| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
洞爺湖左側(?)編。

休日の朝9時前から活動していることなどほとんどないワタクシですが(眠りこけてる)、

今日は珍しく8時過ぎに目覚めたので、ちょいとスタンプ狩りに行ってきました。

富良野美瑛にしようか恵庭方面にしようかとも考えつつ、今回は洞爺湖方面へ。

室蘭に夜景を見に行くという野望があるので、大滝壮瞥伊達あたりはそのときに寄るとして、

今回は洞爺湖の左側(?)ぐるっとコースでのんびりドライブです。

 

 

 

まず最初に目指したのは留寿都。

赤井川か留寿都が最後になるぐるっとコースなんですが、赤井川の方が遅くまでやってるので。

ワタシ、方向感覚はある方だと思ってるんですが、惜しむらくは距離感覚が恐ろしくポンコツ。

『ちゃんと辿り着くけど何時に着くかは行ってみないとわからない』ってやつです。

はじめて走る道や久々に走る道なんかだと、着いたけど間に合ってない事件が起こりかねないので、

赤井川を最後にまわすことにしました。(出発時点で赤井川に間に合うのかはまったく不明)

 

とりあえず通りすがりの中山峠であげいもリベンジ。

前よりはおいしい。ただ、かつての輝きはない…。

あげいも売場はもんのすごーく並んでました。そしてレジのお姉ちゃんがつっけんどーん。

 

あげいも食べながらのんびりドライブ。喜茂別で謎の渋滞につかまる。

喜茂別の「道の駅」ならぬ「郷の駅」に惑わされつつ、留寿都です。

大抵の道の駅のスタンプコーナーには「当駅は○ページの△番です」とか書いてあるんだけど、ココはなし。

スタンプの前でもたもたしてしまった。(まあワタシの準備不足ですけどね)

 

そしてオープンしたばかりらしいレストランでピザをテイクアウト。

ブンデスリーガっていうやつだったと思う。

トマトもアスパラも豚肉もエビも美味しかったんだけど、何より生地が美味しかったー!!

金曜日の夜ごはんがピザで、朝もその残りを食べて、実は夜もピザのつもりだったなんて内緒ですよ…。

だって美味しそうだったんだもーーーん。

 

道の駅を出たら、山の上から誰かが何かで飛び立ったところでした。

パラグライダーだか何だかが有名らしいです。

高所恐怖症なワタシには飛びたい気持ちがまったくわからんのですが。タカイヨーコワイヨー。

駐車場ではワタシの車の前でおっさんスバリスト達の会合みたいなのが行われていました。

目の前の車に運転手乗り込んでエンジンかけてんだから言われなくてもどきなさいよ…。

オッサン達はともかく、スバル車の音にはときめいちゃうよなーと思いながら、

ディーゼル特有らしいガラガラ音鳴らして走り去ったワタシなのでした。ガラガラ音も好きなんだけどね。

 

 

 

そしてお次は洞爺!

道の駅自体はこじんまりとしているんですが、裏に洞爺湖一望できる展望台があるらしい。

「らしい」というのは、展望台に向かう途中にトイレがあったので立ち寄ったら、

展望台に行くつもりだったことをすっかり忘れてそのまま車に戻ってしまったから。(痴呆か)

まあ、洞爺湖はまた行くこともあるでしょう…。

 

 

 

そしてお次は、ぐるっとルートからちょっとだけ外れた虻田。

「あぶた」じゃなくて「あぷた」らしい。

 

 

洞爺湖の景色を見忘れたので、虻田港なんぞを撮ってみた。補完には…ならんな。

日没はすっごくキレイらしいんだが、日没は待ってられませんでした。

 

かぼちゃのジェラートを食べてみました。

すっごく美味しい。また食べたい…。

 

 

 

そしてお次はぐるっとコースに戻って、豊浦。

ボクシングの内藤選手のふるさとみたいです。

いちごクレープとかいちごシフォンとか売ってましたが…

謎の小冊子を買う。

スタンプ狩りであちこちウロウロするようになって余計に地名が気になってきたので。

アイヌ語由来の地名が多いせいか、読み方が独特で面白いなあと思うのでした。末尾が似た地名とかね。

 

シカに注意チラシも置いてあったんですけどね…

7月に寿都で真っ昼間にシカに当て逃げされるって、ワタシちょっと当たりがよすぎませんかね…?

