| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
エスケイプGOGO!
諸般の(非常にくだらない)事情がありまして、
フルスロットルでハンドメイドにエスケイプ中Yuki*ですコンバンハ。
アレもコレもすべてをディーガにお任せして、空元気で陽気にランナウェイだぜ!
よーし、ガマるぞおおおおおお!!!(詳細はお察しください…)

…というワケで、昨日の予告通り、布を買いに行ってきました。
おにぎり柄も骸骨柄も我慢した。気になっていた猫柄も、なんとか我慢した。

…しかし、気になってなかった猫柄を買ってしまった。(こら)

青嫌いなワタシが青なのに気になるって、これはもう運命の布! と思ってね…。
(ワタシの場合、運命のホニャララは比較的身近にかなり頻繁に転がっています)
実物は画像より全体的にちょっとだけ暗めなんだけどね。
あーこの布やっぱカワイイー青いのにカワイイー。
20年に一度くらいの頻度で、濃いめの青にときめくことがあります。
ちなみに前回は、18歳くらいの頃に買ったフィオルッチの青い傘。
アレが人生はじめてで、今回が人生二度目かな。次は還暦過ぎた頃だと思う。
とにかく青にときめかない人生です。

赤のドットはもともと予定していたお買い物。
手前のどピンクは、昨日使ったピンクパンダと色違いの黒パンダと合わせようと思って。

モノづくりのモチベーションは物欲も連れてくるのはもう、自然の摂理というものですね。(違う)

そういえば昨日のポーチ、致命的な失敗をしていることに今朝ほど気付きました。(遅い)

…中身入れないとものの見事にぺっちゃんこ…。

そういえば、接着芯もキルト芯も使うの忘れてたわ。
接着芯を貼った布の感触があまり好きじゃないから基本使わないんだけど、(ローンとかは観念して使うが)
やっぱポーチとかそれなりのカタチがないとダメなものには使うべきですね。
いや、好きじゃないとかキライとかじゃなくて、単に忘れただけなんだけどさ。
次は気をつけよう。



人間の赤ちゃんとか、ちょっと見ないうちにずいぶん大きくなったなぁと思うものだけど、
先日までハゲ散らかしていた街路樹や、土しか見えなかった殺風景な裏の畑が、
ふと気付くと青々と新しい葉をつけ花をつけ草ボーボー生えているのを見ると、
やっぱり人間ってゆっくりおおきくなるんだなぁと思いました。

…年をとるのはやけに早いけどな…。
布馬鹿への道 comments(2) trackbacks(0)
どうぶつぶつぶつ。
『世界から猫が消えたなら』って、
もうタイトルからして売れ線狙ってんじゃねーのとか思って、
本の段階からほとんど興味なかったんだけど、映画化されたんですね。
帰宅途中の地下歩行空間にばっばーーーんと広告出てましてね、
どうやったって視界に入ってくるワケですよ。

そう、世界から猫が消えたなら…猫…のらお…

世界からのらおが消えたなら…!!!(滂沱)

まあいくら泣いてものらおはいずれこの世界から消えてしまうわけで、
ワタシはそれを見送らなければならないわけで、それも飼い主の義務だと思うわけで、
それでもやっぱりのらおがいなくなったときのことを考えてしょんぼりするわけですよ。
いえ、小説の内容はまったく存じ上げません。タイトルから何やら連想しただけです。
(もちろん映画を見る予定もない)



がま口を作るのが楽しい。でも作りたいがま口はもうない。

こんな状況を打破すべく、友人に「欲しいがま口ないのかよ」とかいうムリ言ってみたところ、
口がガバッと開くタイプのがま口が欲しい、ついでに友人の母は動物柄の小銭入れガマを所望している、
とかいうお返事をいただいたので、ウホウホと………布を買いに行ってしまいました。

だって、動物柄なんて持ってないんだもん。
いやね、大きめな柄の猫とか鳥とかシカとかウサギとかパンダはあるんだけどさ、
小銭入れサイズで何の柄かわかるような動物柄って持ってなかったからさー。つい、ウッカリ。

いやー、久々の布屋はやはりパラダイスだね!
ウホウホとアレコレ買ってしまいましたよ。つい、ウッカリ。(ウッカリしすぎなんだよ)

いやでもちょっとずつなんですよ? 50cmとか…。

他にも、イカす骸骨柄とかイカすおにぎり柄とかイカす幾何学模様とかいろいろありましたが、
とりあえず我慢して動物柄を中心に買ってきましたよ。ウホッホ。
週末はコレでガマるんだー。わーいわーい。

ああ、ガマるのたのしい。ガマ口屋になりたい。(無理)

野球で個人的につまらんことがあるとハンドメイドに逃避する癖があります。
今年も元気にランナウェイな予感…。
続きを読む >>
布馬鹿への道 comments(4) trackbacks(0)
一期一会病。
ワタシはノーコンである。

あらゆるコントロールがアバウトなので、
漂白剤のフタ締め過ぎてヒビ入れたり、
蛇口締め過ぎて次の人開けられなかったり、
桃の皮剥き終わって見たら果肉完全に潰れてたり、
塗り薬のチューブのフタ開けようとしてねじりきったり、
魚の肉箸でほぐそうとしたら割り箸へし折ったりするんですな。

