| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
タンバリン計画発動。

ワタシ、『まる』が大好きなんですよ。

特に、『まる』が並んだ模様が大好き。

 

だから、minaのtambourineとか、

 

こーゆーまるまる模様が大好きなんです。

 

で、前に刺し子で七宝刺してるときにちょっとだけ、

フチだけ縫いたい〜まるまるにしたい〜、とか思ってたんですよ。

そして先日、太くて量の少ない草木染めの糸が届いて、

これじゃ1カセでふきんは無理くさいぞ、と思ったとき、

かつて胸に抱いたまるまるへの渇望を思い出したのですよ!!(大げさ)

 

tambourineは、米刺しみっちりバージョンみたいなつぶつぶが連なってまるになってるんですが、

そんな繊細な作業をワタシができるワケもなく、tambourineとは似て非なるtambourineもどき、

そんなんを作りたいなあと思って、ちょっとでも雰囲気出すには太目の糸、そう、この草木染めの糸!

 

…とはいえ、なかなか値の張る草木染めで一発勝負に挑むほどの富豪マインドは持ち合わせてないので、

他の糸で試作してみることにしたワケです。ちょいと前にようやく思いついた雑巾サイズのふきんで。

 

ふきんの幅が35センチだったので、とりあえず5センチのまるを並べてみました。

ぞうきんっぽいサイズになる5の倍数、ってんで縦は25センチに。

5センチ角の枠を書いて、その中に円定規でまるを入れていったんですが…。

なんせ作業が雑なので、ふきんを仕立てるときに線の太さを気にせず縫ったせいで、

縦がビミョーに25センチに足りなくなり、縫い直すとかするワケもなく、

直径50ミリのまるが入らないところには48ミリのまる描いちゃったりしまして、

パッと見はよくわからないと思いますが、大小いりまじったまるが並んでいます。

 

糸は草木染め並に太めのマタルボンでお試し。

かつて、こぎんに燃えていた頃に物欲全開で在庫全色ポチったマタルボン。

そして、ほとんど使わないうちにこぎん熱を見失って放置されてたマタルボン。

今成仏させてやるからな〜。

 

…というワケで、刺しました。(珍しく早い)

表。

 

そして裏。

 

下書きの線がなかったとしても、表と裏がハッキリわかってしまうワタシの雑すぎる縫い目…。

 

恥ずかしげもなくアップ!

 

↓ 以下、刺してみての備忘録 ↓

縫い目が小さいほうがタンバリンっぽくなるのかなと思ってんだけど、

大きな縫い目でふっくら刺したほうがまるまるしてていいかもしれない。

あと、刺し子のクセでついつい縫い目を隣と合わせようとしてしまうけれど、

タンバリンもどきならタンバリンに倣って、縫い目をズラした方がいいみたい。

あと、まるとまるの間はもうちょっと隙間あいてたほうがいいかも。

50ミリのマスに48ミリのまる描くくらいでちょうどいいのかもしれない。

あと、糸の始末は、最初に玉結びしないで何センチか残しといて、

戻って来た最後の糸とゆとりもたせてしばるのがいいのかもしれない。

玉結びが少なく済むから、ボコボコする部分を減らせる。

隣のまるにうつるときに、生地の間に糸を通すと、裏で縫い目が足りなくなるみたいな?

裏にも縫い目を…! 縫い目を…! と思いながら縫ったら、なんか一目戻って縫う感じになった。

なんでかよくわからんけど、そう縫ったら裏もちゃんと縫い目ができる。

戻ってくるときにも、裏にも縫い目を…! 縫い目を…! と思いながら縫ったら、

裏に必要な縫い目を作るような縫い方になった。(よくわからないだろうけどやってみるとわかるハズ)

ふきんを縫い合わせたときの縫い代部分と、晒のミミの部分が縫いにくい。

その部分と縫い代の反対側を余白にしてもいいような気がするが、

数字に弱いので何センチのまるにすればイイ感じに収まるのかがすぐにはわからない。(あたまわるい)

マタルボンの、糸がバラける感じとかねじれる感じとかたわむ感じとかよりがなくなる感じとか、

こぎん刺してるときの糸が暴れる感じを思い出してちょっと懐かしかった。

針を根本まで降ろして糸整えたり、ちょっと自分で撚ってみたり、ちょっとてこずった。

糸が太すぎて縫うのがちと大変。

横一列刺すのに、マタルボンだと横幅×3.5くらいあれば大丈夫。

列ごとに糸の色を変えてもカワイイかもしれないが、配色センスのないワタシには無理か…。

アマゾンおすすめの妙に短い水で消えるチャコはけっこうイイかもしれない。センキューアマゾン。

水につけたら瞬時に消えた。縫ってるときに勝手に消えないすれない。コスパも悪くないかな。

 