(前をよく見て運転しろと書いてあるけどさ、後ろめがけて突進されたときはどうしたらいいですかね…)

 

 

 

豊浦をぐるっとコースの折り返し地点として、お次は真狩!

電気自動車の試乗会が行われていました。

ワーゲンの何かと、トヨタの何かと、日産のリーフくん。(いまだ失せない日産愛)

人気なのはトヨタでしたが。

ワタシはトヨタは好きじゃないけど(メジャーすぎて気後れする)、

売れてるってことはいい車作ってんだろーなーとは思ってるし、「トヨタかよケッ」とは思ってないんだが、

ここんとこ見かけるようになった新しい?プリウスとすれ違うたびに、

「トヨタさんどうしちゃったんだよ…」と思う。(目とか尻とかが度を超してとんがりすぎてると思うの…)

 

オサレな食べ物屋さんも展開してました。カフェちっくな。

しかし道の駅の建物の中は細川たかし推し(あと名前忘れたけどメジャーじゃない演歌歌手?)がすごかった。

ヒグマの剥製も飾ってありました。

 

道の駅に向かう交差点からの景色がけっこうすごかった。

羊蹄にまっすぐ続く道。(この交差点を右折してちょっと走ると右手に道の駅があります)

 

 

 

このまっすぐな道を走って(羊蹄にぶつかる前にちゃんと右折してます)、お次は京極。

あぷたの裏のページだったんですが、あぷたのシャチハタのインクが濃すぎて裏までにじんでいたという…。

 

お水で有名なところなので、ちょいとマイナスイオンでも拾いに行こうかと思いましたが…

この吊り橋の向こうですか…?(高所恐怖症)

勇気を出して向かってみましたが、まんまと橋が揺れたので渡るの断念。別ルートで湧水口に向かいました。

 

YES,マイナスイオン!

 

しかし、あまりお水飲みたい気分じゃなかったのと、

「言うても生水やからね(似非)」とのことだったので、てぬぐい濡らしただけにしました。

何だかんだ暑い日だったので、濡れたてぬぐいを首に巻いたらひんやりとしてすごくイイ。

てぬぐいサイコー。(てぬぐいかよ)

とにかく中国人が多かったです。

 

 

 

そしてお次はようやく最終地点・赤井川を目指します。

道南日本海側編の帰りに通った道を、今度は明るいうちに通過です。

やっぱ夜と昼とじゃ見える景色が違いますな。

前回、気でも違ったかのよーに高速で走り去るADバンを見かけたんですが、

今回も同じ車かは不明ですが、キチガイじみた速度で走り去るADバンを見かけました。うーむ。

時間が遅かったので(16時過ぎ)パン屋さんのパンはとっくの昔に売り切れてました。

ジェラート屋さんは混んでたのでパス。直売所で売ってたさくらんぼがすごい美味しそうだったー。

 

 

 

これで目的の道の駅スタンプは全部狩ったので、後はゆっくりおうちに帰ります。

前回はじめて通ったときはすごいカーブだなと思った道も、二度目ともなるとわかってるから平気。

のんびり走ってもまだ明るいうちに帰り着きました。

次は恵庭あたりを攻めたい気持ちがあるけど、襟裳岬へのアコガレもあるので、その時でいいかなーとか。

オホーツクは冬になる前に行っときたい気がするけど、なんせ今年は連休が少ない。むむむ…。

次は富良野美瑛占冠日高夕張あたりかなあ? コレは日帰りできるコースなのだろーか…。(距離感ゼロ)

続きを読む >>
道の駅2017 comments(3) trackbacks(0)
R275編。

積丹に行こうかどうしようか迷っていた今週末の土曜日。

ウニにまったく興味のないワタシとしては、海岸と岬に行けるならいつでもよかったんですが、

ウニを求める友人が、ウニの季節に行きたいとか何とか言ってるのでちと面倒。

週末は何とか晴れそうだけど、それまでいいだけ雨降ってるから泥水海に流れ込んでないだろーかとか、

思いっきり潮まつりとぶつかってるから小樽市内を抜けるのしんどいんですけどとか、

前日がふなっしーバンドのライブだから夜遅くなるだろうし早起き面倒なんですけどとか、

まあいろいろマイナス要素が山積みで、既に無理して行くこともないんじゃモードに入ってはいたんですが、

前日のライブ終わりにウッキウキで食べた晩ご飯がとどめを刺しました。

 

