| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
筆圧(つよめ)。

ワタシは仕事でドクターグリップのボールペンを愛用しているのですが、

ペン軸が貧弱なのかワタシの筆圧が強すぎるのか、2年もたずにペン軸がへし折れます。

昔のゴッツくて可愛げもなかった頃は3年はもっていたんだが…。(へし折れることに変わりはないが)

ちょっとカワイイ感じのペン軸になってからこっち、下手すりゃ年イチくらいにへし折れます。

 

…で、先日も、なーんかグニャグニャするなあと思ってたら案の定折れてまして。

まだストックがあると思っていたら使い果たしておりまして、仕方がないので買いに行ってきました。

 

…5本(+お試し1本)ばかり。

 

なんかね、ドクターグリップのシャープはどこにでも売ってるんだけど、

ボールペンって売ってるお店がほとんどないのよ。

売ってても、クリップついたタイプばかり。でも、クリップは握るときに邪魔なんだよ。

クリップが手に触れるとゴツゴツして不快だから親指と人差し指の間に入るように持つんだけど、

親指と人差し指の間に来るようにいちいちペンを回すのも面倒だし、なにより、

握るときのペンの向きを固定しちゃうと、いつも同じ方向に力がかかるからか、余計に折れやすい!!

…ってなワケで、クリップのないこのタイプを使ってるんだけど、なかなか売ってない。

街中の大きな文具屋さんに行って、とりあえず売場に出ていた赤のペンを買い占めてきました。

(他に青と水色とピンクがあったが、色がキライなのでスルー)

ついでに、同じ形でグリップがちょっとムニュムニュらしいタイプのもお試しで。

これでしばらくはもつだろう…。

 

帰宅してお試しムニュムニュタイプを握ってみましたが、ババアのガサツな手には違いがよくわからず…。

色も好みなので、今度買い占めに行ってこようと思います。

 

今は軽くて丈夫な金属があるんだろうからさ、

グリップ部分以外頑丈な金属製のドクターグリップ作ってくれないかなあ。

普通のドクターグリップの5倍くらいまでのお値段で収まるなら買っちゃうけどなー。

太さはそのままで、もうちょっと重いくらいが好み。

ジェットストリームの4+1の多機能ペンの太さと重さがちょうどいいんだけど、

多色ペンって単色ペンに比べてペン先の安定感がないから、長時間ゴリゴリ書くのにあんま適さないし、

何よりジェットストリームのインクは時間が経つと裏写りするから記帳には向かないんだな。

 

…とかブツブツ言ったところで、そんなペンは販売されやしないのだから、

今売っているこのペンを買い占めへし折り使い捨てながら凌いでいこうと思うのでした。

 

 

 

そして、ほぼ日手帳も買ったのに、また買ってしまった…。

 

 

 

 

 

ほぼ日手帳を…。(あほ)

あとちょこちょこ手帳グッズね。

 

だってさー、来年の家計簿は手帳につけてみようかなーと思って売場を見ていたら、

なんか財布にイイことありそうな色の手帳が売ってたものだからー。

10月から1ヶ月ひたすら買ったモノ羅列するだけの家計簿つけてみたんだけど、

自分がどんだけ浪費しているのかが如実にわかってなかなかによろしい。

でも、何の日にこんな買い物したのかってこともわかった方がよりよろしいかと思って。

左側のウィークリーページにその日の出来事とかちょこっと書いて、

右側の方眼ページに家計簿をつけてみたらどうだろうかとか。

 

家計簿としてのみ使って、手帳は別に持つつもりでいるんだけど(つーか既に買ってあるしな)、

いずれ家計簿も手帳もまとめてこれ1冊でいいや、ってなりそうな予感がヒシヒシ…。

まあ、試行錯誤の途中ってことで…。(家計簿つけてる効果が一切感じられない無駄遣いっぷり)

 

 

 

今日の帰宅途中、スマホ見ながら歩いてる人と、電話しながら歩いてる人が、

通路がT字になってるところで、絶妙なタイミングでT字に接触するのを見かけました。

ふたりはお互いスマホから目を離さず通話もやめず相手を見ることもなく、

しばらくその場でもちゃもちゃとした後、

結局どちらも相手を見ることもなく「ごめんなさい」を言うこともなく、

相変わらずスマホを見たまま通話したまま歩き去りました。

コミュニケーションツールを要因としたディスコミュニケーション。

目の前の人とではなくツールの向こうの人とだけ繋がっていればいい時代なのですね。

ノンストップ物欲 comments(2) trackbacks(0)
サヨナラshiro。

指折り数えたことはないが随分と長い間、ずっと使ってるハンドクリームがあります。
その昔『LAUREL』というブランド名で、今は『shiro』といブランド名になっているところの、
ヴァーベナの香りのハンドクリームです。

 

ワタシはハンドクリームにしっとり感は求めていなくて、
カサカサが気にならなくなる程度のテクスチャーで柑橘系の香りのものが好みです。
こってりとしたクリームは使用直後にペン持ったりすると滑ったりするのがうっとおしい。
その点、ここのハンドクリームはサラッとしていてベタベタしたりヌルヌルしたりしないのでお気に入り。

 

…だったんですが。

 

