| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
カラフル幾何学(実は麻の葉)。

昨日、ネイルを買いに行ったお店で長靴を買って帰るという衝動的もいいとこなお買いものをしたのですが、

今日目覚めてみたらおあつらえ向きの土砂降りだったので、さっそく出動させました。

 

普段履いてるのが24.5~25.0なのに、ちょっと大きめな作りとはいえ24.0。

紺色キライなのに、限りなく黒に近い紺色。

いいだけババアなのに、どうやらそもそもが子供用。(箱に『Kids』って書いてあった)

 

不安要素がたんまりあって、どうなることやらと思っていたのですが(なんで買った)、

足に当たることもなく滑ることもなく気になるほど紺色でもなく、

元々年甲斐もない服着てるから子供用でも大した違和感もなく、とりあえず今のところはいい感じ。

HUNTERのチェルシーブーツかわいいなあ…でも幅狭そうだなあ…つーか高いなあ…とか悶々としてましたが、

さすらいの長靴ジプシー生活は一応終了しました。えがったえがった。

 

 

 

で、久々の更新ネタは先週末にはできあがってましたコチラ。

 

麻の葉なんだが、全然麻の葉感がないのは何故だ。(まーた糸選び間違えたんだろ)

謎のポツポツ付幾何学模様と化してますが、麻の葉じゃないと思えばそんなに変でもないかな…。

花火っぽいっちゃー花火っぽく見えないこともない。(結局麻の葉ではないけどな)

 

刺し順が、どの本読んでも斜め全部刺したらくの字に刺せって書いてあるんだけど、

完全に無視して、全部布の間通して直線で刺してみました。

くの字の角のところの裏に出る縫い目がどーしても気になってしまうので。

 

その結果、裏はこんな感じに。

 

布の間に通した糸が六角形になって透けてるのがちょっとカワイイ。

これからはコレで刺そう。

 

ちょっとだけアップ。

カラフルな糸はカワイイなあ。…麻の葉にはならなかったけど…。

そして次は、性懲りもなくコレと同じカラフルな糸で七宝を刺しています。

既に七宝のイメージとは違う様相を呈しているのは内緒なんだぜ…。

 



 


産まない幸せを勝手だと言う前に、産むことの幸せを感じられる国を作るのがアナタの仕事じゃないのか。
どう見ても、産めるのにあえて産まない選択をしている層より、産みたいけど産めない層の方がよほど分厚いと思うが。
産む気がない人に無理矢理産ませたって誰も幸せにならんのだから、
産む気があっても産めない人を何とかしてやればいいのに。二人目欲しいけどとてもじゃないけど無理ってよく聞くぞ?
旦那の給料だけで子どもまで食わせていけるような時代じゃないのに嫁が職場復帰できるかもあやしく、
子どもを預けられるかどうかもわからないって現状を何とかしてからおっしゃいなさいな。政治家ならば。
戦時中は食うや食わずやで子供を産めなかったこともあったけどってアンタ、比べる時代がおかしいと思わないのか。
お国の為に国民の幸福を極限まで削り取ってた時代と今が同じ状況になってんのは産む側の勝手だけじゃないぞ。
産まない幸せの是非はともかく、国の発展の為という口実で国民の幸せをないがしろにして当たり前な思想が怖いわ。




ワタシは子どもを産んだことがありませんし、これから先も産むことはないので偉そうなことは言えないんですが、
それでも、生理とかいうあの生々しい産みの苦しみのほんの序の口の辛さすら知らないジジイに偉っそうに、
産んで増やして(働かせて税金払わせて高齢者の生活を支えさせろ)だのと語られると、無性にイラッとするのよね。
大体、何に幸せを感じるかなんて個人の自由で、
よほど露骨に他の人の幸せを踏みにじるものでもない限り誰かにとやかく言われる筋合いなどないわ。



かけがえのない愛すべきものの存在が産みの苦しみや育てる苦労をふっとばす勢いで幸せをもたらすからこそ、
人類はここまで子孫を繋いできたんだろーなーというのはなんとなーくわかるんですけどね。
人間が自然の一部であるならば、淘汰の原理も働いて然るべきだとも思ったりするんですよね。

