| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
冬が来たからには。

※下の方の記事で、いちいちビミョーな消しゴムはんこ押しつけ企画開催中です。

※興味ある方は見てやってください。(なんせビミョーなので暇つぶし程度にドウゾ)

※押しつけ企画記事のコメントにつきましては締め切り後まとめてレスするつもりです。

※とりあえず20日くらいまでは開催しっぱなしで放置しとくので、気が向いたらどうぞよろしく。

   →とりあえずいったん締め切りましたー。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

 

 

 

思いがけないスピードで冬がやってきたので、

おやつもごはんもピザな週末、とか言った舌の根も乾かぬうちに、冬恒例のおやつを生産してしまいました。

 

アップルクランブル。

 

ひとり暮らしのばあちゃんが、くるみを買いすぎたとかで大量のくるみをくれて寄越したので、

ちょうど近所のスーパーに出てた紅玉使って作ってみました。うまうま。

いつもは乗せるアイスはスーパーカップなんだけど、今回は奮発してレディボーデンなんだぜ。うまうま。

やっぱ冬はコレだねぇ。うまうま。

 

 

 

北上中だった糸も届いてました。

 

キングスパンの#30。

このぼってりフォルムが大好きなんだよね…なんとなく。

 

織りの方もぼちぼち頑張ってますよ。

 

白のループ糸がなくなったので、代わりに肌色っぽいキラキラのファーを混ぜてみましたが…

 

細い糸1本変わっただけで、生地が薄いオレンジ色っぽくなって印象がちょっと変わりました。

ほんのちょっとの違いなのに、やはり織りとは奥深いもんですなぁ…。

 

 

 

 

 

なんだか大層締まりのない4試合でしたが、とにかく終わった…。
コレで野球にハラハラする季節も終わりかと思うと、ホッとするような寂しいような…。
29失点で投手差し置いて捕手が大層叩かれているようですが、捕手云々采配云々以前な印象だったけどな。
WBC使用球ってのの影響なんだろーかね、制球がサッパリな投手が多かったように見えた。
逸らして批判されんのはしゃーないけど、リード云々で叩かれてんの見ると何だかなぁ。
捕手はみーーーんなひとつのアウト取るのに相当苦労してるように見えた。この練習試合ずっと。
全然思うように投げられてない投手が多かったように見えたし。
強化試合に限らず、シロウト様がプロの配球をしたり顔で叩いてんのを各所でよく見るけれど、
その投手の球受けたこともなく、その日の調子もわからんようなヤツが配球語ってもイマイチ説得力ないし、
持ってる球種のすべてをいつでもどこでも要求通りに投げられること前提で語られてることが多すぎる。
そんなハイパーな状態シーズンに数試合あれば上出来なレベルだと思うんだけどなあ。
どこのバッテリーも、今日使える球を探りながら勝負するって作業を毎試合繰り返してるんだと思ってるんだが。
ゲームじゃあるまいし、いつでも基本スペック通りに投げられるなら誰も苦労しないんだよなぁ。

 

そもそもさ、常日頃から捕手だけで勝ち負けやら打たれる抑えるを語るヤツが多すぎてすげー不思議。
そりゃ他の野手に比べれば相当深く勝敗に関わるポジションだとは思うけど、
結局野球って投手の出来が一番モノ言うと思うんだけどなあ。
調子悪い投手を何とか導いてあげるのも捕手の力量ってもんだとは思うけど、限度ってもんがある。
投手の能力や調子の良し悪し関係なく捕手で勝敗決まっちゃうなら、
最多勝も最高勝率も最優秀防御率も、投手じゃなくて捕手のタイトルになってるんじゃないの。
ノーノ―だって捕手の記録だろうし、『勝利投手』なんてなくて『勝利捕手』になってるんじゃね?
試合の勝敗に一番影響してるのが投手だからこそ、そうはなってないんだと思うんですけどねえ。
勝ったら投手のせい、負けたら捕手のせい、ってのは麗しいセオリーだとは思ってますけどね、
バッテリーってもんに夢とロマンを抱くヲトメ心的には。
だからといって捕手が理不尽に叩かれるのまで麗しいセオリーと思えるほどの悟りはまだひらけていない。

 