とりあえず刺したけど、こうした方がいいかな? ってところがいくつか出てきたので、

それに注意しながら、試作品2号にとりかかろうと思います。

マタルボンはてんこもりもりにあるので、多分50枚は試作できると思うの…。(もはや試作ではない)

 

 

 

ワタクシ、八兵衛に対して、

『今んとこ特に(ママンのように激しく怒り狂うほどの)不満はない』と申しましたが、
腑に落ちない点がいくつかあるので、後でじっくりお話を聞かねばなあとは思っていますし、

毎朝、地下鉄車内に並んでる北海道マツダのそこそこ目立つ広告を見るたびに、
「『Be a driver.』とか命令形かよ偉そうに」(←英語力超絶低いので誤訳の可能性大)
…と、心の中で舌打ちする程度には不快感と不信感にまみれています。

車が来たら、八兵衛ともあのお店ともサヨナラして他のお店に行くってのはアリなのかしらねえ…。

 

そんなことをぼんやり考えていたこのひとつきなのでした。

ワタシは怒っていないのではなくて、怒る気も起きないくらいに呆れていただけなのかもしれない。

手縫いでちくちく comments(3) trackbacks(0)
ポチってるだけじゃないんだぜ。

ちゃんと作ってもいるんだぜ。(購入量と使用量の差は考えてはいけない)

 

ここんとこずっとちくちくしていたドラムカーダーカバーができました。

 

白バージョン。

 

赤バージョン。

 

模様がどうこう以前に、同じサイズで作ったつもりなのになぜか赤の方が収まりがよいので、

ドラムカーダーカバーとしては赤が採用されました。製図と裁断は丁寧に。(反省)

 

いつものようにのらおに邪魔されながら作りました。

なぜ自分のしっぽの危機を黙って眺めているだけなんだお前は…。

 

なんとなくキルトわた入れてみたんですが、中途半端に残ってたものをツギハギ。

何ら問題はありませんでした。キルトわたのハギレ袋がスッキリしてうれしい。

 

次はミシン横に置く糸切りハサミ用マットを作りたいな。

刺し子だとハサミひっかかるから、今度は布つなぐだけで。

ミシンに自動糸切りついてるんですけど、一度も使ったことがない。

なんか知らんけど、糸切りハサミで切って、裏に表糸ひっぱって結びたいタイプらしい。

机の上に糸切りハサミ置くときの音がすごくイヤなので、机の上で作業してたときはいつも、

ふかふかのマットを置いておいてその上にハサミを置くようにしていたんですが、

ミシン専用机には、今まで使っていたマットを置くスペースがない。

作らなきゃ作らなきゃと思いながら、お気に入りのポットマット(…)で代用してたんですよね。

ミシン部屋がミシン部屋になれそうな今年こそ作る。

 

 

 

猫は一番過ごしやすいところを選ぶと言いますが…

のらおも一応猫らしい。

部屋掃除中にベッドの上に放り投げてそのままになっていたひざかけの上を選んで眠りやがった。

 

なんかここしばらく画像が元画像より粗くなってる気がするんだよなあ。

サイズ同じにしてもボケるし、大きなサイズを縮小してもボケるし、どうすりゃいいのかな。

以前のアップロード方式で同じ画像載っけてみよう。サムネだけど。

 

 

…うーん、コッチの方がクッキリしてんなあ。

面倒だけどこれからは前のやり方で画像アップしようかな。

大した画像載せてないけどな。写真の撮り方にもまったくコダワリないけどな。

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
やっぱ思てたのとちゃう。

赤で刺して何か違ったドラムカーダーカバー用のアレ。

気を取り直して生成でも刺してみたんだけど…

 

やっぱ何かイメージしてたのとちょっと違う。

でもまあ違う違うと言っても何をどうすればいいのかはわからんので、

このまま赤も生成も刺してしまおうと思います。そして週末には仕立てたい。

 

この十字花刺しのよいところは、裏の模様に全然ときめかないところです。

他の一目刺しは裏もカワイイから裏地つけて見えなくなるのが惜しいんだけど、

この十字花刺しだと何の躊躇もなく裏つけて仕立てちゃえるもんねー。

…あくまで個人的な好みの問題です。

 

90mの晒が北上中だし、草木染めの太めの綿糸も北上予定だし(いつの間に…)、

模様透かそうと思って方眼付の厚紙も用意したし、そもそも糸の在庫はアホみたいな量だし、

今年は刺しまくりたいなーと思います。刺してみたい模様もあるし〜ムフフフフ…。

 

