| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
G.W. ひとやすみ。
ガマ・ウィークは一休みして、ばあちゃんとママンの接待でちょいと外出してました。

支笏湖のほとりの温泉に一泊です。
えーと、直江先生の眠る湖でしたっけ…?(古すぎる)

チェックイン時間よりもちょっと早く着いてしまったので、
旅館のレストランでお昼ご飯を食べることにしたんですが、
姫鱒の刺身定食にしようと思ったら、夕食に姫鱒出るかもよーってママンに言われて、
なら楽しみにとっておこうとフツーのハンバーグ定食注文したら、夕食に姫鱒出なくてしょんぼり。
ばあちゃんとママンの頼んだ定食に姫鱒の刺身がちょっとだけついてきてたんで、
ソレちょっとわけてもらったらすっごい美味しかったから食べたかったのにー。
ママンの言葉に惑わされず姫鱒の刺身定食にしておけばよかった…!!
戻って来た今となっては姫鱒食べなかった後悔しかないので、刺身定食食べにまた行くんだ!

泊まった旅館の温泉に、支笏湖とつながった露天があったんだけど、
その温泉は支笏湖の水位と同じ水位なもんで、今時期水位低くて35cmとか。
フツーに入ると肩が出るので、他に誰もいないのをいいことにほぼ寝そべって入ってみた。
風呂の底からぽこぽことお湯が湧いてくるタイプの温泉なので、天然ジャグジーみたいでキモチイイ。
水温も低かったから、風呂からあがったときは寒いと思ったんだけど、
着替え終わる頃にはなーんかぽかぽかしてきて、温泉ってすごいなぁと思ったのでした。
今度は水位が高めのときに行きたいな。(時期によっては水位が140cmとかになったりするらしい)

チェックイン時間より前に到着しちゃったら、旅館の方がお部屋に早く入れてくれて、
温泉もゆっくり、食事もゆっくり、21時には就寝と、ずいぶんとゆったりごろごろと過ごせました。
やっぱ温泉はいいのぅ…。

帰りはもうちょっと支笏湖畔を見たいとママンが言うので、支笏湖半周して中山峠まわりで帰ってきました。
中山峠を通るからには、あげいもを食べないワケにはいかないでしょう、というんで…

羊蹄見ながらあげいもタイムです。

行きも帰りも山道だったんですが、まぁフツーに路肩に雪がもっさり積もりっぱなしでしたね。
中山峠では犬がモフモフと雪と戯れていてかわいかったわぁ。
飼い主をひきずりながら雪に突進していくゴールデンレトリバー。

中山峠のあげいもキャラがけっこう気に入っているんですが、
四十路女がグッズを買ったら負けだと思って我慢してきました。

…ちょっと悪そうでカワイイんだ…。



ばあちゃんとママンの接待は待ち時間が長いのが常ですので(風呂が長いとか行動に無駄が多いとか…)、
待ち時間を有意義に使おうと思いましてね、刺し子を持ってっていました。
まっさらのふきんと糸を持って行ったのですが、

とりあえずここまで刺せてしまった…。

やたらめったら長風呂なばあちゃんとママンがあがってくるのを待ちながらちくちく。
普段テレビを見ることができないママンが、ここぞとばかりにテレビを見まくっている横でちくちく。
連休中に仕上がるかもしれないなーというなかなかの進み具合でした。

さーて、明日からはガマ・ウィークを再開したいと存じます。



ママンが部屋でテレビをつけたらちょうど野球中継やってて、
いつもはラジオで聞いているママンが久々に映像を見てうるさいうるさい。

ママン「このひとだれ?」
ワタシ「ナカシマ」(グラサンで守備中)

ママン「このひとはだれ?」
ワタシ「ナカシマ」(目の下に黒いのつけてメットかぶって打席)

ママン「じゃあこのひとはだれ?」
ワタシ「ナカシマ」(茶髪なびかせてベンチ)

…顔を見とけ。
ついでに、至って普通の内野ゴロでもバットにボールが当たれば打たれたことになっちゃうひとなので、
三振とらない限りは「うわーーーー打たれたーーーー!!!」とか大騒ぎしてくれちゃって、何が何やら。
ソレは打たれたのではない、打ち取ったのだ。

…だから一緒に野球見たり聞いたりしたくないんだよ…疲れるから…。



一晩のらおにお留守番をお願いしたら、声が嗄れんばかりに鳴きわめいて一晩過ごしたらしい。
悪魔のような顔でガラガラ声で鳴きながらのお出迎えをしていただきました。ごめんよのらお。
行き当たりばっ旅 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1212
<< NEW | TOP | OLD>>