| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
物置の中心でミシンを踏む女。

ろくすっぽビニコを縫ったこともないくせに、

いきなりデカめのモノを作ろうとか無謀なことを企んでいるワケですが、

さすがにいきなりお気に入りで大失敗するのはイヤなので、

めっちゃ気に入ってるワケではない方のビニコでお試し製作に挑みました。

 

…ミシンはまだ物置のど真ん中に鎮座してるけどな。

物置のど真ん中でモノに囲まれながらミシンを踏む女。そして猫。

 

 

 

先日のデカすぎていそうなバッテリーケーブルの他にもいろいろと常時積み込んでるモノはあるんですが、

そのうちのひとつ。雪国の必需品というか、雪国でしか積んでないのかもしれないブツ。

雪に埋まったり、わだちにハマったりしたときに脱出するためのお道具です。

同じ用途のものがいろいろあるんですが、これは紙製なので軽いし捨てるのも楽なんで。

ワタシは使ったことはないんですが、貸したことはありまして、見事脱出を果たしていました。

それなりに使えるようです、コイツ。

 

そんなワケでいつも積んでるんですが、ご覧の通り見てくれがイマイチ。

ビニコ縫製の練習を兼ねて、これにも専用の袋を作ってあげようと思います。

 

…当然、のらおに邪魔はされるワケですが。

 

生地の上に座り込むのらおを右へ左へ除けながら、ザクザクとテキトーに裁断。

生地の上に座り込むのらおも一緒に送る職業用のパワーに感動しながら、ガスガスとテキトーに縫製。

テフロン押さえなるものがあったので、ソレ使ってみました。

縫ってる時間より糸調子合わせてる時間の方が長かったのは内緒なんだぜ…。

 

…ってなワケで、できました。

職場で余ったからもらってきたファスナーに合わせて作ったつもりだったんですが、

裁断と縫製がテキトーすぎて、ファスナーの端がイマイチな感じになりましたが、開閉には支障なし。

気にしなければ気にならない程度なので、このままでいーや。

 

お道具もちゃんと収まりましたし。

元々のビニールよりか見栄えはいいのではなかろーか。

 

めっちゃお気に入りってワケでもない生地ですが、

なんとなく黒と赤ってところが新しい車っぽいかなあと思って選んだ生地です。

そんなに悪くない気がするけど、どうだろう。

 

とりあえずビニコも布帛も違いがよくわからんままに縫えたから、何とかなりそう。

今度は本命・バッテリーケーブル入れを縫ってやるんだぜ。

牽引ロープ入れも作りたいな。

布でアレコレ comments(0) trackbacks(0)
裁断頓挫また明日。

車を買った実感がサッパリわかないのですが(しっかり口座から金は消えたが)、

ぼんやりしててもいずれヤツはやってくる、というワケで。

とりあえず、いつも車に載せておくモノを準備しておこうと思いまして。

 

かねてよりブツブツ言ってた、バッテリーケーブルを入れる袋を作ろうと思います。

せっかく新しい車なんだから、破けたボロい袋に入った道具を放り込んだらかわいそう。

金はかけてやらんけど、手間くらいはかけてあげようかなーとかさ。

…手間かけた結果、元よりお粗末なブツが仕上がる可能性は多分にあるんだがね。

まあそこはホレ、気持ちが大事っつーことで。

 

まずは、中身のサイズを測りましょう。

 

 

 

…なんか、デカくね?(比較対象:古いバッテリーケーブル(左上))

 

ぷーに積み込んであったので、おそらくワタシが買ったんじゃなかろうかと思うんだが、

…なんか、デカくね?(2回目)

 

破れた袋の裏側の説明書を見てみたところ、

…トラック?(※ぷーはトラックではありません)

 

とりあえずディーゼル車が云々とか書いてあるから使えるのかなあ?

…未使用っぽいとはいえ、ぷーと一緒に年老いてる気がするから、けっこうなご老体だけど…。

 

もし買い換えなきゃならんにしても、コレよりデカいことはないよーな気がするから、

大は小を兼ねるだろうし、コレに合わせて作ってしまうことにします。

…で、まともに縫ったことがないビニコを意気揚々と裁断すべく、いざ…!!

