| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
うわきもの。

なんかまいにちあついよー。

 

夜も扇風機つけて寝てるんですが、かなりの頻度で風が来なくなる。

何年も使ってる扇風機だから、埃に耐え切れずついに壊れたかと思ったら、

のらおが扇風機前でぐでーーーっと長くなって、風を独り占めしてましたよ…。

おまえってやつは…。

 

 

 

遅々として進まないながらもちくちくはしているワケなんですが、

今度こそはと思っていたのにまたしてもよくわからない感じになってきて、

ちょっと気晴らしに浮気の準備などしてみたのでした。

 

ずっとなんとなーく気にはなっていたんですが、ついに買ってしまった。背守り本。

子どもの着物は背中に縫い目が入らないから、そこから悪いものが入ってくるのを防ぐためのおまじない。

もっぱら江戸末期から明治にかけてのものが載ってたんだけど、

こういった習慣が残る中で洋服が入ってきてどんな感じだったのかなーとか妄想中。

きっと洋服のシャツとかって背中に縫い目なんかないよね、タックや切り替え入ったタイプ以外は。

洋服の背中に赤く背守りとか、なんかよくわからんけど萌ゆるわ…。

 

そして、チャコペン買うついでに(なぜかアマゾンが一番お得)、

ずっと気になってる庄内刺し子の本と、しばらくカゴに入りっぱなしだったこぎん本を。

『続 遊佐刺し子に遊ぶ』の方は、1冊目の方も欲しかったんだけど、ミスとかもあって絶版らしく。

オクとかにも出てるんだけど、アホみたいな金額出してまではなーって気がして、

ここまでって金額入れたまま放置してたら、ことごとく落とせずに今に至ってます。

まあいつかご縁があったら。

遊佐刺し子、布目をカウントしないこぎんみたいな感じっぽいんだけど、なんかすごくかわいいんだよねー。

刺し子布とのパッチワークの作品がいろいろ載ってたんですが、

パッチワークは小学6年生の冬に小学校の卒業に先駆けて卒業したのでもういいです…。

 

これらを眺めて気晴らししながら、またしてもあやしいけはいの漂いはじめた刺し子に挑むのです。

 

…うーん。

 

仕上がりの良し悪しに関わらず楽しめるのが刺し子のいいところだよねー。(Yuki*はひらきなおった)

手縫いでちくちく comments(5) trackbacks(0)
Comment








「背守り」初めて知りました。
お守りとか神様って自分の都合でしか登場しない罰当たりな生き方してるからな...

チャコペン、Yuki*さんになりたくて(?)アマゾンで見つけたけれど、
この度フリクションで実験しようと買ってみました!
線の書き心地とか洗ったらちゃんと線が消えるのかとか、
その後冷凍しても線が戻ってこないか、とか実験したいと思います。

尖った刺し子!!え〜ワタシめっちゃ好みですけど!!
どこが怪しい!?カッコいいと思うけどな。真似したいレベルだ♪
from. sakura | 2017/07/13 18:14 |
sakuraさん

ワタシもお守りはアクセサリー気分で選んでる罰当たりなので何ともかんとも…。
ただこの背守り、親が子を思ってちくちく縫うものなので、
なんというか素朴なお願い事というかおまじないというか、なんかきゅーんとくるんですよね。
子どもの服なので、麻の葉模様とか刺してたりするんですよー。

フリクション、かつてワタシも実験したものです…。
確か、アイロンで一度消えても冷凍庫放り込んだら復活しました。
水洗いでは落ちなかったけど、せっけんでもみ洗いしたら落ちて、
冷凍庫に放り込んでも復活しなくなったような気がする。
書き心地とか線の感じは人それぞれの好みなんで何とも言えませんが、
フリクションはいろんな種類があるからどれかはしっくりきそうですよね。

