| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
お正月2018。

今年の冬は妙に雨が降るなあ…。

道路が狭いわぐっちゃぐちゃだわで歩くのも車出すのも大変なのよ。

 

ところで、どう見ても行き違い可能な道で車をわざわざ脇に寄せて譲ってくれた(?)場合、

お礼すべきだったんだろーかと今更に気になっています。

お互い道など譲りあわなくとも当たり前に行き違える道でまっさか譲ってくれてるとは思わず、

携帯でも鳴って車寄せたんだろうと思ってフツーに通り過ぎたんですが、

バックミラーに映る車の動きを見るに、どうやらワタシに道を譲ってくれていたらしい。

せっかくのご厚意をキレイにスルーして通過しちゃったんで、悪かったかなあとちょっとだけ思う。

 

他の車にお礼するとき、ワタシは片手をあげちゃうんだけど、

友人からは「なんじゃそりゃオヤジかよ」とか言われちゃうワケで、

世の人々は他の車にどうお礼しているのだろーかとちょっと困っているのです。

そもそも自分がなぜ片手をあげてサンキューしてるのかもよくわからんのだが…。

 

 

 

今年の正月をどうぐうたらに過ごしたかについては語れることなど何もないが、

とりあえず何かしら動いたっぽい成果だけをかいつまんでネタとします。

 

なんとですね、ワタクシ今年、初詣に行きました!!

…といっても、日付変わった直後の夜中にいそいそと参拝するワケもなく、

元旦の真っ昼間にばあちゃんち行く途中の神社にお参りしてみただけなのですが。

 

小樽の龍宮神社です。

エノさん好きの小樽生まれなワタシなので、たまーにお参りしたりする神社なのですが。

ここの宮司さんが小児科医らしくて、滅多にいらっしゃらないらしく。

「元旦なら流石にいるんじゃないの?」ってなワケで、不純な動機でいそいそと初詣。

 

念願の御朱印をいただくことができたのでしたーパチパチパチパチ。

いやね、御朱印帳の最後のページだったので、ちょっと思い入れのある神社の御朱印がいいなあと思ってまして。

産まれた土地の神社でいただこう! と思って、思い立ったその日に突撃してきました。

これで1冊うまってしまったので、次からは日枝神社のおさるさん御朱印帳で旅に出ようと思います。ウッキー。

 

 

 

あと、年末の旅行中に1枚仕上げたいなあとかほざいてたふきんですが、

時間に余裕がありそうとか言いながら、夜は風呂に入って寝るだけ、朝は起きてご飯食べたら即寺社巡り。

ライブ前にちょっと時間があると、ホテルの部屋で持参した紅茶を淹れてケーキを食い出す始末で、

ついに旅の最中には一度たりとも針を持たなかったという堂々の有言不実行。

戻って年が明けてから、テレビ流しながらちくちくしてました。

 

…とりあえず、できた。

年末に録画してあった歴史番組ダラダラ流しながら刺してたんですが、やっぱ忠臣蔵キライだわー。

子どもの頃から忠臣蔵がキライで、大人になれば良さがわかるのかなと思ってたんだけど、

四十路のババアになってもやっぱりまだ忠臣蔵キライだわー。

大の大人がウン十人がかりで計画的にじいさんひとりを殺しに行くって話のどこに感動すればいいのかわからん。

テメエの行動がどんだけ多くの藩士を路頭に迷わせる愚行かも考えなかったボンクラ藩主もさることながら、

喧嘩両成敗の原則やぶって片方だけソッコー切腹させた犬公方もどうかしてる。

でもさ、なんで喧嘩両成敗じゃないんだ、主君の無念を晴らすだか何だかって理由なら、

討ち入るべきは吉良邸じゃなくて将軍のところじゃないの?

お前らが勝手に成敗してどうすんのよ。それじゃ単なる私怨じゃねーか、公的に成敗されなきゃ意味なくね?

なーにが忠義だ、単に討ち入りやすい方攻めただけじゃねーか、って思っちゃうんだが…。

(ドラマや歴史番組でしか忠臣蔵を知らない阿呆のたわごとですのでお聞き流し下され…)

 

…ってなワケで、年明け早々、11月のママンのバザー行き第一号を生み出しました。順調順調。(何が)

 

前は段染め糸で刺して、謎の野球ボール模様になり果てたんですが、

今回は野球ボールの呪いからは解きはなたれたものの、何の模様やらよくわからんキモチワルイ感じ…。

 

寄れば何か花っぽい模様に見えるよーな…?