 

 

 

…って、のらお、なぜおまえがそこに…。(猫あるある)

 

布を広げると当たり前のように鎮座する、それが猫。

 

この後、しっかり腕たたんで座り込みやがりましたので、続きはまた後日に致しとう存じます。

 

最近ののらおは、去りゆく冬を惜しむようにぬくぬくと眠りこけております。(春は春で春眠暁を何とやら)

お前が愛するストーブとのお別れも近いぞー。

 

 

 

アイドリングストップ云々でブツブツ言った勢いで、職場でMT車での止まり方をリサーチしてみました。

小さい会社なのでサンプル数が非常に少ないのですが、

ほとんどの人が、止まる前にニュートラに入れてブレーキだけで止まると言ってました。

…ワタシ、そんなおかしい運転してなかったってことか?

 

まあ、どっちにしても動いてるときにアイドリングストップとかされちゃたまらん気はするが、

実際のところどうなるのかは実際に試してみないとわからないかな。

車が来た時の楽しみがひとつ増えたぞー。(ヤケクソ)

 

ここしばらく会社のおじさま方にも車のこと色々聞いてたんですが、

男の人ってやっぱり、車が好きなんだなーと思いましたよ。

なんか、車に対する視点が違う気がする。

つれづれ comments(2) trackbacks(0)
止まる前に止まる…?

CX-3のカタログ見ていて、i-stopとかいうアイドリングストップ機能の、

 

「MT車の場合は、フットブレーキとクラッチを踏み、シフトをニュートラルに入れた後、
クラッチから足を離すとアイドリングストップします。また、クラッチを踏むと再始動します」

 

…って部分が気になったんだけど、八兵衛はMT車は止まらんから関係ないって言うし、
実際のところ、エアコン等の関係で機能することはあまりないらしいんだけど、

(夏はエアコンほとんど使わないけどな。冷やす方は多分20年間で5時間も使ってないけどな)
よーーーく考えてみたらコレって、ワタシの(というよりYuki*家の)変な癖にとって、
それはそれは恐ろしい機能なのではないかという気がしてきたんですけど…。

 

それはそれは大昔、ワタシが1年かけてようやく免許を取得した頃のことで御座いました…。
(補習受けまくって1年かかったんじゃないぜ、大学はじまったら自動車学校に行かなくなっただけだぜ)
(10回受けたら9回落ちるとか言われながらも仮免も卒検も筆記も1回でクリアしたんだぜ)←それはそれで怖い

 

免許取った直後は面倒がって全然隣に乗ってくれなかった親父が、
ある日突然「満員列車はしんどいから車で通勤する。お前が送迎しろ」とか言い出しまして、
単位はゼミと卒論以外ほとんど取得済みな大学生だったワタクシ、初々しく初心者マークつけて、

毎日札幌市内中心部まで朝晩片道1時間の渋滞ドライブをすることになりました。

 

当然、世のお父様の例に漏れず、助手席からあれこれ口うるさくダメだししてくるワケですが、
どーもちょいちょい教習所で習ったこととは違うことを指示してくるワケですよ。
理想と現実、本音と建て前的なアレかなーと思って、親父が言うとーりに運転してたんですが。
信号待ちで止まってるとき、教習所ではクラッチとブレーキ踏んだまま待てって言われてたんですが、
クラッチはできるだけ踏むな、ニュートラに入れたらクラッチ離してブレーキだけ踏んどけ、
…ってのは他の人の運転見ててもそうやってるっぽいからそうなんだろう。
でもよ、問題はだね、

減速して止まる目途ついたらとっととニュートラ入れてブレーキだけ踏んで止まれ、って教えですよ。
親父がそうしろと言うからずっとそうしてきたんだけど、

新しい車でコレやったら動いてる最中にブツって止まらないか?
動いてる最中にブレーキ踏んでクラッチ踏んでニュートラに入れてクラッチ離してるんでるんですけど…。

(親父から教わったことが妹Aや妹Bにも伝播して、Yuki*家みーんなこうやって止まる)
 

今まで親父に言われたとーりに運転してきたけど、
この機能の説明読んで、自分なんか変な運転してる?って今更気づいたんですが。

一般的な止まり方をすればアイドリングストップする仕組みになってるのが普通だろうから、

一般的には、クラッチから足を離したときには車は止まってるのが当たり前ってことなんだよな?