このほど、『ハンドクリーム』というものが一切合財廃番になりまして。
代わりに『ハンド美容液』なる商品に切り替わったワケです。
50gで1,500円のハンドクリームから30mlで2,500円のハンド美容液にね…。
ついでに、ヴァーベナの香りのシリーズはまるっと廃番になりました。

 

好きな香りはなくなるし、値段は上がるし量は減るしで、(テクスチャーは変わらずサラサラだが)
仕方がないので、長らく愛用してきたハンドクリームとお別れすることにしました。
(代わりに多分なんかイイ感じの成分になったんだろうと思うけど)
(老いぼれたワタシの手には、2,500円の何か塗りたくるほどの価値なんかねーもん)
 

…とはいえ、ゆうに10年くらいの間、他に浮気したくなるようなハンドクリームと出会っていないのも事実。
これからしばらくはハンドクリームジプシーとして旅に出なければならないようです。
その旅の間をしのぐために、廃番予定につきオンライン限定在庫限りになってたハンドクリームを買占め。
送料払うのがあまりにバカバカしいので、もう少しでなくなりそうなボディミルクも買っておきました。
どっちもヴァーベナの香りなので、これにてラスト。サヨウナラ。

 

 

この会社はもともと砂川の会社で(今は青山に本社移転してんのかな?)、
ハンドクリーム自体を気に入っていたからってのはもちろんなんだけど、
すごくイイもの作ってる北海道の企業なんだーって妙に嬉しい気持ちもあって、ずっと使ってた。
最初は駅ビルの小さな壁面ショップで、

ワタシが初めて買ったときにはハンドクリームもヴァーベナしかなかったと思う。
その後、ローズとかサボンとか香りが増えていって、

それでもワタシはヴァーベナが一番好きだったからずっとヴァーベナを。
だんだん会社の規模が大きくなってきたのかなーと思ってた頃に、

ブランド名が『LAUREL』から『shiro』に変わって、
あちこちにお店を出すようになって(今じゃ海外にも出してるみたいですが)、

ちょっと近づきにくいお店になっちゃった。
なんか、どっかで見たことのあるナチュラル系な店構えになって、

店員さんもこぎれいな感じで声かけにくくなって、
売っているモノも、ハンドクリームやせっけんがどんどん減って、化粧品やら美容品ばかりがどんどん増えて、
何より店全体から漂う雰囲気商売感になーんか馴染めないなーとずっと思っていたから、

まあ潮時っちゃー潮時だったんでしょう。

自分が偏屈者であり嗜好や言動がイマイチ世間様とは合致しないことは自覚してるので、

世の中の流れとイマイチ合わないのはワタシサイドの問題だってことはわかってるんだけど、

だからこそ、10年ちかく使い続けられた商品への愛着は強いし、それがなくなることへのショックも大きい。

 

商売なんだから売れるだろう方向にシフトしていくのは仕方がないことだし、
それに馴染めない客を切り捨てても、

より多くの新しい客を獲得しようとするのも仕方がないことだとわかってるけど、
ずっと好きで、ずっと応援していた会社が、

なんか自分の思ってたのと違う方向に向かってくのはなんとなーく寂しい気持ち。
ヴァーベナって多分、かなり初期から今に至るまでずっと販売していたラインだと思うんだけど、
初期から販売してる商品とともに初期から愛用してる客も切り捨てたところで、

もはや痛くも痒くもないんだろーなーとか。
…でもまあ、仕方がないんだよな、きっと。そんなに売れてなかったから切るんだと思うし…。

ずっと愛用してきたものがなくなるってのは寂しいものですな。(ワタシの場合やけに頻繁に起こる事象だが)

 

そんななんとなく心が寂しい秋なのでした。サヨナラshiro。サヨナラヴァーベナ。
心にも吹く秋風が身に染みるんだぜ…。(そんな時は食って内側から燃えるべきである)(ビバ食欲の秋)

ノンストップ物欲 comments(4) trackbacks(0)
またかよ。

ども。

相変わらずネタはないというかデカめのネタしかないというか…。

刺し子は仕上がってませんが旅ネタはストックふたつになってしまいましたYuki*ですコンバンハ。

 

連休は道南に遊びに行ってきました。

道南といっても、函館ガン無視の知内拠点で松前江差を攻めるという謎旅行。

松前も江差も観光客を呼ぶ気がまるで感じられないウェルカム感のなさが印象的でした。

勝手に楽しんだので別にいいんですが、ちょっと心配になっちゃう閑散っぷりよ…。連休だぞ?