当然、ボール投げるときだって思いっきりノーコンなワケで、
先日仕事帰りに河川敷でキャッチボールする兄ちゃんたちを微笑ましく眺めた後で、
道路脇を何かがコロコロ転がっていくのが見えた後に、兄ちゃんが何かを探して脇を駆け抜け、
探しものがみつからないままに戻っていくのを見た後で、排水溝にひっかかったボールを発見。
兄ちゃんに返したろうと、ボールを持って来た道を戻ったワケだが、
兄ちゃんは赤信号の道路を挟んだ向こうで未だボールを捜索中。
「ボール探してるー?」と道路挟んで声をかけたら、
兄ちゃん顔をあげて、当たり前のよーにグラブを構えましたよ。
それを見たアタクシウッカリ、自分のノーコンを忘れて道路の向こうに大暴投。
兄ちゃんの頭上遙か彼方を風のよーにぶっとんでいきました。
ワタシ「ごめーーーん!!」兄ちゃん「あとうございましたー(ボール追いかけてフェイドアウト)
明らかに余計な手間をかけてしまいました。ボールごと川に落ちてなければいいけど…。

やはりひとは常日頃からキャッチボールくらいしておかねばなりませんね。(何のために)(誰と)



川をめがけて大暴投かました帰り、ワタクシさらにやらかしておりました。

布との出会いは一期一会とか何とか言い訳して、追加購入。
前回カットクロスで買ったものの、帰宅して布スリスリしてたらやっぱり欲しくなっちゃった。
そんでもって、好きだけどどう柄取りしたもんだかわからんからと我慢したパフも勢いで。

…コレで何作るかなんて全然思い浮かんでないんですけどね!!
カットクロスで売ってない生地で気になるものもあったんですけど、
布が欲しいという気持ちよりも、C&Sの店員さんと関わり合いたくない気持ちの方が強くて我慢できたんだぜ。
催事は、どうしても避けられないレジが大丸店員さんってのが何よりイイ。
C&Sの店員さんに何かされたワケじゃないけど(何もされなくてイライラしたことはあるが)、
雰囲気というかノリというか、とにかくニガテなんだよね………住む世界が違う感じ?



ガマもヒーコラ作業してましたよ。
黒くてイカしたアイツらのおかげで、口金つける作業はまったく苦にならなくなりました。
…が、型紙で煩悶中。
イメージのカタチに仕上げるにはどんな型紙を作ればいいのかがまだよくわからん。
とりあえず、小さいガマはなんとなーくこんな感じ?

…なんか違うな…。

左から、失敗作(その1)・失敗作(その2)・妥協作。
モノを入れたらそれなりに見えたからまあいいことにした。

どうしても脇のあたりがもっさりするのが気になってるんですが、
コレひょっとして原因は布が厚すぎるからじゃね? と思って、薄めの生地で週末ガマガマ。
ついでに、3個くらい在庫があった口金でテキトーに型紙を作ってガマガマ。

………。
とりあえず丸い方はプチプチ詰めたらそれなりに見えてるけど、脇は相変わらずもっさり。
なんでかって、布は薄いのにしてみたけれど、キルト芯が厚かったから。(馬鹿)
参考にネットを徘徊してたら、どうもガマさんにはキルト芯挟むのが主流っぽかったんで、
じゃあ挟んでみるかと思ったものの、手元には厚手のキルト芯しかなかったんだなー。
そこで「まあコレでもいいか」とか思っちゃうテキトーさが敗因です。

四角い方は………なんなのこのカタチ…。

脇から見ると三角でなんかカワイイんだけどねぇ…。

この口金はどんなカタチのガマさんに仕上げたいっていうイメージすら湧かないんだが、
どんなガマ作ればいいんだろう…あと2つあるんだけど…。

ちなみに内布はカラーのドット。
思うようなカタチには仕上がらないものの、口金つける作業だけはワリと慣れてきたぞ。
修行1歩前進?

たまに口金買ってるお店が送料無料やりますっていうから、
連休中にガマ修行しようと思って、どの口金買うか手持ちの口金眺めていたんだけど、
いつ買ったのかもわからん口金たちなので、何作ろうと思って買ったのかなんて覚えているワケもなく、
結局どの口金買えばいいのかわからないままです。
とりあえず、気になる口金少しずつ買ってみようかな。
G.W.はガマ・ウィークの略です。(違)



週末に近所のスーパーでコストコフェアとやらをやっていて、ママンがピザ買ってきました。

…で、デカい…。

おかげさまで、土曜日と日曜日の朝食と昼食と夕食はピザでした。
明日の朝食で完食です。(まだあんのかよ)
布馬鹿への道 comments(3) trackbacks(0)
ニヤニヤする日々。
先日はがま口眺めてニヤニヤし、一昨日は録画しておいた野球中継見てニヤニヤし、
そして昨日は買ってきたがま口と布眺めてニヤニヤしてたらとっぷり夜が更けてました。
連日ニヤニヤしたアフターファイブ(古っ)を過ごしていますYuki*ですコンニチハ。