(教習所に通っていたのが20年以上前なので、もはやどう止まれと教わったのかも覚えてない)

ツルツルの冬道ではギリギリまでエンジンブレーキ効かせたくてニュートラには入れてなかったから、
常日頃からそうやって運転すればいいってことなのかな?
でも癖になってるからいつ何時やらかすかわからんもんなー。
どうもi-stopってのは、エンジン切るごとに解除がリセットされるらしいから、
エンジンかけたらi-stop解除って癖つけたほうが早い気もする。

 

…つかさ、アイドリングストップとか余計な機能つけるのが悪い!(八つ当たり)

 

もちろんこれを機に、親父仕込みの変なクセは直そうと思ってるんですけどね、

なんせもうオツムの硬化したババアなもんですから、直せるかどうか…。

 

20年ぶりにはじめましての車に乗ることになって、今からもう前途多難ですよ。

がんばれおばちゃん。まけるなおばちゃん。

うんてんが、へたくそなんだなあ。

つれづれ comments(4) trackbacks(0)
モチベと抱き合わせ。

車買うのに、よくわからないながら自分なりに調べたりしてたんだが、

人によってこだわるポイントって違うもんなんだなーと面白かったっす。

とはいえ、正直何のこと言ってんのかサッパリわからんレビューがほとんどだったんだが…。

 

トルクがどーのとか言われても、トルクって何ですかレベルですからね…。

近所をちょこちょこ走るみたいな使い方しないから、燃費とかも気にしたことないし。

一応、ガソリン入れるたびに走行距離記録して燃費計算したりはしてたけど、

ぷーですら普段使いでリッター16キロは走ったし、長距離になると20キロ越えてたからなあ。

…そもそもがハイオク喰いだったんで、燃費以前に燃料が高いんだけどな!!

新しい車は維持費とランニングコストが減るんじゃなかろーかと期待。

 

車のことサッパリわからんワタシが見ていても、

走りがどーのとか、シフトチェンジのスムーズさがどーのとかへのコダワリは、なんとなくわかる。

車に居住性なんぞ求めたことはなく、これからも求めるつもりなどないワタシだが、

家族で乗るのに狭いとかチャイルドシート積むとキツいとか、まあそこらへんもわかる。

まったく理解できなかったのが、車に静かさを求めるって何なん…?

会話もままならない騒音たてて走る車は論外として、音のしない車って怖くないのかなあ?

昔、プリウスが登場したての頃、あまりにも音もなく走るから気持ち悪かったけどなあ。

音もなく背後から歩道に乗り上げて接近してきたプリウスに接触されて、

接触にも気付かず歩道乗り上げたまま音もなく立ち去られた恨みを多分に含むけどさ。

しばらく右手が痛かったんだぜ。スーツのおばちゃんと兄ちゃん乗せた赤のプリウスめ。

それはともかくとして、車の音って車の声っつーか、MTだからなのかもしれないけれど、

変な操作すると「貴様何やってくれてんじゃーい」って吼えてくれるのがいいのになあ。

 

百歩譲って静かな車がいいのは理解するとして、

静かな車がいいのに、あーしろこーしろやかましいナビだのレーダーだのは平気でつけるのは何故?

あいつら載せたら、全然静かじゃねーじゃん…。

(スピード落とせだの次を右に曲がれだの指示されるのが大っ嫌い)

 

 

 

さて、突然もりもりと盛り上がってきたモノづくりモチベーションですが、

モノを作るには場所が必要ってんで、恒例のお掃除がはじまっております。

普段からちゃんと整理しておけば、いざ作る気になったときにすぐ作業にかかれるのに、

どーしてこうも、掃除とモノづくりは抱き合わせなのか…。(30年来の宿痾)

あー、もっとすっきり生活したいわー。物理的にもだけど、精神的に!!

 

とりあえず、モチベーション丸出しで材料だけ調達してあります。

材料はとっとと調達するのに、すぐに作業にかかれる環境じゃないから、

作業にかかる前にモチベーション見失って布山が高くなっていく悪循環をナントカカントカ…。

 

ビニコ。

バッテリーケーブル入れる袋と、わだち脱出用の何か入れる袋作りたいなあと思って。

 

…今までまともにビニコ縫ったこと一度もないけどな!!(無謀)

 

昨日、はんこ押しにJRと地下鉄乗り継いでマツダに行ってきたついでに、

しばらく行ってなかった糸屋さんにも行ってきました。

17時とか18時で閉店なので平日は行けないし、土曜日はワタシが出不精なもんでなかなか…。

 

そして、飾り糸1種類(真ん中)と赤系青系を1種類ずつ。

 

青は正直嫌いなんですが、コレはなんかキレイな色だなあと思ったので。

こないだ糸整理したときに、生成とかベージュが多かったので、差し色が欲しいと思ったのですよ。

…まあ、差し色にするにも充分な糸が既に手元に御座いますが…。

 

いいんです、このお店の糸は一期一会で二度と会えないことも多いから、出会ったときに買っておく。

 

材料は手に入れたんだから、

モチベーション見失う前にとっととある程度お掃除しちゃって、縫って織って縫うんだ!

