| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
道中ネタ満載(当社比)。

金曜日からノドがガラガラで、土曜日は熱が出て、日曜日は元気だけどノド痛くて、

麦門冬湯なる漢方薬を飲んでみたんですが、びっくりするほど不味かった。

口直しにクノールのきのこのポタージュを飲んでみたんだが、

アレ、きのこっつーかしいたけのポタージュな。(しいたけキライ)

不味いものをキライなもので上書きしたので、口直しにはなったが後味が悪いのは一緒。うーむ。

そんなこんなで、まーた週末を無駄遣いしてしまった。年をとるとこれだからイヤね。

 

…そんなワケでネタがないので、書きかけのまんますっかり忘れて放置すること半月、

ようやく存在を思い出した相変わらず周回遅れかつ恒例の無駄すぎる長文な旅の備忘録などを。

今回は仕込んだネタがいつもよりちょっと大きいんだぜ。(当社比)

 

2017.1.21〜(22のハズが不本意ながら)23の川崎旅行です。

すっげ長いけどお暇な方は続きからどぞ〜。

 

 

 

 

 

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(2) trackbacks(0)
やっぱり今井短髪派。

ぐへええええええ………さすがに師走に休むと仕事がヤバいね!(毎年言ってる気がする)

 

…そんなワケでご無沙汰でしたYuki*ですコンバンハー!!

とりあえずどうしても年内にやらなきゃならん仕事は片付けたぞー!

会社のだけな! ワタシ個人がやらなきゃならんことは丸々残ってるけどな!

そして特にネタもないので、需要の低い旅の備忘録(無駄に長い)でお茶を濁す!!

(御無沙汰するほど忙しいといいながら合間合間でやってることがコレ書くことって…)

 

………まあいいや! では、いってみよー!(見切り発車で独走)

 

 

 

行きは前乗り、帰りは昼便という比較的時間にゆとりのあるフライト予定だったせいか、

天気やら運行状況やらをあまり気にせずのほほーんと旅立ったワタクシでしたが、

戻ってきて録画してあったローカル番組のニュースとか見てたら、

あの週末、飛行機で旅立って特に支障もなく戻ってこられたのはかなり運が良かったっぽいですね…。

 

…ってなワケで、行ってきました石川県!(…と言いつつほぼほぼ福井)

2016.12.9〜11の旅の記録でっす。

 

 

線路に侵入した阿呆のせいで空港行きの快速が遅れるとかいう出鼻くじかれ系スタートでしたが、

空港着いてみたら14:00発の予定が14:55発に変更になっとりました。くじかれ続ける出鼻。

手荷物検査場では何が悪かったのかカバンの中身ひっくり返す勢いでひっかかりまくり、

財布から小銭を出し、財布の中身を覗きこまれ、携帯やiPodやカメラなんかの小さい電化製品を出し、

温泉で食べようと買っておいたネットみかんを恥じらいつつ出し、手帳についているペンケースの中身を出し、

ついには何か挟まっていないかと、プライバシーしか書かれてない手帳の中身を見られるという…。

結局何が悪くてひっかかったのかもわからないまま、全部カバンに戻して通過しましたが。

セキュリティが厳しくなってるのはしゃーないけど、何が悪かったのかわからんままなのはなんだかなぁ。

 

出鼻くじかれまくりつつようやく搭乗口に辿りつくと、窓の外に広がる駐機場には、

とっくに飛び立って目的地に到着しているハズの機体がゴロゴロと転がっておりました。

搭乗口の案内見てると欠航も相当出ているっぽかったから、飛んだのはラッキーだったのかな。

駐機場では冬の風物詩、融雪剤散布がひっきりなしにもっくもくと…。

いつものことですが、出発する便に搭乗予定なのにいない奴らが呼び出されまくってました。

トイレに行くか買い物するかぐらいしかすることなんてなかろうに、どこ行ってんだよ。

搭乗口付近で待て、って再三言われてんだから搭乗口付近に大人しく座ってりゃいいじゃん。

お前らのせいでその後飛び立つすべての便の利用者の出発が更に遅れるんですけど何してくれてんの。

そんなヤツら待つ必要ないから置いてとっとと飛び立てよ、といつも思う。

 

