| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
おや? 違う?

先日咲きおりにしてやった(つもりの)アシュフォードで、試しに経糸張ってみた。


まだ整経台の高さ調節してないけど、なんとなく咲きおりっぽくね?
相変わらず「2本通して1本隣の穴に移す」ってのが面倒で、2本ずつ通して一気に整経。
あんまり好みじゃなかった、おそらく紙だと思われるベージュの糸を使ってみました。お試しだから。
たっぷりあると思ったんだけど、手抜きで実質2本取りになってるせいでほんのちょっと足りなかった。
テキトーに前回の残りの糸を入れてみましたが、うーん、地味。

ボサボサの糸が実質2本取りなので、巻き取るときに絡まってモッサモサ。
ちょいちょいほぐしながら、何とか張り終えたよーな気がしたんだが…


最近、卓上織機で織物してる方のブログも徘徊ルートに入れているんだが、
「整経完了!さあ織るぞ!」なタイミングの写真を見ると、どーも自分の張ったのと様子が違う。
気になって織機についてきた説明書を見てみたら、やっぱり「さあ織るぞ!」のタイミングの写真と様子が違う。

↑の写真ではよくわからないかもしれないんだけど、
手前の巻き取る棒から緑の細いのが伸びてるじゃない?
アレが、他の方のブログやら説明書の写真では、
織り始めるときに手前の棒に巻き付いてるっぽいのよね。(↑では伸びきったまま)

説明書では、緑の細いのの先についてる棒(糸しばってある棒)に糸を結ぶ段階では伸びきってるのよ。
でも、「さあ織るぞ!」な次の写真では、突然手前の棒に巻き付いてるワケよ。
連続した2枚の写真の間に何が起こったんだ…?
糸を結んだら、緑の細いのが巻き付くまで手前の巻き取る棒を回さなきゃならんかったのか…?
うーむ、わからん。
とりあえず、手前の巻き取る棒に巻き付いてなくても織れてる気がするんだけどなぁ…。

また織物教室の予約をしてみたので、そのときにコレも教えてもらおう。

あ、ちなみに、試しに経糸張りたかっただけで織りたかったワケじゃないので、
コレは経糸張ったまま、「はい、コレ織っといてね」ってママンに押しつけておきました。
6月の織物教室までに織り上げてね、ママン。(勝手だね〜)



のらおはゴムの付いたねず公をこよなく愛しておりまして、
ひとりでも遊べるようにと、寝床の上からも吊しておいてあげているのです。
時折思い出したようにパンチを繰り出してひとりで遊んでいるのですが、
先日悲しい出来事が起こりまして、

「上にひっかかってしまいまちた…」

「おりてきておくれやす」

結局、おりてきてもらえずにクゥクゥ鳴いていたものですから、
やさしい飼い主(ワタシ)は、ひとしきり大笑いし写真を撮ったのち、おろしてやったのでした。
ようやくおりてきてくれたねず公を、のらおは愛しそうになめ回していたものでした。
ねず公をなめ回す姿はよく見る光景なので、写真はございません。

慌てたのらお、困ったのらお、悲しみののらおが大好物です。

織ってアレコレ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/913
<< NEW | TOP | OLD>>