今年は布も糸も在庫減らすぞ。いろいろ作るぞ。そんでママンのバザーに便乗して始末するぞ。

定年までにはモノづくりババアになってなきゃいけないって目標を忘れてた。

老後目指してがんばるがんばる!(どこ目指してんの)

布馬鹿への道 comments(0) trackbacks(0)
よろしく八兵衛。

同じところでぐるぐるとまわりながら大騒ぎしていた感がなきにしもあらずですが、

とりあえず何やら書類にはんこ押してきた土曜日なのでした…。(いきなり)

 

CX-3/XD/AWD(6MT)ジェットブラックマイカ っちゅーやつを買いました。

…買っちゃ…いました…。(抜け殻)

 

もうね、はんこ押しちゃったからね。

今更いいも悪いも高いも安いもないからね。

20年コレに乗るんだと覚悟を決めるしかないからね。

………はあああああぁ。(なぜかため息)

 

最初に出てきた、車両価格に諸経費諸々とオーディオ、セーフティパッケージとやらをつけた金額に、

アンダーコーティングの費用を加えた金額から端数切ったら、ぴったり予算額だったので、

端数切った金額で冬のタイヤとワイパーつけてもらって、もうそれでいいことにしました。

高いのか妥当なのかよくわからんけど、予算ぴったり昼飯代も出なかったぜ…。

これ以上何をどうすれば安くしてもらえるのかなんておばちゃんには皆目わからなかったので、

(色々アドバイスいただいたのにポンコツ野郎で生かしきれずに申し訳ない限りでござる)

とりあえず車乗るのに必要なものつけてもらって予算内に収める、だけを目標にしました。

営業の兄ちゃんは「値引きについて店長との今年度最大の闘いに勝利しました…!」とか言ってたが、

実際のところはどーだか。(営業さんのお話は話5分の1くらいで聞いておけ、が家訓でごわす)

なんせ、車ってどんくらい値引きしてもらえるものなのかよくわかってないし、

タダにしてもらった冬タイヤとワイパーが実際どんくらいのお値段のもんなのかもわかってないし、

本当に頑張って安くしてくれたのか、車のことよく知らないカモ相手に安くしたフリしてんのか、

ワタシなんぞには皆目わかったもんではないが、とりあえず予算内で買えたから、もはやどうでもいい。

本当はグレーの方が汚れ目立ちにくそうだからいいなぁと思ったけど、別料金払ってまでは…ねえ?

 

「末広がりの8日に電話します!」と言ったのに電話寄越したのは何故か9日だったり、

何を飲むかときかれてアイスレモンティーと答えたら出てきたのはホットレモンティーだったり、

ちょいちょい大丈夫かよこの八兵衛と思わずにはいられない担当さんではありますが、

車屋さん巡りをしたあの日、他のマツダの営業所や他社ショールームも行ったけど、

ちゃんとお話聞いて相手してくれたのこの人だけだったから、八兵衛でいいと思ったのでした。

でも、ウッカリ納車されたのがAT車だったりFF車だったりしたら…。(流石にソレはない)(…多分)

至って常套のセールストークだとは重々わかっていても、ぷーのことを、

「プリメーラカミノですか。いい車ですねえ」とか言ってくれちゃうと、悪い気しなかったよ。

 

ところでマツダの兄ちゃんよ、i-stopなるアイドリングストップ機能について尋ねたら、

MTには関係ないです止まらないです、って言うから、ならいいやって思ってたんだけどさ、

帰ってきてもう一度カタログ確認したら、

「MT車の場合は、フットブレーキとクラッチを踏み、シフトをニュートラルに入れた後、

クラッチから足を離すとアイドリングストップします。また、クラッチを踏むと再始動します」

…って書いてあるんだけど、コレはアイドリングストップじゃないのか…?