 

とりあえず、江差が遠い、ということだけは学習した。

選んだ道がおかしかったのか、本当に遠いのかはわからんが、なんか6時間くらいかかったぞ…。

今度はちゃんと覚悟して行こう。

そして相変わらず函館ナンバーはよくわからん。

カーブを抜けたら追い越しかけてる真っ最中の対向車が真正面にいること数度。

ワタシと、追い越されてる対向車の両方が揃ってブレーキ踏んでようやく元の車線にギリギリ戻れるタイミング。

死にたいならひとりで死ねよ、と悪態の一つもつきたくなるってもんです。

カーブの手前だろうが上り坂だろうがお構いなしに追い越しかけてくるアホは函館ナンバーに限らないが、

こんだけ何度も正面衝突の危機に遭遇するのは(ワタシの経験上)道南だけなんだよなあ。

道南の教習所は車の動かし方だけ教えて、交通法規その他諸々教えてないんじゃねーのかってくらい。

追い越しをかけるのは対向車の有無がわかる場所で余裕を持って、って、

免許持ってない子供でもわかりそうな当たり前すぎる理屈だから教えるまでもないのかもしれないが。

 

 

 

そんな旅のお土産はコチラ。

 

 

 

… ま た か よ。(だってちょうど開店時間に通りすがったものだからあ)

なんかうまく色が出てないけど、

すっごく深い青のグラデと淡いピンク〜紫の段染め、ターコイズっぽい緑のグラデです。

小かせはオレンジ〜紫というハロウィンカラーの1かせしか残ってなかったので友人が買いました。

すぐに補充はされるんだろうけど、この時は工房にも在庫はなかったみたいで、

kazuさんの刺し子糸ってすごい人気なんだなあということを目の当たりにしたのでした。

 

冬が近いからもっとバッキリした赤系の糸も欲しかったなあと思うわけで…。

また行ってしまいそうな予感をひしひしと感じているわけで…。

 

いろいろな意味で充実した旅でした★(旅にひっくるめて誤魔化すな)

ノンストップ物欲 comments(3) trackbacks(0)
鬼がゲラゲラ。

今日は全然違う場所で、赤と黒と白の180SXを見ました。

今じゃあんまり見かけなくなっちゃった車なので、思わずガン見してしまった。

 

そんな9月1日は、毎年恒例の鬼を笑わせる日となっております。

 

 

 

来年の手帳どーーーん。

来年も、日記代わりの何でも帳なほぼ日PLANNERと持ち歩き用ほぼ日weeksで参ります。

PLANNERは家置きで、その日あったことのメモなんかに使ってました。(過去形なのは察してくれたまえ)

weeksは予定を書き込む他にも、買い物メモとか血圧メモとか何でも書いて持ち歩いてます。

 

そして、来年のPLANNERは今年のとはちょっと違うのです。

ふふふ…シュタイフコラボのPLANNERにしてみました。

マークがいつもと違ってクマさんなのです。

いつものはカッコイイ感じですが、コレはカワイイ感じ。

 

そしてweeksですが、我ながら珍しい色を選んだもんだと驚いております。

コーラルピンクとか大嫌いな色だったんですけどねー。

お気に入りのカバーに合わせようと思うと、ピンクが一番いいような気がしまして。

今年も変な顔の猫につられてピンクを選んじゃいましたが、そんなに気にならなかったし。

本当はさよならペンギンのweeksにしようと思っていたんだけど、

売場で実物見たら表面のツルツルっぷりが想像以上でちょっとイヤだったので急遽変更。

 

しかし、このカバーも4年目くらいになるのかなあ。ずいぶんとくたびれてきた。

ポケットの底の作りとかがちょっと納得いかなかったりもしたけれど、総じて使いやすいよいカバーです。

同じような形のカバーがあれば買い換えてもいいくたびれっぷりではあるんですが、

今はもうこの形のカバーは売られていないんですよねー。自分で作るしかないのかな。面倒だけど。

ジッパーぐるりタイプのカバーもいいなあと思うんですが、好きな色柄のものがないしなあ。

(今年はリバティのジッパータイプが出てるけど、あの柄は好きじゃないのよねー)

 

あとは、手帳用の小物ちょこちょこ。そしておまけの金太郎飴。

毎年手帳と一緒に買ってる、カラフルなアフロの透けるシールが今年は売っていなかった。ショック。

有給もらった日とかにペタッと貼るのにちょうどよかったのに。ぶーぶー。

ミニサイズのクリアファイルは、手帳用として売られてますが全然無関係に普段使いしてます。

 

 

 

そして、買う予定のなかったとぅーまっちえくすぺんしぶな何かも…。

 

ミナペルホネンなカズン。(ワタシ的には超高価)

ジッパーぐるりタイプのカズンのカバーが欲しいなあとは毎年思っていたんですが、

売場で見ていいなと思うモノがいままでなかったんですよね。

このカバーもほぼ日のサイトで見たときにはまったくときめきなど感じなかったんですが、

売場で実物を見て触ったら妙に手に馴染んでしまったので、衝動的に買ってしまった。

ビニールのペタペタした感じとかナイロンのカサカサした感じが全然好きじゃないので、

気に入るカバーとなるとどうしてもファブリックものになってしまい、お値段が張るのよねー。はぁ。

でもようやくお気に入りのジッパーぐるりタイプに出逢えたので、大事にガンガン使おうと思います。

 

…まあ、ガンガン使うといっても、もっぱらモノ作るときのメモに使ってるんですけどね。

日付とか全然関係なく、何か作ってるときにサイズとか仕様を書き込む用の手帳。

今使ってるのが2014年のカズンとかいう何が何やらな状態ですが(365個もモノ作ってないからね)、

書きやすい紙質の書きやすいサイズのノートを探してたら手帳だったけど本来の機能無視して使っているという。

お気に入りのカバーをつけたら、メモしたくなってモノ作りのモチベーションが上がったりしないかなー。

 

