| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
リベンジわっふる。

刺しかけのふきんがどれひとつとして仕上がっていないのに、

思いっきり影響されやすいワタシはまた新しいふきんに手を付けたのでした。

 

先日買ってきた糸で、からふるわっふるリベンジです!!

カワイイ糸で刺すんだからかわいくなるよね…? ね…?(そこはかとない不安)

 

ちなみにこの雑な方眼の下書きですが…

今までも散々登場してるので、今更ご紹介するよーなことでもありませんが、

100均やホームセンターに売ってる工作用紙を使って書いてます。

 

雑巾ふきんのサイズに合わせて作ってあるので、間に差し込むと布がぴーーーん!と張るのです。

(ふきんの仕立てが雑なのでぴーんと張らない場合もありますが、そのときはクリップとか使ってそれなりにぴーんと…)

そうなると布でもそれなりに書きやすいのです。

 

最初に枠線と縦横の真ん中の線と中心印を書きまして…

(そうしないとビミョーにズレてったときに最後の微調整での誤魔化しがきかなくなるのでね…)

 

あとはもう透けた下書きを頼りにザクザクと線を引くのみ。(5分あればできあがります)

下書きがあるのに引きそこなってるのはご愛嬌なんだぜ…。

下書きがあるのにちゃんとした方眼になってないのは、下書き自体が雑だからなんだぜ…。

でもこれがワタシの精一杯だったんだぜ…。(実は7ミリというビミョーさに3度ほど書き直している)

 

でもまあ、不揃いな目も味だと思ってやりすごします。

そうさいつでも合言葉は『歪んだ縫い目はハンドメイドの味よ…!!』。

 

こうして中途半端なふきんを4種類携帯して刺し子ポーチがパンパンなのですが、

他にも紗綾型刺したかったり、単色で麻の葉刺したかったり、刺したい気持ちばかりが先走って、

肝心の刺す作業はさっぱりはかどらないというね…。(刺してはいるが捗ってはいない)

 

 

 

夕日の猫。

岩合マインドでのらお撮影に挑んだら、ピント合う前に動き出しやがってぼっけぼけ。

耳もフレームアウト。

しかし、ちょっと野性味増しまして御座いますね。

思うようにならない、それが猫。

手縫いでちくちく comments(4) trackbacks(0)
Comment








図案を描くにはやっぱ下書き写すのが賢明なんだろうな。
刺したい気持ちを抑えられず、晒に直接書いてみたけどムズカッタデス。
ペンか鉛筆か考えた末、あえて線の太くなる鉛筆をチョイスしたのも失敗だったかも。
何から何まで思い通りに行かず、本来なら凹むところなんだろうけど、
なぜだか楽しくってしょうがないです♪
これもYuki*さんのおかげなのよ♪ありがとうございます!
工作用紙、いいですね。探してみたけど画用紙しかなくて(^^;)
1cm以外のマス目ならどのみち自分で線を引かなければならないけど、
やっぱ工作用紙のマス目は貴重ですよね。
晒にパシッとおさまるっていうのが素晴らしい!!
ご丁寧に教えてもらって感謝です、ありがたや〜\(~o~)/

ワイルドなのらおさんもいいねぇ。
from. sakura | 2017/06/13 22:20 |
なるほど…
方眼紙を作るのが大変だけど、一度作ってしまえばその後の作業が楽になり、何度も使えて便利。

図案だけ進むのがすごい。
わたしゃ布巾を一日で図案から仕上げて、
湿布を2日貼り、今も腕に違和感があるw
無理はいかんね。

のらおさんの顔、表情、違う子みたい…
早押しボタン押したクイズ王みたいなポーズ。
from. れがさん | 2017/06/13 22:44 |
工作用紙、あるある。
パッチワークの型紙に使っていました。
中心からというのと、差し込むというの
とても参考になりました。
でも7ミリって結構せまいよね。
パッチワークの縫い代と同じです。

のらおさん、ガンマンって思ってしまった。(古い?)

Yuki*さん、コメントありがとう。
泣きそうになった。
from. lapis | 2017/06/14 21:00 |
sakuraさん

ワタシ、直に書いたら見事に歪んでしまいましてね…。
普通の紙挟んで写しても、チャコペーパー使って上からなぞっても、
いっつもうまくいかないから、こーゆー方法に出てみました。
マス目入ってるのに方眼が歪んでしまうのには我ながら呆れましたが、
今まででは一番マシな出来だったのでこの方法にしてます。
晒のサイズが変なのは、実は、工作用紙で下書き作れるサイズにしたってのもあったり…。

刺し子はいろいろ試したりしてうまくいかなかったりする時間も、
イライラしつつ楽しかったりするんですよねー。
ワタシは晒押しつけた以外なーんもしてないけど、みんなで楽しめたらうれしいなあ。
(自分が刺しあがらないから他の人の刺し子を見て楽しませてもらおうという他力本願)

なんか別な猫みたいな顔してますよね、この写真。
実は、寝起きはいつもこんな顔です。



れがさんさん

そうなのです。
最初作るのはちょいと面倒なんですが、作ってしまえば後は楽。
線をなぞるだけだし、何度も使えるし、思い立ったらすぐ刺し子。

ちゃんと仕上げてるれがさんさんの方がすごいっす。
あれこれ手を出してどれも完成せずに刺し子ポーチがぱんぱんです。
無理はよくないけど、ノリノリなときに止めるのも難しいのよね…。
訓練して刺し子に必要な筋力と持久力をつけようではありませんか。

いつもののらおとは違う顔ですが、寝起きはいつもこんな顔です。
早押しボタン勢いよく押してピコーンと解答権手に入れて、勢いよく間違うタイプ。
(そして後からゆったり押した他の解答者にまんまと正解される)



lapisさん

工作用紙、何かと便利なんですよね。
パッチワークは小学生の頃にやったっきりですが、
そのときもヘキサゴンみたいな型紙工作用紙で作ったよーな記憶が。

一目刺しは5ミリ方眼が一般的なので、7ミリはちょっと大きめです。
方眼のサイズが縫い目のサイズなので、縫うのはそんなに細かくないのです。
細かくないのに乱れる縫い目ってのはどうしたもんでしょうね…。

夕陽のガンマン!! 確かに!
でもコイツ、きっと狙い澄まして撃ったら全弾外すタイプ。

各所で常々しょーもないコメしかできてないので、
ワタシなんぞがコメントして大丈夫かなと思いつつ、ついつい…。
お気を悪くされたらどうしようとかちょっとドキドキしてたので、ちょっとホッ…。
仕事ならともかく、趣味なら楽しくなくちゃ。
たまに気の合わないひともいるけど、他にいっぱい気の合うひとがいるんだし。
でも、lapisさんのアウトプットが欲しいひとの気持ちはちょっとわかるかもー。
だってlapisさんの作るモノって、すんごくステキだもんなあ。



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2017/06/14 22:01 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1409
<< NEW | TOP | OLD>>