーか一般的じゃないとゆーか…。

自分的にはタグは用が足りればいいし、ぽち袋は中身が透けなければいいと思っていたが、
作り終わってから、コレはオサレなハンドメイドイベントで使うモノだったと気づいて焦る。(アホ)
なんだかドレもコレもいろいろと地味でくすんでる感じですかね…スミマセン。



こんなシンプルなモノ作りのときですらハッキリわかる著しいセンスの欠如が悲しい。
一生懸命作ったんだけどなぁ…。
コレを手にしてビミョーな表情のれがさんさんが目に浮かぶけど、
もう送っちゃったからどーにもならないよねアッハッハ。
レターパックライトで明日午前着予定です★(こっちえらい雪なので延着するかもだけど)

諦めて使うも「こんなモンいらんわー!!!」ってゴミ箱に叩きつけるもご自由に。
ゴミ捨てるのにすら金がかかるこの時代にスミマセン。
とりあえずお手製ぽち袋テンプレートも入れておいたので、最悪自作してください。

このお詫びはいつか必ず…。(どんどん借りばかりが増えていくマイライフ)

続きを読む >>
紙でアレコレ comments(4) trackbacks(0)
妄想列車ゴーゴゴー。

Yuki*です★
さんじゅうウン才です★
趣味は妄想です★



…とゆーワケでワタシ、隙あらばとりとめもない考え事をしている馬鹿です。
妄想と想像の違いは、他人に平気で話せる内容かどうかだと思ってます。
今回のコレは、別に話してもいいけどちょっと気まずいので、妄想寄り。
テーマは、自分とは無関係な遠いお空の下で開催されるハンドメイドイベント妄想。

海の向こう(NOT海外)でお友達が開催するハンドメイドイベントを妄想して、
久しぶりにこんなモノを作ってみました。


お手製ショッパーもどき。

先日の紙モノ処分市で、今月イベントを開催される れがさん日記 のれがさんさんから、
イベントで使えそうな紙というリクエストをいただいたのですが、
ロクでもないモノしか持ち合わせていないワタクシはちっともお力になれなかったのですよ。
持ち手のある袋じゃなきゃダメらしくて、ペラペラのビニール袋がベストらしい。
ペラペラのビニール袋なんて、
のらおのうんさん入れに大量にとってある使用済コンビニ袋くらいしか持ってないもん…ぐすん。
ロクなもの作れないくせにハンドメイドイベントに強いアコガレを抱いているので、
何かお手伝いしたかったのにチクショウ…。

…という気持ちがシュッシュポッポと走り出して、
ビニール袋はないけど手提げならあるもんね! 気分で作ってみました。
以前にも友人に何かあげるときに作ったりしてたんですが、
持ち手に使っていた麻紐が行方不明なので(要大掃除)、手近にあったリボンで代用。
コレはコレでかわいいな…。

もんのすごいシンプルかつ当たり前な作り方ですが、備忘録的にアップしてみます。


 ,好みのサイズの紙袋を用意します。(使用済みでもお手製でもイケます)


◆,好みの深さで上部を折り曲げます。
 

 好きな感じにはんこ捺すなりシール貼るなりしてデコります。
※ 持ち手用の穴をあけるので、上2cmくらいはあけておきます。


ぁ´△農泙蟠覆欧辛分を袋の内側にたたみます。


ァ〇ち手用の穴をパンチであけます。
※ ワタシはよくココでマチ部分も一緒に穴あけちゃうんですが、マチはよけて穴あけましょう。
※ そうさ今回もマチに穴あけちゃったのさ。
※ キッチリ作りたいときはハトメで穴を補強します。


Α〇ち手を通して、玉結びして出来上がりです。
※ 持ち手を輪にすると持ち手がぬけないけど、カタチがいがみます。



イベント妄想が大好きなので、オリジナルショッパー的なモノがうれしい馬鹿です何か問題でも?
何が一番の問題かって、ワタシ自身はイベントとは完全に無縁だということです。
この紙袋もまったくもって無意味。
妄想ってそんなもんですよね。(誰に同意を求めてるの)