そんなワケで、来年用のお道具のお話で鬼さんに笑っていただこうという試み(?)でした。

毎年のことだけど、新しい手帳を準備するのはなんだかたのしいなあ。

ノンストップ物欲 comments(0) trackbacks(0)
シロモノ資材。

お盆休み中に仕込んだネタの蔵出しもこれで最後。

明日からはネタがないのだ。

 

お盆休みネタ、最後の残りっカスは『妙に白いものばっかポチった編』です。

お盆休みネタと言いながら、お盆明けにもちょこちょこ増殖したのですがね…。

 

 

 

お盆突入直前に、そろそろ期限が切れるyahoo!ポイントがあるぞーってメールが届いたんですが、

今んとこ特に必要なモノも欲しいモノもなく、しかしそのまま流すには惜しいポイント数だったので、

いくらあってもいいかなーというものを、在庫補充な気分でテキトーにポチってみました。

 

ええ。いくらあってもいいかなーってものを。

 

…既にアホほど在庫している晒と、(既に在庫50mあるもののどこがいくらあってもいいものなのか)

 

ここんとこ刺しもせずにひたすらに染めてる白糸と生成糸をね…。

(色が変わっただけで量はまったく変わっていない在庫2、000m超のどこがいくらあってもいいものなのか)

毎度のことながら、糸、ぱんっぱん。

コレでまた思い立ったが吉日と糸を染められるというものです。ついでに晒も染めてみよーか。

 

ちなみにコイツら、「どうせお店はお盆休みだろーから休み明け発送だろう」と思って気軽にポチったら、

どっちもポチったその日(お盆休みまっただ中)に即日発送され、まんまとお盆休み真っ最中に届きました。

は、はたらきものなんだなあ…。

 

そしてコチラもお盆休み中にポチりましたが、これはフツーにお盆明け発送でした。

しかしお盆中でもサイトは絶賛営業中なワケで、たまりにたまった注文が捌ききれずに発送が遅れたらしい。

別に急いでなかったからどーでもいいんだけど、

休みはうれしいけど仕事はたまるのはどこも一緒なのねーとわが身を振り返って思うのであった。

 

…というワケで、ホビーラさんの図案印刷済みふきんドカンとね。

青海波の大きさとか幅とかを参考にしたいなーとか、まあいろいろありましてこのざまです。

謎の冊子もついてきました。

 

 

 

何かと白いモノばかりポチっていたワケですが、ついでに白くないモノもポチってまして…

なんとなーくの秋冬ホビーラリバティスワッチボックスの赤と青。

リバティはサッパリ使う気配がないからもう買わないと思ってたんだけど、

コレはちっちゃいからいいよね? ね?(誰に聞いてんの)

 

そして、モノヴィレッジで気になっていたハシビロコウも…。

カナリヤ本店で見たら残り少なかったから、50センチだけ…と思ってカットお願いしたら、

60センチちょっとくらいだけしか残っていなかったので、どっちも50センチの値段で残り全部くれました。

 

ああ、何度見てもイイ顔してやがるぜ…。

 

そんなこんなで資材ばっかり増殖してしまったお盆休みなのでした。

しばらくは手持ちの資材の消費に勤しみたい。

…運命の出逢いがなければね。(ワタシの場合、ワリと頻繁に至る所に運命が転がっているのが難点)

ノンストップ物欲 comments(9) trackbacks(0)
糸を染め隊。

昨日はお休みをもらって、パスポートの更新に行ってきましたよ。
ええ、まっさらなまま10年パスポートの期限が今月切れるものですからね!!(ぐぬぬ…)

 

受け取りは日曜日もできるみたいなんだけど、申請は平日しか受け付けてないみたいで。

写真撮影から申請完了まで10分かそこらのために有給使いましたよトホホ。

でもワタシには、小学生の頃からの、いつかマルタ島に行くという見果てぬ夢があるものですから、

行けるチャンスが巡ってきたらすぐに行けるように備えておかねばならないのです!!

 

10年前は、パスポートセンターの入っているビルの地下にある写真屋さんで撮ってもらったんだけど、

シミ飛ばしてくれたり顔引き攣るくらい笑顔強要されたりしたうえでガッツリ修正入れてくれて、

仕上がってみたら誰だコレってくらいやわらかい笑顔を浮かべた3割増で白っぽい写真になってて、

見るたびに何やら気持ち悪くて仕方がなかったので、今回はパスポートセンターの隣で撮りました。

修正とか一切なくいつもの陰気で汚いワタシの姿がそこに…。

ぶっさいくですけど、まさしく自分って感じがして落ち着きました。これから10年ソレでいきます。

そういえばそこのお店、大野と宮西が写真撮ったとかで、サイン飾ってありました。

せっかくなのでとりあえずパシャッとな。

写真撮られながら、この椅子に大野と宮西も座ったのだろーかとか気持ち悪いことを考えていたのは内緒です。

 

