| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
洞爺湖左側(?)編。

休日の朝9時前から活動していることなどほとんどないワタクシですが(眠りこけてる)、

今日は珍しく8時過ぎに目覚めたので、ちょいとスタンプ狩りに行ってきました。

富良野美瑛にしようか恵庭方面にしようかとも考えつつ、今回は洞爺湖方面へ。

室蘭に夜景を見に行くという野望があるので、大滝壮瞥伊達あたりはそのときに寄るとして、

今回は洞爺湖の左側(?)ぐるっとコースでのんびりドライブです。

 

 

 

まず最初に目指したのは留寿都。

赤井川か留寿都が最後になるぐるっとコースなんですが、赤井川の方が遅くまでやってるので。

ワタシ、方向感覚はある方だと思ってるんですが、惜しむらくは距離感覚が恐ろしくポンコツ。

『ちゃんと辿り着くけど何時に着くかは行ってみないとわからない』ってやつです。

はじめて走る道や久々に走る道なんかだと、着いたけど間に合ってない事件が起こりかねないので、

赤井川を最後にまわすことにしました。(出発時点で赤井川に間に合うのかはまったく不明)

 

とりあえず通りすがりの中山峠であげいもリベンジ。

前よりはおいしい。ただ、かつての輝きはない…。

あげいも売場はもんのすごーく並んでました。そしてレジのお姉ちゃんがつっけんどーん。

 

あげいも食べながらのんびりドライブ。喜茂別で謎の渋滞につかまる。

喜茂別の「道の駅」ならぬ「郷の駅」に惑わされつつ、留寿都です。

大抵の道の駅のスタンプコーナーには「当駅は○ページの△番です」とか書いてあるんだけど、ココはなし。

スタンプの前でもたもたしてしまった。(まあワタシの準備不足ですけどね)

 

そしてオープンしたばかりらしいレストランでピザをテイクアウト。

ブンデスリーガっていうやつだったと思う。

トマトもアスパラも豚肉もエビも美味しかったんだけど、何より生地が美味しかったー!!

金曜日の夜ごはんがピザで、朝もその残りを食べて、実は夜もピザのつもりだったなんて内緒ですよ…。

だって美味しそうだったんだもーーーん。

 

道の駅を出たら、山の上から誰かが何かで飛び立ったところでした。

パラグライダーだか何だかが有名らしいです。

高所恐怖症なワタシには飛びたい気持ちがまったくわからんのですが。タカイヨーコワイヨー。

駐車場ではワタシの車の前でおっさんスバリスト達の会合みたいなのが行われていました。

目の前の車に運転手乗り込んでエンジンかけてんだから言われなくてもどきなさいよ…。

オッサン達はともかく、スバル車の音にはときめいちゃうよなーと思いながら、

ディーゼル特有らしいガラガラ音鳴らして走り去ったワタシなのでした。ガラガラ音も好きなんだけどね。

 

 

 

そしてお次は洞爺!

道の駅自体はこじんまりとしているんですが、裏に洞爺湖一望できる展望台があるらしい。

「らしい」というのは、展望台に向かう途中にトイレがあったので立ち寄ったら、

展望台に行くつもりだったことをすっかり忘れてそのまま車に戻ってしまったから。(痴呆か)

まあ、洞爺湖はまた行くこともあるでしょう…。

 

 

 

そしてお次は、ぐるっとルートからちょっとだけ外れた虻田。

「あぶた」じゃなくて「あぷた」らしい。

 

 

洞爺湖の景色を見忘れたので、虻田港なんぞを撮ってみた。補完には…ならんな。

日没はすっごくキレイらしいんだが、日没は待ってられませんでした。

 

かぼちゃのジェラートを食べてみました。

すっごく美味しい。また食べたい…。

 

 

 

そしてお次はぐるっとコースに戻って、豊浦。

ボクシングの内藤選手のふるさとみたいです。

いちごクレープとかいちごシフォンとか売ってましたが…

謎の小冊子を買う。

スタンプ狩りであちこちウロウロするようになって余計に地名が気になってきたので。

アイヌ語由来の地名が多いせいか、読み方が独特で面白いなあと思うのでした。末尾が似た地名とかね。

 

シカに注意チラシも置いてあったんですけどね…

7月に寿都で真っ昼間にシカに当て逃げされるって、ワタシちょっと当たりがよすぎませんかね…?

(前をよく見て運転しろと書いてあるけどさ、後ろめがけて突進されたときはどうしたらいいですかね…)

 

 

 

豊浦をぐるっとコースの折り返し地点として、お次は真狩!

電気自動車の試乗会が行われていました。

ワーゲンの何かと、トヨタの何かと、日産のリーフくん。(いまだ失せない日産愛)

人気なのはトヨタでしたが。

ワタシはトヨタは好きじゃないけど(メジャーすぎて気後れする)、

売れてるってことはいい車作ってんだろーなーとは思ってるし、「トヨタかよケッ」とは思ってないんだが、

ここんとこ見かけるようになった新しい?プリウスとすれ違うたびに、

「トヨタさんどうしちゃったんだよ…」と思う。(目とか尻とかが度を超してとんがりすぎてると思うの…)

 

オサレな食べ物屋さんも展開してました。カフェちっくな。

しかし道の駅の建物の中は細川たかし推し(あと名前忘れたけどメジャーじゃない演歌歌手?)がすごかった。

ヒグマの剥製も飾ってありました。

 

道の駅に向かう交差点からの景色がけっこうすごかった。

羊蹄にまっすぐ続く道。(この交差点を右折してちょっと走ると右手に道の駅があります)

 

 

 

このまっすぐな道を走って(羊蹄にぶつかる前にちゃんと右折してます)、お次は京極。

あぷたの裏のページだったんですが、あぷたのシャチハタのインクが濃すぎて裏までにじんでいたという…。

 

お水で有名なところなので、ちょいとマイナスイオンでも拾いに行こうかと思いましたが…

この吊り橋の向こうですか…?(高所恐怖症)

勇気を出して向かってみましたが、まんまと橋が揺れたので渡るの断念。別ルートで湧水口に向かいました。

 

YES,マイナスイオン!