昨日眺めてニヤニヤしてたブツはコチラ。

大丸でC&Sの催事がはじまったってんで、ちょっと買ってきた。
もんのすごい久々のリバティ購入。(リバティで最後に何か縫ったのよりは久々じゃないけど)←
カペル?がどの色もすごい可愛くて、もうちょっと欲しいような使わないような…。

小さいがま口に失敗したので(2回目)、同じサイズの口金使い果たして補充。

持ってた口金をいつ買ったのかまるで覚えてないけれど、
同じ店で買ったのにお値段ほぼ倍になっとるね…。ぐぇ。
まあとりあえず、あと3個は失敗できるから気が楽になったよフハハハハ。

その失敗作(2回目)。

また脇のふくらみが足りない。そしていびつ。

失敗作(2回目)と目指した形。

失敗作(2回目)と失敗作(1回目)。
大して変わってねぇ…。
うーん、録画した野球見ながらニヤニヤ作ったからこんなポンコツな出来になったのだろーか。

ま、野球でニヤニヤできる日なんてそうそうないので、次は大丈夫だろう。
続きを読む >>
布馬鹿への道 comments(0) trackbacks(0)
ハギレラヴ。
急いて事をし損じようとも善は急ぎたい思い立ったが吉日野郎・Yuki*ですコンバンハ。

スカパーに加入したいと思い立っちゃったものの今週は忙しくて、
スカパーの電話での問い合わせ窓口の時間(20:00まで)に間に合いそうにないので、
電話窓口の時間に間に合わないからこちらから問い合わせするよ、ってことわった上で、
よくわからん部分をアレコレ問い合わせフォームで質問してみたところ、
質問前にいいだけ読んでも結局知りたいことについて載っていなかったヘルプページへの誘導とともに、
「詳しくはこちらにお問い合わせください→電話窓口(20:00まで)」
…とかいう、現時点ではびっくりするほどクソの役にも立たない丁重なお返事を頂戴したので、
これはきっと時間のある休日を待って電話窓口に問い合わせしやがれってことよね、と理解はしつつも、
結局いつだって思い立ったが吉日野郎なワタクシは、
休日を待つことなく仕事帰りにヨドバシに向かい、通りすがりの店員を捕獲。
「現時点でテレビすら持ってないんだがスカパーが見たい」と、
アンテナ設置のアレコレやら20年以上ぶりで見事に浦島ってるレコーダー等の接続を尋ねてみたところ、
ワタシのあまりにモノわかってない有様に早々にギブアップされ、他の店員が召喚されました。
わざわざ召喚されただけのことはあって、ワケわかってないワタシのお粗末な疑問をほぼ解消してくれまして、
結論としては、『設置にいくら金がかろうともアンテナを取り付けるという断固たる決意が必要』でした。

アンテナ設置の見積もりで目ん玉飛び出るような金額提示されたら諦めようかと思ったんだが、
払える金額提示された場合には設置後の確認のためにどうしてもテレビが必要になってくるワケで、
見積もりの結果がどうあれ、アンテナ設置の見積もりに来てもらうには、
どうしても事前にテレビを用意しておかねばならんようだ。(当然)
ただ、あまりにもお値段高すぎてアンテナ設置できなかった場合に、
必要のないテレビだけ残るってのもなーと思って、
大体でいいから設置の金額わかんないかなーとか、悪あがきに近い質問をしてみたところ、
わざわざスカパーに問い合わせしてくれたんだが、
「取付工事が高額すぎてアンテナ設置できずにスカパーが見られないならテレビはいらないってお客様なんですよ」
とか電話口で話しているのを聞いて、(電話の向こうの「…は?」とかいう困惑してる空気もヒシヒシと感じて)
自分がすこぶるめんどくさすぎる客だということに今更気付いたのでした。(遅い)
レコーダーについても、20年前にはなかった自動録画とかいうよくわからん機能がやけに強調されてて、
コレは何なんだアレは何なんだとアレコレ質問しまくって、自分が欲しい機能がようやく見えてきました。
あとは、いくら金がかかろうとも野球を見てやるんだという断固たる決意ができるかどうか。

…まあ、今までずーーーっと、たまにしか中継してくれない地上波のみで過ごしてきたワケですから、
今更、急いで契約して全試合観戦してやるムキーーー!!! とか慌てる必要もないんで、もうちょっと考えます。
とりあえずクレカの請求締め過ぎてからでもいいかなー。けっこうな出費になりそうだしね。



…とか、野球見るためにかなり散財しそうな予感があるにもかかわらず、相変わらずの物欲。
とにかく『ハギレ』って響きに弱いので、帰る途中のハンドメイドマーケット的なところで、
またしてもハギレを買ってしまったのですよ。ハギレトランクがもう少しでいっぱいになるというのに。

プケッティだったっけかね? マリメッコのハギレ。
柄というより、この色合わせに弱い。
柄がデカすぎて何に使えばいいのかよくわからないけれど、色がとにかく好みなので、しばらく眺めとく。