まあ、乗ってみればわかることか…。

この機能って切ることできるのかなあ。アイドリングストップってキライなんだよな。

アイドリングストップって何のためにあるのかもよくわからん。燃費?(←気にしたことない)

つか、あんなにエンジン切ったりかけたりするのは車に負担にはならんもんなの?

 

んでもって、ぷーじゃないはじめましてなマニュアル車を運転することになったワケだが、

ワタクシはまったくもって運転が上手ではないので、遅かれ早かれクラッチ交換の憂き目は見るだろう。

ぷーの場合、クラッチ交換はエンジン降ろさなきゃならんかったから10万くらいかかったんだが、

今度の車も10万くらい見積もっとけばいいんだろーか…。

ちびちびとクラッチ貯金をしておかねばならんので、どのくらい貯めときゃいいのか知りたくて。

ざっくりでいいんで教えてって兄ちゃんに聞いてはみたけど、すぐにはお返事出ないみたい。

まあ、普通、新車の契約直後にクラッチ交換の費用とか聞かれないかもね…。

 

あれ、そういえばクリーンディーゼル補助金だか何だかがどーのって書いてあったような?

ちょっと調べたら期限延長されてるから予算はまだ残ってるってことなのか…?

…むむむ? もらえるのか?(もらえないつもりでいた方が色々しあわせになれそうな感じ?)

あれ、でも納車は4月になるとか言ってたけど、その場合エコカー減税とやらは…?

よくわからんけど見積もりも契約書もそこらへんの税額0円になってたし、

税額0円の金額の契約書にはんこ押したからそこはもう気にしなくていいのかな?

これからやっぱり取得税6万くーださい、って言われても払わんぞ。(とゆーか、払えん)

エコに何の興味もないのにその恩恵は受けたがるっつーね…。

 

 

 

ワタシはよく人に勝手なあだ名をつけて呼ぶことが多いのですが、

(妹Aの旦那が「大木」だったり、姪が「大五郎」だったり)

薄々お気づきの方もいらしゃるかもしれませんが、マツダの兄ちゃんは「八兵衛」になったようです。

どちらかというと細身でシャープなお顔の方なのですが、見てくれの印象はまるっと無視して、

うっかり属性だけがやたらと印象に残ったので、「八兵衛」。よろしく八兵衛。

多分、今回買った車がぶっ壊れるまで次の車を買うことはないけど、よろしくね。

 

ワタシの命名はおおむね安直かつセンスがぶっ壊れているのが常でありますが、

そのくせやたらと名前をつけたがる悪癖が御座いまして、

先代ぷーも「プリメーラカミノ」だからぷー、とかいう安直な名前で20年を共に過ごして参りました。

そして今回買ってしまったCX-3。

しーえっくすすりーだからしーちゃん、とかでもいい気はするが、(全然よくない)

多分、気付いたらサブローとか呼んでそうな予感。

スタイリッシュなエクステリアが売りらしいんですが、まあギャップ萌えみたいなもんだと思えば…。

 

 

 

いろいろとアドバイス下さったみなさま、ありがとうございました。

すっごく参考になりました。(生かせたかどうかは聞かないでくれたまへ…)

20年ぶりの新しい車にワタワタしてまた騒ぐこともあろうかと思われますが、

そのときはまたよろしくお願いしまーす。(すがすがしいまでに図々しい他力本願)

 

とりあえず、一応、ここ数週間の煩悶から解きはなたれた今、

妙にハンドメイドのモチベーションが上がってきているのでした。むくむくむく。

バッテリーケーブルの袋が裂けてたから、ビニコで作ってみよっかなー。

クルマ放浪記 comments(4) trackbacks(0)
ネゴはにがて。

クルマ放浪記とかカテゴリ作ったはいいが、

そもそも四駆でMTとか言ってる時点で放浪するあてなどほとんどない。

ついでにママンとばあちゃんの乗り降りが楽なクルマとか言い出すと、ほぼ選択肢などない。

勇気を出してATに乗ってみるという手もあったんだが、これだけMT車がない現状を見ると、

むしろ、まだMT車があるうちにそれを買って乗るべきなのではないかという気すらしてくる。

 

…ってなワケで、大して彷徨うこともないままに、交渉材料もほとんどないままに、

とっとと金額交渉に突入してしまっているワケですが。

なんせ車のことなんてサッパリわからないうえに、20年分のブランクはデカい。

今はフロアシートがついていないのね、とか。

今はスペアタイヤじゃなくてタイヤ修理キットなのね、とか。

 

そしてコレは20年のブランクとか関係なくただの無知なんだろうけど、

冬タイヤのお値段出してもらったらアホみたいに高かったからびっくりしてたら、

ホイール代とゴム代…? ホイールは初回だけだから買い換えの時はもっと安い…?