しかし、斜め前に座ってた兄ちゃんが、あまりに長い待ち時間についウッカリ爆睡モードに入ってしまい、

自分の乗る便の出発アナウンスにも気づかず、自分の名前呼ばれてるのにも気づかず、

5回くらい名前呼ばれた頃に「…ウハァッ?」とかマンガみたいな声とともに目覚め、

JR乗り過ごしそうになったかのよーにバタバタと飛行機に乗り込んで行ったのは責める気は起きなかったなぁ。

お疲れさんです…。

 

そしてワタシもヒマをもてあまし、もう来年からは見られないんだなーという惜別の想いとともに、

 

「YOSHIMIにしよ~だいかん★」な広告を撮ってみたりなどしていたのでした。

ああ、かなしいなあ。

 

とりあえず今日は温泉でしっぽりな予定しかなかったので、

どんだけ遅くなろうと飛べばいいやというお気楽モードで待つこと2時間。

ようやく飛び立つ頃にはこんな有様でしたが(実際は更に20分ほど遅れたうえに、乗ってからも相当待った)、

とにかく旅立ったんだぜ!

 

ここまででも十分に長いんだが、更に長~い備忘録的旅話は続きから。

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(4) trackbacks(0)
次回があるなら還暦オーバーズ。

お久しぶりですコンバンハ。

ご無沙汰だったのは何も作ってなかったからってのもあるんですが、

そもそもほとんど不在だったってのもありまして。

週末から月曜まで、東京横浜あたりをウロウロしてました。

なんつーかまあ、関東はまだ暑いんですね…。(ぐったり)

 

思いっきり個人的な旅の備忘録は続きから〜。

恒例のソーロング備忘録(内容薄め)。

無駄に長すぎて書き上げるのに数日かかったとか内緒なんだぜ…。

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(4) trackbacks(0)
G.W. ひとやすみ。
ガマ・ウィークは一休みして、ばあちゃんとママンの接待でちょいと外出してました。

支笏湖のほとりの温泉に一泊です。
えーと、直江先生の眠る湖でしたっけ…?(古すぎる)

チェックイン時間よりもちょっと早く着いてしまったので、
旅館のレストランでお昼ご飯を食べることにしたんですが、
姫鱒の刺身定食にしようと思ったら、夕食に姫鱒出るかもよーってママンに言われて、
なら楽しみにとっておこうとフツーのハンバーグ定食注文したら、夕食に姫鱒出なくてしょんぼり。
ばあちゃんとママンの頼んだ定食に姫鱒の刺身がちょっとだけついてきてたんで、
ソレちょっとわけてもらったらすっごい美味しかったから食べたかったのにー。
ママンの言葉に惑わされず姫鱒の刺身定食にしておけばよかった…!!
戻って来た今となっては姫鱒食べなかった後悔しかないので、刺身定食食べにまた行くんだ!

泊まった旅館の温泉に、支笏湖とつながった露天があったんだけど、
その温泉は支笏湖の水位と同じ水位なもんで、今時期水位低くて35cmとか。
フツーに入ると肩が出るので、他に誰もいないのをいいことにほぼ寝そべって入ってみた。
風呂の底からぽこぽことお湯が湧いてくるタイプの温泉なので、天然ジャグジーみたいでキモチイイ。
水温も低かったから、風呂からあがったときは寒いと思ったんだけど、
着替え終わる頃にはなーんかぽかぽかしてきて、温泉ってすごいなぁと思ったのでした。
今度は水位が高めのときに行きたいな。(時期によっては水位が140cmとかになったりするらしい)

チェックイン時間より前に到着しちゃったら、旅館の方がお部屋に早く入れてくれて、
温泉もゆっくり、食事もゆっくり、21時には就寝と、ずいぶんとゆったりごろごろと過ごせました。
やっぱ温泉はいいのぅ…。

