| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ソーホースブラケット始動。

突然夏になった北海道からコンバンハ。
あたたかいをすっとばしていきなり暑くなったので、いきなりヘバってます。

ヘバりつつも、せっかく天気のいい週末なので工作などしてみました。


ずいぶん前に買ってあったソーホースブラケットの出番でございます。

今日も明日も天気がいいらしいので、ペンキ塗るには絶好のチャンスかと思いまして、
ほっとくと隣家の方にばかり伸びまくるラズベリーを阻む柵を作ろうと思ったのですよ。
できれば冬を越して来年も使いたいので、防腐効果のある塗料を塗ろうと思いまして、
まずは塗装のための作業馬を慌てて作ろうというワケです。泥縄ってこーゆーこと言うのね。

ソーホースブラケットとは、2×4材をぶちこんで使う金具なんですが、その2×4材を買うのに一苦労。
近所のホームセンターで、安売りしていたせいかぐちゃぐちゃになった木材の山をひっかきまわし、
ヒビ入ったり割れたりしていないものを5本選択。
木の節とかにも、いい節と悪い節があるらしいんだが、ドシロウトのワタシにはイマイチよくわからん。
どうせ塗料にまみれるし、外に置きっぱなしにするものだから折れなきゃいいや。

そしてその木材を半分にカットしてもらったんだが。
木材売場のあちこちに「カットをご希望のお客様はお近くの店員に声をかけてください」と貼ってあったので、
あたりを見回して一番近くにいたレジのおばさまに声をかけてみた。
レジのおばさまは担当者を呼ぶべくどこかに電話をしたんだが、
どういうわけか他を当たるように言われたらしく、また別なところに電話をかけはじめた。
そちらでも断られて、他のどこかに連絡するように指示されたようで、
「●●にかければいいんですね?」とか確認して電話を切った後、また別なところに電話をかけはじめた。
…が、その指示された先でもまた断られたらしく、最初にかけたところに再び電話をかけはじめ、
「お客様がお待ちですので、誰でもいいからお願いします」って言ってたんだが、
最終的に「係員呼び出しボタンを押して待っててもらえ」と言われたらしく、すみませんすみませんと謝りながら、
けっこう離れたカットコーナーの入口付近にひっそりと置いてあったボタンを押してくれた。
それなら最初から「店員に声をかけて」じゃなくて「ボタンを押して」くださいって書けよな、とか思いながら、
「木材コーナーの担当者、おねがいします」という放送が何分かおきに何度もかかるのを聞きながら待つこと5分以上。
ようやく希望のサイズにカットされた木材を手に入れることに成功したのでした。
週末のホームセンターは混んでるから仕方ないんだけど、自分で切った方が早かったかもね…。

そんなこんなでモタモタしてたら、ペンキ塗り行程までたどり着かなかったんだが、作業馬だけはできました。


こんな感じのブツです。
写真のように木材を渡して塗装したり、切断したりする他、
上に板を乗せてテーブルにしたりもできます。
黒い金具で洗濯ばさみのように板を挟んでいるんですが、
挟んでいる金具の片方しか板に固定してないので、
脚がパタッと閉じてコンパクトに収納できるようになってます。
収納する必要がなかったり、収納場所が広い場合は、
両側固定して脚を開きっぱなしにした方が頑丈でよろしいのではないかと。

金具と木材の固定には40ミリのコーススレッドを使ったんだけど、
いやー持つべきものはハイパワーの電動ドライバーですな、アッサリと打ち込めました。

まっすぐに切断した木材をぶち込んだ金具が斜めに開いているこの道具、


そのままだと当然、脚の先は斜めってるわけですよ。
このままでも使うのに特に問題はないんですが、やっぱ気になりますよね。
で、世の人々は賢いので、サインコサインタンジェントがどーのと計算したうえで、
脚の先を77°にカットするといい、とかおっしゃってるようなんですが、
ワタシにはその計算がイマイチよくわからんうえ、77°を正確に計測する几帳面さを持ち合わせていない。
…とゆーワケで、地面と平行にカットすりゃいいんだろ、という実にアバウトな考えから、


地面に板を置いて、地面と平行なハズの上辺でカットしてみました。


めでたく地面とぴったり合いました。満足。
2つの作業馬の間に板を渡して、その上に水平器を置いてみたら、ちゃんと水平。
板を乗せてテーブルにしても大丈夫なんじゃないか。むふ。
アコガレのお外でお茶会に一歩近づいたぜ。

こーゆー作業をしていると、ご近所さんたちとお話をすることになるんだが、
コミュニケーションスキルが低いのでいつもまともに話せていない気がする。
とりあえず、ママンを含めたここいらのおばさますべてに「何を目指しているの?」と思われていることが判明。
別に何も目指してません。あえて言うなら、少しでも幸せな老後を目指しているのです。(意味わかんねえよ)