アッサリと用事が終わったので、なんとなくカナリヤ(布屋)に向かいました。

普段は仕事帰りの18時過ぎか休日にしか行けないので、平日の午前中のカナリヤは何やら驚きでした。

まず、客層が違う。客のほとんどが、おばさま、おばあさま。

そしてその半分くらいは、おじさま、おじいさまが一緒。

「これが今流行なんじゃないのか…」とか相談しながら布選んだりしてるワケです。

孫ちゃんに何か作ろうとしてんのかなーとか思いながら、その隣でワゴンを漁るワタシ。

1mのカットクロスが200円引きになってたんですがね、値札間違いが多くてさー。

m1,080円の生地に980円の値札ついてたりするんですよ。そしてそこから200円引き。実質300円引き。

…これは買うしかないでしょう。(そんなことないぞ)

…というワケで、買ってしまった。ninaかな。

しかし、おばさまおばあさまのマナーの悪いことといったら呆れますな。

カットクロス広げたならちゃんとたたんで戻しなさいよ。広げっぱなしで放置するな。

探すのに邪魔になるから、全然関係ない他の客(ワタシ含む)がたたみ直すことになるんだけど、

手に取った布片っ端から広げては放置、広げては放置、ほんっとイライラする。

そのくせ何も買わずに去って行きましたけどね。なんなんだあいつら。(赤の他人な複数名)

夕方はほとんど見ない光景なんだけどなあ。みんなヘタクソながらもちゃんとたたむ。

 

この日カナリヤに行ったのは、メール会員10%引きな10日におなまえシールを買いに行くつもりなので、

他に何か買いたくなるようなモノに事前に目星をつけておいて、

10日当日は仕事帰りにさっさと買い物してちゃっちゃと帰ろうと思ったからなのですが。

 

本日10日、おなまえシールは買いましたが、他の事前に目星をつけておいたモノは買うのをやめて、

たっぷり時間をかけて煩悶した挙げ句、全然違うモノ買ってきました。

 

アホほどの染料。

このお盆休みで糸を染めようと思いついてしまったのです。むふ…むふふ…。目指せアトリエYuki*。

染め方は、これから調べます!!(果てしなく先走る物欲)

 

そういえば以前ダイロン買ったことあったなーと思い、帰宅してから死蔵資材箱をまさぐったところ、

出てきました。

アホほどの黒い染料。どんだけ黒くしたかったのか。

ダイロンマルチとダイロンプレミアムダイは染められる量は一緒ですがお値段がちと違うので、

初回おためしな今回は安いマルチを買ってきたんですけど、

こんだけ黒があるならプレミアムダイの他の色もちょこっと追加しようかなーと思ったりしている。

 

最初からうまくはいかないだろうけど、イイ感じに染まるといいなー。

 

 

 

そして今刺しているふきんですけどね…。

印刷された縫い目のテキトーさにイライラして、縫い目を無視して縫うようになったあげく、

縫い順もテキトーに縫うようになってしまいました。やけくそ。

 

こんなテキトーな縫い目を印刷するくらいなら、いっそ実線で印刷して縫い目は好きにさせてくれよ。

ヘタに縫い目が印刷されているから、それに従って縫わなくちゃならないような気分になっちゃう。

なのに印刷に従って縫ったら縫い目がおかしくなるとか何の嫌がらせなんだよこのふきん! ムキー!!

 

ワタシ、横田の糸も針も気に入っているんだけど、

このテキトーなふきんのせいでワタシの中の横田株が急落中です。もう横田のふきんなんて買わない。

何のつもりでこんないいかげんな印刷のふきんを売っているんだ。ぷんすか。

 

…しかし、今日カナリヤで図案印刷済みのふきんを見てたら、コロンもなかなかのテキトーな縫い目よね。

七宝の縫い目が集まる部分の縫い目のサイズがバラッバラ。印刷された図案の段階で汚い。

オリムパスもちょっと縫い目が???って部分があったけど、横田やコロンに比べたら相当まとも。

縫い目のサイズだけで言えば、ホビーラさんのが一番キレイかもしれないなあ。

 

…とか文句が尽きないので、やっぱりワタシは自分で図案描くのがいいと思いました。

自分で描いた図案なら模様が歪んでても当たり前だから気にならないもんね。(それもどうなの)

好きな糸で刺せば、模様がどうあれ刺し続けられるってことはこのダルマふきんでハッキリわかった。

惜しみなくKazuさんの糸使っちゃおう。(ワタシのよーなヘタクソには過ぎた贅沢ですけどね)

 

 

 

先月末からママンが妹Aの引っ越しの手伝いに行ってましてね、つい先日戻ったんですが。
1週間以上のらおとふたりだけの伸び伸びライフを送っていた反動で、毎日がなんとなくストレスフル。
他人がいる生活ってこんなに気疲れするものなのね。(ここはママンの家であってお前は招かれざる居候だぞ)

 

そして戻ったママンが、
妹Aの旦那がまだ引っ越し荷物も片付いてないのに家族ぐるみで友人とキャンプに行くらしく、
「頭にきちゃうよね?!」とか言ってるんですが、いいえちっとも、としか思わないんだが何の話だ。
自分が住んでる家でもなく自分も連れて行かれるワケでもなく、まるっきり無関係なのに何に腹を立てるのか。
友人と休みを合わせてキャンプに出かけられる時期なんて限られてんだし、もともとそーゆーの好きな野郎だし、
いつまでも引っ越し荷物が片付かないつっても、もともと片付いた家で生活してなかったんだし、

妹Aがどうしても行きたくないのに連れて行かれるって話だとしても、夫婦と家族の問題でワタシら関係ないし。
はー、なんかめんどくせー姑ですこと。

(それに加えて気性の荒い小姑まで付いてるんだからたまったもんじゃないですね)

ノンストップ物欲 comments(3) trackbacks(0)
オトナな衝動買い。

…つっても、いつものよーにアホみたいな量を大人買いしたって話じゃないですよ。

オトナみたいなモノを衝動買いしましたよって話です。(みたいも何もお前はオトナだ)

 

そう、それは有田焼!

