| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
咲きおりにしてやるぜ!

3月31日まで税込み98円で売っていたヨーグルトが、
4月1日からまんまと税抜き100円で売られているんだが、これが噂の便乗値上げ?
どーゆーワケか、食品関係の本体価格が軒並みそーっと3〜10円くらい高くなってんだけど。
あ、そっか。デフレは終わったんだったっけかね。へーへーへー。(超真顔)



さて、ブツブツ言ってた、『アシュフォードの織機を見て誰もが思いつく何か』。
仕事帰りにハンズに寄ってドリル(タイプのインパクト)ビットを買ってきて作りました。
ホームセンターで買った方が安いんだけど、時間とガソリンとモチベーションを惜しんでみた。
時間とガソリンはともかく、モチベーションは惜しい。(なんという貴族な思想)←貴族を誤解している。


↑アシュフォードの織機。


↑咲きおり。

幅からソウコウから違うワケですが、手前に穴のあいた板があるかどうかも違います。
使ったことのある方は当然ご存知でしょうが、咲きおりはこの板を使って整経できるのです。
アシュフォードだと、たとえば3m織りたいときは、3mぶんの経糸をまーっすぐ伸ばして糸を張るんですよ。
3mぶんのスペースがあれば、ちょっとした運動になるくらいで問題なく張れるんですが、
ウチにはのらおという糸が大好きな猫様がいるワケですよ。

3m走ってる間に、背後で糸を噛み切る!
噛み切られた糸を結んでいる間に、糸の束をペグからひっこ抜く!
抜かれた糸の束をペグに戻している間に、渾身の力で織機本体を動かす!

…ってなワケで、前回2m張ったつもりの経糸が、最終的には1mちょっとしか張れていないというね…。

アシュフォードは卒業するつもりでしたが、卒業前にちょっと悪あがき。
経糸張りをもうちょっと簡単にできないものだろーかと、
おそらく誰もが思いつくであろうアレを作ってみたのでした。ノコギリとドリルで。


根性が曲がっているせいか、フツーに切ると確実にひん曲がるのでソーガイド代わりに板を固定。
ゴーリゴーリと板を切断しました。


その板に穴を開けまくったのですが、捨て板敷いたのにバリがヒデェ。
裏面だから別にいいんだけどさ。
そして相変わらずコゲっぷりもヒデェ。本当にこんなコゲてていいのだろーか?
穴開け作業をすると、部屋には白煙が立ち上り、家全体がコゲ臭くなります。(外でやれ)(まだ寒いんだ)


んでもって、できたのがコレ。
端材で脚もつけてます。


釘打ちのときにウッカリ板に傷をつけてみた。(しかも3カ所も)
調子よくネジを打ち込んでると油断するね。ドライバーがネジの頭から外れて木をゴリッと。
気をつけねば怪我してしまうよ。

そしてこの不格好な板をだね…


アシュフォードの織機にはめ込んでみるとこんな感じ。
ちょっと咲きおりっぽくない?


この穴は咲きおりのワープスティックがハマるようなサイズなので、咲きおりの道具を転用。
4m50cmくらいまで、この台で整経できるのではなかろーか。(まだ試していない)

家に転がっていた端材を使って作ったので、実は高さがちょっと合ってなくてカタカタ言ってる。


板の厚みも、ワープスティックの埋まる部分(ひとまわり細くなってる部分)より薄いから、
下に織機の一部がある穴には完全に刺さりきらない。

ちょっと厚めの滑り止めゴムとか買ってきて脚に貼り付ければ何とかなりそうかなぁ、と。

とりあえず今週末は、アシュフォードの経糸張りに再チャレンジしてようと思います。
うまくいくといいなぁ。



織り地には革タグが似合うのではないかと妄想していたところ、
革タグにはスタンプよりも焼き印が似合うのではないかと思い、
そうだ、今年の自分の誕生日プレゼントは、半田ごて+オリジナル焼き印がいいなぁ!と思った。

増税でも衰えぬこの物欲。
オリジナル焼き印はどんな文字にすればいいかなぁ。
前にオリジナルリボン作った時は『*CHOCO』で作ってみたけど、
実際に使ってみたら、どこが*CHOCOだよっつー気恥ずかしさを感じたものであった。
うーむ。どうしようかなぁ。

売りもしない、子どももいないワタシに、オリジナルなタグなど必要なのかがそもそも問題なのですが。

木っ端でアレコレ comments(3) trackbacks(0)
Comment








のらおさん、糸を噛みきっちゃうのか。じゃれそうだなとは思うけど。

とんとんと木工進んでますなあ。
ええと今はDIYていうのかな??
私もタグにはあこがれます。
売る気もお子もありませんが。

なんかしるしつけたいのよね。
タグ用のはんこ欲しいなあと思いつつ細かいのはほれない&タグ用のことばがみつからない。
ううむ。
from. かほる | 2014/04/04 21:49 |
大胆な穴開け、お疲れさまです。
そして、そんなに焦げるのね。

室内でブルーシート敷いて、のこぎりやクランプやドリル駆使して
DIY、しかも平日ですよね?日中働いてか〜ら〜の。
恐れ入りました。

それから、焼き印、素敵ですね。
「*CHOCO」のリボンとおそろいも可愛いですけどね。
from. れがさん | 2014/04/04 21:51 |
かほるさん

糸、噛み切っちゃいますね。
じゃれるというより、糸と闘ってる感じ?
猫だから仕方ないっちゃー仕方ないんだが、ヨダレまみれの糸はイヤだ〜。

木工と言っていいのかな、コレ。
確かに木を使った工作だけど、木工と呼ぶにはちょっと雑な感じが…。
木工にしても裁縫にしても仕事にしても、丁寧に作業するってことができないのよねー。

タグ、欲しいですよねー。
売る気もないくせに、作家名的な何かにアコガレます。
売るとか識別するとかじゃなく、自分マークをつけたい!



れがさんさん

大胆とゆーか、雑、なのね、ワタシ。
穴開けてても布縫ってても仕事してても、とにかく雑。
本とか見てると、こんなに焦げるのが正解とは思えないんだけど、
何回開けても白い煙がもっくもくと…。おっかしいなぁ。

仕事帰りに30分歩いて、帰宅して諸々用事済ませたら、
いざとばかりに防護メガネかけてマスクして、ドリル構えて白煙あげて穴あけですよ。
どんな会社員だよ。

焼き印、ステキでしょ?
調べたらさー、革はもちろん、木にも捺せるらしいじゃないの。
柄にもない『*CHOCO』にしようか『*HENAsideF』にしようか迷ってます。
リボンはね、テカりが気に入らないからリピはないかもです。
やはり布に縫い込んだタイプがいいかなぁと。(売りもしないくせに)



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2014/04/05 21:29 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/912
<< NEW | TOP | OLD>>