とりあえず、真ん中の鉄部分は使い回すらしいということはわかったが…。

今までぷーが履いてたタイヤとは違う種類のタイヤってことか…?

うーむ、やはり車はむずかしい。

 

もうね、高いのか安いのか、足元見られてるのか妥当な金額なのか、

ワタシなんぞにはサッパリわからないワケですから、もう開き直って予算内ならOKということで。

あとはその車にそれだけの金額を払う価値をワタシ自身が見いだせるかどうか。

他の人が同じ車を同じ条件でもっと安く買っていたとしても、まあいいや他人は他人って思えるか。

 

…って金額がデカすぎて全っ然わかんないんですけど!!

とりあえず、

『この予算内で冬タイヤと冬ワイパー一式とアンダーコーティングつけてちょーだい』って言ってみたが。

さてどうなることやら。

どうなるもこうなるも、ない袖は振れないから、その値段で出せないなら買えないんだけどね。

 

あーもう車買うのって、めんどくさいね。もっとわくわくするものだと思ってた。

クルマ放浪記 comments(3) trackbacks(0)
ぷーのおもいでぽろぽろ。

minus(-)のライブに行って以来、通勤のお供はminus(-)なワケですが、

コロコロ変わるボーカルを聴いててふと、遠藤さんはどうしてるんだっけと思いました。

フジマキくんもモリケンさんもちょいちょい見てるんだけど、

遠藤さんだけは随分昔にRSRで見たっきりだなあ。

モリケンさんが亡くなったときにグッとくるコメント出してたけど、

その記事のコメントに「お前もそろそろ歌えよ」的なコメント並んでたから歌ってないのかな?

すごく好きな歌声なんだけどなー。

 

どうでもいい話ですが、中高生の頃のワタシの勝手な評価では、

BT櫻井・ソフバ遠藤・ラルクハイドは化粧しなくても出来のいい顔TOP3でした。

好みかどうかは別としてね。

(なんせワタシのどストライクは今井寿と吹越満と中嶋聡とよゐこ濱口そして仁志)

 

 

 

ついに20年一緒だったぷーとお別れして、
からっぽのカーポートの前を通るたびに寂しくなる。
失恋ってこんな感じなのかしら、っつー喪失感を埋めるべく、需要ゼロなぷーの想い出語り。
ネタ不足もあって、何回かに分けてお送りいたします。(いらん)

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
つれづれ comments(4) trackbacks(0)
くるまはむずかしい。

からっぽのカーポート前を通るたびに、

もうぷーはいないんだとしんみりしています。

20歳から立派なババアになるまでを一緒に過ごした車だもの。仕方ないよね。

 

…とか感傷にひたる間もなく、

ゆうべ「長い間お世話になりました」としんみりお別れした日産の兄ちゃんが、

昨日の今日ので早速ジュークの四駆を売り込みに電話寄越しました。

CX-3よりも安い値段出してきたぞ。むむむ…。

マツダの兄ちゃんも頑張ってくれるといいんだけどなあ。

 

いずれオートマしかなくなるから、今のうちにオートマ練習しとけばとか言われて、

それもそうなのかもと心が揺らぎつつも、オートマの運転が不安で仕方がない。

マニュアルなら下手くそながら事故らない程度には運転できる気がするけれど、

(とりあえずこの20年、こすったりぶつかったりはしたことがないし…)

オートマはレンタカー運転してる数時間で何度ヤバって思ったことか…。

運転が下手くそだからこそ、今までと違ったことはできるだけしたくないオツムの固さ。

ふう、やれやれ。

 

CX-3のオプションカタログ見てたら、アンダーコーティングってのがあったけど、

こーゆーのやっとけばお腹に穴あきにくいのかなあ。なんかすげー高いけど。

ガソリンスタンドでもこーゆーのやってるよな。何か違うのか…?