帰りはもうちょっと支笏湖畔を見たいとママンが言うので、支笏湖半周して中山峠まわりで帰ってきました。
中山峠を通るからには、あげいもを食べないワケにはいかないでしょう、というんで…

羊蹄見ながらあげいもタイムです。

行きも帰りも山道だったんですが、まぁフツーに路肩に雪がもっさり積もりっぱなしでしたね。
中山峠では犬がモフモフと雪と戯れていてかわいかったわぁ。
飼い主をひきずりながら雪に突進していくゴールデンレトリバー。

中山峠のあげいもキャラがけっこう気に入っているんですが、
四十路女がグッズを買ったら負けだと思って我慢してきました。

…ちょっと悪そうでカワイイんだ…。



ばあちゃんとママンの接待は待ち時間が長いのが常ですので(風呂が長いとか行動に無駄が多いとか…)、
待ち時間を有意義に使おうと思いましてね、刺し子を持ってっていました。
まっさらのふきんと糸を持って行ったのですが、

とりあえずここまで刺せてしまった…。

やたらめったら長風呂なばあちゃんとママンがあがってくるのを待ちながらちくちく。
普段テレビを見ることができないママンが、ここぞとばかりにテレビを見まくっている横でちくちく。
連休中に仕上がるかもしれないなーというなかなかの進み具合でした。

さーて、明日からはガマ・ウィークを再開したいと存じます。



ママンが部屋でテレビをつけたらちょうど野球中継やってて、
いつもはラジオで聞いているママンが久々に映像を見てうるさいうるさい。

ママン「このひとだれ?」
ワタシ「ナカシマ」(グラサンで守備中)

ママン「このひとはだれ?」
ワタシ「ナカシマ」(目の下に黒いのつけてメットかぶって打席)

ママン「じゃあこのひとはだれ?」
ワタシ「ナカシマ」(茶髪なびかせてベンチ)

…顔を見とけ。
ついでに、至って普通の内野ゴロでもバットにボールが当たれば打たれたことになっちゃうひとなので、
三振とらない限りは「うわーーーー打たれたーーーー!!!」とか大騒ぎしてくれちゃって、何が何やら。
ソレは打たれたのではない、打ち取ったのだ。

…だから一緒に野球見たり聞いたりしたくないんだよ…疲れるから…。



一晩のらおにお留守番をお願いしたら、声が嗄れんばかりに鳴きわめいて一晩過ごしたらしい。
悪魔のような顔でガラガラ声で鳴きながらのお出迎えをしていただきました。ごめんよのらお。
行き当たりばっ旅 comments(0) trackbacks(0)
猫にまみれる。

冬の足音がガッツンガッツン聞こえてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ワタシは元気です。



今週末は、久々にちょっと遠出してみましたよ。
帯広に行くついでに十勝川温泉でしっぽり。
一緒に行く友人が土曜の昼まで仕事だったので、職場近くで拾って一路帯広へGO!

途中、後ろを走るトラックにびったりくっつかれて左右に煽られたりパッシングされたりしましたが、
頑ななまでに法定速度を遵守して片側1車線の有料道路を70キロ封鎖してやりましたとも。
それでもちゃんと予定通り3時間くらいで十勝川温泉到着。
食事まで時間があったので、お風呂入ったり部屋でのんびりちくちくしたりして過ごしました。
旅先で初日からこんなにゆったりまったりできることが少ないので、何か新鮮。(寄り道しすぎなんだよ)
早めに布団に入ってさっさと眠りました。
もうね、何度も一緒に旅に出ている友人だから、お布団の中でのガールズトークとか、今更ないね。
…そもそもガールじゃないけどな。

翌朝は、窓の外のゴーゴーという異音で目覚めました。
見て見たら、熱気球が浮かぶところではないか。
そういえば、そういうホテルだった。
中国人観光客がすごい喜んでいるのが見えたんだが、添乗員らしき人の声がまあデカいこと。
拡声器とか使ってる様子もないのに、熱気球のゴーゴーという音にかき消されることもなくよく響いていた。