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
間に合った。

明け方、雪が屋根を滑り落ちるズザザザザーという音で目覚めたYuki*ですコンバンハ。

まっさかそんなワケがと思いながら窓の外を見てみましたら…

 

ありがとうございます。どこからどう見ても雪景色です。

 

そんなワケで、こんだけ冬してるんだから十分間に合ったと言っていいでしょう。

 

梅花紋オエェェェェェェェェエ…。

なんだこのめしべの自己主張。キモい。やっぱ糸選び間違えた。

とりあえず梅の季節には間に合ったぜ。

(しかし梅無関係な11月のママンのバザーに出す)(キモいけど売れるの?)(知ったことか)

 

次はレゲエに麻の葉を刺そうと思います。

 

 

 

今年のG.W.は部屋掃除しかしない心意気でものすごい久々の片付いた自室とミシン部屋復活を目指します。

そろそろミシン使いたいのに、ミシン部屋の物置化が激しすぎてミシンに辿り着けない。

連休は刺し子もしないでひたすらに掃除!掃除!掃除!

 

とりあえず宣言しとけばやるかもしれないというかすかな期待を込めて宣言してみました。

ちゃんとやれよ、連休の俺。

手縫いでちくちく comments(2) trackbacks(0)
青い海の波!!

わかってて録画予約したのに、録画した番組見て、

「うっわ、ホントにテレビに出てる櫻井敦司喋ってるうっわ」とか驚きましたYuki*ですコンバンハ。

ビクターのやる気でしょうかね、去年くらいから思わぬ露出にビビることが増えた。

 

 

 

今日はさめおの12ヶ月点検でした。

ついでに、オイル交換とリコールのアレも一緒にやってもらったので、待ち時間はたっぷり2時間。

おかげさまで、できあがりました。

 

青海波2枚目。

今回は大きい波も小さい波も同じ色で刺したバージョン。

刺し順も、大きい波→小さい波で。やっぱ大から小の方が糸割れしなくてイイ感じ。

 

左が前に刺した大きい波と小さい波で糸を変えてみたもの。右が今回刺した全部同じ糸で刺したもの。

ワタシは糸を変えた方が好みだということが判明しました。

同じ糸で刺したものの方が『波!!』って感じはするけど。

 

これより小さいタイプの青海波は糸を変えて刺してみようと思うです。

 

さて、次は春が近いらしいので、梅花紋を刺そうかな。

この前分銅つなぎを刺したピンクピンクした糸で。

 

 

 

で、さめおの12ヶ月点検ですが。

特に問題はなかったんですが、やっぱ車屋さんは苦手だわぁとつくづく思う。

何がイヤって、お見送りされるのがほんっと迷惑なんですよね。

お店の中で「ありがとっしたー!!」でいいじゃん、なんで車のそばまでついてきてお見送りすんの?

日産もマツダもそうだったから、車屋さんとはそーゆーものなのかもしれないけど、

なんかもう落ち着かなくてムズムズするからほんっと勘弁してほしいんですよね。

お見送りされるとさっさと走り出さなきゃならない気がして焦るんですよ。

セッティングもろもろ変わってるからいろいろ修正したいのに、乗ったら走り出さなきゃイカン気分になる。

シートの位置も全然変わってるからちゃんと合わせたいんだけど、

横に人が立ってると、つい、こんなもんだろってくらいにテキトーに下げて走り出しちゃう。

そんでブレーキ踏む段になって足元狭くてアババババ…ってなったりして、

歩道前で止まったついでにまた微調整して走り出し、信号で止まるたびにちょいちょい微調整して元に戻す。

本当はちゃんと合わせてから走り出さなきゃならないってのはわかってるんだけど、

人に見られてると落ち着かないし焦るし、シートはなぜにこんなにってくらい前に出てて調整しづらいし、

なんかもう、お見送りとか全然いらんから、ひとりでゆっくり調整させてほしいんだよ、ホント…。

 

しかも今回はいつも以上にあちこちセッティングが変わってて、

普段23℃くらいに設定してある温度は何故かマックスの32℃設定になってるし、

フロントと足元からささやかに風吹かせてたのが足元から突風吹くようになってるし、

エアコン切ってたのにしっかり入ってるし、音源のデフォはCDだったのにAir'Gかかってるし、

ワイパーとライトはオートにしてたのに違う設定になってるし、

平均燃費が表示されていたところには走行可能距離が表示されてるし、

トリップメーターは勝手にリセットされてるし。(給油の時に燃費計算する習慣があります)

 

おばちゃんにはわからない事情があるんだろうし、全部元のとおりにしてくれとは言わんけど、

あちこち変わりすぎててまるで自分の車じゃないみたいで落ち着かなかったよぅ。

帰って説明書見ながらひとつひとつ元の設定に戻しましたけどね、毎年これやんなきゃなんないのか?