袋にテキトーに詰め込まれて300円で売られていた、リネン100%のハギレ。
手作りのファスナーポーチを売ってるお店で、ポーチを作ったときに出たハギレっぽい。
思ってたより大きめだし、色もアレコレ入ってるワリにはいらないってものがないから、
明日もまたやってて、もうちょっと明るめのもの入ってるのあったら、もう一個買おうかな。
つぎはぎして小物作ってもカワイイような気がするし、ワリと目の粗い生地だからこぎんにも使えそう。

反で売られてる生地ももちろん好きだけど、どーしてもハギレにときめいてしまうのは何故なんだろうなあ。
布馬鹿への道 comments(4) trackbacks(0)
やる気なく妄想中。
前髪を切ろうとしたら、はさみを入れる瞬間にのらおアタックを喰らい、
はずみで予定外な長さで髪の毛バッサリ、
米倉版家政婦的髪型になってしまったYuki*ですコンバンハ…。



刺し子でタグがどーのとぶつくさ言ってましたが、
実際にやってみると何をどうしたかったのか完全に見失いつつあります。

ねえ、何がしたかったの…?

とりあえずこの生地とこの糸の色の組み合わせは悪くないっぽい、ということはわかった。
これを縫い付けて縫いしろボサボサにしたらワンポイントになるんじゃねーのとか妄想してたが、
そんなかわいい感じにはならなそうだなぁ。うーむ。
妄想は好きなんだが、実行するとたいがいどっか間違ってるんだよね。

こっちも妄想の末に久々に買ってしまった布。

タオル生地とワッフル生地。

最近ハンカチ代わりに使ってるハンドタオルが軒並みバリバリになったりへたれたりしてきてて、
気になるハンドタオルをみかけるたびにちょこちょこ買い足してみてはいるんだけれど、
あんまり気に入ったものを見かけないので、作ってみようかと思って買ってみた。
こいつらと手持ちのダブルガーゼ重ねてみたらどうかなーとか。ズレないように刺し子とかしてさ。
まずは水通ししよっかなーと思ったんだけど、端にロックかけるのが面倒で放置中。
明日はやる気ひりだしてロックかけて水通ししたいなー。ミシンを出すのがとにかく面倒。

まだ2月なのに五月病のよーに何もかもがおっくうな今日この頃。
寒いから布団の中がシアワセすぎるのがいくない。
休日の午前中はひたすらのらおとベッドでごろごろしてるもんなー。ああシアワセ。
布馬鹿への道 comments(0) trackbacks(0)
おらはやっちまっただ。

シーズン中はもちろん、ハム無関係な日本シリーズまで録画していたせいか、知らないうちにパソが、
「だってお前、野球好きなんだろ?」とばかりにプレミア12韓国戦を延々4時間も録画しやがったようです。

ハム戦は途中で放送ぶっちぎるくせに、プレミア12は試合終了まで完全放送だと…?(いらいら)



布棚に入りきらない布山が雪崩を起こしたまま捨て置かれて早半年。
(時折発掘調査はするものの、雪崩自体は放置)←おい
少しずーつ布は減らしているつもりなんだが、相変わらずそびえる布の山に、
しばらく布を買うことを禁じていたのですよ。できるだけ布屋にも近づかない。

…が。
本日、ママンに買い物頼まれて布屋に行ってしまいましてね…。


特価のカットクロス、買っちゃった★ てへ。(『てへ』じゃねーよ)

こーゆーユルくて上下のないしっかりした布って好きなのよねー。
コースターとかポットマットの裏に使いたいなぁと思って。
柄が個性的でデカめなのに、柄を気にせず裁断できそうな気がしたんだ。

1mのカットクロスなんだけど、あまりに好みすぎて買い占めたい気持ちをぐっとこらえて、
各色1mずつで踏みとどまったんだぜ。ちょっとは成長したでしょ?
買おうか買うまいかモンモンと悩んで、
ワゴンの前で布じーーーっと見つめて15分とか不気味な所行には出たものの、我慢した!
(「やっぱりあの布もっと欲しい!」って明日また店に走らないとは言っていない)

布屋さんのディズニー柄のコーナーでシンデレラのDVDを流してたんだけど、
シンデレラって、けっこうアグレッシブに王子の嫁になろうとしてたのね。
継母に邪魔されて悲劇のヒロインぶりながら、ガラスの靴履くためにえらいぐいぐい行ってたわ。
おそらく王子は、一時の感情で突発的に嫁を決めてしまったことを後日激しく後悔したんじゃないかなあ。

シンデレラの物語をあまりよく覚えていないのですが、
ガラスの靴に入らないデカすぎる足のカカトだかつま先だかを削って無理矢理入れようとしてるシーンが、
滴る鮮血、飛び散る肉片のリアルな想像とともに、そりゃあもうスプラッタ的に記憶に刻まれております。
ワタシの記憶のシンデレラ物語は、若干ホラー。

布馬鹿への道 comments(3) trackbacks(0)
夏のお供と職人の力作。

大野廃人と化した週末の余韻を引きずって完全に野球モードに入ってましたYuki*ですコンバンハ。
いやしかし昨日の試合は、若さがこれでもかと弾けて飛んでましたな。
ベテランまでひきずられてエラーって。
うーむ、しばらく野球モードから抜け出せない予感…。(当然何かを作ろうなどという気はどこかへ弾けて飛んだ)