異音の正体もわかったので、ワタシは二度寝。友人は朝風呂。
以前は、温泉に来たら朝も入らないと損! と思ってたんだけど、
最近はそのときの気分にお任せすることにしている。がんばらない。
昨日は風呂より眠りたかったので、寝ることにした。朝もゆったり。よい休日だ。
朝食会場からはエゾリスくんが見えましたよ。腹が真っ白でかわいい。
子どもたちがテンション上がって、「おちちゃうよー!」「あぶなーい」とか大騒ぎしてましたな。
まあ気持ちはわかるが、30分くらい延々叫び散らしてたのはやり過ぎだろう。
いや、子どもは仕方ない。親だ。なぜ注意しない。なに微笑ましげに写真とか撮りまくってんだ。
お前にとっては可愛い我が子だから30分でも1時間でも微笑ましく見守れるのかもしれないが、
大多数の赤の他人にとってみれば、10分かそこらならともかく、30分以上も叫び続けるとなると、
ただのうるさいクソガキと馬鹿親にしか見えなくなる。
小学校入るか入らないかの年齢だったけど、学校で大丈夫なの、その子。

…とか口うるさいババア丸出しの小言を腹に秘めながらもぐもぐといただいた朝食は、
前日の夕食同様に、派手さはないけど外れがなくて、大変おいしゅうございました。
朝食バイキングって、卵ごはんもしたいし、とろろごはんもしたいし、たらこや塩辛でも食べたいし、
味噌汁と合わせるのもまたいいし、のりでも食べたいし、ごはん何度もおかわりしたくなって困る。
とりあえずおかわり1回で我慢しましたが、おかずもちょこちょこいろんな種類平らげたのでおなかいっぱい。
どうして温泉のごはんってあんなにおいしいんだろう…。

食べ終わったら、さっさと荷物をまとめてチェックアウト、今回のメインイベントに向かいます。
そう、帯広美術館で開催中の『猫まみれ展』!!

とにかく猫がいっぱいの展覧会らしいので、ぜひ行ってみたいと思っていたのですよ。


たまたま偶然行ける日が22日だったので、ニャあニャあの日ってことでクイズを開催中でした。
受付で「クイズに参加しまーす!」と宣言するだけでポストカードがいただけるというウハウハ企画。
もちろん高らかに宣言して、このイイ顔した猫のポストカードもらいました。先着100名だったかな?
ちなみにクイズは、『猫まみれ展の作品の中にいた猫は全部で何匹?』
もうポストカードもらってるから数えなくても別にいいんだけど、一応ざっくり数えていたら、
早々と400匹を突破したので、答えは645匹。
最後まで見たら、もっといても別に不思議はないってくらいに猫・猫・猫の猫づくし。
それぞれの作者の猫への愛情みたいなものにニヤニヤしちゃう展示でしたよ。むふふ。

猫グッズを見せれば入場料割引ってんで、猫シャツ着てったんですけど、
同時開催の羊と牛がメインのコレクションギャラリーとの共通券買っちゃったので割り引ききかず。
でも受付のお姉さんが「でも私猫好きなんです!個人的に見せてほしいです!」って言ってくれたので、
ちょっと寒いかもと思いつつせっかく着て行ったので、上着の前ガバッと開けて恥ずかしげもなく披露。


…って、パッと見、猫だとわかりづらいシャツでスミマセン…。
舞踏会メガネみたいなのかけた猫のシャツなんですけど。
しかも、展示会場がちょっと室温高めだったので、上着脱いで入ってしまい、
猫のシャツを着て猫の絵を見るという、なんだかなぁなオバハンになってしまった。まあいいけど。
この美術館、前にも来たことあるけれど、道立なんだけどすごくフレンドリーで居心地いいんだよな。
受付やロビーにまで漂いがちな美術館特有の緊張感みたいなものが、あまりない。
もちろん展示会場内はちゃんとしてるんだけど。好きな美術館だな。