くるまってむずかしい。なのに明日マツダの兄ちゃんから電話きちゃいそうだ。

せっかくだからこっちからアレコレ聞いてみよう。

 

…って今気付いたんだが、日産の兄ちゃん休みにジューク売り込み電話寄越したんだな。

クルマ放浪記 comments(5) trackbacks(0)
悟りをひらくのです。

さきほど、日産の兄ちゃんとともにぷーが去って行きました。

からっぽのカーポートがとてもさみしい。

 

20年以上お世話になった日産の兄ちゃんともこれでさようならかと思っていましたが、

長いことかけていた保険なので、やめるんじゃなくて中断にしてもらいまして、

次の車買ったあかつきには保険だけ日産の兄ちゃんの世話になりそうです。

そんなんもあってか、ワタシが絶対に選ばないであろうカワイイ軽のパンフどっさり持ってきて、

「軽に乗ってるお友達とかいたら紹介してくださいねー」とか言い残して去りました。

…なぜ友人の軽もそろそろ20歳を迎えてイカれそうだとわかったんだ…?

 

 

 

「悟りをひらくのです」な勢いで邪念を払うべくちくちくしていた結果、

1年半くらい一目たりとも進まなかった刺し子が、たった一週間でこのとおり。

 

縦横刺し終わりました。

 

表はともかく裏がちょっと悲惨なことになっているので、正直あまりやる気は出ないのですが、

ひととおり刺してみれば次どう刺せばいいのか見えてくるのではないかと思い継続中。

この程度刺したくらいじゃ悟りもひらけず邪念も払えずにいるので、

引き続き斜めをちくちくして、矮小かつしょーもないけど切実な悟りをひらいて邪念を払いたい所存。

 

のほほーんと野球を楽しみたいのです。入れ込みすぎて手に汗握るのもう疲れた。

それもこれもひとえにワタシのココロの持ちようなワケですからして、

今日もまたちくちくと無心になるべく修行をつむのです。やれやれ。

手縫いでちくちく comments(0) trackbacks(0)
放浪終了かも。

今日はminus(ー)ライブだったので、その前に友人につき合ってもらって車屋さんめぐり。

なんせ日産以外の車屋さんに行くのがはじめてな有様で、

しかも車を選ぶということがはじめての経験なワケで、何をどうしていいのやら。

そもそも、はじめましてさんがショールームに突撃した場合どうなるのかがわからん。

 

…というワケで、突撃してみたんですが。

どこの販売店さんも大層賑わっていたんですが、

買う気あんだかないんだかなワタシのよーなおばちゃんにもちゃんと営業さんつくんですね。

「四駆でマニュアルでできるだけ安い車が欲しいのだ」と告げて、いろいろ見せてもらいました。

ちょいちょい乗せてももらいました。

 

サイトで見てるだけだとサイズ感がわからなかったのですが、

実物見てみたらフォレスターとエスクード、デカっ!!

友人にも「アンタ、コレ運転する気か…?」とか言われる始末。

確かにキャンプ用品一式積み込んで走り出しそうな車でしたわ…。

何より、後部座席がワタシにとってすら高い。ちょっと乗るのがよっこいしょな感じ。

コレはばーちゃんしんどそうだなぁと。

あと、フォレスターは計器類がぷーと逆。タコメーターと速度計が左右逆だからちょっと混乱。

石川でスイフトくんに乗ったときも、最後まで違和感拭えなかったもんなー。

 

想像してたより意外とコンパクトだったのがCX-3。

ディーゼルなんでやかましいのかなーと思ったら、やはり20年分の進化でしょうか、ぷーより静か。

他の車に比べるとやかましいらしいのですが、ワタシ的には車の音がしないと不安なので無問題。

後部座席も、敷居?の地面からの高さがぷーより10cmほど高かったけど、

シートの位置のせいか、お尻からどすんって乗れる感じだったのであまり気にならなかった。

 

お値段のこと考えると、外車よりは日本車の方がいいのかなーと思っていたのと、

日本のメーカーのショールームですら敷居が高いのに、外車のショールームはちょっと近寄りがたかった…。

そんなワケで、一応CX-3の見積もり出してもらってきました。

とにかく四駆でMTでばあちゃんたちが乗るのに苦労しなければいいや、って程度のコダワリしかないので、

オプションも最低限CD聴ければいいかなーくらいなもんで。(安全機能みたいなのはつけてもらった)

