| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
戦隊モノ。

最近ママンが桃鉄にハマってまして、せっかくの休日だったんですが、

母「今日どっか行くの?」
私「休みの日に外出などせぬ」
母「じゃあ桃鉄する?(キラキラ)」
私「………(他にやりたいことあるけど)イイヨ…」

…ってな次第で、ボンビーと戦って日が暮れましたYuki*ですコンバンハ。

桃鉄なんて年に1回か2回、数日かけて100年ガッツリやりこんでこそ面白いんだけどなぁ。
ママンは平日もCOM相手に5年とか10年で楽しんでいるようです。
…が、いまいちやり方がわかってないというか、考えナシというか、
本気でやっても最下層COM相手に9割方負けるという、なかなかの腕前を披露してくださいます。
それでも楽しいみたいだから、喜ばしいことではある。



突然クラシックを聴きたくなり、HMVのクラシックコーナーを物色してみました。
安楽椅子にゆったりもたれながら、目を閉じて交響曲をアタマからケツまで堪能するようなタイプではないので、
ミーハーかつ庶民的に、思いっきりジャケ買い。


ショスタコーヴィチやらハチャトゥリアンやら書いてありますが、

いろんな作曲家の有名曲を集めたいわゆるひとつの名曲集です。
選曲基準が、ワタシのよーなお気楽庶民派ミーハーにぴったりかなぁと思いまして。
なんせ、『ヒーロー風クラシック名曲集』と『ダークヒーロー風クラシック名曲集』だからね。
ヒーロー風は革命からはじまって威風堂々で終わるというね。
どシロウトにもわかりやすい「アムロ、いっきまーす」的な何か?
このシリーズで魔法少女っぽいクラシック名曲集もあるらしいんだけど、
品切れ中だったうえに、あまり興味がそそられなかった。

気心の知れない人乗せて車運転しなきゃならないときとかにコレかけよっかなーと思っている。
普段は好きな曲かけて隙あらば歌いながら運転してんだけど、気心知れない人の前ではちょっとね。
ウッカリ歌い出さないためには、クラシックしかない…! と思ったのでした。

ちなみに当方、クラシックへの造詣は公園の幼児用プールよりも薄っぺらいです。
幼稚園入る前から習わされたエレクトーンの忌まわしい記憶がワタシをして音楽から遠ざけたのですよフフフ…。



猫はカーテンレールの上が好き、という話を聞いて、親切心でのらおを乗せてみました。


何の足がかりもないせいか、降りれず動けずでなかなか困惑しているようだったので、すぐに下ろしてやりました。
猫のクセに情けないなぁ。



我が家の老いぼれカーですが、無事車検から戻って参りました。
クラッチ交換の憂き目は見なかったのですが、結局給料1ヶ月分ふっとびましたわ。うはは…。
すっかり忘れてたけど、ケツのあたりの接合部分がはずれかけてるって函館旅行のときブツブツ言ってたじゃん自分。
そこの部分をガッツリ交換されました。アイタタタ…。
とりあえず車検は通ったので、成人式を迎えるまではこの車に何としても踏ん張っていただこうと思います!

映画・音楽 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1047
<< NEW | TOP | OLD>>