どすこいてんこもり中華どごーーーんとな。

 

フツーにチャーハンとスープを頼んで、エビチリをシェアしようと思ってたんですけどね、

見よ、この山盛りチャーハンと、どんぶり玉子スープ。

普通の量のエビチリが小盛りに見えちゃうこのボリューム。

そりゃ小分けの取り皿も寄越すハズだぜ…。

つーか、ふたりで同じメニュー頼んでるんだから、

取り皿寄越す気を利かせる前に量を教える気を利かせて欲しかったっすね…。

 

とかブツブツ言いながらもキレイに平らげたワケですが。

だってこのお店美味しいんだもん。

美味しいものをたらふく食べて満ち足りたはいいが、さすがに腹がキツいのですぐ眠れる感じもせず、

どう考えても次の日積丹は面倒だし疲れるし眠いだろうということで、延期。

 

予定が空いたので、旭川に行くことにしました。(ハァ?)

積丹行くのが面倒で疲れて眠いのに旭川に行くとはこれ如何に感はあるかと思いますが、

積丹だと早く着かなきゃいろいろ都合が悪いけど、旭川なら午後になってもラプサンやってるもんね。

ちょうど旭川に行きたい度が高まっていたので、思い立ったが吉日とばかりに飛び出してみました。

 

 

 

…と言いつつ、前日の暴食が祟って出発したのは11時。

出発が遅かったからといって急ぐワタシではないので、いつものよーにのんびりドライブ。

いつも旭川に行く時は12号線を使うんですが、今回は別ルートで。275号線沿いを中心に攻めます。

 

まず目指したのは新篠津。道路がよくわからんので地図と青看頼りでテキトードライブ。

途中で「あの建物すっごい道の駅っぽい!」っていう建物が建設中で、

通りすがりに看板確認したら、当別の道の駅でした。今年の9月OPENとか書いてあったかなあ…。(適当)

337から139に入ってひったすら農道を走り続けまして、本当にこの道でいいのかと不安になってきた頃、

だだっ広い畑の向こうに、デカめの建物が突然現れました。

 

場所が場所だけに、ドライバーのためというより地元の人のための施設って感じでした。

けっこう車がたくさんあって、テントもたくさん張ってたなあ。

レストランや温泉も併設されているので、お手軽キャンプにちょうどよさそうな感じでした。

 

 

 

139をそのまま走り続けて、どっかで曲がったかな?

月形当たりの275に入りまして、お次は鶴沼を目指します。

このR275ってのは歴史ミーハー心をそこはかとなくくすぐるルートでして、

月形の樺戸集治監は新選組永倉新八が剣術師範やってたところだし、

浦臼は坂本龍馬の親戚だったかが入植したところで、(坂本龍馬にあんま興味がないのでうろおぼえ)←

資料館的なものもあって、大昔に行ったことがありますが、なかなかに熱かったよーな記憶が…。

 

そんな坂本家ゆかりの浦臼の道の駅・鶴沼のスタンプがこちら。

臼子ねえさん…。

鶴沼にはワイナリーがあるんで、臼とワイナリーで臼子ねえさんはわからんでもないんだが…。

インパクト的にはきっと正解なんだが…なんだが…。

 

あげいもが売っていたのでいそいそと買ってみたんですが。

味はね、イイのよ。衣サクサクでおいもホクホクで。美味しかったんですが。

何故なんだろう、キョーレツなバニラエッセンス臭が…。

鼻つまんで食べてみたら、文句なく美味だったのに、なぜバニラエッセンス…。

惜しいあげいもでした。やはりあげいもは三笠に限る。(中山峠は見限った)

 

 

 

275走り続けてお次は雨竜。

ここも、道路を通る人のためというよりかは地元の人のための施設って感じでした。

あ、でも雨竜を紹介する展示室のようなものがありました。

展示室内には、展示を見てる人よりも展示室の外で買ったものを食べてる人の方が遙かに多かったけど。

お土産売場よりも直売所の方がスペース広かったかな。

雨竜は鍵谷とまつごーが応援大使らしい。ふたりの間に顔出しできるフォトパネルがありました。

顔出す高さ的に、完璧子ども向けのパネルではありましたが。

建物の奥に広い芝生のスペースがあって、そこでフリーマーケットが開催されてたみたいです。

 