昨日はホビーラリバティのネット予約開始日でしたねぇ。
普段は昼前まで寝ているくせにこの日ばかりは9時過ぎ起床。
ここ数ヶ月リバティどころか布自体使ってないクセに、
いらんやる気をみなぎらせて、10時ジャストにいそいそとポチってきました。
エロイーズの濃い目のピンクがかわいいなぁと思ってポチったんですが、
(他にもジョアンナのピンクとかグレーとかスモーキーなマーガレットアニーとかもポチったが…)
限定品と書いてあったので、考えてるうちに売り切れるかなーとよく考えず決済。
エロイーズの濃い目のピンク、見てた感じ10時3分には売り切れてたんで、
まぁ急いでポチってよかったのかもしれないんですが、
決済後、商品ページを確認したら【TOP>>コーデュロイ・ビエラ】ってことは…?
そうか、タナローンじゃないのか…。(よく見て買えよ)
別にどーでもいいんですが、コーデュロイだと扱い面倒だし(布の上下がよくわからんです)、
ビエラに至ってはどんな布なのかもさっぱりわからんときたもんだ。
さて、どんな布が届くのであろうか…?
リバティは柄を見て楽しむものと開き直りかけてるので、まあいいです。
コレもういいや、ってリバティもあるのでリバティ処分市でも開催するかな…。
いやしかし元値がシャレにならんからオクにでも出すか…?
だが、ワタシが欲しいものは誰も欲しくないセオリーからすると……売れる気がしねー……。
m1,500円とかだったらイケるかしら。ぶつぶつ。

前回の相棒の録画に失敗してて意気消沈なYuki*でしたサヨナラ〜。
録れてないならともかく、真っ黒い画面を延々1時間録画しつづけてるっつーね。
猛吹雪で送電線倒れて大惨事な時期だったから、地デジも調子悪かったのかなぁ。
アナログだった頃の方が安定してたよな、テレビ…。

紙でアレコレ comments(4) trackbacks(0)
卒業します!

エコクラフトには太いのもあるんだー、と今日作ってみたのがコレ。


(大きさ比較のため昨日作ったのと並べてみた)

隙間あいてたり、そもそも出来上がり寸法と違ったりしてますが、
とりあえず物入れとしての役目は果たせそうな気がする。

しかし、コレ編むのにかーなーりの力を必要としましてね、
私、指力には自信があるんですが(未開封ペットボトルを指だけで開封できたりね)、
そんな私でもかなりしんどかったよコレ編むの。
もうね、爪と指の間に食い込んでくるのよ、コイツが。
主に使う人差し指と中指がもう、ヒリヒリしますよ。

米をといでも痛いし、鶏肉にしょうゆもみこんでも痛いし、
大根おろしても痛いし、茶碗洗っても痛いし、シャワー入っても痛いし(特に洗髪)、
トイレで手を洗っても痛いし、携帯からSDカード取り出しても痛いし、
とにかく何やっても痛いんだよチクショウ。

そんなわけで、ワタクシ、
エコクラフトから卒業します!!!(卒業します!!!)←卒業式の台本風

くしくも先ほどの写真、左が処女作、右が卒業制作となりました。



そして本日もエコクラフト太を買いに行ったついでにチェックしてきたハギレワゴン。
黒地に白のガイコツ柄な厚手の生地があってときめいたけど、
何作っていいのかわからんかったから、やめといた。
そのかわりに買ってきたのがコレ。(結局何かしら買ってんじゃねぇか)



大好きなリネンです。
お値段どーん!