図録がなかったんだけど、展示されていた作品が載っている市販本が売られていたので、


ガッツリ2冊買ってしまいました…。
好きな絵のほとんどは赤い1冊目に載ってたんだけど、特別気に入った絵が青い2冊目にしか載ってなくてね…。
図録あったら3,500円くらい散財するのかしらーとか覚悟はしていたんだが、まさか5,000円超えるとはね。
しかし後悔はない。(帰宅した当日から既に、時折ページをめくってはニヤニヤしている)

展示も物販も大層満喫して美術館を出たのが昼過ぎ。
朝をたらふく食べてしまったのであまりお腹減ってるって感じもなくて、お茶でもしようかということに。
以前帯広に来たときにアフタヌーンティーしたお店がまだやってるかな、って電話してみたら、
呼び出しはするものの誰も出ない。年中無休のハズだったんだけど、何度かけても出ない。
これは閉店しちゃったのかなぁと思い、でもすっかりお茶する気分になってしまったということで。




旭川でお茶してみました。(※帯広から旭川までの所要時間は車で3時間ほどです)
いつものライフラプサンでアフタヌーンティーセット。
相変わらず大満足でシアワセな気分にしてくれました。

ワタシはあまり道を知らないので、帯広方面から旭川に向かうときはいつも、
士幌を抜けて三国峠から層雲峡経由で旭川に入るってルートを使ってたんですが、
今回は友人のiPhoneのナビくんが示すとおりに走ってみました。
すれ違う車もあまりいない牧場の中の道をひた走り、
あまり整備もされていない農道のような曲がりくねった山道を突き抜けたら、
狩勝峠の2合目あたりにイキナリ出ました。
その後はひたすら、冬景色の峠をいくつか越えて(狩勝峠抜けたらまた別の峠に突入した)、
気付いたら、美瑛と富良野を抜けて、峠のてっぺんよりも更に完璧な冬景色となった旭川に入ってました。


積雪20cmってところですかね…。

札幌も帯広も平地にはまったく雪がないので、この冬っぷりには思わず笑った。
峠を走りながら、ちょいちょい不自然なまでに雪にまみれた車とすれ違うなぁとは思っていたんだが、
途中で猛吹雪に遭遇するってこともなく、どこであんな雪にまみれたのかと思ったら、平地で積んできたのね。

旭川から札幌への帰り道も完全冬道でテッカテカ。


もう、冬以外の何者でもないこの景色。

ココでは片側2車線なんですが、標識が示すとおり、この先で1車線になるんですよ。
1車線になる前に左側からワタシの車をブチ抜いていった軽のお姉ちゃんが、
そのままワタシの前を走ってたんですが、
神居古潭あたりのツルツル1車線を走っているときに、意味のわからないブレーキをよく踏むので、
「冬道で無意味にブレーキ踏んだらスリップして危ないんだけどなぁ。怖いから車間あけとくか」
…とか友人と話している矢先にお姉ちゃんの車が、
意味不明にブレーキ踏んで後輪スリップして左脇腹コッチに向けて歩道に乗り上げ、
横転寸前で踏みとどまって、今度は右脇腹をコッチに見せたかと思うと、
激しく蛇行しながら何とかかんとか本線に戻るというアクロバティックな動きを披露してくれました。
よほど怖かったのか、お姉ちゃんてばそこからノロノロの30キロ運転。
トンネル入ってちょっと経ったらスピード上げたけど、
そのとたんにワタシの後ろでイライラしていた車2台が、トンネル内で追い越しかけてきまして。
わずかに2台分くらいあいた、お姉ちゃんとワタシの車間に割り込んできたんですな。
遅いのはワタシじゃなくてお姉ちゃんだから、まったく意味のない追い越しだったんですけどね。
結局、その2台が蛇行しながらびったりくっついて走るのと、トンネル抜けたらまた怖い冬道ってので、
お姉ちゃん、ちょっと先にあった休憩所に入って後続車をやり過ごしてたけど。
お姉ちゃんも割り込んだ2台も、冬道はもうちょっと気を遣って走ればいいのになぁと思いましたよ。