車に戻ってみたら…

まったくお呼びでないお客さんが助手席に座っていました…。

何だコイツ。ハチ?(早々にお引き取り願いまして、単独ドライブ続行です)

 

 

 

次に通りがかったのは北竜町の道の駅なんですが、この道の駅は22時まで開いているので後回し。

温泉が併設されているので、帰りに寄ってひとっ風呂あびてから帰ろうというステキな計画です。

ゆえに、寄らずに通り過ぎて、次の秩父別を目指します。

ここもお隣にちっぷべつ温泉というのがありました。

なんとなく寂しい感じの道の駅でしたが、地元の手紡ぎサークルさんの作品らしきものが販売されていて、

ソレがまたかわいいのステキなのって、ちょっと教えを請いたいくらいでした。

それにしても、藍染めの綿麻ストールが3,000円ってちょっと安すぎませんかね…?

 

ちなみにこの道の駅では、怖くて手を出せなかったんですが、

ブロッコリーソフトクリームなるものが売られていました。

考えてみればブロッコリーって見てくれがアレなだけで味はそんな個性強くないから、

そこまで恐ろしい仕上がりにはなっていないのかもしれない。(食べないけど)

 

 

 

この後、旭川でおデートの予定だったので、旭川を目指して青看頼りで走ります。

(人と会う約束あるのにのんびりドライブしてやがったのかよ)(ああそうだよ)(人としてどうなの)

12号線沿いに深川の道の駅があるんですが、

いつも旭川に行く途中で通るので今日じゃなくてもいいかなーどうしようかなーと思いながら、

青看が指し示す「旭川」の方向めがけて走っていたら、まんまと深川の道の駅は通過しませんでした。

ザックリとした地図を見ると、深川あたりで12号線に出るっぽい雰囲気だったんですが、

青看通りに走ったら神居古潭のあたりでようやく12号線に出まして、どうも57号線を突っ走ってたようです。

行き当たりばったりで走る癖はそろそろ改めた方がいいのかもしれないとちょっと思いました。

 

そして旭川といえば…

毎度お馴染み、ライフラプサンでハイティーセット!

サンドイッチはハム、ケーキは木イチゴのタルト、スコーンはカシューナッツ、紅茶はラプサンスーチョン。

夏なので、ベリーベリーティーソーダも注文してみる贅沢布陣です。

 

そして、画像をご覧いただければわかるように、ひとりじゃないんですよー。

(確かにワタシはひとりで2セットとか注文しかねないアホではあるが、今回は違うのだ)

先日小樽で接近遭遇していたぽよよんさんとデエトなのです。むふふ。

 

ぽよよんさんに会ったら、刺し子とかがま口とかお洋服作りとかいろいろお聞きしようと思っていたのに、

どういうワケか、甘やかしてもらえなかった長女ネタでひたすらに盛り上がって終わりました…。

人付き合いスキルの異常に低いワタシがアホのよーな自分語りを延々していたよーな…スミマセンスミマセン。

今度こそちゃんとコミュニケーション的な何かを目指して頑張りますので!

 

そして、お互いにアトリエKazuさんの大かせをゲットしているワタシたち。

せっかく糸がたくさんあるんだからちょっとずつばくりっこ(ばくる=北海道弁で交換)しよーよー、と、

図々しいお願いをしてみたところ、いいですよーという有り難いお返事をいただき、

そうして先日いそいそと玉巻きなどしていたワケなんです。

ええ、あの、いくらかマシになったとはいえかなりお粗末な糸玉をね…。

 

そして、その糸玉と引き替えに手に入れたのが…

ぽよよんさんお手製・革のブックカバー2種と、お菓子いろいろ、そして…

 

糸玉キャーーー!!!

