| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
血染めのビッグトート。

がんばるがんばる言ってたくせに、結局今日も朝からミシン踏んでたYuki*ですコンバンハ。
絵に描いたような理想的な泥縄っぷり。

それはもうやっつけ仕事で、とりあえず運搬できればよい、という心意気でとりあえず完成。
運べればいいだけなので、返し口も縫ってません。


こんな感じ。


ちょっとアタマがはみ出てるけど、とりあえず咲きおり60cm幅は入りました。

どんくらい大きいかというと、


こんな感じ。(わかんねぇよ)

持っていて相当邪魔です。あまりにデカすぎて制御不能。
JRの改札機に何度ぶつけたことか。

そしてただ今このバッグ、解体中です。
ワタシの裁縫箱の不動の4番・リッパー(…)大活躍中。
やっつけで袋状にしたものの、あちこち気に入らないところがあるので、今度はゆっくりじっくり縫い直し。

そしてやっつけの突貫工事でバッグ作成中、ミシンでウッカリ指まで突貫。
左手の薬指を縫ってしまったサックリと。
切れ味のいい刃物は斬られてもすぐに気づかないと聞きますが、ミシン針も同じなんでしょうかね。
指を縫ったことはわかったけど、あまり痛くない。
かすっただけかなーと思って放置してたら、気づいたら薬指が血まみれ。
濃いグレーだからよくわからないものの、ガッツリ血痕がついてしまった。おおおおお…。
気をつけなければなりませんな。



織物教室は、アシュフォードの織機の簡単な経糸張りを教えてもらうつもりで行ったんですが、
ワタシが楽をしたい一心でやってた経糸の張り方と同じでした。なーんだ、間違ってなかったのね。
ただ、巻き取りとかがよくわかってなかったので、ソコを教えてもらえてよかったよかった。
せっかくだから、難しいという噂の麻で織ってみようと思ってチャレンジ。

…さすが難関糸。経糸張りに3時間近くかかっちまったぜ…。(うち1時間以上もつれた糸をほぐしてた)

経糸張って、ちょっと織っただけで終了してしまいましたとさ…。続きは家で織ります。
赤っぽいストールが織りたかったんだけど、経糸と緯糸の選択を間違えたみたいで、
ラブリーにピンクピンクしたストールになりそうな予感…。
今からでも緯糸の色変えようかなぁ。

麻はネップがすごくて、繊維同士が絡まり合って、まるでフェルト化したみたいにもつれるもつれる。
どうやらモヘアもこんな感じらしいので、この麻が織れたらモヘアも織れるかも。
何とか麻をクリアして、秋になったら冬に向けてモヘア織りたいなぁ。

布でアレコレ comments(2) trackbacks(0)
Comment








あらら、指大丈夫ですか?
手の怪我は日常生活に支障をきたすので不便でしょう。
お大事にね〜!

バッグ、解体中なのね。
こだわって縫い上げたら、きっとお気に入りになるはず。
頑張ってください。

今日手芸屋さんで、針と糸を少し買ってきました。
先輩、わからないところがあったら、教えてくださいね。w
from. れがさん | 2014/06/28 23:16 |
れがさんさん

薄いワリに働きのよい血液なので、数時間後にはすっかりくっつきました。
あまり見かけない向きの見かけない傷跡だけがグッキリ残っております。
ババアだから消えないのかな、コレ。(痕が残ろうともはやどーでもいいお年頃)

こだわって縫い上げる気まんまんで解体しましたが、
途中でこだわって縫うのに飽きて、最終的に元の木阿弥な可能性も…。
もうね、丁寧な手仕事ってのができないみたいです、性格的に。

刺し子デビュウおめでとうございますありがとうございます。
ビバちくちく仲間。
ワタシも相当ビギナーなので教えられることなどあるのだろーか。
とゆーか、ぐうたらしている間にれがさんさんに軽〜く追い越されるんだろうな…。
そのときは教えてくださいね、先輩!

コメントありがとうございましたー。
from. Yuki* | 2014/06/29 22:21 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://henachoco69on.jugem.jp/trackback/955
<< NEW | TOP | OLD>>