美唄・三笠あたりでは完全に吹雪。
今シーズン初の冬道運転でしたが、峠越えるわ吹雪くわで、なかなかハードでしたな。
すっかり冬道の運転を思い出しましたよ。カラダが。

帯広から旭川経由したので、結局6時間くらい運転したのかなぁ。
特別疲れた感じもないので、やっぱり長距離運転が苦にならないタイプみたいね、ワタシ。
(ずいぶんシート下げてゆったりした相当楽なだらしない姿勢で運転してるからかもしれないが)
とりあえず無事に帰宅したら、のらおが玄関先で待っててくれました。

猫まみれ展から帰ったら猫が待ってる。なんというしあわせ。



おまけ

今日は昨日ライフラプサンからテイクアウトしたスコーンでお茶。


上から時計回りに、かぼちゃ・プレーン・じゃがいも・カシューナッツ。
気になってたスコーンと、ワタシ定番のカシューナッツを持ち帰ったけど、
結局カシューナッツがベスト、というところに落ち着きました。
じゃがいもが自然な甘さで美味しかったな。プレーンももちろん。
かぼちゃは、ワタシにはちょっと甘すぎるみたい。

お気に入りの紅茶のお店から戻っても、そのお店の味が楽しめるしあわせ。
またテイクアウトしよっと。



プレミア12にサッパリ興味がないがゆえに、すごいピッチャーになったねえという気持ちが根底にありつつも、、
「中10日でもこんだけのピッチングできるなら、ソフバンやロッテ相手にやっとけよ。まーたどうでもいい試合で好投しやがって…」という思いが、
一瞬たりとも脳裏をかすめたりなどs…(略)

小久保っちの継投が批判されてるっぽいけど、アソコで松井を使うってのがシロウトのワタシにはよくわからなかったし、
前回松井も増井もイマイチだったうえに、山崎とか牧田とかホームグラウンド澤村とかいたのになんで使わないんだろ、
ってのはもちろんあるけど、そもそも、
常日頃チャンスで試合を決めるのがお仕事な人々ばかり並べた打線であの回しか点が取れなかったのが問題なんじゃあ…。
結局、采配云々以前に、弱かったんじゃないの…?
投手は出してみないとわからないって部分はどうしてもあるんだし、敗因を継投ミスだけだと思ってんならこの先も暗いな。
…まあ正直、勝とうが負けようがどうでもいいんだけど。(なら言うな)

※当方、ファイターズというチーム自体にさほど思い入れがない以上に、日本代表チームへの思い入れがまっっったくありません。

行き当たりばっ旅 comments(5) trackbacks(0)
にっぽりーな。

東京をフラフラしている間にいただいたコメントにレスもせんと、
ポンコツ脳が何もかもを忘れてしまう前に旅の思い出を吐き出さねばと、
恒例のソーロング旅行記をダラダラ打ち込み中でございました。
いつかまた日暮里に行く日のために私的備忘録全開です。(結局自分のためかよ)

…ってなワケで、行ってきました東京。
1日目が日暮里で2日目が日野。ヲタ丸出しでスミマセン。
カテゴリが旅か布馬鹿か悩むところですが、とりあえず旅に。
やる気なく昼の便出発でしたが、やる気出して朝の便で行ってたら完全に布馬鹿カテだったと思ふ。
いやー怖いね日暮里、危険な都会!

ソーロングなのでたたみます。

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(5) trackbacks(0)
食いだおれてみた。

本日、今年一発目の遅刻をしたYuki*ですコンバンハ。
JRのポンコツっぷりに、朝っぱらからモヤモヤと釈然としない。

列車がシカと衝突したのは仕方がない。
列車と衝突した手負いのシカがトンネル内を彷徨っていて徐行運転なのも仕方がない。
(つか、突然現れた鉄の塊にはねられて怪我してフラフラと暗いトンネルを彷徨うシカを思えばむしろ泣きそうだ)
既にいいだけ遅れてる列車が、途中駅で車両不具合起こして車両点検おっぱじめたのも、まあ仕方がないだろう。