20gってお聞きしたからー、ワタシも20g目指してシコシコ巻きましたのにー、

なんかデカくね? と思って計ってみたら、どれもこれも30g近くあるんですけどなんという大盤振る舞い…。

 

ワタシは交換用の糸玉しか用意してなかったのにスミマセンスミマセン。(前日深夜に突然思いつくからだぞ)

それでなくてももらいすぎているというのに、ワタクシ、

筋トレ用とか言ってシルク糸里子に出しちゃった。(巻いてもらうのだ!)(図々しいぞ)

なんかもういろいろスミマセン。

里子を引き取りに伺う際には、今度こそオトナ感あふれる手土産を持って参上仕りたい所存です…。

 

前日深夜、日付が変わる直前にイキナリ、

「明日行ってもイイですか?」な突然のお願いだったのに会ってくださってありがとうございました。

僅かばかりでも計画性を身につけたいと思うですスミマセンスミマセン。

でもワタシは楽しかったぞー!!(あいてのきもちをかんがえましょうね)(小学生か)

 

いつものよーに2時間たっぷりかけて食べて飲んでしたワケですが、食べるの遅くてスミマセンでした。

アレがワタシの常態です。(お弁当も昼休みいっぱい1時間かけて食べる)

とっぷり日も暮れて、他のお客さんもみんなとっくに帰って、

店内ワタシと店員さんだけな状況になるまで一緒に居座ってくださってありがとうございました。

これに懲りずにまた遊んでやってくださるとうれしいです!

 

 

 

すっかり夜になってから旭川を後にしたワタシは、次なる目的地・北竜を目指します。

いざ、スタンプとお風呂!

北竜町です!!

北竜門で竜がお出迎えです。

 

左からギロリ。

 

右からもギロリ。

 

左右からギロリ。

昼間通過したときも見たんですが、夜の方が迫力ありますね、コレ。

 

ここは温泉のやってる22時までスタンプも捺せるのです。

スタンプもらったら、いそいそと温泉セット背負っていざ入浴です。

大人ひとり500円。

やはり地元の方の利用が多いみたいです。

「痩せた〜?」「全然痩せないわ〜」「ハウスであんな汗かいて働いてんのにね〜」「ほんとにさ〜」

…ご、ご苦労様で御座います…。

 

温泉は古かったけど、なんかイイ感じでワタシはすごく好みな感じでした。

よい気分になって、ぽかぽかのカラダでてぬぐいかぶってドライブ続行。

 

向かう途中の月形町で、花火大会があるから18時〜20時は混雑しますという立て看板を見ていて、

帰りは他の道通って帰ったほうがいいのかなーとかちょっと心配していたんですが、

まったくもっていらぬ心配でしたわ。月形通過したの22時過ぎですよアッハッハ。人の気配もありゃしない。

 

行きは新篠津に寄ったので月形から275号線に入ったんですが、

帰りはひたすらに275を走ればいいんだよな…? と思って走っていたのに、気付いたら81号線走ってました。

なんかもう真っ暗でぐねぐねの道をひたすら走ってたら337に出たんですが、

地図見て復習したら、途中で右折したところを左折してればもっと早く337に出られたっぽいっすね。

距離的時間的にどっちがいいのかはわからん感じだったけど、はじめての道路を走るのは楽しかったからまあいいや。

 

今回のスタンプ狩りドライビングは最終的にこんな感じ。

ようやく2,000キロを越えましたねえ。そして燃費が29.1ですってよ。

満タンで出発してるので2メモリ減ったみたいですね。

途中では29.9とかいう何か気持ち悪い燃費を自称してやがったんですが、本当かなあ…。

前回の給油が30.5リットルでトリップメーターがが809.5だったから、

燃費のいい車であることは間違いなさそうだけど。

 

次は富良野・美瑛あたりを攻めるかなー。

いや、真狩あたりを潰しておくべきか…。

スタンプラリーってのも楽しいもんですね。むふふ。

道の駅2017 comments(0) trackbacks(0)
道南日本海側編その2。

需要の有無など気にせず昨日の続き。

道の駅スタンプラリーを口実に道南ドライブ2日目です。

 

またしても長くなる予感ヒシヒシなので、時間と根性のある方のみ続きからドウゾ。

続きを読む >>
道の駅2017 comments(5) trackbacks(0)
道南日本海側編その1。

無事というか無事じゃないというか、とにかく戻ってました。

もっぱら道の駅のスタンプ求めて走り回ってきたワケですが、やっぱ景色がよいですなー。

道の駅スタンプラリーを口実に、いろんな景色が見られそうで楽しみです。わくわく。

 

そして帰宅してみたら、また新たなお届け物が届いていたので、

出立前にいただいていたものとあわせて、後日改めて自慢させていただきますね。

 

そして自分で買った旅のお土産はコチラ!

糸どおおおーーーん!!