そしてリードでつながれてお外を満喫中ののらおは、


終始こんな顔して、作業する飼い主を眺めていたのでした。
「何やってんだコイツ」感があふれ出ていて照れるぜコノヤロウ。

ワタシが使っているノコギリは、何の変哲もない持ち手プラスチックな安物なんですが、

(コチラ。サイズ比較にワタシの手など)←作業手袋代わりにお役ご免の冬用革手袋使ってます。

安物のワリに、けっこうよく切れるんですよね。


脚の先を斜めにカットしたんですが、けっこうシャープな切り口じゃありませんこと?
このノコギリ買ってから、カット作業への苦手意識がちょっと減りました。オススメ。

明日はこの作業馬使って、本丸のラベンダー柵を作りたいなぁ。



今日は近所の小学校の運動会だったんだが、
最近の小学校低学年のダンスはEXILEで踊っちゃったりするのね…。
ワタシの頃なんて、知らない音頭やら歌謡曲に合わせて踊らされてたもんだが。
EXILE全然興味ないけど、どうせ踊るなら音頭よりEXILEの方が楽しそうだなぁ。

そして毎年愚痴ってる気がするが、相も変わらずの路上駐車に呆れ果てる。
なんで子どもすら毎日歩いている距離をいい大人が歩かないんだ。
近所の住宅付近が知らない車でびっしり。歩道は歩けないし、車道は車が行き交えない。
学校の周囲は路上駐車禁止の貼り紙と三角コーンで車がないけど、
まさか学校だって他所の家の前に三角コーンやら貼り紙やらできるワケもないから、
学校の周囲以外に車がびっしり並ぶことになる。
荷物が多いのはわかるけど、車から荷物おろしたら家に車置きに帰ればいいだけのことじゃない。
小学校の学区なんてそんな広いわけでもないのに、どうして毎年ああなるのかね。
住宅街なんて道路が広いわけじゃないから、家の前に車が並んでいるだけで車出すのも大変なのよ。
近隣住民は非常に憤慨しておりますことよ。

…とか思いながら、車だらけで車道の真ん中しか歩く場所のない道路をてくてく買い物に向かっていたら、
競技と競技の合間に放送が入って、
「●●公園の周囲に車を駐めている父兄の方、近隣の方から苦情が入っています。大至急移動お願いします」
学校に苦情の電話を入れた人がけっこういたらしく、その後も何度かそういう放送が聞こえてきた。
せっかくの運動会だし、苦情入れようとまでは思わないけど、なんだかなぁと思うのでした。
そもそも、他人の家の前に平気で長時間路駐する神経がまったくわからん。

木っ端でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
Comment








ちょっと「木工175」買ってくる・・・

センパイ!すごいですよ。
素敵な作業台できましたね。
画像のように、道路に面した場所でこんな作業馬広げていたら、
そりゃあ近所の人も来ますわ。w
カッコいいっス!

うちの小学校でもエグザイル踊ってました。うちの学年は関ジャニでした。ポカーン・・・
路上駐車もだけど、運動会って不審者も出るんだよ・・・保護者に混じって入ってきて、
女子トイレについてきたオッサンいて警察沙汰になったよ・・・
from. れがさん | 2014/06/01 21:59 |
れがさんさん

木工175、ソーガイドミニに付属してると思う。
このノコギリ買った後で、ソーガイド買ったら、持ち手がシブ色の木工175がついてきたよーな。

作るの簡単でイカす作業台でしょ?
折りたたみできるんだけど、折りたたんでもけっこう邪魔なのが難点。
存在感ありまくるもんだから、近所のおばさまたちはもちろん、
通りすがりの犬の散歩中なおじさんおばさんにまで話しかけられてしまった。

今はEXILEがスタンダードなのね。関ジャニもか。
そういえば保育園でSMAPに合わせて踊ってたなぁ。
ワタシ光GENJIに合わせて踊った記憶なんてないから、時代は変わったのだね。
光GENJIに全然興味なかったけど、いい曲けっこうあるよなぁと思ってたので、
作ったお方があんなことになって、なんだかセンチな気分になりました。

ウチのママン、子どもはもちろん、孫すら出てないのに毎年運動会見に行ってるわ。
父兄から見たら完全に無関係なおばちゃんなワケで、ある意味人畜無害な不審者だよなぁ。
ちなみにウチの近所の小学校、外部からの不審者で警察沙汰になったことはないけど、
教頭本人が知る人ぞ知るカリスマ変態で、警察沙汰になったことあるわ。笑えん。
学校にも危険はひそんでいるのですな…とほほ。
ロリコンはアタマの中だけで完結しといてもらいたいものだ。

コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2014/06/01 23:02 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/943
<< NEW | TOP | OLD>>