…だがな。
車両点検に時間がかかるから隣のホームに入る列車に乗り換えろと何度もアナウンスしておきながら、
乗客のほとんどが隣のホームに移動したとたん、何のアナウンスもなしに、
もともと乗ってた列車がほとんど客乗せないで先発してったのは何の冗談かねJR北海道。
これ以上ダイヤを乱したくなかったんだか何だか知らんが、
通勤時間帯に客積み残して空っぽで走ってくんじゃねーよクソが。
少しぐらい発車遅らせてでも客乗せて行けってんだ。
一言アナウンスすればいい話だろ。そもそもがその車両に乗っていた客なんだから、積みきれないってこともないし。
件の列車が空っぽで先発した後、特急列車やら回送列車やらが次々と駆け抜けていったのを見ると、
寝坊もしてないのに遅刻寸前もしくは遅刻確定な通勤客放り出してでも詰まってる列車通したかったんだろうけどな。
その様子を、騙されて乗車したすし詰め状態のちっとも発車しない列車から見る乗客の気持ちといったらもうね…。

6両編成の車両に乗ってた乗客を3両編成の車両に詰め込んでギュウギュウな上に、単線の学園都市線ですよ。
行き合わせの列車を待ち合わせるだの、札幌駅のホームが埋まってるだので、
何やかやと発車が遅れて、見事遅刻と相成り申した。
乗り換えた列車の車掌が車内放送で「列車の発車順が前後しまして大変申し訳ありません」とか言ったのに対して、
とある乗客(NOT俺)、スピーカーに向かって「許さん!」
…まあ、気持ちはわからんでもない。



さて。予告した長すぎる函館旅行レポ。

無駄な行動力がウリのワタシは、年末のある夜に思いついたのでした。
「そうだ、冬の鷲ノ木浜、行こう」

ほっときゃ数ヶ月単位で連絡を取らないけど限りなく唯一に近い友人にソッコーでメール。
気分屋で面倒くさがり屋なワリに、旅に誘うとほぼ乗っかってくれるいいヤツです。
今回もまぁいいか的なお返事を頂戴したので、そのまま旅館と韓国料理屋を予約。

そして先週末の3連休、行ってきました箱館〜。(あえての『箱館』表記)
かなり画像多めでお送りします。
この画像の多さに、今更ながら函館ってのは絵になる街なんだなぁと思いましたとさ。

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(4) trackbacks(0)
墓と鼻水とオッサンと。

はいどーも。
くしゃみ鼻水とともに旅立ち、東京に捨ててくるつもりがまた一緒に戻ってきたYuki*ですコンバンハ。
旅は道連れとはよく言ったもんだ。

恒例の無駄に長い旅レポ、今日戻って、今日アップしちゃうもんね。
それもこれも、ポメラとともに旅だったからです。やはり、旅は道連れ。


続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(5) trackbacks(0)
餅しょってころりん。

電動歯ブラシの替ブラシを買いにヨドバシに行くついでに、
物欲滾らせて数年ぶりにパソコン売場に行ってみました。
メインパソ買い換えて以来だから、5年ぶりかな。
事前にネットでめぼしいパソに当たりを付けてあったので、
実際の触り心地を試して問題なかったら買おうという意気込みで突入した売場でしたが。

とっかえひっかえやってきた店員3人の誰も彼もが超感じ悪かったので買うのをやめて帰ってきました。
ついでに替ブラシまで買い忘れて帰ってきました。(そして妹Bにもらった)←