 

 

相変わらずママンが怒っています。

ワタクシ一応、自分が怒りっぽいという自覚はあるので、
チャッカマン的に火が点く場合以外はできるだけ怒らないよーにと心がけてはいる。
年とったから、怒るエネルギーあるなら他にまわしたいってのもある。
そして、八兵衛は八兵衛だからなあ、ってのもあって、

今んとこ特に怒りたい衝動は起きていないんだが、
どうも親友人知人職場のおっちゃんお兄ちゃん日産の兄ちゃん、
みんな揃って「もういいかげん怒ってもいいぞ」というGOサインを出すものだから、
特に怒りたいとは思ってないが、近々怒ってみようかなーと思っているのでした。

 

ただ八兵衛だからなあ、のれんに腕押し糠に釘な予感がなきにしもあらず…。
せっかく多大なエネルギー使って怒っても、効果がなかったら虚しいからなあ。
できるだけ効果的に怒るにはどう伝えればいいかを考えているところです。うーむ。
なんせ納車予定等々はママンしか聞いてないから、まずは状況把握かなあと思うので、
「保険屋から『そろそろナンバーわかった?』って電話きたけど、わかった?」って聞いてみよう。

 

納車が遅くなるのは別に構わんのだけどさ、こんなに連絡寄越さないもんなのかなあ。

連絡することがないから連絡がないだけなのかもしれないけれど、

あんだけ3月中の船に乗せたいだの連休前には納車したいだの言っていた以上、

もう何かしら連絡するようなことが発生していてもおかしくない気はするし、

連絡するようなことがなかったとしても、

「連絡できることがありませーん」っていう連絡寄越してもいい頃合いな気はするけどねえ。

さて、どうなることやら。(他人事?)

手縫いでちくちく comments(5) trackbacks(0)
なんか思てたのとちゃう。

この週末でミシン部屋という名の物置のアレやコレを分別するつもりが、

あまりのモノの多さにちょっとウンザリしてちくちくに逃避してました。

 

が。

 

う、うーん…。

 

なんかイメージしてたのと違うんだよなー。

なんかかわいくない。でもめげない。

気を取り直して生成の方を刺してみよう。(物置掃除はどうしたよ)

 

今回は糸割れしないしない春(?)を目標に刺してみたので、

斜めを刺すときは特に裏まで気にしながら刺してたので妙に時間がかかっちゃいました。

 

え、結果?

もちろん糸割れなんかしまくりましたが、何か。(開き直り)

いいんだもん、練習なんだもん、いつか糸割れしないで刺せるようになるんだもん。

…『いつか』がいつになるのかが遠すぎて見えないけどな。

手縫いでちくちく comments(2) trackbacks(0)
ふきんは放棄。

思い立ったが吉日野郎なので、やるべきことよりやりたいことを優先します。

…というワケで、刺しかけの麻の葉ふきんは出先の空き時間に刺すことにして、

家ではガツガツとドラムカーダーのカバーを刺すことにしました。

 

猫に邪魔されながら製図。(もはや麗しき予定調和)

 

線を引き終わって、糸を出したところで迷いが。

…赤でもかわいいんじゃない?(出た、クレイジー赤ラバーYuki*)

 

こんなこともあろうかと、2枚分製図してあるので両方で刺してみよう。

2枚作ったところでドラムカーダーは1台しかないし、洗い替えするほど汚れるもんでもないけどな!!

 

そしてここで、満を持しての登場、チューリップの刺し子針です。

…が、ちょっと太い…?

ちょっと刺してみた感じ、先は通りがいいけど、やっぱ針が太いような…。

とりあえずコレはチューリップで刺してみます。慣れればイイのかもしれないし。

 

しかし、長めの針で刺してみて思ったんだけど、別に針長くなくてもいいかな…。(おーい)

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
ゴーリゴーリ不発。

昨日必死でゴーリゴーリしていたんですが、

途中でなんとなくイヤな予感がしてそーっとチャコペーパーめくってみたら、

そりゃあもう慎ましやかにひっそりと、ほとんど写ってない図案がそこに。

ガーゼは目が荒いから写りが悪いのか、ゴーリゴーリの気合いが足りなかったのか…。

 

汗噴く勢いでゴーリゴーリしていたのにうっすらとしか転写できなかったので、

急遽生地の下に敷いて透かしてペンでなぞる方法に変更しました。渾身のゴーリゴーリ不発。(無念)

