| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
追憶の変なおじさん。

あまりにも汗が止まらないので、これが噂の更年期? と一瞬思ったものの、

なんてことないただの熱帯夜でした。(北海道の貧民宅にクーラーなどない)

あついよー。今週はずっと30℃以上だったよー。夜も涼しくならなかったよー。

明日もまた30℃超えだってよー…。

 

そんな暑がりのワタクシは、一年中どこに行くにも扇子を持ち歩いているのですが、

朝っぱらから気温が30℃を超えた先日、扇子を紛失していることに気付きました。

最初は家に忘れたのかと思ったのですが、いくら探してもない。

どこかで落としてきたんだと思うんですが、扇子なんて落としますかね…。

財布とか傘とか時計とかは一度もなくしたことがないのですが、

あまりなくさないようなものをよく紛失します。

外出先でブラウスを紛失したときには、自分自身に唖然としました。

ブラウスなくすって…。

 

 

 

今となっては夜道を一人で歩いていても誰からも襲われたり追い剥がれたりしないワタシですが、

若い頃は大人しそうに見えたせいか、ちょいちょい変なおじさんにも遭遇したりしました。

出会うのは夏が多かったので、なんとなく変なおじさんは夏の思い出のひとつになっています。(思い出…?)

なんせ変なおじさんのお話なので、ほぼお下品なお話ですがご容赦ください。

 

というのも、ちょっと前に、JRや地下鉄での痴漢撃退に安全ピンがどーのと話題になっているのを見て、

そういや昔ワタシも、安全ピンではないけどシャープの先ぶっ刺したことあったなあと思い出したので。

勝手に、触れてるだけならセーフ、指に力が入って肉や割れ目に食い込んで来たらアウトってことにしてたので、

股ぐらに突っ込まれた手をガッツリ握って、持ち主の顔も確認せずにシャープで手の甲グサッとな。

後ろで「ぐふっ」とか変な声聞こえたけど、グサッとやるのは犯罪だったんだろうか…いやもう時効だろうけど。

グサッとやったワタシの手を、刺された手とは別な手でじっとり握りしめてくる本物の変態さんもいたっけなあ…。

 

人生で一番変なおじさんに遭遇した時期は小学校2年生から3年生の間。

その2年間通ってた小学校の近くに、やたらと変なおじさんが出没した。

公園の藤棚の根元1本1本に少しずつ小便をかけているおじさんとか、

公園で本を読んでいると、他のベンチががら空きなのに何故か隣に座ってジュースを飲むおじさんとか、

追いかけっこにいつのまにか参加してるおじさんとか。

木や柱に小便かけてたり、隣に座ったり、おいかけっこに参加したりなら特に実害はなかったんですが、

コイツはダメだっておじさんがひとりいまして、あの気持ち悪さは今も忘れられない。

 

学校から帰る途中の道に止まっていたクリーニング屋さんの白いバンに乗ったおじさんが、

今思えばものすごくベタな手口ではあるんですけど、窓から顔出して道を教えて欲しいと。

当時からしっかりアホだったワタシが近づいて行くと、地図があるから見て欲しいと車のドアが開きまして、

そこに座ってたおじさんの下半身がお約束通りにち○こ丸出し状態だったワケですよ。

あ、このひとは変なおじさんだ、とは思ったものの、そのとき既に手首をガッシリ握られてましてね。

「おじさんのお○んちん子豚さんみたいでかわいいでしょ? なでなでしてみようね?」

とか言われて触らされたワケですが、

そのち○こがですね、風呂場で毎日見ている親父のソレの半分くらいのサイズだったものですから、

「あ、ほんとだ〜。ちっちゃくてかわいいですね〜」

と、まったく悪意なく(むしろおじさんに話を合わせたつもりで)正直に口走ったところ、

おじさんの手がちょっと緩んだので、その隙に走って逃げて公園の蛇口でそりゃもう必死で手を洗った。

あれは気持ち悪かったなあ。今でもあの感触が手に残ってる感じするもんなあ。THE★ふにゃチン。

子供の親切を踏みにじるダメな大人だ。

これは親に話したら怒られるやつだと思って話さなかったから、

事件になったり話題になったりする以上に変なおじさんはいっぱいいるってことなんだろうな。

キモいですね。

 

そんなこんなで、変なおじさんとの遭遇は夏が多かったんですが、

真冬の猛吹雪の最中、ほとんど誰も通らない高校のグラウンド脇の抜け道で、

白いハイエースから降り立ったトレンチコートから生足生やしたオッサンが、

横殴りの雪にも負けずにコートの前をガバッと開いて、

氷点下においてはむしろシュールでしかない貧相な裸体を晒していたこともあったなあ…。

なにせ横殴りの雪なので、股間のアレも風に靡いていたっけね。

変なおじさんは夏だけの生き物ではない。

 

ちなみにその近くには、昔とある本にも掲載されたことのある、

『昼間でも出るぞ痴漢と変質者』という看板が立っていた。

確かに、猛吹雪の真昼間でも出た。

つれづれ comments(4) trackbacks(0)
Comment








↑あのね、少年アシベだっけ、ゴマちゃんっていうアザラシ出て来るマンガを思い出しました。
変なおじさん、困ったもんだ!

