| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
道南日本海側編その1。

無事というか無事じゃないというか、とにかく戻ってました。

もっぱら道の駅のスタンプ求めて走り回ってきたワケですが、やっぱ景色がよいですなー。

道の駅スタンプラリーを口実に、いろんな景色が見られそうで楽しみです。わくわく。

 

そして帰宅してみたら、また新たなお届け物が届いていたので、

出立前にいただいていたものとあわせて、後日改めて自慢させていただきますね。

 

そして自分で買った旅のお土産はコチラ!

糸どおおおーーーん!!

…ってのは冗談で(なんせ全然シャレになっとらん)、ちゃんと思い出もお土産に持ち帰っております。

まあ、一晩寝たら随分と忘れたけどさ。

 

 

 

いつものよーに長くなると思われるので、根性と時間のある人は続きからドウゾ。

 

 

 

 

 

友人に我が家まで車で来てもらって、さめおに乗り換えて出発することになってたんですが、

連休だから道は混む、と事前に言っておいたにも関わらず、ヤツはおっとり出発した挙げ句に、

高速使わず、高速の下を走る一般道を使ってやってきたらしい。

案の定大渋滞中でサッパリ進まなかったらしいけどな!!

まあ、ワタシは家でのんびり待ってるだけなのでそれはそれでいいんですけど、

出発が遅れたことが旅程にどんだけ影響するのか走ってみないとわからんなーと思いました。

なんせ最近江差方面には行ってないから、どんくらいかかったか覚えてないんでね。

最悪宿にさえ辿り着けばいいだろうと思って、のんびり向かうことにしました。

 

 

 

…というワケで、まず最初は友人が御朱印欲しがってた地元の神社に。

ワタシがどんど焼きの時にいただいた御朱印を見て、欲しいと言っていたんですが、

どうも調べたら普段は宮司さんがいらっしゃらないとか何とかで、

イチかバチかで向かってみたら、御朱印いただけました。

 

おせんべもいただいちゃいました。狛ちゃんカワイイ。むふ。

 

冬は凍結のために手水舎は使えないんですが、夏は使えるんです。

こちらのカエルさんがですね…

人が近づくと、センサーで…

口から水がぴゅーっとな。

…か、かわいい…。

こちらの神社には、あちこちに切り株を利用したカエルさまがおわすのですよ。

カエル好きにはきゅんきゅんしちゃう神社なのです。

最寄りの神社ではありませんが、カエルを撫で回すためにたまにお参りしてます。

 

 

 

神社を出たら、目の前の国道5号線の混み具合を確認し、イケると判断して高速使わず小樽へGO!

張碓あたりでトラックに乗った御神輿ご一行様を追い越しました。住吉さんのお祭りだったみたいです。

連休ではありましたが、いつものよーに銭函あたりと桜町あたりで渋滞しただけで、

そんなに時間かからずに到着しました。

 

…アトリエKazuさんに…。

 

いや、目指してたワケじゃないのよ? 通りすがりだっただけなのよ?

限りなく小樽に近い札幌から道南目指すなら小樽通るのが普通なのよ?

先日干してた糸が店頭に並んでるはずなんだよなーと思ったら気になるじゃないですかー。

 

…で。

 

相変わらず似たような色ばっかり選んでしまう小かせと、B級品の染めた晒。

運がいいのか悪いのか、この日の売場の担当は完全にワタシを個体識別してくれちゃったお兄さんでしてね…。

売場に出てない大かせ出してくれるわ、引き出しから染めた晒の在庫出してくれるわ、

ついでにB級品まで出してくれるわ、物欲を刺激するおもてなしを受けてしまったのでした。

B級品晒ってのは、染めムラとか、染めるときに布を輪にするために縫った穴とかがある晒らしいんですが、

ホラ、ワタシかなり大雑把な性格してるじゃないですかー。全然気にならないんですよねー。

そんなワケでB級品オンリーで買ってきてしまった。

 

そして…

大かせもどどどどーーーん。(ちょっと反省している)

相変わらずバッキリした色ばかり買ってきてしまいましたが、

先日干してた淡くてカワイイ糸たちはもう売れてしまったのだろーか…。

でも、バッキリしてる糸もすごく可愛くてお気に入りなのです。見てるだけでニヤニヤしてしまうわ。

そして一緒に行った友人にどれがいいか相談してるうちに、ちょっと興味を持ったようなので、すかさず、

「よし、糸を買ってやるから刺せ!」と、好きだと言った色の小かせ1カセ強引に押しつけておきました。

さて刺してくれるだろうか。

 

そしてこの日この店で、実はぽよよんさんと接近遭遇を果たしていたという。

この日はお互いに「ひょっとして…」と思いつつ声をかけずに終わったのですが、

今度はちゃんとバッチリ遭遇して、がま口&刺し子談義をお聞かせくださいね、師匠!