…ちょっとうんざりしてきたぞ…。

 

 

 

雪かきばっかりしていてすっかり忘れてましたが3月になってましたね。

オープン戦も始まっているというのに、未だにプロ野球セットに加入する気分になっていません。うーむ。

とりあえず、脚(…)見ただけで「あ、大野じゃん」ってわかる程度の愛は残ってるようだが、さて…。

手縫いでちくちく comments(2) trackbacks(0)
思うようにはいかぬものです。

kindleさんてばお手軽が過ぎて、今月既にkindleさんで読んだ本だけで50冊越えちゃった。

ついつい読み耽ってしまうから、毎日眠いんだぜ…。(悪夢のkindle廃人)

やっぱ、「本屋に行く」というハードルは必要だと思う今日この頃。

不本意ながらkindleさんにすっかり馴染んだので、これからは金ちゃんって呼ぼうと思います。(安直)

 

 

 

青海波2枚いっぺんに刺す! とか言ってましたが、予定は未定。

 

1枚だけ先に刺し終わりました。

 

最初、フチの糸だけ色変えて、波は2枚とも同じ糸で刺そうと思ってたんですよ。

ついでに、すごいキレイに刺し子する方が、

青海波は小さい波はふきんの間をくぐらせるから先に刺した方が楽ですよ、と書いていたので、

真似してみようとも思ってたんですよ。

 

で、1枚目を小さい波から刺してみたんですけどね…。

確かにふきんの間をくぐらせるのは楽なんですが、小さい波刺してる時点で既に、

大きい波を刺すときにふきんの間をくぐった小さい波の糸を縫い込んで割る予感がヒシヒシ。

予感というより、もはや確信と言うか、既に確実というか…。

(そして実際、大きい波を刺してるときにしっかり、糸を縫い込んで割った)

 

そんなワケで、最初は小さい波だけ2枚刺してから大きい波を刺そうと思ってたんですが、

2枚目はやっぱり大きい波から刺すことにしたので、1枚目だけ先に完成。

予定は未定。思うとおりにはいかないもんですな。

 

ぽよよんさんからいただいたKazuさんの青系の糸を2種類使いました。

小さい波を淡い色で、大きい波を濃い色で。

コレはコレでいいかなーと思うんですが、濃い青のグラデーションが思いのほかキレイだったので、

2枚目は大きい波も小さい波も濃い青で刺してみようかなーと思います。

 

来月、12ヶ月点検とオイル交換とリコールのアレをいっぺんにやってもらいにマツダに行かねばならんので、

待ち時間をつぶすためのふきんの下書きと糸の選定作業をウッキウキとはじめようと思います。

だってー、少なくとも1時間半はかかるらしいので。

基本的に車に興味ないんで、車のショールーム行っても見るものないんですよね…。

 

 

 

ママンは寝る前に部屋中の座布団を積み上げて片付けてからベッドに入るんですが、

最近のらおがそこをすこぶるお気に入りのご様子。

座布団が積み上がってる時だけ座る。(普段はそんなに座る場所ではない)

まるで畳積み上げた上に座ってるかのよーなので、我が家では「牢名主のらお」と呼ばれています。

手縫いでちくちく comments(4) trackbacks(0)
二本刺し。

今日はワタシもママンも出かけてのらおがお留守番でして、

留守番中にうっかりお風呂で溺れるなんてことが起こったらワタシも後悔で死ぬる勢いゆえに、

風呂場のドアをキッチリと閉めて出かけたワケです。

そして、帰宅後もドア開けるのすっかり忘れて、シャワーの時にはじめてドアを開けたんですがね…

 

そりゃあもうね、腹が立つほどクッソ寒い!!

