| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
引き出し塗り壁化計画。

日陰にはまだ雪が残っているところもありますが、ようやく春っぽくなってきました。
修造来札のおかげか気温もあがってきて、最低気温が5℃をこえるようになったこの週末、
ついに懸案だったウルトラBの呪いにかかった机の引き出しの塗り替えに手をつけました。

呪われた引き出し。

コレに、今日が初めての出陣となるサンダーをブイーンとかけました。
初めて使ったけど、けっこうやかましいのね、コレ。
ゴキゲンで散歩中だったのらおが、地を這うように逃亡しました。


ヘタクソなのでムラがありますが、とりあえず呪いは強制解除。
コレにマグネットペイントを1時間おきに3回塗れば、磁石のくっつく板になるんだとさ。


磁石のくっつく板と化した(ハズの)引き出し。
24時間の乾燥後、この上からチョークペイントを塗る予定。
磁石のくっつく黒板にするのです。
乾燥後やすりをかけるんだが、やすりごときでどうにかなると思えぬボコボコっぷり。
鉄分が含まれたペンキだから、分離して沈殿しやすいんだって。
塗る前に30分くらいペンキぐるぐるかき混ぜたもんなぁ。
混ざったと思ったんだけど、まだ沈殿して固まっていたのが残っていたんだな。
砂壁のよーにザラザラっす。

チョークペイントはピンクと黒の2色しか持ってないんだけど、
横長の引き出しを黒にして、残りをピンクにするか、
横長の引き出しをピンクにして、残りを黒にするかで悩んでいた。
妹Bに相談したら、横長の引き出しをピンク、残りを黒、さらにその上から逆の色で水玉を描け、と。
…全面水玉の引き出しって、なんて年甲斐もないんだ。
つかさ、チョークペイントは2回塗りなので、模様描くとなったら明日じゅうにはできあがらないワケで。
とりあえずは引き出しピンクの残り黒で塗ってみて、寂しかったらドット追加するかな。
センスがないので、できあがりが全然想像できねー。(できあがりを想像せずに作業する勇気)

ちなみに一番の難所がコチラ。

鍵穴のマスキング。

ちっさいから、不器用が売りのワタシにはかなり難しかった。
あまりに時間をかけてマスキングしたので、ウッカリその他のマスキングを忘れた。
引き出しのフチあたりにペンキはみ出してんだけど、きちんと机に収まるだろーか。心配。
ま、最悪ヤスリかけまくれば収まるだろう。←THE・ガサツ

明日もペンキ塗りがんばりまーす。
引き出しの中身を出したら、部屋がますますとんでもないことになっているのだ。



ずっとこぎんを刺したいなぁと思っていたので、
実際に糸と針を手に入れてしまうと、まだ刺してもいないのにアレが作りたいとか妄想が止まらない。
しかし、コングレスは何か違うんだよなー。
値段がアホみたいに高いのはまぁいいとして、高いくせに全然好みじゃないってのが大問題。
すこぶる好みの布であれば、多少高くてもがんばりますよオトナだもの。
でも、この布は全然好みじゃない。むしろキライ。
ツヤツヤして光った質感がもう、たまらなくキライ。
洗ったり使い込んだらイイ感じになるかもな、とは思いつつ、短気なのでそんなの待ってらんない。

で、コングレスじゃないこぎんに向いてそうな生地を求め彷徨う週末なのでした。
週明けにはあちこちの店から続々とサンプルが届く予定です。
(…サンプル以外も届く予定です…糸とか糸とか糸とか…)←コンプ魂が震えたらしい。

地元の大きな手芸屋さんも物色してきました。
コングレスに代わる、安くて、ワタシでも刺せそうな布を探していたんですが、


ウッカリ、安くてワタシでも刺せそうなコングレスを買ってしまいました。
廃番商品なので、コングレスとしては格安のm1,080円だったのです。

他に、目の粗いリネンキャンバスのカットクロスを買ってきてみたんだけど、どうかなぁ。
布目が読めれば細かくてもイケんのかもしれないけれど、初心者には厳しそう。
特にガサツで雑なワタシみたいな輩には。