 

 

 

大量の糸を買って大満足のワタシは、心置きなく道南めがけて走り出しまして、

来月墓参りで七飯に行くときに通る道の駅はとりあえずすっ飛ばして、

普段通らない海岸側の道の駅を中心に攻めることにしました。

なので、余市はスルーして、

岩内へ。一番小さい道の駅らしいです。

 

岩内にはたら丸くんというキャラクターがいるんですが、

ちょっと小腹が減っていたので、それのおやきを買いました。

 

 

 

…う、うーん。言われてみればたら丸かもしれないな…。

つぶあんとクリームがあったんですが、思いがけずどっちもすごく美味しかったー。

道の駅の近くに噴水があって、子どもたちが水遊びしてました。

噴水の細かいしぶきが飛んできて、ワタシたちも涼しさのお裾分けをいただいたのでした。

 

 

 

そしてお次は蘭越町。

蘭越町には道の駅がふたつあって、ひとつは5号線沿いにあるんですが、今回寄ったのは…

シェルプラザ・港。

貝殻のお土産物がいっぱい売ってました。

ウニの貝殻が、紫と白ですごくキレイだったんですけど、割りそうな予感がヒシヒシだったのでやめときました。

最近ではなかなか見かけない、ピンクの公衆電話もありましたよ。

 

 

 

そして次の寿都目指して走っていたんですが…。

海というか河口というか、川が海につながってるあたりで突然、

サイドミラーに川の方から吹っ飛んでくる茶色いモノが写りましてね。

なんかよくわからんけどぶつかる! と思ってアクセル踏んだんですけど、

その甲斐なく、さめおのお尻あたりにばいばいーーーんと茶色い何かがぶつかりまして。

バックミラー見たら、どっからどう見てもシカでした。

道東や道南道北の山の中では見かけるんですが、海沿いではあんまり見たことなかったので油断してました。

考えてみれば水場だもんな。水飲みに来てても何らおかしいことはない。

ぴょんぴょん飛び跳ねて山の方に逃げていきましたが、無事だといいなあ。

その間ずっと車は走らせてたんですが、特に支障もなくフツーに走れていたし、

ミラーで見る限り凹んでる感じもなかったので、気にせずそのまま走り去ってみました。

 

通りがかりに大きい神社があって、おまつりやってるみたいだったので寄り道。

さめおの負傷具合を確認したんですが、何かがぶつかった跡みたいなのがあるだけで、

特に凹んだりはしていない様子だったので、気にせず走ることにしました。

 

もちろん、神社にもお参りさせてもらいました。

シカにアタックされてフツーに走れるってワリと幸運なのではないかと思ったので、

かみさまありがとー!! この先もよろしくー!! と相変わらずテメエ勝手なお祈りしてきました。

ここの神社の狛さんの姿勢があまり見ない感じ。猫が腰すりすりされたときの姿勢みたい。

 

そして、おまつりの扮装した人たちやトラックに積まれた御神輿とすれ違って、寿都の道の駅に到着。

『みなとま〜れ寿都』というネーミングはともかく、この寿都のロゴはすっごくカワイイと思う。

「寿都」という漢字の中にひらがなの「すっつ」を組み込みつつ、全体的にコロンとしててカワイイ。

 

ここで買ったホットサンドがまた美味しかったのねー。

フツーの食パンサイズ。

いろいろな味があって、ワタシたちは選びきれずに、ハムチーズとツナマヨとホッケカレーを買いました。

半分にカットしてもらって、ふたりで一切れずつ食べたんですが、すごくおいしかった。

ホッケカレーは、ちょっとインドカレーのマトンに似た味のカレーになってました。

チーズトッピングしてもらったんですが、これまたチーズとよく合ってました。うまうま。

ちなみにコレのお会計のときに、レジ入力に慣れてない方だったのか、

「…よ、400個になってしまった…!!」という事件が起こってました。14万円です。払えません。

 