前回ご紹介したいただきものと同時に、ここ半月くらいの間にポチポチしてた、
職人鋭意制作中だのメーカー取り寄せ品だの一週間ご発送記載で翌日発送のフェイント布など、
あれやこれやがいっぺんに届きました。

まずは布から。

和布をちょこっとずついっぱい。

こぎんブームから派生した刺し子モチベーションがポチらせた何かです。
いろんな色の和布にちょこちょこ刺し子して何か作ったらなーという妄想でニヤニヤしながらポチりました。
「一週間後の発送で了承します」ってチェック入れないと注文できない感じだったのに、
ポチった次の日には「発送しました」メールが届くという思いがけないフェイント。

刺す気マンマンでポチったはいいものの、届いた直後に大野廃人と化したのでしばらく放置でしょうね…。

こぎんのアレコレ。

メーカー取り寄せ品だったこぎんのがま口キットが入荷したってんでようやく発送されました。
このキットも、図案欲しさでポチったので、いらんコングレスはどこぞへ送りつけます。
糸は、なくなりかけている色と、ちょっと広めの面積で刺したいなぁと思っている色を。
格子が入ってるのが、抜きキャンバス。
コイツを使えば目の拾いにくい詰まった生地でもこぎんが刺せるようですよ。
上のピンク・生成・白の生地はダブルガーゼ。
手持ちのタオルハンカチが軒並みゴワってきたので、刺し子のガーゼハンカチでも作ろうかと。

作る気マンマンでポチったはいいものの、届いた直後に大野廃人と…(以下略)

次は、夏のお供と職人の力作。

夏のお供、蚊遣りをゲット!!

…いやね、あたたかくなって、のらおが玄関先に出たがるようになりますとですね、
玄関のドア全開にして、リードでつないでおいたりするんですがね、
夏だけに、虫の野郎が家の中に侵入してきやがるワケですよ。当たり前ですが。
基本的に可愛げというものをどこかに置き忘れて生まれ落ちたワタクシですので、
虫は平気なんですが、羽音はやっぱりウザいワケで。できれば入ってきてほしくないワケで。
玄関先で蚊取り線香とか焚いてみたらどうかなーと思って買ってみました。
しかしその玄関先にはのらおがいるワケで。
アルミ製のすっごくカワイイ(そしてお値段もカワイイ)蚊遣りが他にもあったんですが、
あまり軽いものだと、のらおがひっくり返しそうな気がして、どっしりとした鋳物。重厚すぎる鋳物。
…アルミだと、ヤニ洗うときに力入れすぎてひん曲げる自分がありありと目に浮かんだからってのもあるけどな…。

とりあえず今年の夏は、コレで試してみようと思います。

そして、蚊遣りと一緒にポチってみたら、職人鋭意制作中だったブツ。

さて、コレは何でしょう?










…って、もったいつけるようなブツではないんですが。

コレです!!(だから何よコレ)

えっとね、漬け物石。(…ハァ?)

ワタシの部屋はのらおが出入りするために常時ドアが開いているんですが、
夏の間は窓が全開なので、風が強い日なんかは、
バッターーーン!! ってすげー勢いでイキナリドアが閉まったりすることがあるんですね。
ドアストッパーもいろいろ試してみたんですが、強い風だと、ドアストッパー吹っ飛ばして閉まっちゃう。
閉まるドアの音がすごいうるさいのと、鈍くさい猫・のらおがドアに挟まれそうになったのとで、
とりあえず今はアイロン2台入れたトートバッグを重し代わりにしてドアを止めています。
でもさ、アイロン使いたい時だってあるじゃない。
…ってんで、ドアストッパーの代わりに買ってみました、漬け物石。

職人が丹精込めて作ったがゆえか、石の表面はツルツルなんで、
直接床に置いても傷はつかないのかもしれませんが、このままじゃあんまり可愛くないので、
こぎんでコイツのおざぶを作ろうかなーと思っていたのです。…大野廃人と化すまでは。

まぁ、飽きっぽいんでしばらくすれば野球ブームも落ち着くでしょう。
落ち着いた頃にでも、ちくちく再開しようと思います。



昨日の試合聞いていて(中継なかったからラジオ)思ったんだけどね、
やっぱりね、日ハムの正捕手は、大野がいいと!!思うの!!(力一杯)
若手を使って育てるってのはわかるんだけど、何というか、近藤には悪いんだけど、
近藤はキャッチャーとしてはもうこれ以上育たないような気が…げふげふげっふん…。
ちょっと捕手というポジションが荷が重いというか…。
かといって近藤がベンチはもったいなすぎるから、どこか守ってもらうかDHでさあ…。

…とか大野廃人と化した今語り出したら長くなるから、もうやめよう。
野球の話はまた今度!(いやソレ需要ねーから)