 

床暖ついてるよーなハイスペックお風呂じゃなくて、貧民用ノーマルお風呂(オンボロ)なので、

最高気温が-5℃というイイ感じに冷え込んだ真冬日に部屋の暖気も流れ込まずに1日経過した風呂からは、

まるでそこが黄泉への風穴かの如く、肝まで震え上がる冷気が漂ってきたので御座います…。

今回はまだワタシの心臓の毛はハゲてなかったらしく「寒いじゃねーかコノヤロウ!!」で済みましたが、

コレ、もっと年取ってたらヒートショック起こして本当に黄泉路を歩んでたかもってくらいクッソ寒い!!

冬場はお風呂のドア開けておいて、服脱ぐ前に風呂場にお湯撒いたりして温めとかなきゃイカンですな。

 

 

 

キモいキモい言いながら赤の他人に押しつけた水色×ピンクの十字花刺しは、

奇跡的にお気に召していただけたらしく、問答無用で金が発生したようです…。

何やら詐欺行為でも働いたかのよーな心苦しさがあるのですが、気に入ってもらえたならいいのか…?

 

…というワケで、次にとりかかります。

今回は、2枚同時進行で刺してやります!!

「今刺してるのに飽きたから別なの刺そうっと」的な2枚同時進行は今までもしょっちゅうやらかしてましたが、

今回は最初から2枚同時に刺しはじめました。

 

青海波2枚同時進行!!(同じ模様を同時に刺すのかよ…)

 

いやあ、これがネットショッピングの恐ろしさでしょうね、

『いやあああっ!! モニターで見たイメージと著しく違うじゃないの!!』ってやつです。

いや、イメージっつーか、ホビーラさんのラインナップに青海波が2種類ありましてね、

それぞれ波の大きさが違うので比べてみようと思って買っただけなんだけど、思ってた以上にデカかった。

 

上:全然気に入らない青海波

下:ワリと気に入っている青海波

 

サイズ違いすぎだろ。

 

…とゆーワケで、全然気に入らないデカすぎる青海波は、刺す前からママンのバザー行き決定です。

さっさと片付けてしまいたいので、2枚いっぺんに刺してしまいます!

(自分で買っておいて何という言いぐさだ、デカ青海波に謝れ!)(ごめんなさい!)

 

…波の大きさを比べたかっただけと言いながら2枚もあるのはどうしてだとか訊いちゃダメなんだぜ…。

 

 

 

イマイチ仲良くなれないスマホと仲良くなろうと、先日録画してあったアメトーーク!を見てみました。

iPhone使いこなせてない芸人だか何だかってやつ。

ずっとイライラしていたカーソル移動の方法がわかって非常に有意義な番組で御座いました。

…それ以外は大体知ってたんでさほど目新しいことはなかったが…。

 

『おかしくなったら初期化すりゃいいだろ、とりあえずやってみる』タイプのガサツな人間が、

まるでわからないまるわかりBOOKを参考に初期設定に挑んだ結果、

あらゆる場所を開いたりON/OFF切り替えたりしまくって、特に興味もない機能まで学習してたようです。

 

ワタシ、そこそこスマホ使えてるのかもしれない!!(多分勘違い)

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
オエッ。

ついに! ついにです!

去年の12月3日にガラケーからスマホに涙の機種変更をしましたが、

苦節2ヶ月、ついに購入時からの累計モバイルデータ通信量とやらが、1GBに達しました!!

わーいパチパチパチパチパチ………って、はぁ…。

 

もうちょっと低額のプラン作ってくんねーかな…。

旅に出てガンガン使いまくったつもりでもせいぜい500MB。2GBとかいらんですわ…。

それでもしっかりウン千円もってかれるワケなんで、

何かしら使ってわずかでも元をとろうと、simplenoteとkindle入れてみました。

アプリあんまり入れてないから、表示デカめにしてても画面スッカスカですが、まあ何とか…。

が、がんばるぞー。おー。

 

 

 

がんばったというかやっつけたというか、できました。

水色×ピンクの十字花刺し。

 

糸始末がまだなのでワキ毛ボーボーな画像となっておりますが、

この後きちんとムダ毛を処理して、それなりに見られる姿になりました。(しかし画像はない)