 

…またしても猫に邪魔されるわけですがね…。

 

ところどころビミョーながらも、それなりにそれっぽく見える図案が書けました。

後は刺すだけ〜。うっきうっき。何色で刺そうかな。いろんな色で刺すのもいいなあ。

…とはいえこの模様刺すのはじめてだから、刺し順もよくわかってないのでとりあえず単色か。

縫うイメージができたら、色変えて刺してみるのも楽しいだろうなあ。わくわく。

 

ああ、刺し子楽しい。

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
2年越しでようやくできた。

マツダの販売店から、女の子っぽい字で殴り書きされた宛名の封書が届きました。
中には店長が殴り書きした署名入りの御礼状が入っていました。
『CX-3のお買い上げありがとうございました』って書いてあったので、
うっかりデミ男が届く事態は避けられたようです。(どんだけ信用してないんだよ)

 

…ただ、字フェチとしては、
客の名前も自分の名前もちゃんと書けないなら全部印刷でいいわ、と思いました。
とゆーか、客の名前も自分の名前も殴り書きした御礼状は御礼状と呼べるのか?

受け取って不愉快になる御礼状は御礼状と呼べるのか?
3月は特にたくさんの車売ってんだろうから御礼状の枚数も相当なんだろーなーとは思うけど、
やってもやらなくてもいいことをあえてするならちゃんとやれ、ちゃんとできないなら最初からするな。
…って思うワタシは多分面倒な客。(自覚はあるが改めるつもりはあまりない)

 

御礼状とは言いながら、当然末文には、
「お車をご購入の予定のある方がいらっしゃいましたらご紹介を云々」とあるワケですが、
字フェチとしては、客の名前を殴り書きして恥ずかしげもなく送り付けてくるようなお店は紹介致しません。

 

 

 

どうやら2015年に刺し始めたらしいブツがようやくできあがりました。

 

十字花刺し。

 

うーん、ナナメは同じ穴から出すべきだったんだろうなあ。

 

裏はこんな模様。

まだ洗ってないので糸端があちこちぴょんぴょん出たまんまです。

そして、実際に刺してみるまで裏の縫い方がよくわからなかったので、フチあたりの縫い目がオカシイ。

そして、裏の縫い方がオカシイと気付いてから俄然やる気を失ってテキトーに刺したので、

裏で糸が割れてる割れてる割れまくってる。雑!

雑さすら 味に思える 刺し子かな(季語なし)←いろいろダメじゃん

 

でもまあ、刺し方がなんとなーくわかったのでコレはコレで刺した意味があったのでよい。

 

次はハンカチの試作に入りたいところだが、今モーレツに麻の葉が刺したくてしゃーないので、

多分明日からは麻の葉のふきんを刺す準備をはじめると思われます。

ふたたびの刺し子ブームがやって参りました。(いつまで続くかは不明)

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
八兵衛効果?

事前に都合を確認して行っているにも関わらず、10分かからない用事のために30分以上待ったり、

客人より19時前には到着予定と連絡があったので、手のかかる作業は控えて待つこと1時間超、

到着したのはまんまと20時過ぎだったり、

妙に謎の待ち時間が発生しつづけているワタシの3月で御座います。

…アレもコレも全部八兵衛絡みだが。

 

出先でちょこちょこ作業したり、いつ来るかわからん客人を待つ間に手を付けやすく中断もしやすい、

そんなポータブルでフレキシブルな手しごと、それは刺し子!

おかげさまで、ここんとこ刺し子が捗って捗って仕方がないんだぜ…。

これも一種の八兵衛効果と言えましょう。(レッツポジティブ!)

 

…というワケで、第三工程まで刺し終えました。

あとはもう一工程、クロスするようにもう一本斜めに縫うだけで十字花刺し完成のハズ。

 

コレはコレで、模様として成立している気もするけどね。(縫い目が汚くて刺し子としては微妙だが)

完成形が見てみたいので、ちょっともったいないけどもう一列、斜めに縫っているところです。

 

裏に相当な難アリ品なのでちっともテンションがあがらないけど、使えないことはないし…。

そして刺しながら、この図案は同じ穴から針出すのかなあ? とか思ったり思わなかったり。

糸目と糸目の間がぴっちり埋まってる方がキレイな気がする。

むむむ…。刺し子ってむずかしいなあ。

 

 

 

刺し子への八兵衛効果とはまた別な八兵衛効果も御座いまして、

車について八兵衛に聞くたびに返ってくる答えがいちいちとんちんかんな気がして、

普段説明書など読むことのないワタシが、まだ来てもいない車の説明書を熟読しているというこの事態。

(そして調べた結果、八割方とんちんかんだったことが判明するのはどうしたもんか…)