この模様刺すの2回目だけど、何色でどんな配色で刺せばいいのか全然わからん。

とりあえず自分が、太めの糸でみっちり刺すのが好みだってことはよーくわかった。

年末あたりにKazuさんとこの細糸が話題になってたけど、ワタシは太めの糸が好きかなあ…。

一目刺しをグッキリバッキリ刺したいときは小鳥屋さんの細めの糸がズッキュン好みなんだけど。

模様刺しは太めの糸でみっちりぎゅーっと刺したいみたい。

Kazuさんとこのぼかし糸の細糸が欲しいって人がけっこういっぱいいるみたいだけど、

ワタシはむしろ、単色の太糸が欲しい。Kazuさんとこの何とも言えないビミョーな色がすごく好き。

単色の細糸とぼかしの太糸には出逢えるんだけど、単色の太糸には出逢ったことないんだよなー。

今度訊いてみようかな…。

 

そして、正月早々乱れた心を映しだしてる2018年1枚目はコチラ。

一目刺しだと途中で飽きてブランク発生するってことも去年学習したので、模様刺し。

オーソドックスに大好きな七宝を刺しています。円のサイズは4センチだったかな?

ちょっと細かめの七宝だから、明るく可愛くなったらいいなー。

カワイイ模様とカワイイ糸を組み合わせてクソも可愛くないふきんを生み出す特殊能力持ちだからどうだろう…。

手縫いでちくちく comments(3) trackbacks(0)
Comment








刺し子素敵ですね。
私のお正月は編みもの三昧でした。
初詣いいですね。
私もいつかかわいい刺し子させるようになったらyuki*さんからもらった糸を使う所存です。

思い立ったら命がけ、ぶつかるまで止まらないわたしですが、今年もよろしくお願いいたします
from. かほる | 2018/01/10 22:13 |
昨年中は大変お世話になりました。
今年も勝手にお世話になります。よろしくお願いいたします。

刺し子可愛いじゃないですか!針目の美しさにうっとりです。
七宝は4cmとは小さいですね。で1辺に5目とは細かい。
曲線を書くのは難しいけど真似してみたいです。
こんな上手に円が書ける気がしないけど。。。

糸をたくさんいただいたので遠慮なく楽しませてもらいますね。
もらったものはワタシのモノよ。な〜んて(笑)
刺したものを見たいという要望にはお応えしたいと考えています。
なるべく丁寧に刺したいとは思っているのですが、
コレだ!といった感覚がつかめていないので、どうなることやら。
Yuki*さんのおかげで刺し子が楽しいので、今年も楽しませてもらいま〜す(^^)
from. sakura | 2018/01/12 20:08 |
かほるさん

素敵じゃないんですよー。実物見たらキモチワルイんですよー。
ホビーラさんのキット通りの糸使えば可愛くなったのかなあ…。

毛糸も刺し子糸も段染めってカワイイですねえ。
色の組み合わせとか参考にして自分でも染めてみたいんですが、
そもそも思い通りの色に染まらないから何ともかんとも…。
ウチのママンも年末からずーっと編み物してます。
なんでも帽子をなくしたから作るとか。
しかし、サイズ間違えて頭に入らないものふたつ生み出して、
只今三度目の正直とばかりにみっつめに挑んでますが、既に2回ほどいて編み直してます…。
アレ見てるとワタシに編み物できる気がしないわー。
編み物できる人を改めて尊敬した正月だったのでした。

思い立ってもすぐ飽きて、ぶつかる前に脇道に逸れるワタシですが、今年もよろしくお願いしまーす。



sakuraさん

こちらこそいろいろお世話になりました。
今年も勝手にお世話になっております。(既に)
他の人の刺し子を見るのが楽しいのでーす。(自分でも刺せ)

針目はね、印刷済みの図案だからキレイじゃなくちゃおかしいのにあまりキレイじゃないのよ!!
なんでだよ!!(お前がテキトーに刺すからだよ)
ホビーラさんの印刷済みのふきんに小さめの七宝と小さめの青海波があって、
それがすごく可愛くて4センチくらいだったので、真似してみました。
なんか既にこちゃこちゃしてるので、刺しあがったらみっちみちかも…。
円はね、丸い型紙を何度となく自作したもののいつも歪むので、
大人力を発揮して○のテンプレート買って、ソレで書いてます!
大人には金があるのだ!!

糸は差し上げたからにはsakuraさんのものですよー。
ガンガン使ってやってください。なくなったら追加便送りますよ。
晒を1反送りつけた責任は果たすぜ!(どんな果たし方だよ)
なかなか思い通りには刺せないけれど、ちっちゃいことは気にせず刺しちゃいましょうよ。
刺してるうちにいつかそれなりになったりしないだろーか。

そういや去年の12月のホットペッパーの表紙、hydeさんでしたね。
部屋掃除してたら出てきました。

ええと、とりとめがないんですが今年もよろしくお願いしまーす。



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2018/01/15 23:43 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1519
<< NEW | TOP | OLD>>