 

 

寿都を出た時点で既に16時を過ぎていたので、次の島牧には閉館ギリギリに滑り込み。

この島牧の道の駅には20年以上前にイヤ〜な思い出があるので、

今回はそれを悪くない思い出に上書きしたいなーと思っていたのですが、

素朴な感じのお姉さんがしっかりと払拭してくれました。

 

忌まわしい思い出の発端、ソフトクリームです。

20年前のとある夏この道の駅に寄ったことがありまして、

長蛇の列ができているソフトクリームコーナーに並び、ソフトクリームを買い求めたワケですが、

ソフトクリームがバカ売れしてると、得てしてソフトクリームって柔らかくなりがちでしてね、

ウチの親父がソフトクリームを渡された瞬間、まだ店の女の手も離れてない時点でクリームが転がり落ちまして。

当時ワタシはソフトクリームも売るバイトしてまして、自分の体験や自分の店の基本対応から、

そんなタイミングでクリーム落ちたら当然作り直すだろうと思っていたら、店の女ときたら謝るでもなく、

忌々しげにティッシュボックス寄越して自分で拭けと言い放ち、もちろん作り直すこともなく、

ソフトクリームが食いたいなら最後尾に並び直せとか言いやがったんですよね。今思い出してもムッカー!!

(親父の隣でその一部始終を見ていたまだ若すぎたワタシが激怒して口汚く罵ったのは言うまでもない)←恥

 

それ以来の、よってけ!島牧です。

ギリギリに滑り込んでも何らめんどくさそうな様子もなくちゃんとソフトクリーム出してくれて、

このソフトクリームがまた思いのほか濃厚で美味しかったので、しっかり上書き完了です。

 

今年の島牧の応援大使は西川となべりょだそうです。

西川は野球に興味のない友人がほぼ唯一識別できる野球選手なのです。

…が、ワタシはその背後の賀老の滝がすごく気になる。すごく行きたい。今度行く。

 

 

 

道の駅って大抵が17時くらいまでなので、ここでタイムアウト。

(昔は夜中でもスタンプ押せたんだけど、スタンプ盗んだりズルしたりする馬鹿が増えて押せなくなった)

あとはのんびり宿まで走ればいいよねーと海岸線のんびりドライブ。

途中で、海と太陽と天使の梯子がすごくキレイだったので写真など撮りつつ…

いつものブログアップ用のデジカメで撮ったらこんな感じで、あんまり感動が伝わってこないので…

雨予報に備えて持ってきていたToughくんでも撮ってみました。

うんうん、こんな感じ。ちょっと神々しかったのよ。

 

ついでに、御年9歳のガラケーでも撮ってみたところ…

見てたものとは全然違う種類のある意味神々しい写真になりました。ああ、ハレルヤ(意味不明)。

夕陽と海ってのはどこで見てもキレイですな。そしてワタシの愛する岩もある。ああ、海岸線サイコー。

 

この後は、次の日寄る予定の、もう閉館している道の駅の場所を確認しつつ宿に向かいました。

宿から提供された地図がなかなかアバウトでざっくりしていて、

目印になるドライブインが、暗くて見えなかったのか既に廃業していたのか、ついぞ見なかった。

何やかんやで思いがけず抜け道的な道路を通って、どうも地図とは違うルートで宿に到着。

 

ネットのレビューがもんのすごい評価低くて、どんな宿だろうと逆に楽しみにしていたんですが、

古くてそっけないだけで、そんなに悪い宿ではなかった。期待値が低かったからかもしれないが。

宿の従業員と会話したのは、チェックインの時とチェックアウトの時だけ。宿帳への記入と支払だけ。

部屋には布団が畳んだ状態でセットしてあって、寝るときに客が自分で広げるシステム。

風呂がぬるいとか、食事が冷めてるとか言われていたけど、風呂は普通にあたたかかったし、

食事はホッカホカではなかったが、ご飯とお味噌汁はちゃんと温かかったから何の不満もない。美味しかったし。

建物が古いのはしゃーないし、田舎のボロ宿なんだから、隙あらば風呂やトイレに虫が現れるのもしゃーない。

1泊万近くする温泉宿並のおもてなしを期待している人にとっては不満だらけかもしれないが、

この宿、連休中なのにふたりで9,000円ちょいよ? 値段考えれば十分十分。

…ただ、敷き布団のせんべいっぷりは度が過ぎていたよーな気はするが。

あまりにぺっちゃんこだから寝てても痛くて、眠れないことはなかったがやたら早めに目が覚めた。

食事が7時からだったので6時半くらいまで寝てやろうと思っていたのに、

友人ともどもカラダの痛さに5時に目覚めて、朝風呂と刺し子。

7時早々に食事を済ませ、思った以上に早く宿を出ることになりました。

 