…というワケで、ワタシは普段の裁縫はチャコペン代わりにフリクションカラーズ使ってるんですが、
刺し子にはフリクションじゃなくて↑のレオニスの水で消えるタイプを使ってます。
なんつーか、とことん女子力低いので冷えとか無縁な平熱37度女なものですからね、
指先まであったかいせいか、ずっとふきん握りしめてると薄くなってくるんですよ、フリクション。
小さいコースターサイズとかだと、薄くなる前に刺し上がるから何とかなるんですが、
ふきんみたく時間かかるものだとことごとくうっすらしてきてしまう。
そんなワケで、刺し子に限ってはフリクション使えませんでした…。
女の子っぽく冷え性になりたいようななりたくないような。

トンガリ、ピンクと黒の配置がなんかよくわからなくなってしまって。
とりあえず最後まで刺してみれば何かが見えてくるかもしれない。
変わり七宝ほど絶望的な出来にはならなそうなのだけが救いです。
よーし、あとひといきだからがんばるぞー。
お仕事お忙しいのにガンガン刺しまくってるsakuraさんを見習って!

…というか、ガンガン刺しまくってふきん足りなくなったりしてません?
あと40枚くらいは在庫ありましてよ…?

コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2017/07/13 22:50 |
「背守り」って聞いたことはありましたが、
どういったものなのかは知りませんでした。
そうなんですねー!
しかしコチラも追求していくとかなり奥が深そうですね…

赤×黒の山、いいじゃないですかー!
怪しくないです怪しくないです!むしろカッコイイと思います!
from. のたりん | 2017/07/14 08:24 |
エエーッツ!!まさにソレ!フリクションカラーズを買ってきたんです。
平熱低めの36度未満の女だけども、この時期は手も暖かし汗も握っているし...
実験前から結果を教えてもらって、嬉しいような凹むような。
あんなキレイに発色してるのに消えゆくのね。。。
消えるんだー消えるんだーくそぅ。←よそ様のブログで汚い言葉をスイマセン。

晒は自分で反物買う覚悟ができたので大丈夫ですヽ(^o^)丿
これもYuki*さんのおかげです。
農閑期に買い込んで下準備も自分でやってみるつもりです。
もちろんYuki*さんと同じサイズで!と考えています♪
from. sakura | 2017/07/14 18:16 |
のたりんさん

子どものいないワタシに背守りとかほとんど意味のない知識ですが、
今よりずっと、子どもが大人までちゃんと育つことができなかった時代に、
子どもの無事や成長を願って大切な糸でひとはりひとはり縫ったってのが、
ババアになったせいか、なんかいいなあとほっこり感じるようになりました。
ザクザクとした縫い目ですごくカワイイ文様の背守りとかもあって、
ちょっと小物のワンポイントに使いたくなっちゃったりしました。

刺せば刺すほどあやしくなってきているような気がしてしまう。
段染め糸って色の配置?みたいなのが難しいんだなーと今更感じております。
糸のかわいさが全然生かせてない気がして悔しいです!!



sakuraさん

うわあああごめんなさいごめんなさい。試す楽しみを奪ってしまった。
いやでもね、フリクションで刺し子の製図してる人けっこう見かけた気がするから、
手の熱で線が消えちゃう人ってあんまりいないんだと思うんですよ。
ワタシの手って、パイ生地とか作れたもんじゃないレベルでいつもあたたかいから、変なのかもしれない。
sakuraさんは大丈夫な可能性が高いんで、ぜひ試してみてください。
手の温度で消えちゃう以外はすごく使いやすいので!
そして最近すごく暑くて、手が汗ばんで水で消えるタイプのチャコペンが消えやしないかと心配です。
汗で図案が消えたふきんってちょっとアレですよね…。うううう…。

…そっか、晒1反って覚悟して買うものだったのか…そうだよな…。
なんせめんどくさがりな物欲の鬼なので、何度も買うとか面倒でガッツリいっちゃう悪癖が…。
でもねでもね、晒をふきんに仕立てる作業もなんか楽しいですよ。
閑農期までにふきんが尽きたときはいつでも言ってくださいね!(まだ言うか)



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2017/07/14 23:23 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1429
<< NEW | TOP | OLD>>