 

最後の最後まで刺しても結局色合わせがビミョー。なんかキモい。オエッ。

 

ちなみに裏はこんな感じ。

「全部同じ穴にぶっこむ!」を目標に刺したんですが、ご覧のとおりところどころ失敗。

 

あちこちに見える予定のなかった白糸がちょこちょこと顔出してますな…。

 

配色といい刺しっぷりといい、なかなかにお粗末なブツではありますが、

友人の同僚に押し付けるべく勇気りんりん発送済みです。ふはは。

刺してあれば何でもいいってことだったんで、こんなもんでも文句はなかろう。

ノークレームノーリターンなんだぜ。

 

とりあえず、押し付け先がハッキリしてると針が進むってことがわかった。

わかったところで、オーダー受ける技量はないからどうにもならんのだが。

 

そんなこんなで、長らく刺しかけで放置してたふきんが1枚片付きました。

今度こそ七宝リベンジ!

いやでも一目刺し十字つなぎも刺したいし、バザー行き印刷済みふきんもやっつけたいし…。

やりたいことがいっぱいあるってしあわせなことですなあ!(やるべきことが他に山積みだけどな!)

 

 

 

ハイレゾマッシーンの真価を知りたいと思い通りすがりのHMVに立ち寄ってみたが、

ハイレゾ音源とやらがドレなのかサッパリわからなかった。ババアにはハードル高いぜ…。

『ハイレゾで聴いた宇多田ヒカルに鳥肌』との情報を元に宇多田ヒカルのCD見てみたけど、

やっぱり、ドレがハイレゾとやらでドレが違うのかよくわからず、そのまま何も買わずに帰宅。

とりあえず我が家に1枚だけある宇多田ヒカルのベストを掘り出してかけてみました。

改めて聴いてみたら、たまたままさかのハイレゾ音源とやらだったのか、

単に新しいマッシーンだからなのか、はたまた久々に聴いたからってだけなのか、

ほんっといい歌声だね、この子。

続きを読む >>
手縫いでちくちく comments(4) trackbacks(0)
手抜きではナイ。

気付けば2月ですな。

個人的に、師走よりも睦月のほうがあっという間に過ぎ去る感じがする。

 

あれ? あれれ? とか言いながらバタバタ過ごしている間は、

クッソ寒い冬空の下、袖付き袢纏着て湯たんぽ代わりののらおを抱えて赤い月を見上げたり、
最強寒波の影響ナシ!とか言ってたら、23日出荷の荷物が中ウン日の長旅を経て届いたり、

(テメエでポチって出荷案内も確認していたのに、まだ届いてないことを完全に失念していた)

CX-3のリコールで「人生初のリコール体験かも!」とかワクワクしたりしてました。
 

ちくちくも、してました。

 

七宝つなぎのつもりで刺しはじめたんだけど、まーた糸を選び間違えたらしく、

刺してる途中で「もんのすごいピンクピンクしてる!!」とちょっとゲンナリしてきて、

ピンク度を軽減しようと予定変更、分銅つなぎにしてしまいました。

…断じて手抜きなんかじゃないんだからね。

 

分銅つなぎでも十分ピンクピンクはしてるけど、七宝つなぎにするよりはピンク度下がったでしょう。

すっごい好きな色の糸なんだけどなー。何を刺せばいいんだろう。千鳥つなぎとか? 立涌とか?

七宝つなぎは、何色か入った糸でカラフルに刺したほうがカワイイのかなぁとか思ったので、

今度は妹Bからもらったダルマのカラフル糸で刺してみようかなーと思います。

 

でも七宝リベンジの前に、ずーーーーーーっと刺しかけのままの十字花刺しを完成させます。

以前、友人に柿の花のふきんをあげたことがあるんですが、それを見た友人の同僚が刺し子に興味を持ったらしく、

何でもいいから刺してある実物が欲しいと言っているらしいので、アレ完成させてあげようかと。

柿の花見て興味を持ったのにざっくり模様刺しはきっと違うんだろうなーと思ったので、

一番完成に近い一目刺しの十字花刺しを完成させるのが早いかな、と。

久々に水色とピンクの十字花刺しを見て色合いにちょっと気持ち悪くなったんですが、

刺してあれば何でもいいって言ってんだから、あんなのでも文句はなかろう。

 