布馬鹿への道 comments(7) trackbacks(0)
沼にずぶずぶ。

日曜日、新しいかせ糸を紙を糸巻きに巻き取ってたらウッカリ猛烈に絡ませてしまい、
イライラキーッってなりながらほどいてな何とか巻き終わってみたら、
それはもうとっぷり夜が更けてた(PM11:30)Yuki*ですコンバンハ。
3時間半もかかっちまったぜフゥやれやれ…。
刺してる途中だったこぎんを刺し終わってみたら色と柄が相当ビミョーだったので、
リベンジで他の色で別な柄を刺してみようと思ったんだが、糸巻いて終わった…。
目も心も疲れたので、コメレス等々全部まるっとうっちゃってふて寝。
目を酷使したおかげさまで、普段から悪くない寝付きがさらによかった。そして眠りも深かった。

その憎々しい糸はコチラ↓

刺し子糸なんだけど、細すぎるかなぁ。
段染め糸で刺したらどうなるんだろうってのが気になってさ…。(好奇心で身を滅ぼすタイプ)
再び色と柄がビミョーになりそうな予感がヒシヒシですが、やってみないとどう変なのかわからんし。
とりあえず刺してみます。→刺してみた。細すぎて全然ダメだねアハハハ………ふぅ…。

ちなみに色と柄が相当ビミョーなこぎんはコチラ↓

色といい柄といい、落ち着きがない。
今、もうちょっと落ち着いた色で別な模様刺してるんですが、
今度は可愛くなるんじゃないかなーと思うんだがどうだろう…。
(↑のコイツも途中まではカワイイと思って刺していたセンスナシ子)



さて。
今日は、先週アタマ頃にゴンゴン届いていた布をさらしてみます。
日参している某ブログの布プレ企画でシロクマ柄の布にずっきゅんときめくも、
普段からコメントもしてないのにこんな時だけいそいそと顔出すのもどうかと思い、自分で買おうと検索。
送料無料にしようと他の生地アレコレ見ていたら、シロクマ柄以外の布にもずっきゅんときめき、
シロクマ柄を売ってる店では売り切れていたので、他の店を検索。
最終的に、子どももいない自分がシロクマ柄の生地で何作るんだよ、と思い直し、カゴから削除。
残ったのは送料対策だったハズの布たちだけっていう、
本末転倒というか何というか、テメエのポンコツっぷりを露呈する始末となり申した。

まず第一弾。


ちょっとラメ入ったしずく柄のオックスと、和柄のダブルガーゼ。
コレをポチった頃、スマホケースを作ることでアタマがいっぱいだったので、
こぎん刺したケースの内布に和柄のダブルガーゼっていいじゃない! …とポチったと思われる。
どんだけスマホケース作るつもりだったんだよ馬鹿め。
本当は同じしずく柄のダブルガーゼが欲しかったんだけど、
ラメがはがれてスマホの表面に付いちゃったらイヤよね、とか思ってやめておいた。
(…が、やっぱり気になるので今も未だカゴに居座っているというね…)
どんだけスマホケースでアタマいっぱいなんだよ馬鹿め。

しずく柄のピンク、画面で見てたより全然可愛くなかった。

そして、第一弾より先にポチったのに届いたのは4日遅れな第二弾。


黒とピンクの綿麻ストライプと、ピンクの綿麻シャンブレー。
ちょうちょ柄ダブルガーゼのピンクと白。
そして、そういえばそんなこと書いてあったっけな、なフランスちっくなおまけ布1m。
ちょうちょ大嫌いなんですけど、コレはひらひら感がないからあまり気にならない。
コレもまた、スマホケースの内布に…とか思ってポチったと思われる。
つくづく、どんだけスマホケース作るつもりだったんだろう。
綿麻は安かったので。
手持ちが派手な布ばっかりなので、ポーチとかがま口の内布にしたいと思ってストライプと無地を。
結局派手目のピンク選んでる時点でどうなの自分、とは思うがまぁいい。

問題はオマケの布よね。
青キライ。パネル柄どうしていいのかわからない。
いずれ誰かにプレゼントぶって押しつけるのがありありと目に浮かぶわ。
相手の都合考えずに押しつける前に希望者を募ろうか。…誰かいる?←引き取り手がみつかりました。ありがとうございましたー。

それぞれのm数は内緒です。(少なくて1m、多くて3mとかもう言いたくもない)←テメエの所行だ。
そして今一番どうしてくれようかと思っているのは、
あれほどスマホポーチの内布内布と騒いでダブるガーゼをポチッたくせに、
今現在、スマホポーチを作る気がまったくなくなっているということです。(気まぐれ)
あーあ。



ワタクシ常日頃、休日は家から出ない、出ても近所のスーパーのみ、と決めてる不精者ですが、
土曜日は珍しく、街に繰り出してみました。
…つっても、15時過ぎに家を出て17時には帰宅してるっつー弾丸ショッピングですが。
…買ったモノといえば、デパート催事の大九州展で辛子高菜とザーサイだけですが。
催事って最上階なもんで、平日仕事帰りに最上階までのぼるの面倒だから、仕方なく土曜日に。
大好きな辛子高菜とザーサイが手に入って満足ですよ。ザーサイおまけしてもらえたし。むふ。