宿に着いてから、小樽で買った糸を眺めてニヤニヤしようと取り出してみたところ…

なんか、買った覚えのないハンカチが入ってるんですけど…。

毎度アホみたいに買うから、兄ちゃんがおまけでくれたのかな?

何も言わずにこんなことしてくれるなんてちょっとカッコいいじゃないか…。

染めたハンカチっぽいんですが、ピンクと緑とワインレッドのまだら具合がちょっと花っぽくて、

染めものって不思議だなーと改めて思いました。

今度お店で兄ちゃんに会ったらお礼を言わねば。(お礼を言うためという口実でわざわざ行くなよ?)

 

 

 

アホみたいに長くなったので、2日目以降は次回につづく!(需要の有無は気にしない)

道の駅2017 comments(3) trackbacks(0)
Comment








いつもながら読んでいる私まで旅をしたような気分になってしまう〜!
そしてツッコミ所満載で次回も楽しみです♪
カエルセンサーいいないいな!
アトリエKazuさんではぽよよんさんとお会いしていた、ってことですか!
もう待ち合わせ場所はそこで決まりですね!(笑
from. のたりん | 2017/07/18 20:34 |
糸。
道の駅。
せんべい布団。

このお題で三題噺をやれと言われたら落語家さんはどんな話にしてくれるのかなと思いながら楽しく読みました。
そしてぽよよんさんと接近遭遇してたのね。凄いなあ。
ソフトクリーム上書き完了おめでとうございます。
いつかyuki*さんと糸を買ったり小樽をうろうろしたりしてみたいです。
運河沿いは一回くらいしか行ったことないのよねー。
行くときは行く行動力に脱帽です。
私、基本的にインドアなので。
車大丈夫でしたか?
ニホンカモシカと並走したことはあるが当たられたことはないのよね。
天使の梯子きれいだねー。
とりとめのない長文コメント失礼しました。
無事に(?)ご帰還、よかったです。
from. かほる | 2017/07/18 21:46 |
のたりんさん

いやー、実際にこの旅したら足がむくむらしいですよ。(友人談)
でも今回はあんまりやらかしてないんですけどね。
なんでだよ! って事件があまり起こっていない平穏な旅でした。

カエルセンサーかわいいですよね!
なぜこの神社がここまでカエル推しなのかは不明ですが、とにかく隙あらばカエルがいます。

ぽよよんさんとは待ち合わせもしていないのにお会いできたんですよー。
ワタシなんて当初の予定の1時間遅れで到着していたというのに、たまたま遭遇するという。
これは…運命!!(ぽよよんさんに謝れ)

ところで、旅から戻ったら身に覚えのないステキな何かが届いていたんですけどー!!
なんかスミマセンでしたそしてありがとうございました!



かほるさん

日程さえ合えば一緒に小樽徘徊したいですー。
そういえばワタシも運河沿いは一度くらいしか観光したことないですね…。
堺町通りより手宮側の方に新しい店が増えてるっぽいので、そこらへん見たいです。
徒歩でゆっくり見たいなぁと思いながら、いつも車で走り抜けています。

ワタシも基本は、休日って休む日でしょ?なヒッキーなんですけどね。
一度出たからには全部やる! みたいなせせこましさを発揮してしまうんですよね。
優雅な旅とかとは無縁な根っからの小市民ですわ…。

動物と当たったのはこれがはじめてです。
バックミラーでシカを見たんですけど、見間違いで実は人だったらどうしようかと、
寿都警察署の交通事故情報を調べたりしたのは内緒です…。(ひき逃げ案件はなさそうでした)
ニホンカモシカはかしこくていいですね。
こっちのシカは隙あらばぶつかってきますよ…。(車全損したりするのです)



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2017/07/18 23:09 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1432
<< NEW | TOP | OLD>>