十字花刺し完成させたら、七宝リベンジと、ママンのバザー行き印刷済みふきんを刺そうと思います。

ちなみに今回の分銅つなぎふきんも、ママンのバザー行きです。

手元に残しておきたくなるふきんってなかなか刺せないものですなあ…。

 

 

 

今日は年に一度ののらおの予防接種に行ってきました。

去年は体重4.95キロで「生命の危機です!!」と怒られたのですが、今回は4.4キロ。

ダイエットしましたと言ったら、「あらー頑張ったねえ偉いねえ」ってのらお褒められてました。

でもまだおなかに皮下脂肪蓄えてるらしいので、引き続きダイエット生活です。

「今日はおやつ食べようね?」って獣医さんも言ってくれたので、ちょっとお高い猫缶あげました。

明日からはまたダイエットだぞ。がんばるぞ、のらお。(「お前もな」というのらおの声が聞こえる…)

尻穴への体温計も背中への注射も、相変わらず微動だにせず受け入れたので(単に怖くて動けないだけだが)、

「素晴らしい!!」「いい猫ちゃんだ!!」と褒められまくってきました。

毎度のことながら、猫なのに更に猫かぶるとは恐れ入ったぜ…。

手縫いでちくちく comments(3) trackbacks(0)
燃え尽きたぜ…。

せっかくの休日だからと思っていろいろ頑張ってるつもりなのに、

毎週日曜の夜に感じてるこの空虚感はいったい何なんだろう…。

部屋掃除してるのに何故か余計に雑然としてるし、やろうと思ったことは半分くらいしかできてないし、

あまつさえ、やろうと思ってたのにすっかり忘れて果てて手も付けてないこともあるというていたらく。

 

これが年をとるということなのかしら…。

(まるで若い頃は充実した休日を過ごしていたかのよーな物言いだな)(40年ずっとこのザマだぞ)

 

 

 

そんな不完全燃焼な週末に仕上げたもの。

 

印刷済みふきんの仕立て。(この時点で『仕上がった』とは普通言わない)

手持ちの印刷済みのふきんを全部仕立ててみました。全部で18枚。

1日かかってコレだけ。気分は燃え尽きてるのに結果が不完全燃焼とはこれいかに。

 

ホビーラさんのふきんは、四辺1センチの余白で仕立てる用に作られているので、

印刷位置がけっこうアバウト。図案からミミまでの長さが上下でバラバラだったりします。

でもワタシは、折って縫うよりミミそのままの方が丈夫だと思い込んでるミミ信者なので、

幅の違いはガン無視でミミ残しで仕立てました。

 

まだ刺す前ですが、ママンのバザー行きが決定している図案があるのは内緒なんだぜ…。

 

こいつらは、自分で図案描く時間ないときとか、とりあえず何か刺したい! って時に使おうと思います。

今現在刺しかけのふきんが3枚。どれかちゃっちゃと仕上げて新しい模様刺したいんだけどな。

一目刺しの麻の葉と、同じく一目刺しの十字つなぎが刺した―い。(刺しかけふきん増加警報発令中…)

手縫いでちくちく comments(5) trackbacks(0)
さすがUltimate。

まーた雨降ったよ。冬の雨はイヤだ。なんか変な冬だなあ。

 

そんなワケでおひさしぶりですおはこんばんちは。(古すぎる)

部屋をぼちぼち掃除しながら、返却期限の迫った本を読んだりしてました。

今年は歴史に萌ゆる年になりそうな予感です。

そういや明治維新150年だったっけかね?

