| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
人身御供ふきん。

ゆうべ、まったく思い通りにいかなかった染色のことを考えながら布団に入り、

いつものよーに5分もしないうちにめでたくうつらうつらしていたんですが、

突然のひらめきに、闇の中でくわっと目を見開いたYuki*ですコンバンハ。

 

染色の敗因がわかりました。

わたしのあたまがわるいからです!!(それはとっくにわかっている)

 

5gで250g染められる染料を使って約50gのカセ糸を染めたんですよ。

つまり、染料は1gってことですね。そこまでは計算できたんですよ。

 

ただ、2色で染めるってことをキレイサッパリ失念していましてね…。

『染料は1g染料は1g染料は1g…』と念じながら染料を用意してたら、

まんまと各色1gずつ用意したワケで。

1gでいい染料を倍の2g放り込んでいるワケですから、そりゃバッキリ濃くなりますよね。

そりゃすすいでもすすいでもいつまでも染料流れ出てきますよね。

なーんだ、あたりまえじゃないか。

思いがけないことが起こったワケじゃなくて、当然起こるべきことが起こってただけだった。

 

よーし、次こそはちゃんと総量1gの染料で染めるぞ!

(かくしてYuki*は早々とリベンジを誓い、手持ちの白糸を全量水に放り込んだ)

(そして手持ちの白糸が尽きる気配に、颯爽と糸をポチった)←

 

でも薄い色の染料は各色1g放り込んでもほとんど色落ちしなかったんだよな…。

やっぱ色によっても違うのかなあ。うーむ、染めは奥が深い。(そりゃお前の知識の浅さの前ではな)

 

 

 

そして、そんな素人感丸出しで染められた糸ですから、刺しても色落ちが心配なワケですよ。

お気に入りのふきんを刺して最後に下書き消したら糸が色落ちして台無しとかイヤなんですよ。

 

…というワケで、素人染めの糸をお試しで刺す人身御供ふきんを仕立ててみました。

 

死蔵していた図案印刷済みふきんのお蔵出しです。8柄10枚。

何の思い入れもないふきんなので(ひどい)、色落ちしようが気にならんだろう。

段染め糸にはあまり向かなそうな図案も見受けられますが、気にしない。

染めた糸の刺し心地みたいなのと、色落ち具合を試せればそれでいいのだ。

あーでも手持ちの糸で刺してみたい文様もいくつかあるなあ…。

 

とりあえずしばらくは刺すものに困らずに済みそうです。

いや刺しかけのふきんは既に何枚もあるんですけどね、ホラ、ワタシ飽きっぽいからさ…。

 

 

 

そういえばウチのママンと妹Bが、ワタシがママンのバザー用に放り投げたふきんをメルカリに出品したようです。

売れちゃったらしいんだけど、しーらないっと。

ど素人が好き勝手に刺したお粗末なふきんで金とっちゃって、クレームきても自分たちで処理しておくれよね。

あたしゃ知らんよ。

 

 

 

今日お昼ごはんを食べたお店で出てきたそば粉のガレット。

 

…なんか、ワタシの知ってるガレットとは随分と趣が違うな…。

カリカリのそば粉の生地に温野菜と半熟卵がのってる食べ物でした。一切包まれてはいない。

美味しかったんですけどね。嫌いな人参まで美味しかったんですけどね。

とにかく食べにくい。

 

 

 

現在乾燥中の昨日染めた糸をチラッとな。

さすが染料2倍は濃いよねー。(そしてカセを整えきれずにモジャモジャ)

手縫いでちくちく comments(4) trackbacks(0)
Comment








アトリエYuki*開店準備ですね。
糸が干してある光景にニヤリとしちゃいます♪
段染め糸をどうやって染めるのが見当もつきませんが、
とても綺麗に染められていて、素人でもできるの!?
なんて勘違いしちゃいそうです(笑)

ここで質問です。
「長井さしこ」って知ってます?
冊子があるそうなのですが、Yuki*さん、持ってたりします?
from. sakura | 2017/08/15 00:20 |
これが第一戦目の成果ですか!?
ハッキリクッキリ好きな私には
すごくステキに染まってる気がするんですが…
右の水色ピンクなんてすごく美しいじゃないですか!
染料が多かったそうですが、なんのなんの。
from. のたりん | 2017/08/15 13:22 |
おぉぉぉっ、ワイン×むらさき、素敵な色で好みですー!
染料2倍、真似っこしちゃおう。
from. ぽよよん | 2017/08/15 20:35 |
sakuraさん

開店の日は遠そうです…。
今んとこ、低レベルなYuki*ラボって感じです。
サッパリ思い通りにいかない。
思い通りの色が出ない、じゃなくて、何じゃこの斑点!! とか、染料飛び散ったー!! とか、そんなレベルです。
とりあえず自分用の備忘録兼ねて失敗の軌跡をアップしようかと…。
やり方が正しいのかはよくわからんのですが、染めるだけなら素人でも余裕です!(キレイに染まるとは言っていない)

長井さしこの冊子、昔公民館みたいなところから取り寄せたことがありますが、ソレかな?
庄内刺し子っぽいのとか、歯形とか見たことない図案もあって面白いです。
でもまだ刺したことはなーい。
sakuraさんもお持ちなのかしら?



のたりんさん

第一戦目は染料2倍でバッキリクッキリな糸になりました。
第二戦目も終戦間近ですが、今んとこ第一戦よりもお粗末な仕上がりです。
染料ちゃんと入れたのに結局バッキリクッキリというね…。

ちなみに画像の水色ピンクは、謎の赤い斑点が飛んでます…。
染料の色によってもクセみたいなのがあるみたいで、
同じ量入れても余る色と足りない色があったりしてむずかしーい。
コレは試して覚えるしかなかろうと、ぱんぱんの白糸生成糸をポチったのは内緒…。



ぽよよんさん

染料2倍は色によってはいいかもしれませんが、大抵は染料の無駄遣いで終わるかと…。
おぱぶりは2倍くらい使ってもほぼ色落ちなく染まってくれますが、
青系は適量でもバッキリグッキリになるくらい濃いっぽいので、
0.5gで染めても染料余るわ色落ちすさまじいわで、染料の大半が水とともに廃棄されました。

ワイン紫、ワタシもけっこう気に入っております。
問題は、どんだけ色落ちするかですよねー。

ぽよよんさんの染色レポを参考に染めようと思っていたのに、パソがお陀仏とは…。
仕方がないので我流でテキトーに染めましたが、今んとこ惨敗です。
はやくぽよよんさんところに新入りパソがやってきて染色レポ読めますよーに。
パソ壊れたら足しにしようと思って貯め込んだものの、
パソ壊れる気配全然ないままついに10万ポイントに到達してしまった、
ワタシのヨドバシポイント分けてあげたいくらいです。(さっさと使えよ)



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2017/08/16 23:29 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1452
<< NEW | TOP | OLD>>