ライトはLEDだから、交換の必要はまずないらしい。

後ろの物入れが狭いのがちょっと気になるところだが…うーむ。

 

運転席がどんなもんか知りたかったので、運転席に座らせて欲しいってお願いしたら、

オートマの試乗車をまわしてきてくれて、運転席に乗せてくれました。

最初は「試乗してみなくていいんですか?」「オートマも楽でいいですよ?」

って営業さん言ってたんですが、

バックモニター見せるのに「ブレーキ踏んでバックに入れてください」って言われて、

ブレーキ踏んでシフトレバー睨んで「バックだから…PじゃなくてR」とか言ってるのを聞かれて、

コイツにオートマ運転させるのはヤバいと思ったのか、

試乗も「僕が運転するんで、助手席でどうぞ」とか言われましたわ。

うん、ワタシもその方が安心…。

そして二度とオートマをオススメされなかったのでした。

向いてないのよ、オートマ。年取ってから新しいこと覚えようったって難しいもの。

こと、操作を誤ると人を殺しかねない道具ですからね、身の程弁えてMTがよかろうよ。

 

計器類は、ど真ん中にタコメーター、正面とタコメーターの隅にデジタルで速度表示。

ぷーとは全然違うけど、全然違うから逆に気にならない感じ。

今は足元のマットが別売りだとかで、オートバックスとかでも買えるらしいんですけど、

足元だから純正品の方がいいんじゃないの? ってママンは言うんですが、どうなんだろ。

あと、タイヤがゴムの部分が厚い(ホイールが小さい?)ものにすると安くなるみたいなんですが、

薄いタイヤと厚いタイヤって何が違うのかがイマイチよくわからない。

前の会社のあまり車の趣味がいいとは思えない社長が、ペラッペラの薄いタイヤ履きたがってたから、

薄いタイヤにあまりいいイメージがないんだけど、どうなんだろ。

自動車税も3月末に買うより4月に入ってから買った方がひと月分お得なのかなあ? とかよくわからん。

そもそもぷーが排気量2,000でベースが高い上に、20歳のじさまだったので重課税どーんだったから、

排気量1,500以下だとけっこう安くなりそうな気がしないでもない。

MTで四駆とか全国的にも需要が少ないらしくて、いつもいつも生産してる車じゃないらしいから、

タイミングによっては何ヶ月も待つことになるらしいんだけど、

何をお話されても車のことよくわかってないから、セールストークなのか本音なのかがよくわからん。

 

まあ、その車にそのお値段を出す価値があるとワタシが思えばそれでいいことなんですけどね。

カタログ睨みながら急いで検討してみようと思います。ふぅ。

 

 

 

販売店巡りの途中で、焼き物作家さんのやってる雑貨屋さんに寄り道。

染物屋さんから出たハギレを買ってしまった…。

ミシンもまだ掘り出せてないのにまた布買っちゃったよー、って話を友人としてたら、

お店の人に「作家さんですか?」と尋ねられたので、ソッコーで「いえ、違います!」と言っておきました。

いつか「ええ、一応」とか答えられるひとになってみたいものです。

 

地下鉄で販売店に向かう途中に通りがかった施設に展示されてた織物にもときめく。

普通の平織りなのにカラフルですごくカワイイ。

 

コレはちょっと考えないと織れない感じかなあ。ちょっとこぎんっぽい。

 

コレは浮き織りかな。

浮き織りってあんま興味なかったけど、配色や配置でイメージ全然変わるんだなあと思いました。

ちょっとハンドメイドしたい気分が盛り上がってきた販売店巡りなのでした。(脈絡ナシ)

 

minus(ー)ライブはやっぱすげーよかったです。

最後のBEAUTYの前にマイクひっぱってぐるぐるやってたせいか、マイク抜けちゃってたらしく、

ときどき微かに生声が聞こえはするものの、ほとんど歌声聞こえなくてインスト状態。

本当はアンコールとかやらないんだけど、インスト聞かせちゃったからって、もう1曲やってくれました。

歌うフジマキくんを見て、横でくねくね踊ってたモリケンの不在を感じてしまった。

対バンの人たちはSCHAFTやってたかな。

キャパ180人の小さな箱でしたが、すごく楽しいライブでした。やっぱりイイわー。

クルマ放浪記 comments(6) trackbacks(0)
<< | 2/134 | >>