近いうちにやってくる(ハズの)新入りについて、日に日にちょっとずつ詳しくなっているYuki*なのでした。

営業さんにまるっとおまかせより、自分でもちゃんと知っていたほうがいいよね、きっと。

手縫いでちくちく comments(2) trackbacks(0)
悟りをひらくのです。

さきほど、日産の兄ちゃんとともにぷーが去って行きました。

からっぽのカーポートがとてもさみしい。

 

20年以上お世話になった日産の兄ちゃんともこれでさようならかと思っていましたが、

長いことかけていた保険なので、やめるんじゃなくて中断にしてもらいまして、

次の車買ったあかつきには保険だけ日産の兄ちゃんの世話になりそうです。

そんなんもあってか、ワタシが絶対に選ばないであろうカワイイ軽のパンフどっさり持ってきて、

「軽に乗ってるお友達とかいたら紹介してくださいねー」とか言い残して去りました。

…なぜ友人の軽もそろそろ20歳を迎えてイカれそうだとわかったんだ…?

 

 

 

「悟りをひらくのです」な勢いで邪念を払うべくちくちくしていた結果、

1年半くらい一目たりとも進まなかった刺し子が、たった一週間でこのとおり。

 

縦横刺し終わりました。

 

表はともかく裏がちょっと悲惨なことになっているので、正直あまりやる気は出ないのですが、

ひととおり刺してみれば次どう刺せばいいのか見えてくるのではないかと思い継続中。

この程度刺したくらいじゃ悟りもひらけず邪念も払えずにいるので、

引き続き斜めをちくちくして、矮小かつしょーもないけど切実な悟りをひらいて邪念を払いたい所存。

 

のほほーんと野球を楽しみたいのです。入れ込みすぎて手に汗握るのもう疲れた。

それもこれもひとえにワタシのココロの持ちようなワケですからして、

今日もまたちくちくと無心になるべく修行をつむのです。やれやれ。

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
精神安定作業。

去年のソワソワと落ち着かない野球の日々を反省し、
今年の目標は、野球と大野で一喜一憂しないで泰然自若として過ごす、です。
大野がやらかそうが輝こうが「で、あるか」な信長の境地(意味不明)。
3許盗塁とか8失点とかにもう心揺れたりしないんだ。
…しないんだ。
………しないんだもんっ!!(揺れてる揺れてる)

 

 

 

…という揺れる心を鎮めるために今年は静かに淡々と取り組む作業に力を入れて行こうと思います。
書道と写経は事前に場をうつくしく整える作業が必要らしく、

そっちはまあいずれボチボチってことで(…)。
とりあえず今この汚い部屋でできることといえば、そう、刺し子!

 

かつて刺しかけのままに放置してあるふきんが2枚ほどあるので、
まずはソレを完成させようとちくちくを再開してみたのでした。
アコガレの一目刺し。

 

うむ、やっぱりちくちくは癒されますね。

ただ、よくわからんままに刺してるので、裏が何か変な感じ。

どの本見ても表の刺し方は載ってるんだけど、裏の端っことかどう刺すのか載ってないんだよなあ。

刺してみないとよくわからんかったけど、次刺すときはもうちょっとイイ感じの裏にできそう。

ここをこうすればいいのかなーとか、こう刺せばキレイかなーとか考えながら刺すのもまた楽しい。

やはり刺し子は癒しなのである。

 

ちょっとドキドキしすぎてるときとかはちくちくして気持ちを落ち着けながら、
変な力を入れずにフツーに野球を楽しんでいきたい今シーズンなのでした。
ちなみに、WBCにはほとんど興味がないと言いつつ密かに楽しみにしているのは、
大野でも中田でも増井でも宮西でもなく(ちょっとはある)、藤浪くんです。
正直なところ、シーズン中も藤浪くんはずっと気になってる。
なんかよくわからんけど、見ててワクワクする投手なんだよなあ。粗削りなところがイイ。
阪神さんにはぜひぶっ壊さないで大切に育ててほしいとミーハーなババアは願っておるのでした。

…ハム勢はね、思い入れが強すぎて、楽しみ以上に心配なのですよ。もったいないことに。

みんなが悔いなくがんばれますように。ムッハー!!(どきどきして呼吸がちょっとオカシイ)

 

 

 

本日ののらお。

 

暗闇の中にひっそりと潜む。

以前設置したケーブルボックスの上に何故か鎮座。

なにやってんの。

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
| 1/7 | >>