ワタシはNOT佐幕な反薩長マインド滾らせてる派なので(意味不明)、

明治維新150年なにがめでたい、とか既にちょっとヲタ魂がワキワキしています。

楽しく歴史と遊べる年になりますよーに。(四十路のものとは思えない今年の抱負)

 

そして、楽しく刺し子と遊べる年になりますよーにってなワケで、

ずっとお気に入りに入れっぱなしだった本をポチっておきました。

 

なぜかカメラ目線の猫が入り込みましたが、主役は奥の『THE Ultimate SASHIKO SOURCEBOOK』です。

海外からの発送で2〜4週間かかるとのことだったので余裕ぶっこいてたら、

「発送が早まりました〜」とかメールが届いて、あっさりポチった3日後に届いてしまった。

思いっきり英語な刺し子本なんですが、写真と図がたんまり載ってるので英語わからなくでも大丈夫そう。

手持ちの日本の刺し子本には載ってない模様も載っているうえに、菱刺しまで載ってるという至れり尽くせり。

日本の刺し子本では「刺し方は自分で刺しやすいように考えて刺せば?」とか丸投げされてる模様も、

ちゃんと刺し順が載ってたりして親切。(刺し順に関しては、実際刺してみないとわからんけどね)

模様の名前がローマ字で書かれているので、読み方ちょっとあやしかったのもわかったり。

ワタシが十字花刺しって呼んでる模様が鎖十字刺しになってたり、他の呼び方もわかったりして楽しい。

たまーによくわからんローマ字もあるけど。『jijuhishikaha』とか。十字菱かけ?

今まで見た刺し子本のなかで一番面白いかもしれない。さっすがUltimateを名乗るだけのことはあるな!!

 

あせらずいそがずマイペースにボチボチ刺し子を楽しみたいと思いまーす。

刺してみたい模様がいっぱいあるしー。(それ以上に晒がいっぱいあるしー)←

 

 

 

ワタシは共感力の乏しいダメ人間なので、晴れの日にバックレたポンコツ会社への怒りよりも、

成人式って2年も前から準備するんだ! とか、レンタルでもウン十万するんだ! とか、

そっちの方の驚きの方が大きかったりしましたスミマセンスミマセン。

女の子のいる親御さんって大変ね…。ああでも親御さんの方も気合い入ってるのかな。

 

ワタシは中学の同級生なんぞと再び遭遇するのはまっぴら御免だったので、

成人式自体に出席しなかったからよくわからんのよねー。

(実際は普段着で受付だけ行って記念品もらってUターンした)(記念品もすぐ廃棄したのは内緒…)

それでもばあちゃんに晴着を見せたいとかいうママンの要望で写真だけは撮ったけどね。

リアルおかめな二度と見たくない写真が仕上がりましたが何か。(そして本当に二度と見ていない)

 

成人式の晴着も卒業式の袴も着てないけれど、今んとこ何の後悔もない。

(リアルおかめな写真を撮ったことはちょっと後悔している)

手縫いでちくちく comments(5) trackbacks(0)
お正月2018。

今年の冬は妙に雨が降るなあ…。

道路が狭いわぐっちゃぐちゃだわで歩くのも車出すのも大変なのよ。

 

ところで、どう見ても行き違い可能な道で車をわざわざ脇に寄せて譲ってくれた(?)場合、

お礼すべきだったんだろーかと今更に気になっています。

お互い道など譲りあわなくとも当たり前に行き違える道でまっさか譲ってくれてるとは思わず、

携帯でも鳴って車寄せたんだろうと思ってフツーに通り過ぎたんですが、

バックミラーに映る車の動きを見るに、どうやらワタシに道を譲ってくれていたらしい。

せっかくのご厚意をキレイにスルーして通過しちゃったんで、悪かったかなあとちょっとだけ思う。

 

他の車にお礼するとき、ワタシは片手をあげちゃうんだけど、

友人からは「なんじゃそりゃオヤジかよ」とか言われちゃうワケで、

世の人々は他の車にどうお礼しているのだろーかとちょっと困っているのです。

そもそも自分がなぜ片手をあげてサンキューしてるのかもよくわからんのだが…。

 

 

 

今年の正月をどうぐうたらに過ごしたかについては語れることなど何もないが、

とりあえず何かしら動いたっぽい成果だけをかいつまんでネタとします。

 

なんとですね、ワタクシ今年、初詣に行きました!!