詳細なレポありがとう。
Ikoiが気になっていたので、次に試そうかな、ネコのトラベルセット可愛いよね。
「kokyu」私も買うのに勇気いりましたよ。
使ってみたら少量でしっかり泡立つので、意外とコスパ良いかも
減らないのよ、すごく長持ちしそうです。
OSAJIの謂れが御典医と知って、そのスタンスが間違いないと感じてしまったの。
Yuki*さんに気に入ってもらえて何よりです。

ルピシアのラプサンスーチョンやっと買えた(品切れってた)楽しみです!
from. lapis | 2019/08/06 21:06 |
lapisさん

困ったもんです!
少年アシベは聞いたことがあるけど読んだことがない。
アザラシが「いぢめる…?」っていうやつでしたっけ…???

OSAJIのシャンプーは本当に泡立ちがいいですよね。
ワタシは髪の毛キノコなので1プッシュもいらない感じです。
しかもコンディショナーも週一くらいしか使ってないです。
シャンプーだけでもギシギシしないし、パサパサもしない。
お高いけどこれなら仕方ないかなーって思えるシャンプーでした。
教えてくださってありがとうございました!
しばらくはコレでいこうと思います。
ワタシの好きなモノは誰も好きじゃないの法則が発動しませんように…。
OSAJIって不思議な名前だなあと思っていたら、
同梱されてたリーフレットで意味を知って、なるほどと。
お匙なんですね。
ワタシは肌も髪も人柄同様ガサツなので、成分にこだわる必要はないんですが、
なんかいいもの使ってる気がして、気分がよろしくなりました。(単純)
香りも好みな感じで、よかったです。
猫のトラベルセットがIBUKIだったんですけど、何か、キノコ狩りを思い出しました。
林の中に置き去りにされた記憶と一緒なので、
匂いに罪はないんですが、やっぱりSOUでいいや…と思いました。
森林浴っぽいいい香りなんですけどねえ。

そしてラプサンは正露丸の香りですけど大丈夫でしたか?
ワタシはスッキリして甘いものにもしょっぱいものにも合うから大のお気に入りなんですが、
なんせ匂いが正露丸なので、あまり喜ばれないんですよね…。
匂いに惑わされずに味わってみてください!(ラプサン仲間が欲しい)

コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2019/08/12 00:47 |
壮絶な幼少期の体験談をありがとう。
娘が中1になり、友達と子どもだけで東京まで行って遊園地とプールに行きたいと言いました。
満員電車で痴漢にあったらどうしよう
プールで痴漢にあったらどうしよう
変な心配ばかりしてしまい、そのお誘いは断ることにしました。
世の中には変なおじさんもいると、いつか教えなければ・・・
from. れがさん | 2019/08/15 09:09 |
れがさんさん

す、すみません…壮絶なネタのつもりは全然なくて、
無垢な子供がいろいろ拗らせたオッサンを無意識に攻撃してたネタのつもりでした。
ワタシ的には何らトラウマ的なアレにもなっていないんで、特に辛い記憶ではないんですよね…。
下品すぎてあまり披露できない持ちネタ程度のライトなノリでした。
娘さんをお持ちの親御さんには心配になる話題でしたね、スミマセン。

とはいえ、永遠に家に閉じ込めておくわけにもいかないし、
いつまでもどこへでも親が一緒についていくわけにもいかないし、
世の娘さんをお持ちの親御さんの心配は尽きないですねえ…。
いや、今は女の子だけじゃなく男の子も狙われてたか…。
ちなみにワタシは中1の頃に引っ越し先までひとりで移動させられました。
はじめての町を、住所だけを頼りに知らない新居目指して夜道を歩いたっけね…。
たぶんワタシの場合は放置されすぎてて参考にはならないと思いますが、
とりあえず何とかなりました。方向感覚も育まれました。
たぶん、生き残るために必要だったんだ…。(おおげさ)

コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2019/08/18 23:30 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/1634
<< NEW | TOP | OLD>>