そのついでにもう一度C&Sの催事にも行ってみたんですが、
最初に行ったときになかった生地がちょっと増えてた気もするけれど何も買わず。
同じ階に、北欧雑貨とかハンドメイド雑貨置いてるコーナーがありまして、
ソコもお気に入りなのでちょいちょい覗いているんですが、その日はハンドメイド作家さんが出展中。
裂き織りのコースターとかバッグが並んでたんですけど、ソレがまたカワイイ。
フツーの無地の生地を裂いて織ったみたいな感じで、
経糸も色変えて縞になってたり、なんかすごくカワイイ感じだった。
今まではママンが織ったりもらったりしてきた、
いらない服裂いて作ったような裂き織りしか見たことなかったから、
どうも裂き織りには、言いにくいんだけど、なんつーか、貧乏ったらしいというかケチくさいというか、
いやまあエコなんだろうけど、どっかしみったれたよーなイメージがあって。(スミマセンスミマセンスミマセン)
俄然裂き織りしてみたくなったんですが、ハタと気付くとワタシ、あんまり無地の布持ってませんね…?

いや買わないぞ。まだ買わないぞ。多分買わないぞ………うん、多分。



…で、タイトルの『沼』ですが。
年に数度ハマる沼にずぶずぶとはまりこんで、
ひたすらモンモンとぶつぶつ言ってるだけなので、たたみます。

続きを読む >>
布馬鹿への道 comments(10) trackbacks(0)
ちくちくしつつも山高し。

今日はとっても暑かったらしい全国の皆様コンバンハ!
札幌は最高が12℃(しかも真夜中)でしたよウフフアハハ…。
日中は10℃くらいまでしかあがらず、風が吹いたらクソ寒い。
帰宅したら、しまったはずの灯油ストーブが再稼働していましたとさ…。(そしてその前でのらおが伸びていた)

お前ら、避暑に来るがいいよ!!



レターパックライトで荷物を出したら、ポストの中で中身偏って厚さ3cmを超えたらしく、戻ってきたんだぜ…。
封したまま振って均したら3cm以内に収まったんだけど、
また偏って日本郵便さんに余計な手間かけさせるのもどうかと思い、
ガッチリと封した荷物開封して、偏りにくく梱包しなおしてから再度封してポストに投げ入れてみました。
今日は戻ってきてないので、たぶん向かったんだと思う。
(昨日は、朝ポストに突っ込んだ荷物が昼過ぎには家に戻ってた)

…そんなワケで、バッグ押し付け企画の当選者というか被害者というかな皆様にようやく発送完了デス。
8号帆布な方々には、使い古した感あふれるこ汚い姿のレターパックで届きますが、どうかご容赦を。

どこぞのショップから届いた荷物が、ポストパケット用に誂えた厚さ3cmの箱だったので、
こりゃ便利と、いつもそいつに入れて厚みを確認してから発送してるんで、
もじょもじょやれば絶対3cm以内に収まるはずの荷物なんだ。(かなりギリギリだったけどね…)
それをわざわざ手間暇かけて我が家まで戻してくださるとは、ご苦労様というか何というか…。
「真面目」ってこーゆーことか…ということを目の当たりにした心持ちでございました。
とにもかくにも申し訳なかったので、これからは梱包に気を付けようと思いますです、ハイ。




なんとなくご無沙汰でしたが、別にネタがなかったワケじゃないんだぜ?
…布がごんごん届いていたからね!!(ダメじゃん)

つっても、届いた布眺めてニヤニヤしていただけじゃないのさ。


刺したり刺したり刺したりしてました。

あまりに布と糸をいじりまくってるせいで、刺し子ポーチに新入り登場。
そう、ハンドクリーム。
指先ガッサガサになんのよねー。いちいち他のポーチ開けんの面倒なんだよねー。(出た、面倒臭がり)
久々にちくちくな日々を過ごしていますが、なんだか楽しいです。癒しだわー。

…で。
久々にこぎんを刺していて、ああもう針が太いから穴がぼこぼこだよ! とかブツブツ言ってハッと気づいた。
ワタシ、昔同じことブツブツ言ったことあるね…?

そうして記憶を手繰った結果、オリムパスのこぎん針は太すぎるからってわざわざみすや針買ったんじゃないか。
そして、これからはコレで行く、ってみすや針のクロスステッチ針で刺すことを決めたんじゃないか。
何もかもが思いっきり振出しに戻ってんじゃねーかよ馬鹿野郎めが。
みすや針から再度クロスステッチ針買っちゃう前に気づいてよかったよ。

そして針箱を開けてみたんだが…

さて、どれがクロスステッチ針なのであろうか…?(阿呆)

オリムパスのこぎん針はこれみよがしに「ワシ、先っちょ丸いでー!!」って自己主張してんだけど、
みすや針のクロスステッチ針って「へぇ、うち、先丸いですけど気づきまへんどした?」って感じで、
さりげなーく、いやらしーく(違)、ビミョーに先っちょが丸まってるんですね。
よーく見ればわかるんだろうけど、よーく見るのが面倒で(…)、
1本1本指先を刺して、「コレ丸い」「コレ丸くない」と分別。
老化に伴う皮膚の角質化によって針からの刺激も相当に軽減されると踏んでいたのだが、
ところがどっこい、けっこう痛いんだな、コレが。(当たり前だ)
いやはや、みすや針は実に鋭い。