このワタシが陶器なんぞを衝動買いする日が来るとはねえ…。

なかなかに感慨深い。

 

 

 

で、衝動買いしたモノってのはコチラ。

『カップめんウェイト』(有田焼)

 

ふと通りがかった物産展のワゴンに転がってましてね。

思わず買ってしまった…。(税込378円)←どこがオトナか。

 

破損しない限り無限………無限∞!!!!(興奮)

いやまあ我が家は陶器の破損率著しく高いんだけどさ。

 

ふふふ…さすがにサイズピッタリ。

コレでフタがウッカリべろーんの刑を免れることができます。

ホラ、フタ止めシールってたまにシレッとはがれてたりするじゃない。

 

ウッキウキでカップヌードルの消費量が増えそうだわ。(ただれた食生活)

 

 

 

そして、陶器のワゴンの隣に藍染めのお店が出店してましてね…

ついウッカリ、藍染めのハギレを買う。

 

こんなのと、

 

こんなの。

 

ほらぁーサシコッキンとしては藍染めの生地ってちょっとアコガレじゃないですかぁー。

生成の糸で刺してみたいなとかごにょごにょごにょ…。

他にも、藍染めのカットクロスとか売ってて、その文様がまたカッコよくてさー。

ウッカリまじまじとガン見してしまい、お店のおっちゃんに20分くらい文様の蘊蓄を披露してもらっちゃった。

文様の起源とか意味とかいろいろ教えてもらいました。

おっちゃん説によると、水玉模様はジプシー由来だそうです。…ホントに…?

 

ハギレつなぎ合わせて刺し子して何かイイ感じのモノ生み出せたらいいなーと妄想しております。

練習せねば。米刺しは基本刺しとか言って刺す練習になるんですってね、よし次は米刺しだ!

(で、放置しっぱなしの刺しかけふきんはどうしたんですかね…?)

 

 

 

シカに当て逃げされたさめおですが、キズはついたが凹みはしないって感じで、

放置していいのか、何かした方がいいのかよくわからんので、八兵衛に聞いてみました。

後ろのタイヤ周辺なら走行に支障ないからそのままでも大丈夫って言われたので放置決定。

キズは「カミノ(ぷーのこと)に使ってたワックスの残りでもいいんでかけてあげてください」ってさ。

フハハ…八兵衛、キミはわかってないなあ。ぷーにワックスなんてかけたことないんだぜ?(エバるな)

仕方がないので、カーシャンプーとワックス的な何かを買いに行ってきました。

いろいろ種類があってよくわからなくて、イエローハットとホームセンターを行ったり来たり。

油断して帽子かぶらずに出かけたから、てきめん頭が痛くなったんだぜ…。

 

そして車を洗ってみたんですがね、洗ってはじめて痛感するさめおのデカさよ。さすが3ナンバー。

車体を撫で回すよーに水滴拭き取ってたら、思ってたよりキズついてることに気付いたがまあいいか…。

6ヶ月点検のときに「コレなんですよー」って見てもらおう。(キズや汚れを気にできないタイプです)

 

「右後ろのタイヤのちょっと前あたりから後ろに流れるよーにキズが」と説明したら、

「アクセル踏んだんですね…」とか言われたので、アクセル踏んじゃイカンかったのか…? と思ったら、

「ナイス判断です。ブレーキとか踏まれてたら側面に当たってエアバッグ作動してたかもです」と褒められた。

へー、さめおってサイドにもエアバッグついてたんだ。(説明書読めよ)

エアバッグ作動されたらさすがに何事もなく走り続けられなかったよな。あっぶねー。

シカには気をつけねばな。…どう気をつければいいのかわからんが。

自分から車に当たりに行ったってシカじゃ慰謝料ももらえねーのに突っ込んで来るなよなー。

シカ、お前らも、落ち着け、早まるな、気をつけろ。

車は直したり買ったりできるけど(できないけど)、死んだらおしまいなんだからさー。

八兵衛には「気をつけてくださいね。もしシカに当たられるならお尻の方でお願いします」と言われました。

 

17日にマツダに電話したら八兵衛は接客中だったので、電話に出た兄ちゃんに、

いつでもいいからお手隙のときにでも折り返し電話をちょーだいと伝えたっきり連絡がなく、

今日改めてワタシから電話をかけてようやく連絡がついたことに、ママンが怒っていることは内緒です。

なんとなーく連絡ミスっぽい感じだったけど、ママンのマツダへの印象は悪くなる一方なんだぜ…。あーめんど。

ノンストップ物欲 comments(3) trackbacks(0)
ローテ入り。

すぐにリュックがダメになるので複数のリュックでローテを組む! と宣言したとおり、

ローテ入りリュックが出揃いまして御座います。(物欲にかけては動きが速い)