…ってのは冗談で(なんせ全然シャレになっとらん)、ちゃんと思い出もお土産に持ち帰っております。

まあ、一晩寝たら随分と忘れたけどさ。

 

 

 

いつものよーに長くなると思われるので、根性と時間のある人は続きからドウゾ。

続きを読む >>
道の駅2017 comments(3) trackbacks(0)
あげいもを買いに。

20年乗った愛車と涙のお別れをして3ヶ月が過ぎましたが、

ワタシの『ぷーにもっと乗ってあげればよかった』という悔恨は深い。

ゆえに、そのぶんさめおに乗ろうという補償行動に出ようと思うのです。

 

道の駅スタンプラリーとかやっちゃおっかなーと。

 

ちょっとそこまで的な乗り方をしないので車の稼働回数は少ないんですが、

一度乗ると大抵高速使わず数時間単位のドライブになるワタシなんかは、

例年フツーに道の駅をいくつも利用してるワケです。

でも、いつも通る道沿いの道の駅しか知らないので、

これからはアグレッシブに未知の道の駅(…)を攻めてみようかと。

ガイドブック代わりのスタンプブックを買いに行ってみました。

 

ちょいと中山峠まで。(所要時間2時間ほど)

盤渓が妙に混雑していました。

 

最寄りの道の駅つっても札幌の近くにはないので、限りなく小樽に近い札幌在住民なワタシ的には、

余市・赤井川・中山峠あたりが候補だったんですが、アップルパイとあげいもで悩んで、あげいもに決定。

 

この日の遅い昼食はあげいもです。

…でもイモがよくなかったのか、あんま美味しくなかった…。

三笠で食べたあげいもの方が美味しかったなあ。時期的なものだろーか。

 

前来たときには気付かなかったんだが、こんなコーナーができていました。

ワタシはノーマルで食べたけど。

余計なモノはいらない、イモと衣で勝負して勝てるあげいもを求めています…!!

 

ピーカンだったんですが、羊蹄はぼんやりしてたなあ。

 

記念すべき最初のスタンプをまんまと捺し損ねて上部が欠けたワケですが、まあこんなこともあるだろう。

つか、この性格悪そうなキツネの顔はどうにかならなかったのか。

 

闇の深そうなあげいも野郎(何か名前ついてたけど忘れた)の方がまだ可愛げがあるというものだ…。

 

目的のスタンプブックとスタンプを手に入れたので、とっとと帰ることにしたんですが、

すっかり忘れていたんですがこの日(7月8日)は真駒内花火大会でしてね。

行く途中で道路脇に交通規制の予告が出ていたんですよ。

交通規制にひっかかっても面倒だなーと思って、帰りは朝里まわりで帰ることにしました。

限りなく小樽に近い札幌市民だからこそ選べるルートですな。

冬の間は通行止めになるような道路ではありますが、この季節にはすごくイイ感じの、

緑あふれる気持ちのよい道路なんで好きなんですよね。(途中で突如ヘアピンカーブが現れるけどな)

 

…で、朝里をまわったってことはつまり…

 

えへ、時間があったんで、またちょっくらお邪魔してきてしまった。さあ来い一期一会!!

もう完全に顔バレしてるから今更気まずいも何もなく開き直って突入。

要約すると「ずいぶん頻繁に来るよね」「すごい量買ってるよね」とか言われましたが気にしない。

 

上の段奥のエメラルドグリーン〜紫とかエメラルドグリーン〜ピンク、

下の段奥のピンク〜ピンク、手前の水色〜青紫、水色〜紫とか、すげー好きだわああああ…。

顔バレして開き直ったワタシは図々しく店員さんとお話させてもらっちゃうワケで、

3日後あたりにはお店に並ぶかもとか教えていただいたんですが、ど平日だから無理っすね…。

まあ糸とは出逢うものですから、行ったときに並んでる糸とのご縁を大事にしようと思うです。

あ、糸の色ですけどね、ここに干してある状態よりかなり薄くなるそうです。

はーやっぱ自分でも糸を染めてみたいなあ。

でもこの時期(この日は気温が30度超)の染めは地獄だってお兄ちゃんが言ってました。

こまめに水分補給しながら汗だくで染めてるそうです。

この歴史を感じる建物じゃクーラーとかついてなさそうだもんなあ。

お兄ちゃんに「インスタとかやってるんですか?」とか聞かれましたが、ガラケー民ですスミマセン。

インスタやってたところでロクな写真アップしないけどな…!!