…といっても、日付変わった直後の夜中にいそいそと参拝するワケもなく、

元旦の真っ昼間にばあちゃんち行く途中の神社にお参りしてみただけなのですが。

 

小樽の龍宮神社です。

エノさん好きの小樽生まれなワタシなので、たまーにお参りしたりする神社なのですが。

ここの宮司さんが小児科医らしくて、滅多にいらっしゃらないらしく。

「元旦なら流石にいるんじゃないの?」ってなワケで、不純な動機でいそいそと初詣。

 

念願の御朱印をいただくことができたのでしたーパチパチパチパチ。

いやね、御朱印帳の最後のページだったので、ちょっと思い入れのある神社の御朱印がいいなあと思ってまして。

産まれた土地の神社でいただこう! と思って、思い立ったその日に突撃してきました。

これで1冊うまってしまったので、次からは日枝神社のおさるさん御朱印帳で旅に出ようと思います。ウッキー。

 

 

 

あと、年末の旅行中に1枚仕上げたいなあとかほざいてたふきんですが、

時間に余裕がありそうとか言いながら、夜は風呂に入って寝るだけ、朝は起きてご飯食べたら即寺社巡り。

ライブ前にちょっと時間があると、ホテルの部屋で持参した紅茶を淹れてケーキを食い出す始末で、

ついに旅の最中には一度たりとも針を持たなかったという堂々の有言不実行。

戻って年が明けてから、テレビ流しながらちくちくしてました。

 

…とりあえず、できた。

年末に録画してあった歴史番組ダラダラ流しながら刺してたんですが、やっぱ忠臣蔵キライだわー。

子どもの頃から忠臣蔵がキライで、大人になれば良さがわかるのかなと思ってたんだけど、

四十路のババアになってもやっぱりまだ忠臣蔵キライだわー。

大の大人がウン十人がかりで計画的にじいさんひとりを殺しに行くって話のどこに感動すればいいのかわからん。

テメエの行動がどんだけ多くの藩士を路頭に迷わせる愚行かも考えなかったボンクラ藩主もさることながら、

喧嘩両成敗の原則やぶって片方だけソッコー切腹させた犬公方もどうかしてる。

でもさ、なんで喧嘩両成敗じゃないんだ、主君の無念を晴らすだか何だかって理由なら、

討ち入るべきは吉良邸じゃなくて将軍のところじゃないの?

お前らが勝手に成敗してどうすんのよ。それじゃ単なる私怨じゃねーか、公的に成敗されなきゃ意味なくね?

なーにが忠義だ、単に討ち入りやすい方攻めただけじゃねーか、って思っちゃうんだが…。

(ドラマや歴史番組でしか忠臣蔵を知らない阿呆のたわごとですのでお聞き流し下され…)

 

…ってなワケで、年明け早々、11月のママンのバザー行き第一号を生み出しました。順調順調。(何が)

 

前は段染め糸で刺して、謎の野球ボール模様になり果てたんですが、

今回は野球ボールの呪いからは解きはなたれたものの、何の模様やらよくわからんキモチワルイ感じ…。

 

寄れば何か花っぽい模様に見えるよーな…?

この模様刺すの2回目だけど、何色でどんな配色で刺せばいいのか全然わからん。

とりあえず自分が、太めの糸でみっちり刺すのが好みだってことはよーくわかった。

年末あたりにKazuさんとこの細糸が話題になってたけど、ワタシは太めの糸が好きかなあ…。

一目刺しをグッキリバッキリ刺したいときは小鳥屋さんの細めの糸がズッキュン好みなんだけど。

模様刺しは太めの糸でみっちりぎゅーっと刺したいみたい。

Kazuさんとこのぼかし糸の細糸が欲しいって人がけっこういっぱいいるみたいだけど、

ワタシはむしろ、単色の太糸が欲しい。Kazuさんとこの何とも言えないビミョーな色がすごく好き。

単色の細糸とぼかしの太糸には出逢えるんだけど、単色の太糸には出逢ったことないんだよなー。

今度訊いてみようかな…。

 

そして、正月早々乱れた心を映しだしてる2018年1枚目はコチラ。

一目刺しだと途中で飽きてブランク発生するってことも去年学習したので、模様刺し。

オーソドックスに大好きな七宝を刺しています。円のサイズは4センチだったかな?

ちょっと細かめの七宝だから、明るく可愛くなったらいいなー。

カワイイ模様とカワイイ糸を組み合わせてクソも可愛くないふきんを生み出す特殊能力持ちだからどうだろう…。

手縫いでちくちく comments(3) trackbacks(0)
| 1/12 | >>