| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ブックカバー考。

kindle先生導入後、

既に紙の本として所持しているにも関わらず好きすぎてデータでも購入する呪いにかかりましたが、

kindle先生に馴染んできた今日この頃、

データで買った本が思いのほかずっしりと心に残ったので紙でも購入するという呪いにまでかかりました。

呪い二重奏。恐るべしkindle先生。(きっとヤバいのはkindle先生じゃなくてワタシの物欲)

 

ある本を読んだらそれに関連したり類似した別の本を読みたくなって、

その別な本を読んでそれに関連したり類似したまた別の本を読みたくなる。

…的な芋づる式読書ライフを送ってると、

あまり人に見られたくない本とかも持ち歩くことになったりするんでね、

ブックカバーなんぞ使うようになりました。

…別にエロ本携帯してるワケじゃないっすよ。

なんか、あるじゃん、なんとなく読んでるのバレたらちょっと恥ずかしい本。

ワタシ的には、『虚無への供物』とか『ドグラマグラ』とか『地獄の季節』とかソッチ系。

しかしながら、そーゆー本を読んでるときに限って、

バレたくないけどいつも持っていたい感じがあって、なんなんだろうアレ。

 

そこでブックカバーの登場なワケですが。

本の厚さに合わせて調節できるタイプのブックカバーが一般的な気がするし、

自分で作るときもそういったタイプのブックカバーが多いんだけど、

調節部分のもっさり感がちょっと邪魔だったり、若干ズレたりするのがウザかったりしまして。

家で読むときにかけてるぶんにはさほど気にならないんだけど、

(ママンには、ソッチ系に関わらず何読んでるのか見られたくないから家では本は隠して読む)

持ち歩いてるとどうしてもかさばったりズレたりするのが面倒なんですよね。

紙のカバーは、折り目残っちゃうからいちいち新しいの作らなきゃならないのが面倒だし。

 

…ってんで、すごいシンプルな、

調節などしない! ガバガバでもピッチピチでも入ればオッケー!

…みたいなブックカバーを参考に買ってみました。

こーゆーの。

 

文庫本でも厚いのもあれば薄いのもあるワケで、どのくらいの長さで作るのがいいのかと思って。

自分で試作するほどの情熱は今ないので、やっすいの買ってきてみました。

やっすいだけに、しおりがついてないのはしゃーない。

普段から付箋付クリップをしおり代わりにしてるから別になくても何の問題もないし。

そんで、肝心の長さは23.6センチ。なんだこのハンパな数字。

 

で、お試し。

厚さが倍くらい違う2冊でお試しです。(節操のない読書傾向丸出しな2冊だな)

薄い方が8ミリ、厚い方が2センチ。

 

まずは薄い方。

けっこうダブつく。

収まりは悪いけど、外れる気配はまるでないからどっちかに寄せれば気にならない。

 

お次は厚い方。

薄い方より収まりはいいけど、まだ若干の余裕がある。

京極夏彦でもなけきゃ大概の本はいけそうな気がする。

 

でも文庫本って1.5センチくらいが平均っぽいイメージだから、

自分で作るならもうちょっと長さを短めにして作ってもいいのかな。

とはいえ作るにしてもミシン掘り出してからになるんで、しばらくは既製品使っておきます。

 

やっすいワリに柄がけっこうお気に入りなので。むふふ。

 

 

 

ここんとこアホみたいに読みまくってるのは小説が多いんですが、

これまでの人生を振り返ると、ワタシにとって小説を読みまくるという行為はほぼほぼ逃避です。

小学生の頃は授業以外は図書室に籠もってひたすらに本を読みまくっていた。アレも逃避。

ぷーだった頃も、就職活動以外は図書館から借りた本を週に20冊くらいのペースで読んでた。アレも逃避。

さて今回は何から逃げようとしているのだろーか。(心当たりがない)(雪かきとか…?)

 

逃避だろうが何だろうが、手当たり次第読みまくってるなかで何度も読み返したくなる本と出逢えると、

ああワタシ生きててよかったーって思います。

大袈裟に聞こえるかもしれないが、ナチュラルボーンヲタは隙あらば妄想の世界に遊ぶので、

自家発電だけじゃ追いつかなくて燃料を求め彷徨う旅人なんですよ。旅人っつーか時にハンター。

 

…ってことは、逃避というか、狩りの真っ最中なのかしら、ワタシ。(そろそろ大人になれよ…)

ノンストップ物欲 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1535
<< NEW | TOP | OLD>>