せっかくの糸のかわいらしさを木っ端微塵に粉砕した見るも無惨なふきんしか縫えないからな…!!

アナログにひっそりとブログでちまちま懺悔の日々がせいぜいです。

 

そして今回の一期一会は…

 

テーマ『青海波が刺したい』でした。

 

カワイイ糸が増えてニヤニヤですが、刺す方がさっぱり追いついていませんね。

刺し子仲間欲しさにKazuさんの糸送りつけようと思っていたのに、

まんまと同封し忘れたり住所知らなかったり(あほ)してサッパリ減らない。(減らし方が間違ってます)

とゆーかね、20gあれば相当刺せるんですよね。

柿の花とかの縦横だけなら2枚くらいイケるし、十字花刺しとかの斜めも縫う模様でも1カセでイケちゃう。

そりゃ減らないワケですよねーアッハッハッハ。(なのに買い足すからねー)

さ、刺し放題なんだぜ…!!

 

 

 

そうして盤渓から中山峠、小樽を経由してぐるーっとドライブしてきた結果、

ようやく走行距離が1,000キロくらいになったんですけどね、

…ほんとに…?

(先日給油したときに計算したらリッター22キロくらいだったから、あながちデタラメでもなさげ)

 

とりあえず、かなり走っても燃料あまり減ってないなーという実感はある。

そして何より、ぷーは給油のたびに樋口さんとの別れを覚悟していたものだが、

さめおはすっからからんでも英世が3人くらいいれば何とかなっちゃうので、

遠出しようかなーと計画しても燃料代をあまり勘定に入れて考えなくなったかもしれない。

交通費考えずに気軽に飛び出せる感じ。

 

そういえば、1ヶ月点検のときにオイルを交換するとかしないとかの話になったなーと思い出し、

1,000キロ近くなったけど交換したほうがいいのかなーとぼんやり考えたりしていたところ、

ちょうど八兵衛から電話があったらしく、日曜日にフェアやるからパターで遊びに来るがいい、とのこと。

ママンがホームセンターに行きたいと言っていたので、そのついでに行ってきました。

ゴルフなんてやったことないし、パークゴルフですら穴の遙か彼方にかっ飛ばしてOBな、

もっぱらパワーの面でノーコン炸裂しているワタシですので、当然一度たりとも成功しなかったんですが。

方向はよかったと思うんだよなー。全球目指す穴のどまんなかを高速で通過してたもん。

弱くよわ〜く打とうとしたんですけどねえ…。ボールが浮かび上がらなかっただけ上等だと思おう。

テレビで見るとみんな難なく打ってるけど、パットって難しいんですね。

 

ママンも右に左にとヨロヨロ打ち込んで一度も成功せず、

残念賞のこんぶもらってきました。ふたりぶん!

他の景品が、牛肉(嫌い)とビール(嫌い)と洗剤セット(いつも使ってる銘柄とは違う)だったので、

一番欲しかった景品もらいましたよヤッター!!

鍋の季節はちょっと先ですが、おいしくいただこうと思うです。ありがとう八兵衛。

 

で、肝心のオイル交換ですけど、なんかよくわからないけど5,000キロくらいまで交換しなくて大丈夫だそうな。

最初だから一番いいオイル入れてて、なんかMT車だからうんちゃらかんちゃら(よくわからん)で、

とにかく走って馴染ませろ、みたいなことを言われました。よくわからんけど交換しなくていいならそれでいいや。

 

とりあえず目下の目標は5,000キロ走破ってことで、道の駅目指して走り回りたいなーと思うのでした。

 

そういやマツダで八兵衛とサヨナラするときに、

「今日はこれからどちらへ?」と尋ねられ、「ホーマックとビバホーム」と答えたら、

「すっごいYuki*さんらしいですね!! 実用的なお買い物ってところが」とか言われましたが、

ワタシ、八兵衛にどう見られてるのかがちょっとわかったような気がする…。(そして多分それは誤解ではない)

 

 

 

走る猫を撮りたいと思い、2階でおやつの袋を振って、駆け上がってくるところを撮ろうとカメラスタンバイ。

鈍くささが売りの猫が、まさかの高速ダッシュで撮影失敗。

そういえばコイツ、食い意地の汚さも売りだった…。

道の駅2017 comments(5) trackbacks(0)
| 1/1 |