何度も指先刺すのもナンなので、とりあえず、先が尖ってない針は別の袋に入れてみました。


ようじやの小分け袋が便利で大好きなのですよ。
あぶらとり紙は買わないけど、コレは買う。



ブツブツ言ってたC&Sの催事にも行ってきたんだぜ………初日に。(やる気か)
ロビンのハギレでもないかなーと思って。


…とか言いつつ、買ったのはジェニーズリボンズだっけ? にょろにょろしたやつと、ストライプ。
どこにでもありそうな生地だけど、こーゆー色のこれくらいの幅のストライプってあんま見ないので。
探すのも面倒だから、高くはないから買ってしもうた。
カラーリネンも欲しいなぁと思ったけど、切ってもらうの面倒だったからやめといた。
お店の雰囲気は好きじゃないんだけど、色の選び方は嫌いじゃないなーと思う。
目的のロビンですが、ハギレあったけど「消しゴムカスでぽこぽこ捺したらこんなんならね?」と思ってしまった。
でもパステルカラーのロビンはかわいかったなー。むずむず…。



そういえば、先日作った糸切りばさみカバー。
内布を何も考えずに、手近にあった触り心地のいいスルスルの綿を使ったところ、
糸切りばさみが勝手にスルスルと出てくるという致命的な欠陥になっとりました。
刺し子ポーチが糸や布でみっちみちなので、持ち運び中にカバー取れてることはないんだけど、
やっぱ使い勝手がよくないなーと思って、作り直すときは内布をビニコかレザーにしてみようかと。
サイズ的には、付属のビニールカバーと同じなので、素材の問題だと思うのよね…。
とはいえ我が家にあるビニコといえば、本の付録バラしたウサビッチビニコと、
真理子さまからいただいたマリメッコビニコしかないワケで、どっちもなんだかもったいない。
…とゆーワケで、


地元の布屋さんで、ビニコのハギレを買ってきてみました。
それぞれ幅なり20cmくらいなので、総額500円くらいで済みました。
それでも、糸切りばさみカバーの内布にするには多すぎるんだけど。
どんだけ失敗しても大丈夫だと思えば心強いわ。



ワタシはどうも、生き残りたい願望が異常に強いらしく、
ニュースで事故や災害や事件を知るたび、被害にあわれた方を痛ましいと思うのもそこそこに、
「もし自分がその場にいたらどのようにして生き延びるか」ばかり考えてる人でなしです。
高速道路逆走とか、スプレー缶穴あけ火事とかも、もし自分が…って考えてみると、
ワタシもついウッカリやっちまいそうだなーと、ぶるっと身震いしたりもするワケです。
さすがに高速道路を逆走するには乗り越えなきゃならない関門が多すぎる気がするけど、
一般道のやたら広い片側3車線+右折専用車線な交差点を右折するときとか、
もし見通しの悪い時に初めて走る道だったら、間違って手前の対向車線に入りそうになるのはわからんでもない。
スプレー缶も身近なモノすぎて、火事を起こすような危険物って認識がちょっと薄いし。

でも、駐車場でアクセルとブレーキ踏み間違えて店に突っ込む、だけはどーしても想像できないんだよなー。
隣り合ったペダルだから、絶対に踏み間違えないとは言い切れないんだけど、
店に突っ込む勢いで踏み間違え続けるってのが、全然想像ができない。
止まりたいと思ったら、足元確認しなくても、今車が加速してると思ったら今とは違うペダル踏むじゃん。
突っ込んでくのを止めたいのに、なんで今踏んでるペダル踏み続けるんだろう…???
冬にアクセルとブレーキ踏み間違えて、
やばっと思って慌ててブレーキ踏んだらスリップして制御不能で店に突っ込んだとか、
そーゆーことなら想像できるんだけど、乾いた路面で真正面からお店に突っ込むってどんな状況だ…?

想像ができないのは、加齢でますます固くなったオツムによる想像力の欠如のせいなのか、
普段MT車にしか乗ってないからなのかはよくわからんが、実際自分の身に起こったら慌てるんだろーなー。
そう思って、いろいろ状況を想像してみるんだけど、やっぱりわかんねー。
運転してるとドキッとしたりヒヤリとしたりすることはいろいろあるけど、
アクセルとブレーキ踏み間違えそうになんてなったこともないもんなー。
うーむ、わからん。

こーゆー事故に限らず、普段運転してても時々思うんだけど、
AT車限定免許って、運転に対するハードルを下げすぎたんじゃないかなぁ。



ちくちくしながらぼーっと考えてたことを吐き出したらすげー長くなったじゃん。
こーゆーのって、何日かに分けて書けば毎日更新できるのかしらね。
…面倒だからそんなことしないけど。(おい)

布馬鹿への道 comments(5) trackbacks(0)
<< | 2/9 | >>