 

ズッカ(左)とマンハッタンポーテージ(右)です。

どっちも似たよーな形…。

 

ワタシ、日常使いのリュックは、背中にべったりくっつかず背中がムレないことと、

荷物が底にたまるタイプで、上部が膨らみにくいカタチであることを条件にしてるんですよね、なんとなく。

だから、オーソドックスなアーチ状にファスナーぐるりタイプのリュックはあまり好まない。

(上からベロみたいなフタかぶせるタイプは開閉が面倒なので論外)

(ついでを言えば、リュック・ファスナーに限らず、金色の金具はあまり好まない)

そうなるとカタチが限られてくるワケで、おのずとこんな感じのものばかりになってしまうという。

(ローテから外れてブルペン待機中のCHUMSのリュックもこんな形してます)

 

それでも同じようなリュックばかり揃えてもなあとは思っていたので、

他のリュックも見て回りはしたんですが、かなりあちこち見てもいまいちピンとこなくてね…。

もはやanelloとかいうのとかフェールラーベンじゃなければ何でもいいような気分になりまして。

ならば、似たようなカタチのリュックふたつでもいいかーと。

anelloとかフェールラーベンを否定してんじゃないし、

人とカブるの絶対イヤってワケじゃないけど(どこにでも売ってる既製品買ってるしな)、

あんまりにもたくさんの人とカブりすぎるのはちょっと好きじゃないというか…。

あれだけたくさんの人が使ってるんだからそりゃ使い勝手がよいのだろうなーとは思いつつ、

四十路のおばちゃんが背負うにはちょっと恥ずかしいような気がしてねえ…。

 

で、このふたつ、カタチは似てるけど違うモノなので、当然あちこち違います。

 

ズッカはファスナーで閉じるタイプですが、マンハッタンポーテージは開きっぱなし。

肩紐でぎゅっと締め付けるタイプなので、中身盗まれたら…とか思ったりもしましたが、

実際に背負ってみると口に手をぶっこまれたら間違いなくわかるうえに、

ご覧の通りの深さなので、そっと手を突っ込んで中身に辿り着くのは至難の業。

なんせ持ち主すら中身出しにくいからね!!(それでいいのか)

雨とか雪はちょっと心配なので、ナイロンで内袋を作ろうかなーとか考えてたんだけど、

とりあえず雨は傘させばあんまり心配なさそうだった。

 

材質も、ズッカはキャンバス地で、マンハッタンポーテージはナイロン。

両方ともけっこう軽いです。

ズッカの方の肩紐がちょっと頼りないんだけど、ちょっとは荷物減らしたい願望はあるので、

頼りない肩紐気にして荷物減らしたりしないかなーという期待も込めて買ってみました。

ズッカのファスナーの両端がびよーんと横に伸びっぱなしなのがイヤだったので、

安全ピンで脇に留めちゃってます。もうちょっとカワイイ留め方ないかなーと思案中。

 

ズッカのリュックのいいところは、持ち手の幅が広めなところ。

こんなふうに、ゴロゴロの持ち手に通せるんですよね。旅先でも楽かなと思って。

マンハッタンポーテージの方は、デカめなワリに中身いろいろ詰めてもあまり重さを感じないんですよね。

どういう仕組みかよくわからないけれど、同じ中身をズッカに入れたときより随分軽く感じる。肩紐かなあ?

とにかく両方ともお気に入りなのですー。

 

最初は1週間ローテと思ってたけど、ズッカをお出かけ用、マンハッタンポーテージを通勤用に使ってます。

バッグの中身入れ替えると戻し忘れて忘れ物しがちだからってんで、

通勤もお出かけも同じリュック使ってたからヘタれるの早かったのかもしれないと思って。

財布とか手帳とか定期とかは戻し忘れたりすることまずないんだけれど、

他の細々したモノを戻し忘れることが時々あるので、

それらはもう、それぞれのカバンにそれぞれ常備しとこうかと。

ちょっと出費はかさむけど、荷物戻し忘れて忘れ物するよりよっぽどマシかなーと。ボケ対策です。

その細々したものってのが、リップクリームとか目薬とか絆創膏とか常備薬とかわからんでもないモノの他、

爪切りと懐中電灯と電池、っつーどうにも不可解なモノも含まれてたりするんですが。

携帯忘れて外出しても屁とも思わないんですが、懐中電灯持たずに外出すると露骨にソワソワします。

本人も知らない何かのトラウマでもあるんだろうか…。(暗いところも狭いところも大好きです)

 

そして、最近リュックの左側の肩紐がズリ下がってくることが多くなって、

リュックがヘタれたからだと思っていたら、お店で新品背負ってみてもやっぱりズリ下がってくる。

…さては、リュックの問題じゃなくてワタシのカラダの歪みの問題ですね…?