こちとらテメエらみたいなパソコンオタクじゃねーんだよ。(ヲタクであることは否定しないが)
買い換える必要一切ねーのに最新情報収集して最新機種いじりまわしてニヤニヤする趣味などない。
(ただし、買い足す必要一切ないのに布やら糸やら本やら道具やらを買いあさってニヤニヤする趣味ならある)
買う頃合いになってはじめて、現在売られているパソコンのスペックを調べて、
値段とスペック的にどれが自分の使用目的に一番合っているのかを判断して、ようやく買うんだよ。
5年ぶりともなれば、CPUからHDDから知らねえ言葉がごろごろ並んでるワケで、
それの意味やら違いやらを尋ねることはそんなに迷惑なことでしたかお兄さん。
パソコンもよく知らないババアはこっちの勧める機種買っとけばいいんだよとでも思いましたかお兄さん。
キーボードの叩きやすさが一番のこだわりポイントじゃダメでしたかお兄さん。
どうせ持ち歩いたところで、メモ帳に激しく文字入力する以外、ちょっとネット使う程度の使用目的ですよ。
起動の早さとか動きの早さとかにウン万払うほどのこだわりがなかったらダメでしたかお兄さん。

とにもかくにも非常に機嫌を損ねたワタクシはとりあえず、
Win10マシンが店頭に並び、不具合ある程度出きったあたりまでは買うのをやめようと思ったのでした。
ワタシの際限ない物欲に急ブレーキをかけてくれた3人のお兄さん達、心からありがとう。
気に入った一台をお前らの助言なく選べる日まではババアらしくメモ帳とペンで凌ぎます。
…とか言いつつ、ポメラでも買うかなぁという新たな物欲が滾ったとか何とか…。
(十数万出す気でいたところを2万で済むなら安いじゃない、とか明らかな錯覚を起こしています)

しかし久しぶりにノートパソコン売場に行きましたが、軽くはなってるけどデカくなってね?
持ち歩くのに13.3インチ液晶とかデカすぎると思うのだけれど。
それより小さいサイズはタブレットにお任せってことか?
そもそも富士通にこだわる自分が選択肢を狭めていることは重々承知しているが、
初めてパソコンを買った20年前からずーーーっと富士通使ってきた愛着と慣れは捨てがたい。
(とはいえ、富士通パソを買った直後のてんこもりアプリケーション削除作業は実にウザいんだが)
買うときは一応全メーカー見て触って検討するけど、結局富士通買ってるもんなー。
今回も持ち歩けそうなサイズのパソコンは全部触ってみたけど、キーボード超打ちづらい。
小さいから打ちづらいってんじゃなくて、キーが浮島ちっくっつーか、隣接してないから手に馴染まない。
いちいちキーボード見ながら打ち込んだりしないから、キーの距離感って大事なのよね、ワタシにとって。
どうも最近のキーボードは打ち込みにくいわぁ。オバハン、時代についていけてない。
オサレとゆーかデザインが実用性を損なってる感じがするんだが、
機能性を欠いたデザインは決してオサレとは呼べないと思うのよアタクシ。
目的は単純であるべきである。
…そんなワケで、書くという目的だけを追求したポメラを買ってしまう予感がヒシヒシです。



…とゆーワケで、愚痴が長くなってしまったので本題の旅レポは続きより。
ママン・妹Bと妹AのおうちへGO! の巻です。

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(4) trackbacks(0)
友と紅葉とオッサンと。

11月末の連休で大阪行ってきましたー。
戻ってみたら怒涛の月末進行なんだか年末進行なんだかわからんが、
カレンダーの都合もあって仕事がえらい忙しかったぜふうやれやれ。(まだ終わってねーだろ)

今回、ばくちくさんのライブハウスツアーに北海道ないからさー、仕方なく遠征ですよ。
ホールツアーで長野と郡山遠征したし、ライブハウスは我慢しようかなーとも思ったんだけど、
いやでも1カ所くらい行っておかないと後々悔やむことになるかもなーと思い直しまして。
色んな意味で行ってよかったっす、大阪。

お友達にも初めてお会いできたし、ライブは楽しかったし、さらにヲタ心までも満たして参りました。
やはり旅はいいよにゃー。
次はヲタ心の充足だけを目的に函館もとい旧・箱館に行きたい。冬の鷲ノ木浜が見たいのだ。

…ってなワケで、続きから恒例の無駄に長くて内容の薄い旅の備忘録。

続きを読む >>
行き当たりばっ旅 comments(5) trackbacks(0)
| 1/3 | >>