29失点をあえて誰かのせいにしなきゃならないならば、
高品質な自社製品を世界中に売りこめないNPB球のメーカー、ってことでいいんじゃないの。(暴論)
日本に来た外国人投手がマウンドが合わないっていうのはよく聞くけど、球が合わないってあんまり聞かないよーな。
投手の能力の問題なのか球の問題なのかは知らんけど。

 

そういや大野は地味にも派手にもコツコツ打ってるなぁと思ってたら、シレッと4割打ったのね。
だがしかし! 多分大野は4割打つことよりしっかり守ること期待されて呼ばれたと思うんですよね!
だからね、疲れてんのはよーーーっくわかるけどね、だけどね………

 

… 逸 ら す な !!(くわっ)

 

普段組まない投手が相手だし、投手が思うように投げられてなかったっぽいせいもあるんだろうけど、
どんな球でも止めてくれなきゃイヤなんだもんよぶーぶーぶー。

 

…とかブツブツ言いながらも、JAPANユニの大野はこれが見納めかもしれないと思い、
普段は一歩も家から出ない日曜日にスポーツ新聞買いに行ったりしてみたんだぜ。
なんていじらしいヲトメ心。

 

 


今シーズンの総括としては、
大好きな選手が選手会長に加えてキャプテンになった年に、
併用ながらも正捕手っぽい活躍を見せてリーグ優勝を果たしたものの、
日シリと代表戦とかいう全国の皆様の面前に晒される場面に限って守備がボロでちょっと残念。
普段の大野を知らないセファンの皆様にはポロポロこぼす守備ボロ捕手に見えたんだろうなあと、
普段の大野を知ってるワタシとしては、ちょっと悔しい。…しゃーないけど。
打撃改造で打線に置いておいても邪魔じゃない程度になっても、
相変わらず謎要素濃い目な打撃でうれしいことこの上ない。
やっぱ捕手の打撃は謎を孕んでないとないと面白くないよね!
とりあえず全試合録画保存して悔いのないシーズンでしたウハウハ。


そういや今日もスポーツ紙の一面は大谷一色でしたねぇ。
試合を決める満塁弾を叩き込んだ選手がいたような気がしたんだが…はて。
大谷だけ見てればいい簡単なお仕事ご苦労様でーす………ケッ。
※大谷が嫌いなワケではありません。

 

なんつーか、確かに今年の大谷はすごかったんだろうけど、なんかモヤモヤしたものが残る。
マスコミの大谷大谷大谷大谷がウザすぎるっていう大谷本人とは関係ない部分のモヤモヤのせいだけど。
大谷本人の能力とか努力とかはもちろんすばらしかったんだろうけど、
他の選手が頑張ったから大谷が力を発揮することができたって部分も多分にあったシーズンだと思うのよ。
ローテ筆頭な開幕投手がローテに大穴あけても打者に専念できたのは、
ルーキーながら加藤が先発と中継ぎを放浪しながら頑張ったからなんだから、
『大谷進塁打!』とかアホな記事載せる余地と時間があるなら加藤をもっと褒めろ! みたいな。

 

…まあ売れなきゃしゃーないんだろうけどさ。

マスコミに対しては例年以上になんだかなぁばっかりのシーズンでした。

※大谷はなーーーんも悪くないっすよ。

食べ物アレコレ comments(2) trackbacks(0)
Comment








美味しそうなお菓子〜。
アイスのトッピングもいいなあ。
スーパーカップ冷蔵庫に常備してあります。

織物キレイだなー。
奥深そう。

↓の消しゴム祭りに参加させていただいております。
当たるといいな。
from. かほる | 2016/11/17 21:20 |
かほるさん

おいしいけど、多分カロリーが尋常じゃないと思う!
なんせ、クルミとアイスだからね!
普段はアイスを常備していないんだけど、冬はコレのためにアイス登場頻度高し、です。

織物はよくわからんですな。
ビギナーだからか、そもそもそういうものなのかはわからんけど、
糸見てるだけと織りあがったときってちょっとイメージ違ったりする。
これもまた織りの楽しみのひとつなんだろうな。

消しハン頒布会ご参加ありがとうございます。
皆さん手を挙げてくださってとてもうれしい。
誰も手を挙げてくれなかったら捨てるだけだったからね。
もうちょっとしたら締め切りますね〜。

コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2016/11/18 21:29 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1284
<< NEW | TOP | OLD>>