整骨院でも行ってくるかなあ。整体? マッサージ? どこ行けばいいのかな。

 

 

 

岩合感を出してみた。(しかし逆光)

ノンストップ物欲 comments(4) trackbacks(0)
らめらめ。

昨日、予約してあったCD取りに行ったらレジの列が異常な長さで、店の内周ぐるっととぐろを巻いていた。

とりあえず並んではみたものの、あまりに進まず30分経っても先が見えないので離脱。

何があったんだ…と離脱中に目に入ったPOPを見た感じ、ジャニさんたちの新譜が出たのかな?

別に今すぐ聴きたいCDじゃないけど(お布施だと思って買ったCDですから…)、今日また行ってみるか…。

 

 

 

そしてワタシはまた糸を買いましたよ、っと。

うーんカワイイ。

 

らめらめ〜。

常日頃ラメには全然興味ないんだけど、好奇心に負けてポチった。すごくかわいかった!!

ただ、ラメだけに触り心地が若干ザラっぽいからふきんには向かないかもな。

何か小物に使おうと思います。あーカワイイ。

 

買ってばかりなワケじゃなくて、ちゃんと刺してもいるんだぜ。

小刻みな立涌みたいになっとります。

曲線刺すのはたのしいなあ。(ちゃんと刺せているとは言っていない)

印刷された縫い目どおりに刺すのはあんまり刺し子してる感がないけれど、まあ楽といえば楽。

思ってたより早く刺しあがりそうな予感。(ずいぶん前から刺しかけのままのふきんはどうしたよ)

 

 

 

先日、写真撮る前に洗濯に出しちゃった猫てぬ。

洗いざらしでしわくちゃですがね。(正直にアイロンがけが面倒だったと言え)

ノンストップ物欲 comments(6) trackbacks(0)
みすや針VSみすや針

先日、みすや針の刺し子針があと2cm長ければ…!! と書いたところ、コメントより、

注文の際に「溝穴で」とお願いすれば、穴の大きいみすや針が手に入ると教えていただきまして。

コメレスそっちのけで(ろくでなし)早速、三條本家みすや針さんに問い合わせたのが夜の22時過ぎ。

当然お返事は翌日以降だろうと思っていたところ、23時過ぎに丁寧なわかりやすい返信を頂戴するというね…。

そのご恩に報いるべきであろう、と早速ポチってみたワケです。長めのみすや針を溝穴で。

 

で、届きました。

…???

 

えーとですね、なんか「みすや針」ってふたつあるみたいで。

ワタシにはよくわからんのですが、『三條本家みすや針』ってところと『みすや忠兵衛』ってところ?

ワタシが気に入って使っているみすや針は『三條本家みすや針』さんで買わせてもらってるんですが、

『みすや忠兵衛』さんって何か違うのかなーという興味がちょっとあったので、いい機会だから比べてみようかと。

 

まるっきり同じ商品があったわけじゃないのでちょこちょこバラバラですが、

大ちゃぼともめんえりしめと三ノ五はどちらも溝穴のものがあったので、買ってみました。

三條本家みすや針さんが刺し子用におすすめしてくれた中くけと、丸穴を持ってる大くけも。

みすや忠兵衛さんの方の刺し子針は長さが違うっぽかったので、ソレも買ってみました。

 

えーと、比較結果ですが…。

 

ワタシ如きにはよくわかりませんでした。(そりゃ長さも太さも同じ規格だしな)

 

 

針刺しに刺したときに、勘違いかもしれないけれど、右側の方がすーっと入った気がしたのと、

いつも使ってる愛着みたいなんがあるので、これからも三條本家みすや針さんで買うと思います。

でも、どっちもすーっと通る使いやすい針でしたよ。

 

みすや忠兵衛さんとこの刺し子針はこんな感じ。

三條本家みすや針さんの刺し子針よりはかなり長め。(比べて写真撮るの忘れた)

 

針穴は、左が刺し子針の穴、右が溝穴。

刺し子針の方が大きいっすね。

 

刺し子針の穴ですが、けっこう太めなKazuさんの糸もちゃんと通ります。

 

三條本家みすや針さんの大くけの丸穴と溝穴比較はこんな感じ。

糸は、上がアトリエKazuさん、下が小鳥屋さん。

小鳥屋さんの糸は丸穴でも通るんですが、Kazuさんの糸はちょいと無理でした。

 

溝穴だとKazuさんの糸でもちゃんと通りました。

 

…というワケで、(何の比較にも参考にもならんアレコレ並べておいてワケもへったくれもないが)

これからは溝穴のもめんえりしめか三ノ五を使って刺そうと思います。

というか、刺しています。一気にサクサク刺せてとってもイイ感じです。

みすや忠兵衛さんの刺し子針なら8本撚りのこぎん用の糸でもイケそうな感じなので、

ぶっとい糸を使うときにはそっちを使おうと思います。

 

アキさん、教えてくださってありがとうございましたー!!

 

ああ、針が使いやすいってなんてステキなの…。

ますます充実してゆく刺し子ライフにウッキウキなワタシですが、

肝心の刺し子が捗ってないのはどうしたことだろうか…。(本丸を欠いた充実っぷりですこと)

ノンストップ物欲 comments(2) trackbacks(0)
| 1/11 | >>