 

しかし、あまりお水飲みたい気分じゃなかったのと、

「言うても生水やからね(似非)」とのことだったので、てぬぐい濡らしただけにしました。

何だかんだ暑い日だったので、濡れたてぬぐいを首に巻いたらひんやりとしてすごくイイ。

てぬぐいサイコー。(てぬぐいかよ)

とにかく中国人が多かったです。

 

 

 

そしてお次はようやく最終地点・赤井川を目指します。

道南日本海側編の帰りに通った道を、今度は明るいうちに通過です。

やっぱ夜と昼とじゃ見える景色が違いますな。

前回、気でも違ったかのよーに高速で走り去るADバンを見かけたんですが、

今回も同じ車かは不明ですが、キチガイじみた速度で走り去るADバンを見かけました。うーむ。

時間が遅かったので(16時過ぎ)パン屋さんのパンはとっくの昔に売り切れてました。

ジェラート屋さんは混んでたのでパス。直売所で売ってたさくらんぼがすごい美味しそうだったー。

 

 

 

これで目的の道の駅スタンプは全部狩ったので、後はゆっくりおうちに帰ります。

前回はじめて通ったときはすごいカーブだなと思った道も、二度目ともなるとわかってるから平気。

のんびり走ってもまだ明るいうちに帰り着きました。

次は恵庭あたりを攻めたい気持ちがあるけど、襟裳岬へのアコガレもあるので、その時でいいかなーとか。

オホーツクは冬になる前に行っときたい気がするけど、なんせ今年は連休が少ない。むむむ…。

次は富良野美瑛占冠日高夕張あたりかなあ? コレは日帰りできるコースなのだろーか…。(距離感ゼロ)

 

 

 

 

 

赤井川を抜けるとそこは小樽なワケで…

あは…あはははは…。

だって、てぬぐいのハギレみたいなのいっぱいもらったから、染めた晒と合う気がしたのよ…。

(ホホウ、晒ね。…で、この大量な糸はどうしたよ)(そりゃもうついでに一期一会ってやつですよ)(あほ)

道の駅2017 comments(3) trackbacks(0)
Comment








道の駅の旅、地図を片手に読むと迫力があるんでしょうね
私も距離感がなく、いずれ着くしと考える方なのでピンときてないのですが
おそらく走行距離では中国地方全て回ってるんですよね
糸のお店の方もこれだけ買ってもらえれば色々と冒険染めもできそうで
嬉しい限りでしょうね
from. euri | 2017/08/06 15:18 |
こんにちは!
道中記、いつも楽しませてもらっています&
スタンプラリーで勉強させてもらってます(地名が難しすぎる……)。
そう考えると地名に因んだゆるキャラって意外と役に立ってるのかもしれませんね。
私は、ふなっしー市の出身なのですが、カレの存在がイメージupなのかdownかはイマイチ量りかねてかねておりますが。
from. 水玉 | 2017/08/07 20:53 |
euriさん

距離感がないのでよくわからんですが、オド見る限り250キロくらいっぽいです。
買ってから3,000キロ程度しか走ってないのですが、他の地方だとどんな感じなんだろう…。
片道300キロ程度はあまり遠いという感じはしないので、さほどでもないのかな。
ただ、本州走ってると、アッサリ他県に突入するからびっくりします。

月イチくらいで現れて品薄の刺し子糸(今日Kazuさんのサイト見たら刺し子糸品薄って書いてあった…)買い漁る変な客と思われてそうです。
迷惑がられてなければいいなあと思いつつ、どう思われててもまあいいやという気持ちも…。
どんな糸が欲しいか訊かれたので、調子に乗って「ど紫からどピンクとか〜」とか好き勝手言ってきました。
今度そーゆー糸に出逢えたらいいなあとちょっとだけ期待してます。



水玉さん

自己満全開ですが、少しでも楽しんでいただけたならば幸いで御座います…。
自分の住んでない地域の地名ってむずかしいですよねー。
北海道はアイヌ語が語源の地名が多いので、本州の難読地名とはちょっと雰囲気違うかもです。
釧路あたりの地名とか、なんじゃそりゃーってのすごく多いんですよね。読めねー。
今回、アイヌ語辞典的な小冊子を手に入れたので、車に積んでおこうと思います!

ふなっしーが鮒の妖精なのか梨の妖精なのかもよくわからず、どこのゆるキャラなのかもおぼろげなワタシですが、
悪い印象はないっすよ。どこかは知らんが(…)、懐のおおきな市であるな、と。
ゆるキャラは、ちょっとキモいくらいがちょうどいいのかなーと思いました。



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2017/08/08 22:51 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1446
<< NEW | TOP | OLD>>