本来こぎんって、目の粗い粗末な布を丈夫にするためのものなんだよな、と思い、
粗末な布なら100均! …と失礼全開でセリアに走ってみたりもしましたが、
手芸コーナーに置いてある布はみっしり目が詰まっていたし、
台所コーナーに置いてあるふきんは縦横の密度が全然違った。
ラッピングコーナーに、ちょうどよさげなざっくり綿麻のリボンがあったが、
1cm幅のリボン1.5mを前に初心者がどうすればいいというのか。
やはり、根気強く巡り会う日を待つしかないんだなぁと店を出たのでした。
でも、あのざっくり綿麻リボンにこぎん刺せるようになったら、
理想のチロリアンテープもどきが自作できるってことかなぁと、またあらぬ妄想を繰り広げたのであった。

さーて、明日は午後まで引き出し乾燥させとかなきゃなんないので、
その隙にこぎんを刺したい所存。
…しかし、こんな時間にブログ更新してる時点で、明日は起きたら昼かもね〜。(ぐうたら大王)

お掃除アレコレ comments(3) trackbacks(0)
Comment








引き出し、どんな感じになるのか楽しみにしてます。
ペンキ塗りしたことないので興味深く読んでます。

こちらは昨日桜が満開でした。
今日は風が強かったので花吹雪でした。

こぎん、私もやってみたいなあと前から思っているのですが、イーラーシュシュもやってみたいので、どちらにしようか悩み中。
日本古来の物かトランシルバニアの刺繍に行くか悩んでおりますが、ミシンや手縫いの小物も作りたい欲張りものでございます。
from. かほる | 2014/04/27 21:14 |
Yuki*さんのブログ見てる人は、
あらゆるジャンルをどんどんこなすYuki*さんに刺激を受けている模様。

ペンキ塗りお疲れさま〜!
黒板で磁石も付くなんて素敵じゃない!
実用的だね。

図書館で「刺し子」の本がありました。
パラパラめくったけど、「作り方」的なページが無かったんだけど。w
こぎんはもっと細かいし、模様もあるので作り方も詳しそう。
from. れがさん | 2014/04/27 21:56 |
かほるさん

引き出しは、実にワタシらしくなりました…。
いいんだ、自分で使うモノだから…。

桜前線は本州を北上しきったみたいですね。
例年北海道は、連休後半あたりに函館が開花して、
連休の翌週あたりに札幌で開花します。あと半月くらいかなー。
近所で一番最初に咲く桜の木も、まだつぼみがふくらみはじめたところです。

かほるさんも多方面に興味があるんですな。
かほるさんの偉いところは、それぞれちゃんとやってることだと思ふ。
ワタシなんかさー、アレコレ手ぇ出してぜーんぶ中途半端。
かほるさんなら欲張っていいと思いますよ。
ミシンも手縫いもこぎんもイーラーシュシュも。
やりたいことは次々やってみればいいのだ。



れがさんさん

こんなに節操なくアレコレ手を出したあげく、
何一つモノになってないのに堂々とブログにアップする姿は、
きっと読んだ皆様に勇気と刺激を与えられるのではないかと…!(アホか)

ペンキ塗りは、やはり向いていなかった…。
黒板で磁石もつくステキな引き出しを目指したんだけど、
よく考えたら黒板である必要全然なかったなーと、塗りおえて思った。
塗ってしまったので、意地でも何か書きますが。

刺し子なんて並縫いで絵を描くだけでしょーって思ってたんですが、
いやいや縫う順番とかあるんだろうとか思ってたら、作り方ページないのかーい。
図鑑的な本だったのかなぁ。
こぎんも、津軽こぎん刺しの歴史から実際にこぎん刺しが施された衣服などが載った、
なかなかに高価でシブい図鑑的な本があります。
最初にこぎんに興味を持ったときにはじめて本屋で見たこぎん本がソレで、
コレは自分にはどうすることもできない、と思ってそっと棚に戻しました。
その後、性懲りもなく本屋さんでこぎんをチェックしてたら、
おあつらえ向きの初心者向けの本を発見して今日に至るのでした。
…が、キットの説明書とネットと本とで、それぞれ刺し始めの位置から違って途方に暮れております。
好きにしてイイって事?



皆様、コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2014/04/27 23:07 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/926
<< NEW | TOP | OLD>>