赤札の半額でしたね。
1,260円の半額。(12,160円じゃないっすよ)そう、630円でした。
リネンが1mで630円なら悪くないなと思いまして。
赤ミミもかわいいし。裏地に使おう。



そうそう、先日作ったのし袋、実際に使えたっぽいっすよ。
姉の手作りだと言ったら感動されたんだってさ〜うへへへへ。



のらお写真館。
さすがにのらおといえど毎日アホなことしでかしてるワケではないので、
おのずと過去の写真に頼らなければならないわけです。
ストックいっぱいあるからちょくちょく出してこうと思います。



この頃既にカメラを構えるとポーズをとるようになっていました。
おすまし。ぶりっこ。





しかし寝起きの顔は…。

紙でアレコレ comments(5) trackbacks(0)
はじめてのエコクラフト。

昨日買った1巻で作れそうなものを本からセレクト。
ココいらねぇな、ってとこは省略して出来たのがコレ。



直径8cmくらいです。高さは7cmくらい。
けっこうしっかりしてるなぁ。何入れよっかな。

内側はこんな感じ。



ボンドの接着力って意外と侮れないもんですな。
その昔、小学校低学年くらいの頃、
ママンが藤を編んでた隣で真似事してた時は、
これから編む藤のぐるぐる巻きにキーッ!ってなったんだけど、
エコクラフトはあらかじめ必要な長さにカットするからソレがない。
思ってたより楽しいかも〜。

買ったほうが安いよな…とか思いつつ作ってはいましたが。
自分好みの形・サイズに作れるようになれればイロイロお得かもしれない。
大きめの浅いかごとか編んで、それにあわせて布でカバーと作ったりとか。
妄想は楽しいデスネ。



先日悩んでたメッセージカード、
のらおの写真にすればいいじゃないかというアドバイスをいただきまして、
こんなん作ってみました。



空欄にバーサマークではんこ捺して、ひとことメッセージ書いてみました。
絵はがきよりふたまわりくらい小さいサイズです。
やっぱりクラフト紙はいいなぁ。
バーサマークもクッキリキレイに出るし、ちょっと荒い写真でも逆にほっこりするし。
白すぎず黒すぎないこのくらいの色味が好きです。



すっげぇ雨降ってきた。
そしてサイババ…。



のらお写真館。
まだこどもの頃の写真です。


『なになにコレなに?』

今じゃ名前呼んだら視線よこしやがる程度にはカメラ慣れしてしまったのらお。
この頃はまだういういしかったねぇ。

ついでにのらおの飼い主大公開!(誰も知りたがってません)







私、こんなヤツです。(前髪はオンザが基本)

紙でアレコレ comments(6) trackbacks(0)
メッセージカード。

手さげ袋を作ったはいいが、私はすっかり忘れていたのだ…。



どうやら、袋にメッセージカードを入れなければならないことを…。



いや、入れたくないとかそーゆーことではなく!
私はTPOにあわせたメッセージとゆうものを、
いつでもことごとく間違えるお馬鹿さんなのだ…。
励ますつもりが、逆にヘコませてしまったり、
やさしいお返事をしたつもりが、逆にショックを与えてたり、
言葉が不自由とゆーか、性格が無自覚に破れ綻びているとゆーか、
とにかくロクなこと言ったり書いたりしないわけですよ。
(そんなヤツがよくもまあブログなんてやってくれてるな、とは言わないでくれ)
そんなお口の持ち主ゆえに、せっかく心理学専攻だってのに、
「お前は絶対に臨床に行くな」と友人にアドバイスされましたよ、ええ。
心が弱っている人にとどめを刺すタイプだそうです。ダメすぎる。

そんなワケで、せめて台紙くらいは心あたたまるものを、と思って、
手持ちの山とある絵はがきから、思わずにっこりしちゃうようなのをチョイス。
よりほっこり感が出るのではないかと思って、厚口のクラフト紙にコピーしてみた。



トラもアザラシもいい笑顔じゃないすか?
コレなら裏にどんなアホなメッセージ書いてあっても、
ちょっとはうれしい気分になってくれるのではなかろーか、と…。

ちなみに絵はがきの彼らは札幌の円山動物園にいます。
園内の売店で買ったので、買いに行こうかとも思ったんですけど、
そうすると締め切りに間に合わないかもしれないんでコピーでスミマセン。
私的利用の範囲内ってことでどうか勘弁してください…。



のらお写真館。


『つぎはぎバックからコンニチハ(超不本意)』

紙でアレコレ comments(4) trackbacks(0)
| 1/2 | >>